2017年03月30日

テレキャスの配線を変える

フロント・ピックアップのノイズがひどい。

テレキャスの配線では、一般にフロントとリアで位相を変えて、ミドルポジションでハムバッキング効果を出すとされているが、そんな現象は起こらない。

標準的なテレキャスの配線(何が標準的かは別の問題)をいろいろまじまじ見たが、違う。特にセレクタースイッチの配線がバッカス・テレキャスはおそろしく単純だし、コンデンサーの配線は、プレベと同じ仕様であった。

回路図書き起こして、検討しようと思ったが、とりあえず面倒くさいため、フロントの位相プラスとマイナスをリアと同じに変えた。ハンダごてで、フロントの2線の位置を付け替えるだけなので頭を使う必要はない。
かくして、フロントの激しいノイズはなくなった。出力も大きくなった(あまりにパワーがないので、真剣にピックアップを買って交換しようと調べたくらいだが、1個6千円程度のため、1.2万円のギターではちょっとひるんだ)。ただし、ミドルポジションのミックスの音のニュアンスはほとんど失われた。

そのうち配線図を書き起こして、標準的な配線に変更してみたい。だがパーツがそもそも標準的な配線に対応しているとは限らない。その場合は、セレクタースイッチ(とコンデンサー)を交換するかもしれない。その場合は600円(ともに)くらいだ。1.2万円ギターでも釣り合う。

ベースのノイズも最初ひどかったが、トーンにクレ5−56噴射して、放っておいたら、ずいぶんよくなり実用上問題なくなった。

ベースの練習は毎日やっている。「指が痛い」状態は完全に克服したが、フィンガリングもピッキングも実用段階には至らない。それはそれで面白いので、しばらく練習する。

ベースがましになったら、録音するかもしれない。
テレキャスが多少なりとも改善されたので、少し気分がよくなった。不安定な睡眠も、少しこれで改善されるかもしれない。

土曜は寒いらしいから、無理に外出しないで、日曜、あえて上野公園行ってみるかなと思う。
石神井川の桜も一部咲いているが、人が足を止めるほどではない。

追加
標準的テレキャス回路は年代で「いろいろ」らしい。次は海外のサイトのもので、1967年以降とされている。
Sep13_PG_CLM_ModGarage_image_WEB.jpg

バッカス・テレキャスはほぼ同じだが、セレクター・スイッチがもっと簡素なようにみえる。調査しないと。
posted by Kose at 10:43| My Music

2017年03月25日

IK Multimedia SampleTank Custom Shop(Sample Tank 3)フリーの紹介、驚きの充実

ベースのアンプシミュレーターで、IK MultimediaのAmpliTubeを利用してみた。
たいへんよろしい。ギターアンプシミュレーターはフリー版ではかなり物足りないと思うけれどね。

iPadのアンプシミュレーターとインターフェースはこの会社。
IK Multimedia
http://www.ikmultimedia.com/
天みたいなロゴが目印だ。

だいぶ昔に登録したので、詳しいアカウントの作り方は忘れてしまった。
SnapCrab_NoName_2017-3-25_19-59-0_No-00.png

上のバーの「サポート」のドロップダウンメニューに「IK アカウント」メニューがあるのでそこでメアドやパスワード登録して、送られてきたメールのリンクを開くと登録されるんじゃないだろうか、たぶん。
SnapCrab_NoName_2017-3-25_19-59-44_No-00.png
登録ページ
SnapCrab_NoName_2017-3-25_20-3-41_No-00.png

首尾よく登録されてログインできたら、「サポート」の「ユーザーエリア」に入る。
そこにインストール可能なフリー版が表示されているはずである。
SnapCrab_NoName_2017-3-25_20-4-36_No-00.png

先日、そこを見たらSampleTank Custom Shopというのが新たに追加されていた。実体はバージョン3である。以前登録したときは2だった。2はほとんど使ったことがない。魅力的な音はなかったんだと思う。

これ!
SnapCrab_NoName_2017-3-25_20-4-55_No-00.png
ダウンロードして、インストールすると、アクティベーションのためのオーソライぜーション・マネージャーも同時にインストールされる。上のページの「Serials/Authorizations」欄のシリアルナンバーをコピーし、オーソライぜーション・マネージャーの「PAST」ボタンをクリックすると、アクティベーションされる。
めでたし、めでたし。

さて、単体ではピアノ音色しか入っていない。次の「Sounds Downloads」の音源をダウンロードしてインストールすると、非常に高品質でたくさんの標準的音源がインストールされる。こちらはアクティベーションはいらない。

AmpliTubeその他も同様である。

贅沢である。使わない手はない。DTMをやらない人には縁がないかも。ちなみにDAWソフトは買った方が楽だと思う。


posted by Kose at 20:33| My Music

2017年03月24日

VSTベースアンプ・シミュレーターはこれ「GK Amplification 2 LE」 追加「AmpliTube4」

ベースアンプ・シミュレーターというのはマイナーなカテゴリーだ。記事が少ない。VSTも少ない。
ベースのデスクトップ録音はサンズアンプのプリアンプが超定番らしい。
TECH21 (テック21)
Sansamp/Bass Driver DI V2
ベース用DI/プリアンプ
\25,800(税抜) (\27,864 税込)
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/224222/
tech21_bsdrv2ff.jpg


ベースが6800円なのに、2.8万円のプリアンプは非現実的である。

べリンガーのプリアンプで十分である。ただしトーンとかゲインとかないけれど。プリアンプはなくても、オーディオインターフェースだけでも大丈夫。あった方が、歪みのない音が得やすい。歪んでいい人は、必要がないとも言える。

今回新たに導入していいと思ったのは
Gallien-Kruegerのベースアンプをシミュレートした無料プラグイン『GK Amplification 2 LE
http://melodealer.com/audified-gk-amplification-2-le/


ものすごく親切でない記事なので、説明を加える。

有料版GK Amplification 2 Proの機能制限版で、一つのタイプしか使えない。

つぎのGallien-Krueger社のプロダクツ>フリー>Live Guitar and Bass Bundle LE
https://shop.audified.com/collections/products/products/live-guitar-and-bass-bundle-le?variant=28511870727
で買い物カゴアイコンをクリックして通常のEC手順で購入。
リンクが登録されたメアドに届くので、それをクリックしてダウンロードして、インストールする。
無料である。アクティベーションの必要はない。

ベースアンプだけでなく、「ampLion」というギターアンプシミュレーターも同時にインストールされる。こっちは試していない。メニューでは「Audiffex」というグループにともに登録される。

音は好みの問題だが、GK Amplification 2 LEはゲインが高くて、SN比がよく、妙なノイズもない。かなりのフリーベースアンプシミュミュは、何か変な雑音がある。このためプリアンプを使わないでも結構モノホンぽい音を作れる。基本的にもブースト感が強いが、つまみをいじればクリーンな音歪んだ音ともにつくれる。プリアンプやエフェクターなしで通したい人、ベースが2.2万円以下の人はこれしかない。

ロック系の人は安心のVSTプラグインだと思う。

SnapCrab_Product Name_2017-3-24_13-37-39_No-00.png

追加:
IK Multimedia AmpliTube Custom Shop (AmpiliTube 4)
http://www.ikmultimedia.com/jp/products/amplitubecs/
左欄の「Buy Now / Free!」をポチ。Windowsとマックが選べる。
無料だが、アカウントを登録してアクティベーションが必要(少し面倒)。
これにも、ベースアンプが2種類入っている。クリーントーンはこちらがおすすめ。スラップ・ベースもOK!
*ともに若干高音のノイズがある。Ampegの方はホワイトノイズが確実にでるようだ。高音が強いのでしょうがないか?
SnapCrab_NoName_2017-3-24_14-57-7_No-00.png

SnapCrab_NoName_2017-3-24_15-0-14_No-00.png
posted by Kose at 13:47| My Music

2017年03月23日

Legendプレベ購入

よく確かめたら、税込み6800円だったから、まあ新品の半額と言うことでテストで買ってみた。
オヤジがよく買う阿呆なCDボックスセットより安いと思う。

状態
ネック 反りナシ
フィンガーボード 使用痕なし
ピックガード 少し弾いた痕あり
ボリューム 正常
トーン 若干ガリあり
ペグ 正常
オクターブ正常
その他キズ 背面に一カ所バックル痕あるだけ。金属パーツはさびていないが、くすんでいる。

新品 Amazon
Legend レジェンド ベース プレシジョンベースタイプ スタンダードヘッド ブラック LPB-X BK
Legend by Aria レジェンド ¥ 13,490
51h5aew5oWL._SL1000_.jpg


オーディオインターフェースに直につないで、VSTベースアンププラグインでなんとかなる。
*ギターのハード・アンプシミュレーターはダメである。低音が消えてしまう。
TSE AUDIO BOD v2.1.0
https://www.tseaudio.com/software/tseBOD
BOD.png

を使ってみたが研究の余地は大いにある。

家で使ってみると、やはりでかい。とてもではないが、0〜2フレットなど弾きたくない感じである。

やはり、ゲイン不足は否めないかもしれないからエフェクターの類いを検討すべきかしれない。
*追加:あんまり使い道のなかったベリンガーのプリアンプMIC100が有効であることがわかった。ボーカルマイク用ではまったく実用的ではなかった。
behringer_mic100b_2.jpg
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/19209/
スタジオ、ライブおよびHDレコーディングなどで威力を発揮する、リミッター搭載マイク/ライン・チューブプリアンプです。DI ボックスとしても使用可能です。


そして本気なら宅録にはやはりバイオリン・ベース・タイプが実用的だとわかった。

なんちゃって「カムトゥギャザー」を録音してみた。打ち込みだとこんなにスライドするラインを作るのは考えただけで気を失いそうである。いろいろすでに勉強になった。まあ何かのカルチャークラブのレッスン料だって1回6000円はまあ高いとは言えない。

練習したい。



legend05.png

legend01.png

legend04.png

legend02.png

legend03.png
posted by Kose at 14:39| My Music

2017年03月20日

リサイクルショップのベース (訂正)

昨日、近所のリサイクルショップにふと立ち寄ったら、Legendのほぼ未使用にみえるプレベが8千円で売られていた。じゃっかん古い感じだったが。

衝動買いしそうになった。しかし、若干汚れがあったし、まてよ、Legendのベースなんて1万円じゃなかったっけ?と思い、止めた。帰宅して、調べたら新品1.2万円だった。買わないでよかった。

この間、ギターをオクターブ下げてベースっぽくしてみる実験をした。埋もれてしまえばそうきこえなくはないという程度だった。やはりテンションがないため、聞こえなくはないという域を出ないので、実用化しなかった。

Legendのベースを調べていたら、またもやバッカスだんだけれど、「コンパクト・ベース」が新品1.5〜1.7万円で売られているのを見つけた。スケールが短いが、ピッチが若干甘いとは書いてあったが、テンションはいいようだ。

ベースはでかい。大して使わないのにそんなでかいモノを置いておくのはナンセンスである。ピグノーズとかヘフナーなら許せる範囲かもしれないが。

バッカスのコンパクトベースにはイケベ楽器オリジナルでコンパクトベースのアクティブのものがあることがわかった。
*たぶんバッカス制のアレンジ。価格は税込み2万のようだ。

普通のギター、ベースはパッシブで単にピックアップの磁界で弦の振動が引き起こす電気しか、電力はない。
アクティブは、電池のプリアンプを内蔵していて、増幅する。エレアコのピエゾもアクティブ。

さて宅録だと、アンプは鳴らさないし、鳴らせばもうギターとは違って近所迷惑どころではない。パトカーが来る。

では、プリアンプなりDIなりエフェクターをかますことも考えれるが、もとが1.5〜1.7万円では費用対効果があまりに悪い。

そのため、そういうものがいらないであろうアクティブのコンパクト・ベースはいいかもしれない、と昨日考えた。
だからといって、ベースは大して弾かないことに変わりはないんだけれど。

う〜ん。

まだバンジョー買った方がいい気もする。弾ける見込みないけど。
posted by Kose at 08:37| My Music

2017年03月18日

バッカス・テレキャス・ブルース

中華レスポールとおなじバッキングで演奏。
弦を010〜046に変えた。
もう一度、ネックのそりを定規をあてて調べたら、逆反りであることが、はっきりわかった。これを45度くらい順ぞり方向に調整した。
ちょっと弦のテンションで順ぞり気味で原稿が高いかもしれない。また改めて検討するけど、演奏上支障はない。完全にビビりや音量の問題は解決。
弦を太くしたので、高音がきついのに立ち上がりが悪いという現象も解消された。
あとは、まあぼくがギターを上手くなることだけだね。
posted by Kose at 17:07| My Music

ちょっとTokai中華レスポール弾いてみた

難しいことは何もしていない。朝なのでアンプシミュレーター。なかなかサスティーンいいね。ドライブは6/10くらいだけど。
アンプの方がもっといい感じがする。
posted by Kose at 08:33| My Music

2017年03月16日

テレキャス調整完了!!!

バッカスのテレキャス、1.2万円は不調だった。買ったのは2月14日なので、1ヶ月経ってしまった。
明らかに2弦にかなりすでに弾いて削れた部分があって、これがなくなるようずいぶん慎重に紙やすりかけてフレットを平らにした。これで2月一杯かかった。
それでもビビりが出るフレットがあるので、なんかネット通販でアウトレット品は買うものではないなと、結構落ち込んでいた。2月睡眠が悪かったのはこれが原因かもしれない。
ちなみに1.2万円というのは最近の洋楽ライブのチケットより安いんだけど。比較する意味がわからないが。
その後、ブリッジの高さをいろいろ試しても、どこかビビるし、1〜2弦の音量が落ちるという謎の症状に悩まされた。もう頭にきて、今日新しいギターを買うと昨日決意したくらいだったが、今日の睡眠が最悪で、1時〜4時眠れなかった。うっすら1時間眠れたが、5時にはばっちり起きてしまった。そのため午前中だるくてギターを注文する気も起きなかった。
それが幸いしたんだが、ネックのロッドをかなり思い切って調整した。ロッドをいじるのは若干勇気がいる。
だが、いろいろ試した結果、左に少し大きめに回したら(順ぞりを直したら)、すべての症状が消えた。

サウンドハウスという通販会社の説明 *買ったのはサウンドハウスではない。
https://www.soundhouse.co.jp/howto/guitar/neck/
実際は順反り、逆反りが絡み合い、波打った状態やねじれた状態になっていることもあります。的確に判断できるようになるには経験が必要ですので、無理は禁物です。ちょっとした調整で不具合が解消しない場合にはギターリペアショップに相談してみてください。


ビビるので逆反りしていると思いきや、そうではなくネックがねじれており、順ぞりを直した結果としてねじれが取れたということだ。その後、ブリッジも調整し直した。完璧である。ビビりも音量の違いもなくなった。

非常に嬉しい。これできっと今夜よい睡眠がえられるに違いない。

結婚したら、いやな女だと思ってめいっていたところ、思い切って喧嘩したら、ねじれが解消して仲直りしたというような感じとたとえればよいか?

やはり、アウトレット品を通販で買うのは止めよう。

NHKが反論しなかったらちゃんとストラト買うはずだったんだが。頭にきて、しかも猛烈に安かったから買っただけなのである。音はいいかどうか知らないが、猛烈に高音がでるテレキャス的なものではある。ドライブをかけるとストーンズの「スタート・ミー・アップ」クリソツの音が出る。クリーントーンは、その1〜2弦の問題があったので、あんまり試していない。

レスポールなんだが、あれは置物である。汚れや傷をつけないようにあまり弾いていない。

ギターとしてはIbanezの方が使いやすい。ハイフレット弾きやすいし、ピックアップもパワーがある。テレキャスのフレット磨きで腕が上がったので、Ibanezのフレットも全面的に磨いた。その結果とりあえずしばらく弾ける状態に戻った。

まあ福山雅治がCMでチェリーサンバーストのレスポールを弾いているのを見て、置物的には価値が高まったかなと思った。

NHKが土下座番組放送したら、ストラト高いのを買ってくれる。
posted by Kose at 19:23| My Music

2017年02月26日

ダイアー・ストレイツ「ブラザーズ・イン・アームズ」イントロのシンセサウンドを再現してみる



パートは
1)高音のフラットなシンセコード
2)低音はなんかフラットなシンセサウンド
3)フルートないしそれっぽいっ中音
4)雷の効果音
だけ。
1はなにかもっと複雑に聞こえたが、海外でコピーしているのをいくつか見たところ、ごく普通のシンセサイザーで再現している。そこで単にPCM音源の標準のストリングスでほぼ十分であるように思えた。
特殊なのは、コードがC#m9のC#以外の音で、EbとEがb9になり、うねって聞こえるところがポイント(アルペジエーターみたいにも聞こえる)。そうじゃなくて自然な不協和音。
2はまあどこにでもある音だから、何でもいいんだけど標準のシンセストリング。上の不協和音と音の構成が同じだ。

なんかたくさんシンセ試したけど、不必要だった。がっくり。

ちゃんとカウントを取っていない。そのうち全体をやるかもしれない。
posted by Kose at 11:48| My Music

2017年02月23日

フリーVSTi Synth1実用化に成功

ちょっと睡眠が悪くて、だらだら過ごしていた。何の気力がなくてもできるフリーVSTインストルメントのインストールというしょうもないことをしていた。

通常がは簡単だ。
1)VSTiで検索
2)ダウンロードしてZIPファイルを解凍(実行ファイルでインストールの場合もあるが、VSTインストールフォルダーは適宜変更)
3)以上。DAWソフトが勝手に検索して登録してくれる
オルガンでは通常使っているARZ3と同等のものがあったので楽しみである。しょうもないものや動かない場合もあった。すぐに動かなかったが、次の二つが魅力的だったので多少気力を使った。

A)Cymbalistic
ドラムセットはだいたい使えるものがDAWに付属しているはずだが、「クラッシュシンバル」だけがしょぼい。CymbalisticというVSTiがあって期待したのだが(マリンバ音源とおなじアイオワ大学)、なんだかマルチチャンネルのやり方がわからず、今のところハイハットしかならない。今後やる気のないときの課題としたい。

B)Synth1
普通のシンセっぽい
synth1.png
超有名定番シンセサイザー(YAMAHAのシンセサイザーのエミュレーターらしい)Synth1というモノの使い方がわからないので、今朝なんとかした。付属の英語文書を読んでもわからなかった。なんとかiniを編集しろとか書いてあるが該当するモノがない。そこで次のサイトを参照した。

takeolog: 【フリーVST】Synth1のインストールと、外部パッチの入れ方
http://takeokkc.blogspot.jp/2014/03/synth1flstudio89-synth1-banks-9006.html

1)initsettings.exeという実行ファイルを実行してSynth1のインストール先を設定する
2)Snth1を立ち上げ、左下の欄をクリックするとプリセットが表示される。デフォルトはマルチティンバー+αで128音色。
 よくあるように左上バーの「プリセット」ではない。これで悩んだ。
3)9000以上のプリセットのパッチ配布サイトVST CAFEがあるのでダウンロードする。
4)解凍するとパッチ・ファイル自体まだZIPファイルのままである。
5)それを解凍すると、パッチを複数含むたくさんのフォルダーが作られる。
6)5の各フォルダーを個別にZIPファイルにする。ALZIPというソフトだと一発で個別にZIP化できるようだ。まあ一つずつやっても気が遠くなるほどではない。
7)6をVSTフォルダーのSynth1フォルダーにコピペ。
8)DAWでSynth1を開き左下の欄をクリック。External(.zip)に7でた莫大なパッチファイルの音色が表示される。
9)VST CAFEほどではないが、他にも莫大なパッチを配布しているサイトが多くあるらしいが、当面、9000のプリセットを試聴するだけで春になりそうな気がする。次のサイトで紹介されているがまたの機会に。

synth1 プリセットまとめ【約10000種類!!】
http://effect4week.hatenablog.jp/entry/synth1_preset
9006種!!
そんなに試せないっしょ・・・(嬉しいけどね)。
8749 Synth1 Patches !!! | VST Cafe
http://www.vstcafe.com/2010/04/8749-synth1-patches.html

670種類
リンク先にサンプル音源有。
Synth1 Presets MegaPack Vol.1 | VST Cafe
http://www.vstcafe.com/2009/04/synth1-presets-megapack-vol1-vst.html

128種
個人サイトかな。
Synth1 presets : Chris Bank volume 2 | Blogosaur
http://blog.wavosaur.com/synth1-presets-chris-bank-volume-2/

127種類??
see moreのリンク先からDL可能。
ダフトパンクのような音源がそろってます。
https://soundcloud.com/art-institute-1/synth1-art-institute-bank

種類数不明
やたらめったら上がってます。
KVR: Downloads, Banks and Patches
http://www.kvraudio.com/product/synth1-by-ichiro-toda/downloads

やれやれ
posted by Kose at 13:04| My Music