2014年04月20日

Ubuntu Xubuntu Lubuntu以外のパッケージ(GNOME KDEもある)

基本的にデスクトップの切り替えができなくなったため(できるのかもしれないがデフォルトではできない)、各デスクトップのパッケージを入手することができる。
Ubuntu GNOME
https://wiki.ubuntu.com/UbuntuGNOME/GetUbuntuGNOME

Kubuntu(KDE Ubuntu)
http://www.kubuntu.org/

その他、パッケージはミラー(次は北陸先端科学技術大学院大学)で得られる
http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases/

結局、ubuntu.comへリンクされているのだが・・・
We are happy to provide hosting for the following projects via the cdimage server. While they are not commercially supported by Canonical, they receive full support from their communities.

Edubuntu http://cdimage.ubuntu.com/edubuntu/releases/trusty/release/
Kubuntu http://cdimage.ubuntu.com/kubuntu/releases/trusty/release/
Lubuntu http://cdimage.ubuntu.com/lubuntu/releases/trusty/release/
Mythbuntu http://cdimage.ubuntu.com/mythbuntu/releases/trusty/release/
Ubuntu GNOME http://cdimage.ubuntu.com/ubuntu-gnome/releases/trusty/release/
UbuntuKylin http://cdimage.ubuntu.com/ubuntukylin/releases/trusty/release/
UbuntuStudio http://cdimage.ubuntu.com/ubuntustudio/releases/trusty/release/
Xubuntu http://cdimage.ubuntu.com/xubuntu/releases/trusty/release/

なお、ミニマルCDでインストールすると、上のパッケージを選択できる。
どうしてもUnityがガマンならないという人もいると思うので、GNOMEやKDEを選べばいいと思う。そのうちテストしてみたい。

ミラーでは古いバージョンも入手できる
Ubuntu 14.04 LTS (Trusty Tahr)
Ubuntu 13.10 (Saucy Salamander)
Ubuntu 13.04 (Raring Ringtail)
Ubuntu 12.10 (Quantal Quetzal)
Ubuntu 12.04.4 LTS (Precise Pangolin)
Ubuntu 10.04.4 LTS (Lucid Lynx)


USBブートの場合は、Ubuntuファミリー上の「ブータブルUSBの作成」でインストール。Unetbootin非対応!
posted by Mondayota at 12:12| Linux

Ubuntu14.04LTSのUSBインストール成功法:「ブータブルUSBの作成」を使用(DVD推奨)

UNetbootinにUbuntuインストール・イメージを焼くと、インストーラーが正常にインストールされず、そのため「日本語」も表示も選択も場合によってできないという不安定な状態が生じる。
おそらくLubuntu 14.04、Xubuntu14.04のインストーラーも同じ症状だと思われる(Lubuntuは日本語と中国語だけは非アルファベットで可能だったが)。

UNetbootinでUSBインストーラーを作りインストールしようとすると失敗する可能性が高い!
落とし穴だった。

一つの証拠として初期画面がテストとインストールの選択のグラフィックな画面が「ブータブルUSBの作成」だと表示されるが、UNetbootinだとテキストで列表示されるだけである。
*DVDインストールだと問題起こらないと思う。

この画面が出ないといけない
image-installdesktoplongtermsupport-1.jpg

こちらを参照
How to create a bootable USB stick on Ubuntu
http://www.ubuntu.com/download/desktop/create-a-usb-stick-on-ubuntu

Install Ubuntu 14.04 LTS
http://www.ubuntu.com/download/desktop/install-ubuntu-desktop

Ubuntu 14.04LTSインストールは成功した。
関係者の方々申し訳ない。

Lubuntu 14.04LTS、Xubuntu 14.04LTSについてもテストする。
posted by Mondayota at 10:22| Linux

2014年04月19日

LubuntuはOK 追加

UNetbootinで作成したUSBインストーラーでこの失敗の症状が出る。
Ubuntu謹製の「ブータブルUSBの作成」で作成すれば、インストーラーが正常になる
*まだUbuntu 14.04LTSしか確認していない(2014/4/20 10:50)
----------------------------------------------------------------
Xubuntuは、当面あきらめた。今のところ、ミニマルCDから以外可能でない。

Lubuntuの「Install」からのインストール/メニューは、非アルファベット系全滅かとおもったら日本語と中国語は大丈夫だった。ライブCDインストールはそもそも試していない。

Lubuntuは次からダウンロード:
http://lubuntu.net/

日本語の解説もある(Xubuntuは公式なものはない)
http://lubuntu-japan.jimdo.com/

とにかく、14.04のインストーラーが、ダメなので、本来はいずれもOKなのかもしれない。Lubuntuもケースによってはダメかもしれない。というのも、Ubuntu14.04をダウンロードし直して再インストールしようとしたら、ダメだった(マシーンが異なったこともあるかもしれない)。

このため、日本語リミックスが出る1ヶ月後くらいまで、ビギナーは待った方がいいかもしれない。

この今のところ欠陥のあるインストーラーのままなら、Fedora20の多言語パワーを継承した、Korora20の方が、Ubuntuファミリーよりデスクトップ・ユーザーには扱いやすい。ぜひ検討してほしい。非フリーのソフトへの対応も引けを取っていないし、1GBメモリーのへぼXPマシーンで、YouTubeまったく問題がなく再生できる程度に軽い。まあXubuntuもLubuntuも軽いとはいえ、1GB推奨なのだから・・・
Korora Project
https://kororaproject.org/
GNOMEでしか作動は確認していないが次がこのブログに書いたインストール方法(KDEは日本語可不可)。
Korora 20 GNOMEのインストールとソフト
http://lunedi.sblo.jp/article/93272474.html

UbuntuやLinux MintがDebian系のデスクトップ人気ディストリビューションなのに対して、Fedora=RedHat系のデスクトップに特化したディストリビューションは事実上なかったが、Kororaがそれだ。英語が必要なのはダウンロードまで。

さてLubuntuの日本語入力はAnthyしかとりあえず入っていない。しかしデフォルトで有効でないかもしれない。
メニュー>設定>キーボードとインプットメソド>インプットメソド>インプットメソドの選択>日本語>Anthy を選択すると、Anthyが有効になる。下のバーのキーボードのアイコンを右クリック>設定 でも同じ操作ができる。
ソフトの日本語化は全然確認していないが、FireFoxは完全に日本語化されている。
問題となるオフィスだが、軽量化のため、軽いソフトしかデフォルトでは入っていない。しかし、システムツール>Synapticパッケージマネージャーで「office」と検索すると、LibreOfficeがリポジトリに入っていることが分かる。1GBメモリーならLubuntuでこのような大きなソフトをインストールも可能である。

なおインストーラーにrootパスワードを設定するステップがないので、端末ではsudoを使わないといけない。sudo userにユーザーは登録されており、ユーザーパスワードで実効可能である。rootパスワードを設定するためにはミニマルCDでUbuntuをインストールし、Lubuntuデスクトップを選択することで行うことができる。ただしパーテーションは難しい。Xfce(Xubuntu)、LXDE(Lubuntu)以外のデスクトップもインストール可能であるが、ちょっと欲張ってインストールするとファイル数が万単位になるので注意。普通2000以下である。まあ失敗したら何度でもやり直されるので、超暇な時、やってみるとインストーラーの学習ができておもしろいと思う人がいるかもしれない。

LubuntuのWindowsXPぽいデスクトップに重いソフトを搭載した方が、Ubuntu Unityデスクトップになれるより、速いと思う。Xubuntuはマック風のランチャーがついているがそれが邪魔だ(任意のソフトを登録できるわけではないから)。

繰り返しになるが、Ubuntu終わったな・・・村上春樹の蛇足的長編みたいだ。
posted by Mondayota at 19:39| Linux

Xubuntuは、LiveもInstallもともにインストーラー日本語だめ : UbuntuのブータブルUSBの作成を使用すれば可能

UNetbootinで作成したUSBインストーラーでこの失敗の症状が出る。
Ubuntu謹製の「ブータブルUSBの作成」で作成すれば、インストーラーが正常になる
*まだUbuntu 14.04LTSしか確認していない(2014/4/20 10:50)
----------------------------------------------------------------------
Xubuntuは、LiveもInstallもともにインストーラーの日本語指定がだめで(漢字系が全部ダメ)。ダウンロードページを子細に見たら、`Ubuntu Minimal CDからベースシステムをインストールすれば、Xubuntuがインストールできるというようなことが書いてあった。
ミニマルCDのインストーラーはまったくのテキストベースなんだが、ベースシステムをインストールし設定すると、インストールするデスクトップやサーバーのリストが表示され、XubuntuデスクトップもLubuntuデスクトップもインストールできることがわかった。
現状これしかXubuntuをインストールする手段がない。ほとんどがネットインストールになるため時間はかかるが、1時間程度。Ubuntuのアップグレードに比べたらずっと短い。

Installation/MinimalCD
https://help.ubuntu.com/community/Installation/MinimalCD
Ubuntu 14.04 "Trusty Tahr" Minimal CD 31MB 32bit
Ubuntu 14.04 "Trusty Tahr" Minimal CD 37MB 64bit

結局、ブートローダーの設定がうまくいかないので(Ubuntu 14.04我インストール済みなので混乱する)、デュアルブートは止めて、ハードディスク全部を使ってインストールしてみることに方針を決めたが、その前にLubuntu 14.04をハードディスク全部使ってインストールすることを優先する。半日無駄になって多少疲れた。

Lubuntu 14.04のインストラーは幸い日本語は(漢字を使う中国語も)、大丈夫みたいだ。


ーーーーーーーーーー

ところでUbuntu14.04LTSはどうなのよ・・・ということだ。
ほとんど12.04と大差がない。一番大きいのは13.10からだが、デスクトップの切り替えができないこと。その代わりにクラシック・メニュー・インジケーターというGNOMEクラシックとおそらく同じ、プルダウンメニューを追加することが出きるようになったこと。デフォルトでUbuntuOneがインストールされなくなったこと。Mozcがインストール可能に用意されたこと(ただしインストールしてもただちには日本語入力にセットされないという不思議)。

日本語問題はFedoraが片付けて、Korora 20がそれを反映しているところをみるとUbuntuヤバいんじゃないのと思う。

デスクトップ以外のビジネスに親会社の関心が明らかに移っているので、Ubuntuは過去の異物なのかもしれない。こんなに何の違いもないとは思わなかった。サポートを伸ばしただけだ。
その点Xubuntu、Lubuntuは、Ubuntuより価値があるかもしれない。Ubuntuの派生ディストリビューションも見当に値するかもしれない。

ちょっと騒いだ割にがっかりだな。インストーラだめだし、これじゃWindows XPからUbuntu 14.04への乗り換えは正直進められる状態ではない。

Lbuntu 14.04が使えればなんとか1GBメモリーマシーンで使えると思うけど。LbuntuインストールとXbuntuミニマルCDインストールの両方テストできたらご報告する。

やれやれ感強い・・・村上春樹の短篇小説を読んだ後、こんな気がした。
posted by Mondayota at 14:50| Linux

今日はXubuntu、Lubuntu14.04LTSのインストール

昨日は申し訳ない。

インストーラー/メニューで、「Default」のライブCDからインストールすると日本語化失敗。
インストーラー/メニューで、「Install」からインストールすると日本語化簡単。
*ただし日本語入力はIBus-Anyhy。

グレードアップについても確認したが:
「ソフトウェア更新」で「LTS」のみ告知にしておかないと、半年毎のアップグレードになってしまうので気をつけたい。

管理者で(suまたはsudoで)
CUIなら
$ sudo apt-get update
$ do-release-upgrade
GUIなら
$ update-manager -d
ということで、ともに有効であることは確認した。

ソフトを残すならアップグレードがよいが、2〜3時間かかる。
あまり使い込んでいないなら、DLしてクリーンインストールが全然速い。小一時間。

本日は、ブートできなくなった(そもそもブートローダが違ったり、基本フォーマット形式が違ったり、ベースのディストロが違ったりするとデュアルブートしばしば難しい感じがする)Sabayonを一時引退させて、そこでCXubuntuパッケージとLubuntuパッケージをテストしてみる。
posted by Mondayota at 05:32| Linux

2014年04月18日

Ubuntu14.04LTSインストールは初期画面でInstallを選択すれば日本語インストール成功 訂正

UNetbootinで作成したUSBインストーラーでこの失敗の症状が出る。
Ubuntu謹製の「ブータブルUSBの作成」で作成すれば、インストーラーが正常になる
*まだUbuntu 14.04LTSしか確認していない(2014/4/20 10:50)
-------------------------------------------------------------------------

インストーラー初期メニューのInstallを選択すると、インストーラーの言語に日本語が選択でき、日本語が表示される。

*デフォルトのLiveDVD起動後画面から、インストールすると英語しかインストールできないというバグがある。

インストールされるUbuntu14.04LTSも日本語化されたものとなる。デフォルトでIBus-Anthyで日本語入力が可能である。歯車アイコンのシステム設定でロケール(言語サポート)でチェックできます。システム設定のDASHアイコン(一番上)で「更新」と検索すると「ソフトウェアの更新」が起動します。「今すぐインストールする」をクリックします。リリース直後なので「このシステムは最新です」と表示されます。デフォルトで毎日更新をする設定になってるはずです。
ソフトウェアのメニューは原則として上部のバーに表示されます(マウスを持っていかないと表示されません)。そこが日本語ならほぼ安心して使えると思います。たとえばFireFoxを起動してみてください。
14.04からオリジナルのクラウドストレージ、UbuntuOneがデフォルトではインストールされないようになりました。
その他、MozcやDropBox、ファイル共有など基本的なカスタマイズはまた別途お知らせしたいと思います。

*母の見舞い客が来て、ずっと改訂を投稿することができなかった。申し訳ない。
posted by Mondayota at 22:02| Linux

訂正:まだUbuntu14.04LTSに移行してはいけない(4/18)ということはない (21:30)

UNetbootinでのUSBインストーラーは失敗する可能性が高い。Ubuntuサイトで書かれている通り、Ubuntu上の専用の「ブータブルUSBの作成」でUSBインストーラーを作成すれば、確実に有効なインストーラーを起動できる。まだUbuntuしかテストしていないが。Windowsからの場合もUbuntuサイトの解説を参照されたい。DVDインストールなら事故はないだろう。
ダウンロード・ページ
http://www.ubuntu.com/download/desktop
USBインストール解説
http://www.ubuntu.com/download/desktop/create-a-usb-stick-on-ubuntu

-----------------------------------------------------------------------
以下の記事は、インストーラーDVDの初期メニューのデフォルトのライブDVDからインストールした場合に起きるバグ。
インストーラー・メニューのInstallを選択すると、インストーラーの言語に日本語が選択でき、日本語が表示される。
インストールされるUbuntu14.04LTSも日本語化されたものとなる。デフォルトでIBus-Anthyで日本語入力が可能である。歯車アイコンのシステム設定でロケール(言語サポート)でチェックできます。システム設定のDASHアイコン(一番上)で「更新」と検索すると「ソフトウェアの更新」が起動します。「今すぐインストールする」をクリックします。リリース直後なので「このシステムは最新です」と表示されます。デフォルトで毎日更新をする設定になってるはずです。
ソフトウェアのメニューは原則として上部のバーに表示されます(マウスを持っていかないと表示されません)。そこが日本語ならほぼ安心して使えると思います。たとえばFireFoxを起動してみてください。
14.04からオリジナルのクラウドストレージ、UbuntuOneがデフォルトではインストールされないようになりました。
その他、カスタマイズはまた別途お知らせしたいと思います。

ご不便かけて申し訳ありませんでした。
*母の見舞い客が来て、ずっと書き込むことができなかった。


-----------------------------------------------------------------------
現段階で、Ubuntu14.04LTSに移行してはいけない。1ヶ月程度待てば日本語リミックスがリリースされるはずである。
Ubuntu Japan Team
http://www.ubuntulinux.jp/

まだXubuntuとLubuntuは検証していない

1)クリーンインストールの場合
まったく日本語化できない。そもそもインストーラーに日本語がない。
日本語の設定が可能に見えるが、必要なファイルは用意されていないようだ。

見本状態である。ぷんぷん!!!

このため、古いUbuntu 12.04LTSないし13.10をインストールをしておいたほうよい。2)を参照のこと。

とにかくUbuntu12.04LTS日本語リミックスをインストールする
http://www.ubuntulinux.jp/

2)アップグレードの場合
なんと、Unity以外のデスクトップにしていると、Unityがインストールされない。
ぼくはGNOME Classicであった。
このためアップグレードは、Unityに切り替えた状態で、行うべきだ。
この場合、日本語化は継承されるので問題がない。こ のため、クリーンインストールせずに、急坂からアップグレードする以外、現段階では実用性がない。

なお他のサイトをみて
$ sudo apt-get update
$ do-release-upgrade
をやってみたが全く通用しなかった。次のコマンドが有効だった。
$ update−manager -d
ソフトをたくさん入れていたせいもあるかもしれないが、3時間かかった。
これで12.04のようにデスクトップ切り替えがログイン画面で使用できるが、一旦他のデスクトップを使うと、GNOME Classicは使えなくなる。

なおクリーンインストールの場合、13.10から、ログイン画面でのデスクトップ切り替えができなくなっている。

このため、Unytyが嫌いな人は、12.04でGNOME Classicその他を使い、アップグレードするとよい。まだ調査不十分だが。

とりあえず、いま12.04を14.04にアップグレードしたもので書いているが、12.04のメディアが残っているので、データを退避して、12.04に戻す。

3)Xubuntu、Lubuntuについては今後検証する。
posted by Mondayota at 14:38| Linux

Ubuntu Xbuntu Lubuntu14.04LTSリリース&スクショ 紹介

Ubuntu 14.05LST サイトリンク Click!
http://www.ubuntu.com/download/desktop

sUbuntu1404LST-anounce-2014-4-17.png

オリジナルサイズ・スクリーン Click!

-------------------------------------------------------------------------------

Xubuntu 14.04LST サイトリンク Click!
http://xubuntu.org/getxubuntu/

sXubuntu1404LST-anounce-2014-4-17.png

オリジナルサイズスクリーン Click!

--------------------------------------------------------------------------------

Lubuntu 14.04LTS
サイトリンク Click!
http://lubuntu.net/

sLubuntu1404LST-anounce-2014-4-17.png

オリジナルサイズスクリーン Click!


とりあえず、ご紹介。

日本時間18日5時40分。
posted by Mondayota at 05:42| Linux

2014年04月17日

19時Ubuntu Pricise/Releaseリポジトリがロック #Ubuntu

$ sudo apt-get update
を19時(午後7時)実行したところ、Precise(つまり12.04LST)のリポジトリがロックされたらしく、接続に失敗した。

$ do-release-upgrade
は成功していない

もうすぐか?

--------------------------------------------------------------------
時間おいてやったら大丈夫だった。不正捏造申し訳ない。
posted by Mondayota at 19:07| Linux

LubuntuのダウンロードURLはリンク切れ #Ubuntu

たびたびすいません。LubuntuのISOイメージダウンロードしようと思ったら、なんとリンク切れでした。とりあえず、リリース前にブログを投稿したのだと思います。

え〜と。

まあ日本時間17時中には出そうな感じというところでしょうか?
posted by Mondayota at 16:36| Linux