2017年07月23日

ライ・クーダー風ソニックブルー・ゴールドフォイルPLAYTECHストラト完成

若い頃のライ・クーダーのストラトをイメージした安いギターと安い中華ピックアップで作ったなんちゃってギター。
ライのは、マッチングヘッドのソニックブルー・ストラトで、フロントとセンターはそのまま、リアだけハムバッカーにしただけのシンプルな改造だった。その後ものすごい改造をされた。
その後サンバースト・ストラトに激しくクリーントーンがきれいで強いという日本のテスコのギターに装着されていたゴールドフォイルをフロントに、同様のスプロ・ラップスチール・ストリングスルー・ピックアップをリアに装着したものをクーダーキャスターと通称される。

それらのパーツはビンテージ化しているし、レプリカは2〜4万する。ぶ〜!ゴールドフォイルの中身は翻訳して紹介したが、単純なもので、レプリカはぼりすぎである。

このふたつのイメージを合成して雰囲気と音だけライ・クーダー風にした。

中華フォイルは、アルニコ5のポールピース方式で、縦2段の二重コイルで、ノイズレス・ハムバッカーにしたものだと思われる。パワーは、強いシングルより強いわけではない。しかし、クリーントーンがきれいで、高めの出力だから、ライが望むような方向のピックアップであることに間違いはない。

ボディは新品6000円の冗談みたいにやすいストラトで、もとのピックアップは高音の出力高すぎでうるさく、フロントはオマケみたいなものだった。磁力がアンバランスで、リアとフロントをネオジム補強する必要があった。

今度のピックアップは、3つで3600円。中華ピックアップでは高い方に入る。リッチな音で、ライも気に入るところがあるのではと思わせる。全体としてはフロントの低音の出力は大きいのとリアとセンターの音の違いが大きくなくて、バランスに疑問が残る。

今日は制作して、いろいろな設定で試奏して夜になってしまった。
おそらくドライブサウンドは「ホテルカリフォルニア」部分。クリーントーンは、ブルースと、できれば「ビリー・ザ・キッド」のマンドリン抜きの弾き語りとかチャレンジするつもり。

それが終わったらソープバータイプをレジェンドに装着する実験をするつもり。どこに装着すべきか固まっていないので、時間かかる。

屋外で写真を撮りたかったけれど天気が怪しいので止めた。明日以降考える。

DSCN0461.JPG

DSCN0458.JPG
posted by Kose at 21:53| ギター

中国Yibuy社カタログ拡大版+PDF

ゴールドフォイルがYibuy社オリジナルかわからない。カタログに載ってない。まあ、無名メーカーのを多数の販売会社が売るというのはあるだろうけれど、その類いではないか。Yibuy社にオリジナル商品があるのは確かだろう。
アマゾン出版商品と対比するのに使えばよいかと思う。クリックするとA3大で見れますが、字が極小なので、PDFでさらに拡大しないと読めません。PDFにしました。

catalog01.png

catalog02.png

catalog03.png

Yibuy Catalog.pdf
scan-001a.jpg


posted by Kose at 08:57| ギター

2017年07月22日

Yibuy、ゴールドフォイル風ストラトPU到着

もっと遅いと思ったら、16日に注文して最短22日で到着。Lovoskiが1日早すぎた。
Lovoskiソープバーに着手しないでよかった。

ネック、センター、ブリッジで、ポールピース両端間の距離が48、50、52mmと異なる以外区別できないので、とりあえず、テープにその値を書いてピックアップカバーに貼るのが最初作業。

すべて4000ガウス超のアルニコ・ポールピース構造であることは確認。アマゾンでは二重コイル=ハムバッカーとかいてあるのだが、抵抗値を測っても10kΩ未満なのでよくわからない。出力があってノイズがなければ、何バッカーだろうとシングルだろうと構わない。

Lovoskiはビニール袋に入れてクッション封筒に入れただけで、2個のうち1個の薄いフェライト磁石が割れていたが、Yibuyは箱入りで、プチプチクッションで巻いて、クッション封筒入りだった。中にはカタログまで入っていた。こちらは3600円なんで、安心であった。実はLovoskiでも全く同じタイプのものを半額で売っていたが、初めての中華パーツ注文だったので、二カ所に分けて注文することにした。結果的に差が出たのは、ひとつの学習の成果となった。

一応Playtech stratのピックアップは外すところまでやった。まだ配線は外していない。明日、一気にやるつもり。

DSCN0449.JPG

DSCN0450.JPG

DSCN0452.JPG

DSCN0453.JPG

size_and_registance.png
posted by Kose at 19:40| ギター

2017年07月21日

とりあえず、ピックガード無しで音出してみる

ストラトキャスターは、ピックアップとコントロール部が1枚のピックガードに乗っているから、改造するとなると全部改造しないといけないのが難点。

改造はしないけど、とにかくどんな音が出るかだけ試したいから、ピックガードをはずした状態で、ソープバー本体に直につけて(単にネジ留めするだけの野蛮な方式)、配線を変えて、とにかくアンプから音出してみるか?

そのためには最低P90用ネジ(¥550)は買わんと。
posted by Kose at 19:55| ギター

パーツ代合わせると改造費さらに¥5000

ストラトで、1760円のソープバー2本だけの改造をきれいにすると

ソープバー ネジ 550円 *サウンドハウスが安い.他はギターワークス調べ。
ピックガード穴ナシ 2052円
ポット 500kΩ 486x2=972円
トーン用コンデンサ 162円
3wayセレクター 1512円
+導線
-------------------
5248円+α
かな。
これならジャンクストラトを買えそうである。

まあ、急がないので、ソープバーネジとかピックガードは通販に頼った方がいいけど、秋月電子とかギターパーツ扱っている秋葉原の店を探検してもっと安くできるかもしれない。

安すぎるパーツでバランスよく買い物をするのはそれはそれで難しい。

たぶん一番安いのピックアップ配線済み中華ピックガードだろうなあ。

【ノーブランド 品】クラシック 配線済み フェンダー STギター SSS ピックガード アルニコ V ピックアップ 楽器 パーツ
¥ 2,160


だよ。これ以下に抑えることは難しい。日本製高い!

まだそうするかわからない。


posted by Kose at 18:32| ギター

ゴールドフォイル風中華ソープバーPU到着

ストラトタイプとシングルタイプを同時にアマゾンで注文したが、Lovoskiのゴールドフォイル風ソープバー・ハムバッカーPUが先についた。

sDSCN0441.JPG

開けた

sDSCN0442.JPG

PU2個だけ。説明書なし。装着用ビスなし。

ビスは約500円で買えるが、本体は1760円。

それに同装着するにせよ、ピックガードも2000円くらいはする。
気分としてはフロントはバッカス・テレキャスのフロントに黒ピックガードで、リアは、Playtech stratのリアにすると格好いいと思うんだが。後者の場合は、なんちゃってスプロのベースになる。

まあすぐには使用しない。ストラト用の同タイプのも同時に注文しているので、それが終わってからいずれ。

裏は完全にP90
sDSCN0443.JPG

開くと底に2枚薄いフェライト板が貼っているだけ。極性は反対。抵抗値からハムバッカーであるのは確かだろう。

まるでP90でありなが、ハムバッカー(磁力から見てそう強くない)で、かっこうだけゴールドフォイル。

音は謎。

完全にバラしたが、コイル部分はプラスチックケースに覆われて直ちにわからない。いずれ解体して調べる。使えたら、1760円だからね。ポールピース風のネジは飾りだと思う。ネジをはずそうとすると硬いか抜けているかが少なくなかった。

sDSCN0447.JPG

大きさ的にはこのような感じ、雰囲気はわかるかな?
sDSCN0448.JPG

ピックガードとネジを注文している間に、ストラトタイプ到着するだろう。
あんまり物欲ないから、のんびりやる。
posted by Kose at 16:48| ギター

2017年07月20日

PLAYTECHストラト、マグネット強すぎてスチールカバー効果なし、ネオジム補強でハーフポジション改善を実証

PLAYTECHストラトは6000円の新品最安ギターだが、まあよくできている。リペアできる人には特上だ。
最初は音詰まりがあって、最短の方法として他のストラトタイプのサドルを移植して、それは直った。まあもとのサドルのブリッジ版への接触面にやすりをかけるとかやり方あるらしい。

それはそうとPLAYTECHストラトは、家にあるギターで一番磁力が強い。最強だった、YAMAHA SG800を余裕で超える。フロント3100ガウス超,センター4000ガウス超、リア3800ガウス超である。

センターが特に高いのは、ネオジム補強で実証したとおり、センターの磁力はリアとフロントの効果を受けてそれ自体より高くなる。

おそらくそういう設計をしていないため、PLAYTECHのハーフポジションは弱く、バランスが悪い。

センターを弱くすることができないので、フロントとリアにネオジム補強をして、バランスをよくするようにしてみた。フロントは3500ガウス超、センターは変わらず4200ガウス超、リアは4000ガウス超になった。

そしてハーフポジションが弱くなる現象はなくなった。このようにストラトSSSのバランスを変えるためにネオジム磁石を使用するという新たな方法を発見した。

しかしその4000ガウス程度のリアだと、マグネット・スチール・カバーの影響は「まるでない」。
Audacityでいろいろ試してみたが、1万Hz超の聞こえない周波数で変化はあるが、可聴周波数では目立った変化はないか、むしろゲインが落ちているかもしれない。

さて、これではスチールカバー実験は水泡に帰してしまう。2000ガウス未満のレジェンドにはよく効果があるんだが。

いったい4000ガウス超のシングルコイルピックアップの音は「クリーン」としていいのかどうかと問わないといけないかもしれない。

実際、PLAYTECHのリア、センターのシングルの音は、それ自体ハーフポジション気味の音がするのだ。

だから倍音成分についてもっと理解を深める必要が出てきたが、中華ピックアップが来るまで考えないことにしようと思う。

追加
ゲインやサスティーンに対するスチールカバーの効果は乏しいが、少しクセのあるストラト風のクリーン音色をもっとフラットなクリーンに返る効果は認められた。
やはり倍音成分の分析を、非常に面倒くさいが、やらないと説得力ないな。
posted by Kose at 18:44| ギター

2017年07月16日

ライ・クーダー「ビリー・ザ・キッド」ライブ

1973年のマンドリン弾き語りの動画あった


曲はトラッドみたいだ。よく調べよう。
たとえば
http://vincentobrien.media/billy.html
Billy The Kid
(Traditional)
A traditional American ballad I first heard played by Ry Cooder. There are a number of different songs called Billy the Kid, or The Ballad of Billy the Kid but I haven’t been able to find an original version of this one other than that performed by Ry Cooder on Mandolin.

ウッディ・ガスリーの曲と共通性は多く、ライ・クーダーが歌詞もかなりアレンジしたんだろう。


Billy The Kid
Words and Music by Woody Guthrie

I'll tell you the story of Billy the Kid,
And I'll tell of the things that this young outlaw did
Say out in the west when the country was young
When a gun was your law and your law was your gun

Now the Mexican maidens liked Billy so well
How many he had, no expert could tell
While singing and drinking he come to his end
Shot down by Pat Garrett who once was his friend

Pat Garrett rode up to the window that night
And the desert was still and the moonlight was bright
And he listened awhile as the Kid told his tale
Of shooting the guard at the Las Cruces jail

You sweet Mexican maidens, come give me your hand
At the age of sixteen I killed my first man
It was out in New Mexico, long long ago
When a man's only chance was his old .44

I rode down the border and robbed in Juarez
I drank to the maidens, the happiest of days
My picture is posted from Texas to Maine
And women and riding and robbing's my game

On the same night that young Billy died
He said to his friends, "I just ain't satisfied.
There's twenty-one men that I've put bullets through
And the sheriff of this county's gonna make twenty-two."


Pat Garrett then fired and his thumb-buster cracked
And Billy fell dead, he was blowed through the back
Pat rode away and the Kid's laying dead
And this was the last song of Billy the Kid

posted by Kose at 19:04| ギター

Yibuy、Lovoski中華ゴールドフォイル風ピックアップ注文した

Yibuyストラトタイプ
Yibuy 48/50/52mm エレキギター ピックアップ 4線 シングルコイルピックアップ ハムバッカー (ホワイト)
価格: ¥ 3,603


シングルコイル・ハムバッカーというのは、スプロとダックバッカーが実現しているもんですが、それらは高音弦と低音弦のマグネットとコイルが別でそのふたつが逆位相でハムバッカーになるという構造。これはわからないけれど、興味深い。
4.表面は単一コイル構造ですが、内部は二重コイル構造です。
5.内部構造:内部銅線が逆転し、磁気テープが薄い銅製紙に付着する。 クロムダブルトラック
6.ポテンショメーターを引いたときにシングルコイルをダブルコイルに切り替えることができます


Lovoski エレキギター用 ハムバッカー 6ホイール ピックアップ ブリッジ ネックピックアップ 黒
価格: ¥ 1,760


これも裏面はがっつりP90。説明が何もないですが、おそらく上と同じ主張でハムバッカーなんでしょう。
日本人、シングル・ハムバッカーに何ら興味がないので、セイモアダンカンのダックバッカー(9000円)に張り合える製品なら十分面白いのじゃないでしょうか?

こちらは、ピックガードを別途注文が必要。それは日本製にします(税込2050円)。コントロール部込みは秋葉でそろえないと非常に高くつく。全然急がないし、いろいろ考え方があるので、検討します。

ちなみに到着は、7月31日の予定ですのでのんびり行きましょう。暑いし。


中国のアリババサイト、AliExpressでも注文できますね。少し安いかも。勇気ないな。
Yibuy Black 48 / 50 / 52mm Electric Guitar Pickup Four Wire Single Coil Pickup to Humbucker Pack of 3
価格: US $35.71
割引価格:
US $25.71


あれ?AliExpressの裏面の構造が、Amazonのと違うじゃん。来てみないと本当にわからない。ハラハラどきどきの夏の冒険だな。
posted by Kose at 10:43| ギター

2017年07月13日

楽器木材の事実とディスコース

ギターにおける「スプルース」(松)と「メイプル」(楓)の使用は、バイオリン族の伝統をそのまま継承したもので、まるで変化がない。

楽器材の事実と神話のディスコースを根気よく調べたサイトがあって勉強になる。
楽器用材としてのトウヒ・カエデの仲間たち
http://www.geocities.jp/kinomemocho/zatu_Piano_Violin.html
(序より)
 楽器作りの素材としての木材に関しては、伝説的、職人的、科学的、あるいは怪しげな講釈がいろいろあって、これ自体が実に楽しい世界である。とりわけバイオリンに関しては途方もない金額で取引される古い時代の名器とされるものが存在し、楽器制作者はこれら名器を範として少しでも近いものを目指している。この風景はまるで古刀の再現を目指す刀匠のようでもある。一方、演奏家は更なる高みを目指す過程で、当然のことながらより評価の高いものを求め、手に入れることを夢見ているようである。 【2012.3】


神話だけで語っている人がいることを暴露している点も面白い。
ヴィオラ族はルネサンス後、リュートから17世紀頃突然発達したものだと言うことは歴史的にわかっている。
当然ながら初期西欧音楽は即教会音楽であるから、神話にどっぷりつかっていたのは当然であるが、神話主義者らが言う材の産地が、19世紀末まで残ったハプスブルク家の領土、オーストリア=ハンガリー帝国にあるのは偶然とは言えまい。もっと神話を加速させたのが第一次世界大戦によるオーストリア=ハンガリー帝国の解体である。もちろん西欧クラシック・シンフォニー音楽の最終形態は、ウィーンのマーラーである。西欧クラシックシンフォニー音楽が、19世紀の西欧の世界分割による富の集中で完成したことがわかる。

第一次世界大戦で、ヨーロッパの時代は終わる。その後ラジオとレコードが普及を始める1920年代を迎える。

19世紀にはギターはある程度普及しており、その材がヴィオラ族と全く同じであったのは、帝国主義的西欧中心主義が第二次世界後まで続くことから不思議ではない。

1920年代のアパラチア地方の渾然としたフォークソングでは、ギターが今日のように圧倒的な主役というわけではなく、フィドル(バイオリン)とマンドリンのようなヨーロッパ楽器となんと言ってもアフリカ・セネガル由来のバンジョーと併存していたと思われる。

レゾネーターギターが発明されるなど、他の楽器と比べ音が小さいと思われたんだろう。レゾネーターギターこそエレキギター出現の布石であるし、共鳴板に金属を使うという完全に西欧クラシックから隔絶した「材」の概念を導入した。

まあちゃんと調べないからわからんが、ギブソン、マーチンは、西欧帝国主義的「材」の概念を墨守し、し続けている可能性が高い。

ネックがメープルなのは、スチール弦の張力に耐える固さを持つ代替材がありえないため、例外がほとんどないから相当な合理性があると信じてもいいが、レスポールの場合、背面の材にメイプルを使っているのは明らかに西欧クラシックの伝統への郷愁に過ぎないと断言して構わないと思う。

まあ、どうせガキの遊びであるロックやフォークで、ボディの材についてむやみと口にするのは、どれだけ精白かその内少しでも明らかにできたらと思う。

YAMAHAはピアノで成功しているように、アコギでも成功はしているが、エレキでブランド力がないのが不思議である。他方ヘビメタ形のソリッドモデルその他で成功しているIbanezや、エレアコの代名詞ともなったタカミネと対照をなす。

なぜか音はいいし材もいいのに「かっこわるい」。なんとなくレスポールかストラトの変形という、テケテケ時代のメイドインジャパンのだささを醸し出している。要するにこれは得意なジャンルだという音がないんだと思う。サンタナと高中の過剰なオーバードライブに変わるギターはいくらでもあるし、エフェクターで簡単に得られるように時代は変わったのだ。

さて中華ギターに注目するのは、所詮西欧帝国主義時代の高価な「材」の価値体系かあら端から出発点が違うところである。

日本の楽器メーカーは他の産業や哲学と同じく、西欧基準の模倣で、第二次大戦を起こすほど強力に発展した。
戦後も基本的にその基礎の上に高度経済成長があったわけだ。哲学は成長しなかったが。

そういうわけで、西欧基準の「材」を無視した「材」でなんらかの音楽ジャンルに特に適合した音がするギターを中華ギターを作ってしまう可能性があるのだ。メイドインジャパン・メーカーはバッカスを除くとこの手の試みをやっていない。YAMAHAがインドネシア辺りで材の他社への供給をやっているという情報は知っているが。

とにかくギブソンはダメだ。西欧帝国主義の末裔である。
フェンダーは、関係ないからね。すがすがしい。だからフェンダーのギターについて材がどうのこうのというのは何も理解していないに等しい。フェンダーの場合はおそらく、そこら辺の家具材で使えそうなものをたまたま選択した可能性が高い。しばしばパイン(松)が使われる。

西欧クラシックのように完全に完成した音楽体系と、数年で流行り廃りがあるポップスで、材の適正について類似の基準を持ち出すのは、合理的なのではなく、類比的なものに過ぎないだろうと言うことである。

posted by Kose at 08:58| ギター