2017年05月06日

そろそろギターも飽きたのでサール先生でもと思ったら、サール先生セクハラで訴えられていた

ちゃんと読んでないが、なんか女性の学生や助手などにポルノ見せたり、キスしたり、子供ができて勤務時間が減った女性を不利に扱ったりさんざんな言われようだ。明らかにくだらないレベルだが。「John Searle」でググると上位に出てくるし、ニュースはそれでもちきりだ。日本語で「ジョン・サール」で検索するとAIの話題ばかりだけど。それは1980年代の話だぜ。

『ジョン・サールとの会話』で、マイノリティを優遇する悪平等について厳しいこと言っていたし、女性研究やエスニック研究なんて「政治」であって学問じゃなく、大学の基準は最高レベルの研究をすることだと言い切っていたので、まあ本当にスケベなのかもしれないが、タイミングから見て、反トランプの悪平等主義者の狙い撃ちにあったということだろう。

一切サール先生の発言は出ていない。
そういう悪平等主義者は、ゲスなデリダ主義者と同類だから相手にしないだろう。
サールがスケベであることは、サールの哲学となんら矛盾しないと思う。
84歳だしね。元気でいいと思う。


posted by Kose at 18:56| 日記

MIDIキーボード改造はレベルを落とす

まあ、キーボードを作るのは訳はない。だから音階をだすのは簡単だ。だが、ピッチベンドの回路が「ない」。
昨日、HO板橋赤塚店に行ったら、ヤマハが発売したギター式MIDIデバイスがあった。どう動くこのかわからないが、指板上に小さなスイッチがバラバラに並んでいただけだった。KORG miniKeyを改造してもそういうものしかできない。ならそのヤマハのあまり工夫のないものを買ってきてもよかった。
ヤマハの悪いところは、「弦がない」ということだ。
チョーキングやスライドができるのかわからない。スライドは上手く行かないだろう。そのために弦が必要なのだ。そして弦を押すと、指板上のスイッチ兼ピッチベンダーに弦がに固定されないといけない。ピッチベンダーはビブラートにもチョーキングにも使えるようにしなくてはならない。ピッチベンダーは、指板の下に一本ネックを通してあればよくて、それにスイッチが連動していれば理想的だ。まあ6本弦ごとに物理的にピッチベンダーがあり、電子的にひとつの回路につながっているのでもいいけれど。バネは必要がない。弦があるからである。
ヤマハの機構がどうなっているかわからないけれど、指板を押だけでまあ普通のシンセの音が出ればいい。いわゆるベロシティーを低くしなければならない。まあタッピングやハンマリングだ。ヤマハも本体に弦が6本ありそれを弾くのだと思うが、ピッキングの場合はベロシティーが強くならなくてはならない。もちろん同じにするスイッチもなければならない。
これくらいなら、ギター弾きがそれっぽく楽しめるんじゃないかと思う。
だから「弦」がないヤマハのおもちゃは間違っているのだ。
KORG minikeyもベロシティもピッチベンドもないので、もっと水準を下げるべきだと言うことだ。
胴体がほとんどない、ネックだけのMIDIコントローラーというものにすべきじゃないかと思う。ヤマハのはそれにポータブルキーボードの機能をつけただけの情けないものだ。
素材は
1)練習用指板、
2)安いウクレレ
3)ネックパーツ
などが候補。ピッキングはなく、ベロシティもピッチベンドもなしの、まあギター指板型キーボードとして完成させるのがよいだろうな。その代わり、DAWにつなげてなんの音でも出るというならそこそこ面白いかもしれない。だいたいKORG minikeyとだいたい同じ程度のコンパクトさが狙いだ。それならバカみたいではない。
素材例

ポケット ギター 練習用 弦付き 6フレット ミニギター コンパクト 初心者 練習用ギター 持ち運び可能 小型 アコースティックギター 保護袋 弦 六角ボルト 付属 Pocket Guitar ¥ 1,099


最近はKORGをはじめとして、自作レベルのアナログシンセ工作が流行っているので、その路線にいければまたレベル上げられると思うんだが。
posted by Kose at 11:25| My Music

2017年05月05日

ハードオフ板橋赤塚店への旅

板橋本町でバスに乗る。高円寺行きか、上板橋行きだ。
来たのは上板橋行きで、常盤台駅前でおりた。高円寺行きなら2つめの中板橋駅前で後者の予定だった。
¥220.
常盤台から成増まで東武東上線。
+¥170=¥390.
成増駅から徒歩で、赤塚小学校先200mくらいのハードオフ板橋成増店へ。
なんだかタカトシのバスの旅みたいに平たく高い建物のない道を歩く。

とくに掘り出し物は何もなかった。普通の人が買うギターを少し安く売っている程度で、別に新品を買った方がいいと思った。テレキャスファンなので、本当に特に品が何もなかった。ストラト・レスポールファンならあったかもしれない。ジャンク品もつまらなかった。アンプ類は多かった。ガリの出るフェンダーリバーブアンプは少し興味があった。エフェクターも多いが、安いのかどうかぼくにはわからなかった。一番欲しくて改装になったのは小学生用のアコーディオンだった。大人な用のアコーディオンはものすごく高くてね。

パソコンの類いの中古品もよくなかった。
HO板橋赤塚店はなんと、幻の東京大仏のバス停のひとつ手前である。
チャリで、行ったことはあるし、今でもいけないことはないが、ギターを買ってチャリで帰るのは馬鹿げているので、電車で行く他なかったわけだ。

HO板橋赤塚店のもよりのバス停は、「赤塚庁舎前」であった。より調べていないのだが、成増駅北口から、志村三丁目経由、赤羽西口行きのバスが、頻繁に通る。
HOItabashiakatsuka0029.JPG

高島平行きかと思ったら、そうではなかった。延々長いこと志村三丁目までバスに乗り続ける。
板橋の交通網がどうなっているかイメージのない人は途方に暮れるかもしれない。
HOItabashiakatsuka001.png

こんな周回コースだった。バス¥220+地下鉄¥170=¥390.
計390✕2=780円
バカみたいだ。東京大仏でも見てくるべきだった。

以下は、HO赤塚店の商品の写真。いいものがないので漫然と掲載する。
HOItabashiakatsuka022.JPG

HOItabashiakatsuka0023.JPG

HOItabashiakatsuka0024.JPG

HOItabashiakatsuka0025.JPG

HOItabashiakatsuka0026.JPG

HOItabashiakatsuka0027.JPG

HOItabashiakatsuka0028.JPG
posted by Kose at 17:30| 日記

2017年05月04日

『JACO』

絶版になっている伝記『ジャコ・パストリアスの肖像』で、詳しい話はだいぶ知っていた。若い頃や、共演したミュージシャンの証言は貴重だった。

日本のジャズ雑誌がジャコ・パストリアスの晩年の奇行を派手に伝えたため、ジャコ・パストリアスの遺族は、それによい感情を持っておらず、冒頭のなんちゃらアンダーザスカイのシーン以外、日本の映像は使われていない。ジャコ・パストリアスの来日時の奇行については、ドラマーのピーター・アースキンが、丸刈りにして、エスニックな衣装に身を包むという来日時の風貌で、すでにバンドメンバーには「おかしい」とわかっていたと証言するのみである。日本人との写真が数枚挿入されるだけだ。

また『肖像』では、躁鬱病の「疑い」とされていたが、映画でジャコ・パストリアスが入院した精神科の医師が、ラピッド・サイクルの双極性気分障害だったと明言している。

ジャコがニューヨークでギター抱えてストリートミュージシャンをやっている映像は衝撃だ。伝記にも書かれていたことだが。

「サンタナのステージに登ろうとした」と伝記では書かれていたと記憶していたが、付録の未収録映像で、サンタナ自身が詳しく語っている。それはサンタナのフロリダのコンサートだった。曖昧だった。ステージに登ってベーシストからベースを奪って弾こうとするところまで行ったそうだ。サンタナが、ステージを中止して、ジャコにそういうことはよくないと諭し、警備員にジャコを手荒に扱わないように注意してステージから下ろしたそうだ。ジャコはその直後フロリダのバーの警備員に撲殺される。サンタナは、フロリダの海岸に行き、水につかって、ミュージシャンとしてのジャコの記憶以外を洗い流したそうだ。泣ける。

遺族、レコード会社、その他関係者の微妙な問題が表に出ないように省略は多い。だからドラマチックではない。ジャコの思い出を浄化しようというようなやさしい映画だ。

遺族が成人して登場したのが救われる。かなりの資料はジャコの弟が保存していたらしい。

タワレコ発売になったのは権利関係が複雑だからかもしれない。



posted by Kose at 19:28| Music Story

ブルーレイをHDDにリッピングして『JACO』をついに鑑賞!!!

外付けHDDが300GB空きあるから、次のソフトで「MKV」形式ファイルにリッピングした。30日間試用が無料だから、今回のみである。そのうちブルーレイ再生プレイヤーは買う。

次のサイトで紹介されている。
2016.05.13 2017.04.19
フリーソフトでBlu-rayをリッピングするツール紹介(MKV、MP4ファイルの作成)
http://www.nukolog.com/entry/2016/05/13/091738

リッピングソフト
MakeMKV BETA
http://www.makemkv.com/download/

MKVファイル再生最適ソフト *MKV対応でも音声や字幕が上手く再生されないプレイヤーがある。
*上のサイトで紹介されているのはバージョンが古い

Media Player Classic - HC *老舗のフリーソフトの最新版で非商用ブルーレイの再生ができる
https://mpc-hc.org/downloads/

ちゃんと日本語字幕で再生できた。これから鑑賞する。

AACSがきつすぎるため、こうせざるを得なかった。憲法に保障された権利である。

たとえばある道に車で入ったら、すべて一方通行で出口がないような交通規制をしているようなものだ。もちろん立ち往生して死を強制する権利は誰にもないので、なにか一方通行を無視する権利と自由を行使する。

次のソフトでMKVファイルをMP4化できるそうだ。

Handbrake
https://osdn.net/projects/handbrake-jp/
*バージョンが古く、すぐアップデートを自動的に要求される。
ディスク1枚、5時間くらいかかる。2枚だからたいへんだ。これは。


posted by Kose at 11:53| 日記

2017年05月03日

!ブルーレイ再生ソフトWinDVD I-Oデータ・バンドル版AACSキーが無効で見れず。

パソコンでブルーレイを見るのは一般的に面倒なことになる可能性があるので、恥を忍んで書く。

WinDVDというのは、グラフィックソフトで有名なコーレルの製品のOEM版なのだが、コーレルのサイトの更新データ一覧にパッチがない。お手上げである。

まあ、今日見なくてはならないという理由はないし、時間はたくさんある。

こういうことあるんじゃないか?と予想していたので、さほど気にならない。

理由は、AACSキーが一定期間で期限が切れる決まりがあるかららしい。他のソフトでも事情は同じだがOEMだとややこしい。

WinDVDは2番手のソフトなのでそれをバンドルしたのを安売りしていたのはその所為かもしれない。ビックカメラ、やってくれるじゃん。ちゃんと店員に確認したのにな。

そういうことで教訓。

AACSキーの更新の問題を外付けブルーレイディスクドラブは「つねに」抱えているし、書込みディスクとしての用途が特にない場合は、テレビ用の再生専用プレイヤーの方が安く「第一選択」とすべし。


ブルーレイ再生ソフトの選択肢が乏しいのと、一番人気のサイバーリンクPowerDVD Pro17(最新版)だと、再生専用プレイヤーより高い現象が起こるため、ここはソフトが更新されるのをあてどなく待ちながら、再生専用プレイヤーを別途購入することにしたい。

サイバーリンク PowerDVD 17 Pro 通常版 アマゾン価格¥ 8,937

LG ブルーレイプレーヤー / HDMIケーブル付属 Wi-Fi内蔵 コンパクトボディ BP350 アマゾン価格¥ 8,480

他の日本のメーカーも1万円前後だ。
とにかく『JACO』が入手できたということだけで満足である。
プレイヤーは来月まで延期したい。なんとなく・・・他のものも必要だからね。

極めて教訓に満ちた書込みとなった。

追加
PC本体のDVDドライブがちょっとがたが来ていたので、単に新しいCD/DVDドライブを買ったということでよしとする。なんか未練はあるが・・・
posted by Kose at 18:53| 日記

映画ブルーレイ『JACO』&I・OデータブルーレイドライブBRP-UT6SWを買ってきた

まだブルーレイドライブ設定していないので見ていない。
『JACO』 ¥6364.
ブルーレイドライブ ¥7970.
計 ¥14334.

ドライブの方が高い。
もしジャコ・パストリアスが存命で、ブルーノート東京でプレイしたら、パット・メセニーがそうだったから、¥15000なのは確実である。だからライブではないが、ライブと同じで、しかもブルーレイドライブ(今後何に使うのか未定)がオマケでついてきたと考えればとてつもなくお得であることがわかる。

その他、以前もっていて売り払って後悔していた
ジャコ・パストリアス『バースデイ・コンサート』¥1000
も買ってきた。

なんでも解説ではブルーレイにはドキュメンタリの他に、特典映像100分も追加されているとか。

タワーレコード限定販売!ジャコ・パストリアスのドキュメンタリー映画『JACO』のブルーレイ
http://tower.jp/article/feature_item/2017/03/17/0108

そういうことでゆっくり身体壊さないように見たい。

ジャコ・パストリアスとパット・メセニーの共演曲
posted by Kose at 15:08| 日記

2017年05月02日

バッカス・テレキャス(¥1.2万)でジャズ、カントリー、ロック弾き分け(動画)

だいぶ調整に手間取ったバッカス・テレキャスだが、なんとか扱えるようになった。1.2万円だから、どんな音かは期待しなかった。そのままではフェンダー臭い音にはならないし、リアピックアップ(リアピックアップというのは和製英語だというのを今日知った。今後ブリッジ・ピックアップとする。フロントはネック・ピックアップだ)の高音はフェンダーより強い。音量に関係なくうるさいほどだ。アンプを適当にセッティングすれば、それなりに使える。いろいろ勉強になった。ピックアップとアンプの組み合わせで、ジャズ、カントリー、ブルース・ロックのサウンドを出してみた。これはエスクワイアーのセレクターのジャズサウンドの意図を確かめるためでもあった。レスポールなどのネック・ピックアップのような低音ヘビーな音は出ない。もこもこになっちゃう。そのためそれは試みなかった。



バッカス・テレキャスもエスクワイアー改造にも使えるかもしれないが、「らしい」カラーを販売していないのだ。いろいろ探しても、低価格帯での選択肢はPLAYTECHとSQUIREに限られるといっていい。よほど気に入ったらフェンダー・ジャパンでやってもいいけど、その前にやることはたくさんあるような気がする
posted by Kose at 10:31| My Music

2017年05月01日

エスクワイアー化

PLAYTECHテレキャスは、まず

エスクワイアー化

する。

エスクワイアー
j824i1-1.jpg

テレキャスターのピックアップセレクターの配線は、初期と現在とでは違って、初期はトーンセレクターの役割を持っていたというのを読んだことがある。

ポップ☆ギターズ
*テレキャスターのサーキット色々【パート1】
http://pop-guitars.com/brog/?p=852
・セレクタースイッチがネック側の場合(図の左側)、ネックピックアップのトーンが「0」のプリセット状態の音
・セレクタースイッチが真ん中の場合(図の真ん中)、ネックピックアップそのままの音
・セレクタースイッチがブリッジ側の場合(図の右側)、ブリッジピックアップの音+ブレンダーを絞っていくことで、ネックピックアップの音がミックスされて行きます。

*テレキャスターのサーキット色々【パート2】
・スイッチがネック側の場合、ネックピックアップ単体でプリセットトーンももこもこサウンド。
・次にスイッチが真ん中の場合、ネックピックアップ単体の音。
 この回路では、マスタトーンが装備されているので、好みのトーンに調整が可能です。
・そして、スイッチがブリッジ側の場合、ブリッジピックアップ単体の音。
 同じく、マスタートーンで音色のコントロール可能。
となっています。
なんとっ!ネックピックアップとブリッジピックアップのミックスの音が
・・・「出せナイッ!!」

*テレキャスターのサーキット色々【パート3】
http://pop-guitars.com/brog/?p=861
・スイッチがネック側の時:ネックPU単体
・スイッチが真ん中の時:ネックPUとブリッジPUのミックス(パラレル)
・スイッチがブリッジ側の時:ブリッジPU単体
※全てのポジションでボリュームとトーンが有効


なんで初期2つがそんなトーンの変な設定になっているのか理解ができなかった。
フェンダーのジャズマスター、ジャガー、ムスタングになんだか意味のわからないトーンの小さなスイッチついているけど、あれみたいなもんかな?まだアンプ出力が小さかったから、サーフミュージック以外のギブソンの領域に食い込もうという試行錯誤だったのか?
だが、60年代アンプ出力が大きくなるとハウリングに強いというソリッドボディの強みが突然出た。エフェクターも登場し、ジミヘン登場!
そういうトーンの奇妙なスイッチの意味はなくなったのかもしれない。

そのテレキャスターの初期のセレクターは、フロントピックアップのないエスクワイアーから継承されたものだ。そのため、それはピックアップセレクターとトーンセレクターの両方を兼ねるような奇妙な配線になったわけだ。

エスクワイアーの配線

ポップ☆ギターズ
*テレキャス → エスクワイヤー化
http://pop-guitars.com/brog/?p=967
・ポジション1(ネック側)ボリューム有効、トーン無効 プリセット・トーン・サウンド
・ポジション2(センター)ボリューム有効 トーン有効 トーンで調整されたサウンド
・ポジション3(ブリッジ側)ボリューム有効 トーン無効 トーン回路がバイパスされたサウンド

ピックアップは1個だけですが、スイッチを切り替える事で、「コンデンサーを2個も使ったプリセットサウンド」、「トーンコントロールを任意に調整出来る、言うなれば現代的なコントロール」、そして、「贅肉を全て取り去ったピックアップのみの骨太サウンド」、が選べるんです。


ポジション2のトーン全開とポジション3は同じじゃないかと思うのが普通だが、実はトーンを有効にするとハイパス・フィルターが効くのだそうだ。それで現代テレキャスターのリアピックアップ・トーン全開のキンキンの音ができるのだそうである。トーンをバイパスすると、ブログ主の表現では「贅肉をすべて取り去ったピックアップのみのサウンド」になるというわけだ。

どんな音がするのかというと

いろいろ見たが、ノートーン・コントロールとトーン・コントロール全開では、貧弱なオーディオ環境ではあまり区別がつかない。

フロントポジションが、ジャズサウンドを狙ったのは確かで、ジャズマスターとかの思想と同じだ。テレキャスは、フロントピックアップでジャズサウンドを出そうと変わったわけだ。

まあフュージョン・ブームの後、それは再発見されることになると思うんだけれどね。

なので思い切ってノートーンコントロール版エスクワイアというのも現代ではありだと思うが・・・

PLAYTECHテレキャスをエスクワイアー化するとどんな音がするのかわからない。ボディとネックがまともなら、リアピックをリッチなものに変えるというのはありかもしれない。PLAYTECHにリッチなピックアップを載せるのはアンバランスすぎるかもしれない。
PLAYTECH¥7000<SEYMOUR DUNCAN, STL-1B, ¥7,106(込)

しかしスクワイア・テレキャスをエスクワイアにするのがしゃれている。

テレスチールとは別の話なんだが、ほぼ同じもので互換性があると思う。
さすがにブロードキャスターは敷居が高いな。止めた。ヘッドの形が違うし(ギブソン・フライングVみたいな形)。

テレスチール互換エスクワイアー制作が、まあコンパクトでいいという結論になる。
エスクワイアーにウルトラハイフレット指板をなんかの形でつければいいだけの話である。フロント・ピックアップがないから簡単なはずだ。8月頃までに完成形にできればいいと思う。

posted by Kose at 19:13| My Music

テレスチール用簡易ネック台

海外の画像を見ていると、結構工夫してテレキャスターのスチールギター化をやっている人もいることがわかる。
テレキャスターのフロントピックを外した画像もあった。それは「エスクワイアー」モデルにテレキャスターをアレンジしただけのもので、ピックアップセレクターはそのままだ。これはピックアップをライ・クーダー御用達のスープロ・ラップスチール・ピックアップが装着されている。
Valco_Esquire_Front_Full_zpsba1243d8.jpg

ネックを完全に特注したもの。ブロードキャスターにほぼクリソツ。
lapnsteeler.jpg

さて、この写真でわかるが、膝やテーブルに置くとネックが浮くという課題がある。
これは対処しないでもいいし、いろんなやり方があるとおもう。思いつきで発泡スチロールが簡単だなあと家にあるもので試してみた。33mm(30mm+ネックジョイントプレート3mm)に近ければすぐに使える。

探したらあった。
 styrol01_DSCN0017.JPG
小型マイクスタンドの詰め物だった。
 styrol02_DSCN0016.JPG
ネックの下に置いてみた。横から撮影。完全に一致。奇跡だな。
 styrol03_DSCN0015.JPG

スープロのラップスチール・ピックアップは5万円くらいで入手可能だが・・・
それはまた別のコースだろうな。「
posted by Kose at 15:20| My Music