2017年11月16日

SUPROの構造が分かったのでまねる

完コピは無理だが、支柱にマグネットを使い、ストラトシングルのマグネットを取り、天板と底板を帯磁性のステンレス板にすればいいのじゃないか?
構造はこれなら単純だ。
これを使う。
Aliexpress(中国のアリババ)
12ピースギターのハムバッカーピックアップ磁化アルニコ5 polepieceスラグポールスラグ/マグネットスラグロッド/長さ18ミリメートルまたは15ミリメートルを選択
価格: US $2.34 - 2.44 割引価格:US $1.45 - 1.51 /
SnapCrab_NoName_2017-11-16_19-1-46_No-00.png

4本で十分でしょう。15mmと18mmがあるようだけれど、ストラトの構造だと、ピックガードから弦が10mmなので、どちらでもいいといえばどちらでもいい。
フェライトで横長で縦に立てた場合縦に方向性があるものが見つけられない。
いや、別に支柱部分全部がマグネットでなくてもいいので、ネオジム磁石を支柱部分に組み込めば強力でダイソー・キャン★ドゥで買える。

もっと構造についてよく考えよう。考える前にまずSUPRO鳴らさないといけないのだ。
posted by Kose at 19:17| 日記

SUPROラップスチール、ピックアップ動作確認成功

リード線をコイルから直接延長して、ボリュームポットへ。その多配線全部やり直した。
ジャックの手持ちがないため、注文。今回は出力線に、古いプラグコードを直接はんだでつないで、アンプに接続。出音を確認できました。
割と簡単に成功。
ジャックは既成のものの横に通常のジャックを別に取り付ける工事を、ジャックが到着したらやる。週末に秋葉原に行って、帯磁性インチ規格のネジの調達にチャレンジ。
来週、鳴らせるようにする予定。


ジャンク SUPRO Lapsteel リペア。ピックアップ動作確認成功 from 中村 こうせい on Vimeo.

posted by Kose at 15:14| ギター

さらにギター1台放出 & SUPRO Lapsteel string through pickupsの構造

今回のは、5000円引きでマイナスと言えばそうなのだが、昨日は1000円のが8000円ではけたので、3000円プラスだ。なんだかパチンコやっているみたいな気がする。

ゴールドフォイルの調査作業が終盤を迎えて、地道に記録を取るだけになった。
今日はテレキャスにゴールドフォイルを装着するピックガードの加工をやっていたが失敗した。大きくなり過ぎた。以前ストラトにP90用ホールを開けた時よりひどかった。ヤフオクで2枚1400円で買ったもので、もう一枚ある。今日はしんどいので明日再度挑戦することにした。

あまりに気分悪いので、SUPROラップスチール・ストリングスルー・ピックアップの修理をやった。
他の用事があってホームセンターに行き、ネジを買ってきたためでもある。

オリジナルのネジは、当たり前と言えば当たり前だが、インチサイズで、ホームセンターで買ってきたミリサイズのM3は微妙に細かった。一応通ったので、裏からナットで絞めて、固定することができる状態ではある。そもそも前所有者が、二つのネジ穴を広げてしまっていたため、いずれにせよ2カ所はナット留めせざるをえないのだけれど。ネジ問題は秋葉原の専門店に行き、解決できるかどうか挑戦したい。

さて、今度はコイルが断線していないかしらべた。そのため、ピックアップ本体のカバーを初めて開けた。
Lollar社の解説の通り、低音弦三本と高音弦三本の二つのコイルがあり、直列につながっているらしいことがわかった。テレキャスター・シンラインと同じような配置である。抵抗値を計測したら、6.19kΩで断線していなかった。リード線が短いので、リード線をさらにはんだ付けして足さなくてはならない。

さてさて、ここで驚いた。コイルの中にはマグネットがない。磁石をつけて確かめたが何の反応もない。ゼンオンのゴールドフォイルのごとく、中空コイルにイモネジのポールピースごときものが通っているという構造である。イモネジにも磁性はない。帯磁性はあった。だからイモネジが磁力線を誘導する作用はある。

どこに磁石があるのかというと、コイルを左右に挟む支柱が磁石である。Lollar社の説明によれば、アルニコメッキが施されているらしい。異方向性となっている。

天板のプレートは厚めのステンレスで、帯磁性があり、でかいコントロール板も同様のステンレス板である。固定ネジも帯磁性がある。あたりまえだが帯磁性がないのはピックアップカバーだけである。

要するに、ゴールドフォイルと類似した、それよりもっと広い磁場の弦の振動をコイルが拾うという構造なのである。びっくりである。

そしてライ・クーダーのクーダーキャスターが、この広い磁場を利用する異なるピックアップを取り付けたものであるというのがさらに驚きである。ライ・クーダーは音だけで選択したのだろうか、工学的知識を持って選択したのだろうか?

そんな議論は今まで読んだことがない。いずれにしても、点で振動をとらえることを理想とするシングルこいるのポールピース構造とは反対のピックアップをライ・クーダーは選択肢使用しているというひとつの結論を得ることができた。

仮にSUPROの修理が失敗してもこの事実を明らかにできたことで十分な価値はあったと思われる。
最善は尽くしたいが。

ロマンチックな形容詞で語る以上の成果を得たということである。
ピックアップ本体とその両端の磁石である支柱、脇に天板
IMG_4477.JPG

コイルとイモネジ
IMG_4754.JPG

コイルの抵抗値
IMG_4753.JPG
posted by Kose at 00:01| ギター

2017年11月15日

カホン買おう

来年から打ち込み極力やらない方針になったので、ドラムとベースとキーボードをなんとかしたい。
ドラムは、カホン。
しかし本格的なサイズのカホンは一般家庭ではゴミバケツのようにデカい。
そこでトラベルカホンというものがあり、それなら邪魔臭いない。いくつかあるけれど、これがいい感じだ。

MEINL Percussion マイネル トラベルカホン TCAJ1BK 【国内正規品】 ¥ 4,410 通常配送無料


ベースは特に邪魔くさい。そこで何かバイオリンベースか、ZO3ベースか、ピグノーズベースに絞る。

そしてキーボードは、ピアニカか、アコーディオンということになるだろうね。検討中。

ザ・バンド・ファンであり、フーターズ・ファンなのでまるきり、これでよいのである。

posted by Kose at 05:56| 日記

2017年11月14日

なんとか放出目標達成できそう

この1週間で3本はけた。あと2本放出予定。

ゴールドフォイルのタイプ違い検証テスト録画録音に二週間くらいかかる
その後、著名なゴールドフォイル・ギターの試奏・録音録画、ピックアップの電磁的音響的数値の測定をやる。っ誰も今までやっていなさそうなのが信じがたい。

分析哲学的に唯名論者であり、存在論的に素朴実在論者である。

ゴールドフォイルという名前が実在するということはない。そういう名前が共有されており、典型的にテスコの実在のタイプは、工業製品だから対応する実在もある。

だが、実在するゴールドフォイルはその場合静的に実在する物に対応するだけである。

そのモノは、他のピックアップと比較可能な状態で、ピックアップとしての働きをさせたとき実在の必要条件を満たす。

だが、ピックアップだけからは、人間の現象学的主観性に届くことはない。

ギターとして適切な装着をし、アンプに出力した時、ギターを聞く能力を得ている脳神経の回路を通して、それでもなお他のタイプのピックアップと異なる場合、ゴールドフォイルの音はカテゴリーとして実在のタイプになる。

そしてウィトゲンシュタイン的問題だが、実在はカテゴリーに従属するわけではなく、カテゴリーは単に家族的類似性を指示するに過ぎない。

まず、ギターの個体の違いという家族的類似がある。同じタイプの実在のゴールドフォイルでも、古いギターではかなり音が本当に異なることは観察した。このためテレキャスでの同一ギターでの観察をしなければならないのである。

またライ・クーダーが手にしたテスコSS-4Lは奇妙なハイパス回路をもっていて、実際音がまるでAMラジオで効いているような音になりがちである。フェンダーも奇妙なトーン回路のついたジャガー、ジャズマスター、ムスタングを出しているが、60年代の日本のギターはこのトーン回路に著しい影響を受けて訳が分からないところがある。なのでテスコのオリジナルギターを鳴らしても、それはゴールドフォイルの可能な音色の一部しか出せない可能性がある。

ではライ・クーダーが聞いている音はどんなものだろうか。これはフェンダー・ストラトキャスターに装着した場合の音だろう。

フェンダーのギターをむやみに改造できる身分ではないので、安いストラトでテストしたが、明らかにテスコのギターのクセが取れたストレートな音色が出ることを最小限確認した。

これで唯名論の問題はクリアしたとする。

さてカテゴリーの家族的類似を認めると、テスコ以外のミツヤ製ゴールドフォイルも、ノーブランドのブラックフォイルもその家族的類似の範囲に入るのである。

テレキャスでのテストはこの実在のタイプは異なるが最終的な現象学的属性としての音の同一性と差異を確かめる作業である。

メーカーが違うからテスコ以外にゴールドフォイルだけが本物で、他は偽だということにはならない。

繰り返すけれど、テスコの古いギターはゴールドフォイルの能力を狭めていると考える以上、テスコギターのゴールドフォイルは、偽の状態といってもいい。だから他のタイプが同じ現象学的カテゴリーに入る場合、それはやはりゴールドフォイルと同じと言わざるを得ないのである。

さて、試奏の録画録音はこの家族的類似性の問題に決着をつける目的である。

だが、結論はすでにわかっていて、薄くてやや幅広のフェライトマグネットを使用したピックアップにはゴールドフォイルの現象学的特性を実現する可能性があるということである。

通常のシングルピックアップが可能な限り1点の弦の振動をとらえることを理想としているのに対して、ゴールドフォイルにはその理想がなく、かなり広い弦の振動を同時にとらえてしまう正反対の性質をもっているからだ。

この広い弦の振動を同時に捉える性質が、最終的に現象学的主観性で、一般的なシングルコイルとは響きが異なって聞こえる特性として実現するのである。

これがストラトのハーフポジションと共通性が見られる理由でもある。

ギターバカや、コレクターには言葉「ゴールドフォイル」と物「ゴールドフォイル」しか存在しないかもしれないが、本当の実在は、同時に捉えられた広い弦の振動が可能とするアンプの出力音が素朴実在論的に実在するゴールドフォイルの「真」であると結論する。

ジョン・サールのエピゴーネンがゴールドフォイルを語るならこういう感じだ。
デリダ主義者なんかだとテスコの本物のゴールドフォイルが理想的でない時点で、全然訳が分からないこと言うほかないであろう。
posted by Kose at 19:11| 日記

中古のカホンはありません

ヤフオクでカホン探したが、新品だけでした。
ミニカホンというので安いのはあるけど、おもちゃ扱いの模様。
だいたい2万円が普通のカホンの安めラインらしい。
椅子カホンというのもあった。高い。
カホンにつけるクラーベというものもあった。
近所のリサイクルショップでコンガ売っているんだけど、さすがに一般家庭では無理。
やっぱりボンゴかな?

追加
だいたい、標準カホンでも一般家庭ではかなり大きいし音が大きいので、おもちゃでもいいかもしれない。
posted by Kose at 06:05| ギター

2017年11月13日

我が家の前に自販機設置工事のため何もなし

なんだか近くにどんどん新築一戸建て建つなあと思っていたら、至近の何か学校の学習農園だった広い土地に今大型マンション立てておる。そこら中で、なにがしか新築住宅課マンションの工事をやっている我が家の周辺である。
そして何だかフランス人が多い。一か所はたぶんフラン人所有のマンションで、どうも民泊に使われいるらしい。そのほかにも数組フランス人のグループがうろうろしている。おそらく板橋駅近くのフランス学院のせいなんじゃないかと想像しているんだが。
そういうわけで、なにがしか人通りが多くなったのは確かで、自販機の営業の人が飛び込みで、うちの敷地に自販機置かせてくれと話しかけてきた。荒れ果てた小さな庭があるので、その端ならいいよおということで、とんとん拍子で話が進んだ。そこには大きな夏ミカンの木があったのだが、それを切り倒して、コンクリで今日土台を作り、我が家の中から配線を引く工事をした。まあ家の前が児童公園で、犬の散歩やらでなんかかんか人いるしね。猫と鳥だけの時間もあるんだけど。
本当に売れるのかわからんけど、ぼくが自販機マニアだから、ぼくの小遣いで結構売れるのは確実である。缶コーヒーが大好きなんである。中毒と言ってもいい。買いすぎに注意しなくてはならないくらいである。
ここら辺商店が全然ないから、あっちかこっちかちょっと歩いて行かないと自販機は確かにないんだよ。
たぶん自販機の周辺、ゴミが散らかるから毎日掃除しないといけないとは思うんだけれどね。土だから草むしりも必要だろうし。
なんだか適当に植物刈り残して帰っちゃったので、雑草の伐採はやった。相当根が深いのもあって、ご苦労様であった。
そんなこんなで今日はギターに触れることはなし。配線工事のため、ギターを避難させなくてはならなかったからだ。まあたまにはそういう日があってもいいか・・・

posted by Kose at 18:50| 日記

ギター、1台放出

改造を始めたら、部屋が散らかりっぱなしなので、最終的にほーむぺーじでメインとなるギター以外部屋から出てもらうことにした。
すでに2台放出したが、1万円弱ならスムースにはけることが経験則でわかった。なので仕入れ価格にかかわらずだいたい1万円内外で放出する予定。
昨日も1台はけた。少し部屋が広くなった。
マンドリンとラップスチール仕入れたのは単に小さいからだった。5本くらいはけるまで、ギターは買わない。あと2本はけないといけない。
そのころにはメインのギターも同程度の価格でほうしゅつするか、ピックアップを取るかいずれかだ。
やはり60年代ギターのピッチの不安定さや弾きにくさは相当なストレスだ。
EP−8は歴史的価値があるので、残るだろうな。弦高は自分でブリッジ削って調整したし、第一味わいがあって見ていて飽きない。もっぱら「枯葉」を弾いている。

5本はけたらギターではなく、スクール・アコーディオンを仕入れる。なかなか音出し確認とれている安いものはたいへん少ない。修理できないし。マンドリンとわけが違う。そこそこの価格のものを買うんじゃないだろうか。

もう打ち込みは飽きたので、将来的に可能な限り生音楽器を少しずつ増やしていきたい。その次はカホンかな?ボンゴかな?クラーベスかな?ベースはしょうがないのでバイオリンベースいつか仕入れたいものだ。

posted by Kose at 07:59| 日記

2017年11月12日

テスコ・ラップスチール・ブラザーズ

夏に購入した黒のテスコ・ラップスチールと昨日入手したクリーム色のテスコ・ラップスチールを、後者のチューニングとブリッジバーの比較がてら、撮影。
黒テスコはずっと重いし、高級感半端ない。音も生鳴りでもボディ全体が鳴るのが分かる。
しかしわずかな差だけど、黒テスコは4000円ぽっきりで、クリームテスコは4250円と黒テスコの方が安かった。まあブリッジ欠品で演奏不能だったからあれだけど。黒沢楽器ではアメリカで買い付けた品としてビンテージ価格で売っとる逸品だ。売らないけど。なんで僕の手に入ったか運がよかったとしか言いようがない。
コールドフォイルは、DeArmond社のハーモニーのコピーに1958年に出たばかりのギブソン・ハムバッカーのビスを取り入れたものであることは僕には疑いがない。コレクター連中は何も考えていないから何の主張もないだろうけれど。そのゴールドフォイルを搭載したエレキギターSSシリーズのコントロールパネルのデザインはまったく黒ラップスチールのレトロ・フューチャーなデザインに直接由来していることも僕には疑いがない。エレキ小僧の慣れの果てのコレクターには、テレキャスターの場合もそうだけど、それらがラップスチールに由来する部分をもっていることをほとんど気づかないか、無視しているのだ。彼らはハワイアンとかカントリーというのは軽蔑して、エレキギターがなんか偉いと思っているのだ。チューニングの違うスチールギターとかマンドリン(バイオリン等)は弾けないのだろう。
まあ僕も弾けないものはたくさんあるわけだが。
来年はアコーディオンに挑戦したい。ザ・バンドの何かをコピーしたいし、ライ・クーダーのテックスメックスにも不可欠だ。本物のアコーディオンは安くて25万円位である。だけれどぼくが弾く程度のは学校アコーディオンでいいのだ。もうチンドン屋でもやるかな?

テスコ・ラップスチール・ブラザーズ
IMG_4714.JPG

ヘッド *ロゴが違う
IMG_4715.JPG

黒テスコのレトロフューチャーが際立つ
IMG_4716.JPG

黒テスコ、厚い
IMG_4717.JPG

オリジナルのブリッジバー
IMG_4719.JPG

ぼくの自作バーとの比較 末端の直径は同じだから、オリジナルに傾斜はないと結論。
IMG_4727.JPG

IMG_4728.JPG

EP−8ハーモニーと黒ラップスチール(以上50年代末)のSS−2L(60年代初め)のピックアップとデザインの直接的関係
ep-8_lapsteel_ss-2l.png
posted by Kose at 16:32| ギター

Tポイントだけでヤフオクで落札したラップスチールとクラシックマンドリン

お金を使わなかった。着払いだったので1400円払ったけど。

ラップスチールは、以前入手した黒い50年代のいかした奴とピックアップなど主要部分が同じで、少しシンプルなもの。出品が「Guyatone ラップスチールギター」というタイトルだったため、テスコでも、スチールギターでも、ラップスチールでも検索できない状態で、1回しか競らず落札できたのでお安く済んだ。

ピックアップにホコリ除けのフォイルがついている点が同じなのだが、微妙だけど、今回のはゴールド(前のはシルバー)だ。

一番望んだのは、前の奴で欠品だったブリッジのバーを入手すること。そんなもの本体を手に入れずに入手できない時代だから、高いものに手を出すわけにはいかず、多くを見送った。今回他の点も含めて前のと共通点が多く、ブリッジ+αでたいへんお得になった。

バーは単なるスチール棒ではなく、傾斜がついていることが分かった。このため前のものに臨時で取り付けたバーもそのように加工しなおそうと思う。

今回のもののテールピースが、EP−8と類似の方式で、ゴールドフォイルとともに、エレキ前夜テスコの設計者に漠然とゴールドフォイルギターの背景となる考えが用意されていたと主張してかまわないその証拠位なると思う。

コレクターの阿呆というのはこういう史的考察が完全に欠落している。

さてもう一つは、クラシック・マンドリン。
ほぼ冗談で、ソリッドボディに改造するため、とりあえず観察の目的で1200円で買った。
修理痕がトップ板にあり、何かの接着剤で汚れているのと、表面の塗装が白濁していた。トップ板とネックを流用しようと思ったのに、残念だが、まあテスト用としてはこれくらいぼろい方が気が楽である。
一応きれいにして、弦を張ったらまともになるじゃありませんか。弦1本ないけど。丸い突起状のボディ以外は何ら問題がない。よほど丸い突起状の部分を切り取ってやろうかと思うくらいである。まあもっと精密に構造を観察したい。写真だとわからないが、非常にゆるいアーチドトップになっている。ネックはボディにほぼ並行で、ブリッジがやたらと高い。
ソリッドボディ化階層をするかどうかは来年の課題だけれど、一応改造のとき必ず必要な100mmのCクランプを4つ注文してある。何を改造するにせよ、これは必ず必要だからね。

IMG_4663.JPG

ピックアップ(ゴールド!!!)とブリッジ、テールピース、ノブもゴールド!
IMG_4665.JPG

トップ板の汚れ
IMG_4666.JPG

トップ板はジャンク写真で見た二重構造ではなく、ギターと同じ構造である。なので解体もトップ板についてはギターと同じだ。
IMG_4667.JPG

アーチドトップをなんとか写真撮影しました。
IMG_4668.JPG

IMG_4670.JPG
posted by Kose at 13:04| 日記