2014年01月26日

VideoLANドキュメント私訳 第二回 ストリーミング・ハウツー(1)イントロダクション

VideoLANドキュメント ストリーミング関連抜粋私訳
https://wiki.videolan.org/Main_Page/

VLC Media Playerを持ちでないかたは(オープンソース・フリー、各種OS版あり)
VLC Media Player ダウンロード・ページ

VideoLanのwikiドキュメントの内、ストリーミングに関連するドキュメントを翻訳試みました。
数回に分けて掲載します。全部を一度に見る場合は、次のPDFファイルをご覧ください。
VideoLAN-Document-Streaming-How-To-etc.pdf
##########################################
第二回 ストリーミング・ハウツー(1)イントロダクション

Documentation:Streaming HowTo
https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/

著者:
Alexis de Lattre
Johan Bilien
Anil Daoud
Clément Stenac
Antoine Cellerier
Jean-Paul Saman

Copyright (c) 2002-2006 the VideoLAN project

Free Software Founddationが発行したGNU General Public License(あるいはLiscense第2版、それ以降)の定義の下、このドキュメントを複製し、配布し、改変する許可が与えられています。

このドキュメントはVideoLanを使ってストリームを配信し、変換し、保存する方法を説明します。

注:ストリーミングについての新しい情報はストリーミング・新ハウツーをご覧ください(WIP) *訳注:上に訳出

目次
1)イントロダクション
2)メイン
3)VLM
4)チュートリアルと例
5)IPv6
-------------------------------------------------------------------------
1)イントロダクション
Streaming, Muxers and Codecs
https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/Streaming,_Muxers_and_Codecs/

目次

1.イントロダクション
1.1.概要
1.2.VideoLanソフトウェア
1.2.1.VLC Media Player
2.マルチプレクサとコーデック
2.1.コーデックとはなにか?
2.2.フォーマットとはなにか?
2.3.ビデオをエンコードする
2.4.ビデオを再生する

1.イントロダクション

1.1.概要

VideoLanは、GNU General Public Licenseの下、エコール・セントラル・パリの学生と世界中の開発者によって開発されたビデオ・ストリーミングの完全なソリューションです。VideoLanは広帯域ネットワークでMPEGビデオをストリームするよう作られています。

VideoLanは次のものを含みます:

・VLS:MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DVD、デジタル衛生チャンネル、地上波デジタルテレビ・チャンネル、ユニキャストまたはマルチキャストのネットワーク上のビデオをストリーミングする
・VLC(元はVideoLan Client):MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4ファイル、DVD、ユニキャストまたはマルチキャストのネットワークのライブ・ビデオのサーバーとしてもいることができます:また複数のOSでMPEGストリームを受信し、デコードし、表示するクライアントとして使用します。

次が完全なVideoLANソリューションのイラストです:


Global VideoLAN solution

プロジェクトの詳細についてはVideoLanウェブサイトで調べることができます:
http://www.videolan.org/

1.2.VideoLanソフトウェア

1.2.1.VLC Media Player

VLCは多くのプラットホームで稼働します:Linux, Windows, Mac OS X, BeOS, *BSD, Solaris, Familiar Linux, Yopy/Linupy and QNX. VLCは次を再生できます:
・ハードディスク、CD-ROMドライブ上などのMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DivXファイル
・DVDとVCD
・衛星カードから(DVB-S)
・デジタルビデオカメラから(DV)
・VLSまたはVLCでネットワークに送られたMPEG-1、MPEG-2、MPEG-4

VLCはストリームのためのサーバーとしても使えます:
・MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、DivXファイル
・DVD
・MPEGエンコーディング・カードから
・デジタルカメラから
IPv4またはIPv6で次へ:
・一台のマシーンへ(つまりひとつのIPアドレスに):これはユニキャストと呼ばれる
・動的なマシーンのグループへ(つまりマルチキャストIPアドレスに)・これはマルチキャストと呼ばれる

サポートされるそれぞれのVLCの可能性の完全なリストを得るには、VLC機能ページを参照:
http://www.videolan.org/vlc/features.html

注:VLCはMac OS 9では動きません。

2.マルチプレクサとコーデック

2.1.コーデックとはなにか?

VideoLanを完全に理解するには、コーデックとコンテナー・フォーマットとの違いを理解しなければなりません。

コーデックは圧縮アルゴリズムで、ストリームのサイズを小さくします。オーディオ・コーデックとビデオ・コーデックがあります。MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4、Vorbis、DivXなどがコーデックです。

2.2.コンテナー・フォーマットとはなにか

始めるにあたって、コンテナーフォーマットを普通の輸送の箱と考えてみてください。箱が郵送されます。「中に何があるのか」と考えるでしょう。箱には注意を払わないでしょう。箱の中身にしか興味はない。何か問題でも?箱の中は見えません、。どうしたいいのか。ナイフで切って開けないといけません。

コンテナー・フォーマットはこのような基本的アイデアに従います。それには、コーデックによってエンコード済みのひとつ以上のストリームが入っています。オーディオストリームやビデオストリームがあります。AVI、Ogg、MOV、ASF、MP4などがコンテナーフォーマットです。ストリームは様々なコーデックでエンコードされます。 完璧な世界では、どんなコンテナーフォーマットにどんなコーデックでも入れられます。不幸にもいくつか互換性がないことがあります。次の機能のページで可能なコーデックとコンテナー・フォーマットの組み合わせを知ることができます。
機能のページ:
http://www.videolan.org/vlc/features.html

2.3.ビデオをエンコードする

これは郵送箱を作る最初の段階です。それはオーディオでもビデオでも、ファイルは以前のフォーマットより物理的量の小さい別のフォーマットに圧縮することを意味します。よく使われるビデオ・エンコード法は、DivX、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4などがあり、最も使われるエンコード法はMP3かogg-vorvisです。

その後、マルチプレクスしなければなりません。これは基本的に分離したビデオ(あるいはストリーム)をひとつファイルに結合する処理です。
訳注:マルチプレクサ、デマルチプレクサは電子回路の専門用語、単純に言うと、信号の統合と分解。

2.4.ビデオを再生する

箱があったとして、コンテンツを見る前に、箱を開ける必要があります。それがまさにVLCが行うことです。ストリームをデコードするため、VLCはデマルチプレクス(マルチプレクスされたものを分解する)をします。これはコンテナー・フォーマットを読み、オーディオ、ビデオ、字幕に分離します。デマルチプレックスはビデオもオーディオも質を落とさず、ストリームのデータになにもせず、単に別のファイルに分けるだけで、それぞれはオリジナルのファイルの部分が入っています。その後これらそれぞれはストリームを解凍する数学的処理をするデコーダーに渡されます。

ここでMPEGについて考えます:
 ・MPEGはコーデックです。MPEGには、MPEG-1、MPEG-2、MPEG-4といういくつかバージョンがあります。
 ・MPEGはまたコンテナーフォーマットです。しばしばMPEGシステムのことをいいます。MPEGにはいくつかのタイプがあります:ES、PS、TS。

たとえばDVDからMPEGビデオを再生するとき、MPEGストリームは(エレメンタリー・システム、ESと呼ばれる)いくつかのシステムから実際構成されます:ビデオ、オーディオ、字幕などのストリームがあります。これらの異なるストリームがシングル・プログラム・システム(PS)にミクッスされます。しかしこのPSフォーマットは例えばネットワークや衛星通信ではビデオストリームは採用されていません。そのため、トランスポート・ストリーム(TS)はそのようなチャンネルを通じたMPEGビデオのため設計されています。
posted by Kose at 19:55| VLC Media Player

VideoLANドキュメント私訳 第一回 ドキュメント:ストリーミング 新ハウツー

VideoLANドキュメント ストリーミング関連抜粋私訳
https://wiki.videolan.org/Main_Page/

VLC Media Playerを持ちでないかたは(オープンソース・フリー、各種OS版あり)
VLC Media Player ダウンロード・ページ

VideoLanのwikiドキュメントの内、ストリーミングに関連するドキュメントを翻訳試みました。
数回に分けて掲載します。全部を一度に見る場合は、次のPDFファイルをご覧ください。
VideoLAN-Document-Streaming-How-To-etc.pdf


##########################################
第一回 ドキュメント:ストリーミング 新ハウツー

このドキュメントはVNC Media Playerを使ってストーリームし、コンバートし、ストリームを保存する方法を説明します。
VLC Media Player:
https://wiki.videolan.org/VLC_media_player/

注:この作業は進行中です。完全を期すためには、時代遅れになったがVLCのストリーミングのドキュメントは旧ストリーミング・ハウツーをご覧ください。
旧ストリーミング・ハウツー:
https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/

1.イントロダクション
2.コンバート
2.1 GUIを使ってコンバートする
2.2 コマンドラインを使う
2.2.1 ウィンドウズ
2.2.2 UNIXベースシステム
2.2.3 コンバートのコマンドラインの文字列の構造
2.2.4 コマンドラインの例:オーディオファイルをMP3にコンバートする
2.2.5 他のコマンドラインのコマンドの例
3 ストリーミング
3.1 GUIを使ってストリーミングをする
3.2 コマンドライン・インターフェースを使ってストリーミングする
4.参照

1.イントロダクション

VLC Media Playerは様々なメディア・ストリームを配信し、コンバートし、保存することができます。サポートされるフォーマットやコーデックについてのさらなる情報については、VideoLAN ストリーミング機能リストをご覧ください。

2.コンバート
-----------------------------------------------------------------
コンバートはメディアファイルやストリームを処理し、それを様々なフォーマットやビットレートにコンバートします。VLCでコンバートするにはふたつの方法があります。つまりGUI(VLCのデフォルト・インターフェース)かコマンドラインで。コンバートという用語自体はあるメディア・フォーマットを別のものに変え、ファイルに保存することです(つまりストリーミングは関係しません)。

2.1 GUIを使ってコンバートする

変換方法のひとつはGUIを使って行います。次の通りアクセスしてください:

1.VLCで、「メディア>>変換/保存>>Save...」(Ctrl+R)を開く。
2.コンバートしたいインプットファイルあるいはストリームを追加します。「変換/保存」ボタンをクリック。
3.「コンバート」ウィンドウで(2.1.2では出力欄に)保存ファイル名を(フィル拡張子を含め、すなわちウィンドウズでは「C:\out.mp3」)指定します。
4.プロファイル・リストから望むコーデックを選択します。所与のプロファイルの設定をチェックし編集するため、「選択したプロファイルを編集する」ボタンをクリックします。プロファイルは追加またはさくができます。
5.「Start」をクリックします。

プロファイル設定が互換性があり、コンバートが成功すれば、再生可能な出力ファイルが作られます。


Basic interface convert.png

2.2 コマンドラインを使う

コンバートの別の方法はコマンドラインでできます。VLCで利用できるモジュールとオプションのすべての使用を可能にできるため、GUIより柔軟です。

VLCのコマンドラインを利用するためには、例えばシェルを通じてコマンドライン・インターンフェースにアクセスする必要があります。

2.2.1 ウィンドウズ

ウィンドウズでもコマンド・プロンプトは使えます。これはスタートメニューの「アクセサリ」フォルダーにあります。別の方法としては、「スタート>>実行」をするか、「Windowsキー+R」を押して「cmd」をテキストフィールドに入力し「OK」またはエンターキーを押します。

コマンドライン・プロンプトを開いたら、VLCのあるフォルダー/ディレクトリに移動するのが、「vlc.exe」ないしは(.exe部分が仮定されている場合)「vlc」とだけコマンドラインで実行するため最も簡単な方法です。VLCがデフォルトの場所(32bitシステムの場合)にインストールされているなら、次の通り実行します:

cd "C:\Program Files\VideoLAN\VLC"
訳注:64bitの場合
cd "C:\Program Files(x86)\VideoLan\VLC"

必要ならvlc.exeのあるディレクトリに移動してください。

2.2.2 UNIXベースシステム

LinuxやMac OS XのようなUnixベースのシステムでは端末ウィンドウを開くことができます。「vlc」を起動するのに必要なのはVLCを開くだけです:

../VLC.app/Contents/MacOS/VLC

2.2.3 コンバートのコマンドラインの文字列の構造

ファイルを他のフォーマットにコンバートするための典型的なコマンドラインの文字列は次のとおりです:

vlc --sout "#transcode{[TRANSCODE_OPTIONS]}:std{[OUTPUT_OPTIONS]}" INPUT

"INPUT"はインプット・ストリーム、[TARANSCODE_OPTIONS]はアウトプットしたいフォーマット、コーデック、ビットレートなどのためのオプション、[OUTPUT_OPTIONS]はアプトプットのタイプのオプション、--soutはストリーム・アウトプットのコマンドライン・オプションです。

2.2.4 コマンドラインの例:オーディオファイルをMP3にコンバートする

オーディオファイルのMP3ファイルへのコーバートする典型的な使用法:

vlc --sout "#transcode{acodec=mp3,ab=128,channels=2,samplerate=44100}:std{access=file,mux=raw,dst=OUTPUT}" INPUT

"INPUT"はインプットファイルで"OUTPUT"は出力ファイルです(例えば、ウィンドウズでは"C:\out.mp3"あるいはUnixベースシステムでは"/home/username/out.mp3)。上の"sout"文字列はGUIでアクセス可能な「Auio - MP3」のデフォルトの設定です。この例ではオーディオインプットは123kbps CBR MP3ファイル(サンプルレート44.1KHz、2チャンネル)となります

2.2.5 他のコマンドラインのコマンドの例

オーディオ・インプットをWAVE(*.wav)ファイルに圧縮を戻す。

vlc --sout "#transcode{acodec=s16l,channels=2,samplerate=44100}:std{access=file,mux=wav,dst=OUTPUT}" INPUT

オーディオ・インプットをAAC(MP4形式)にコンバートする:

vlc --sout "#transcode{acodec=mp4a,ab=128,channels=2,samplerate=44100}:std{access=file,mux=mp4,dst=OUTPUT}" INPUT

3 ストリーミング

3.1 GUIを使ってストリーミングをする

GUIでのストリーミングはQTインターフェース上でのみ利用できます。GUIでストリームするニアh、VLCのメニューのメディア> > ストリームを開きます。:

ポップアップする「メディアを開く」で、(ファイル、ネットワーク・ストリーム、ディスク、キャプチャー・デバイスなど)ストリームを追加します。

項目を選択後、ウィザードの開始が準備されます。



次のストリーミング方法がVLCで利用可能です:

・ローカルで表示:ローカルのスクリーンでストリームを表示します。これはストリーミング中のストリームを表示させます。コンバートやリサイズの効果がこの機能でローカルでモニターできます。
・ファイル:ストリームをファイルに保存します。
・HTTP:HTTPストリーミング方法を使います。どれを視聴するかTCPポートを指定します。
・MS-WMSP(MMSH):このアクセス法は、マイクロソフト・ウィンドウズ・メディア・プレーヤーにストリームために使います。どれを視聴するかIPアドレスとTCPポート番号を指定します。注:これはASFカプセル化メソドを使ってのみ有効です。
・UDP:0.0.0.0〜223.255.255.255の範囲で提供されるユニキャスト、あるいは244.0.0.0〜239.255.255.255の範囲で提供されるマルチキャストでストリームします。IPv6アドレスにストリームすることも可能です。注:これはTSカプセル化メソドでのみ有効です。
・RTP:リアルタイム転送プロトコルを使用します。UDPのように、ユニキャストとマルチキャストのアドレスを利用できます。
・IceCast:IceCastサーバーにストリームします。ストリームするためIceCastのアドレス、ポート、マウント・ポイント、認証を選択します。

一番普通の方法はHTTPです。HTTPを通じてストリームするためには、「次」の「ストリーム出力画面」で「新しい出力先」をドロップダウンからHTTPを選び、「追加」をクリックします。ビデオのストリーミングする場合、「/go.mpg.」のようにストリームを望むでしょう。ストリームが成功したら、クライアントとしてVLCの別のインスタンスを使い、そのストリームを視聴できます。メニューの「メディア」>> 「ストリームを開く」>>「http://localhost:8080/go/mpg」で、視聴できます。



いくつかの警告:
・「コンバートを可能にする」をクリックし、他のタイプを指定しても、".mp"のような拡張子を使わないなら、FLV形式になります。
参照:http://forum.videolan.org/viewtopic.php?f=14&t=80722
・たとえそのスピードが適切でも(そして他のプレーヤーが受信できても)、VLCクライアントハ5fps以下のストリームを受信できません。
参考:http://trac.videolan.org/vlc/ticket/214
・注意!ストリームするためGUIを使うのは「多く」の場合、誤った選択になるでしょう。例えば、"/"のパスを使うと、それは(意図しない、そして非明示的にコンバート設定のファイル形式に上書きする)FLV形式を使用することになります。そして"/go.mp4"とすると、非明示的に失敗します(エラーが何か見るためメッセージログを見ることができます。それは"mp4 type is not supported except for files"と表示されます)。そうセットアップするのはトリッキーです。これはほとんどの場合GUIが間違って設定するようです。
ここに問題のリストがあります:
https://forum.videolan.org/viewtopic.php?f=14&t=80722

MPEG、TS、MPEG PS、MPEG 1、OGG、Raw、ASF、AVI、MP4、MOVなどシステムのコーデックとアクセス法にあうコンバート・プロフファイルを選びます。選択のコンボボックスの次の「選んだプロファイルを編集する」をクリックしてプロファイルを新たに作るか変更できます。



ストリームをアナウンスする方法を選択します。SAP(Service Announce Protocol)かSLP(Service Locaion Protocol)を使うことができます。またチャンネルネームを指定しなくてはなりません。Mac OS Xインターフェースでは、VLCの内部のHTTPかRTSPを使うか、ファイルとして、RTPセッションの記述ファイル(SDP)をエクスポートできます。これはアコーディング・チェックボックスを使ってできます。SDP URLテキスト・ボックスでSDPファイルが利用できるURLあるいは出力先を記入することができます。ストリーム・アウトプットMRL(Media Resources Locator)を表示するテキストボックスがあります。これはストリーム・アウトプット・ダイアログのオプションを変更知ると更新され、必要なら、手動で調節できます。


「ストリーム」をクリックして、ストリーミングを開始する。

3.2 コマンドライン・インターフェースを使ってストリーミングする

次も参照: Documentation:Streaming_HowTo/Command_Line_Examples
https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/Command_Line_Examples/

GUIの代わりにコマンドライン・インターフェースを使ってストリーミングする場合(さらにコントロールする。例えば、自分の形式を指定することができる)、GUIの場合、ロガーを開いたり(ツール・メニュー> > メッセージ)、冗長度2に設定してストリーミングするようなオプションを簡単に使うことだできます。
デバグメッセージの出力は基本的にコマンドライン・パラメーターのためのものです。そしてその中のパラメーターを読みコマンドラインで使うことができます(その場合パラメーターを引用符で囲んだり、"--"を加える必要があるかもしれません)。

ユニークなコマンドラインの例:

C:\Program Files\VideoLAN\VLC> vlc "C:\Users\Public\Videos\Sample Videos\Wildlife.wmv":
sout=#transcode{vcodec=h264,acodec=mp3,ab=128,channels=2,samplerate=44100}:http{dst=:8090/go.mpg}

4.参照
次も参照のこと:

Streaming HowTo - Outdated HowTo for streaming with VLC
 https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/
Transcode - Further information about transcoding with VLC
 https://wiki.videolan.org/Transcode/
 VideoLAN documentation site, chapter 4
 http://www.videolan.org/doc/vlc-user-guide/en/ch04.html

posted by Kose at 19:51| VLC Media Player

VLC Media Player 2.1.2 GUIでの簡易ストリーム

VLC Media Player 2.1.2 GUIでの簡易ストリーム
訳注:次を現行バージョン(2.1.2-Jan 2014現在)でのメニューで変更したもの
https://wiki.videolan.org/Documentation:Streaming_HowTo/Easy_Streaming_Newer_Versions/
*すでに古いバージョンのものを掲載しました。それに代わるものです。

VLC Media Playerを持ちでないかたは(オープンソース・フリー、各種OS版あり)
VLC Media Player ダウンロード・ページ

他のVCL Media Playerのストリームに関するwikiの翻訳は別途、随時掲載する予定です。
----------------------------------------------------------------------------
イントロダクション

LAN内でVLC Media Player2.1.2のGUIでのストリーミング(サーバーとクライアント)のサンプルです。
プラットホームに関して、WindowsでもLinuxでも大きな違いはありません(フォルダーの表示がそもそも異なりますが)。
仮にサーバーマシーンのIPアドレスを192.168.0.2、クライアントマシーンのIPアドレスを192.168.0.3とします。
マシーンのIPアドレスはウィンドウズでは「アクセサリ>端末」で"ipconfig"コマンドで、Linuxの場合は適当な端末(Terminal)で"ifconfig"コマンドで調べてください。

パソコンで商用DVDのストリーミングは一般にできません。今回はオーディオMP3ファイルのLAN内の私的利用に限定します。

1.Fedora 20上のVLC Media Playerのストリーミング・ダイアログを開く


VLCを起動し、「メディア」(メニュー)→「ストリーミング」をクリック

vlc-1-menu-media-stream.png

2.ファイルを追加するポップアップが開きます

vlc-2-media-stream-file-open.png

3.追加でストリームしたいファイルをフォルダーから開いて追加します。
*複数のファイルをストリームする場合は、「複数のファイルを開く」または「ディレクトリを開く」でプレイリストを作り、「プレイリストファイの保存」でXSPFファイルに保存した上で、ストリームファイルにXSPFプレイリストファイルを追加すると例えばアルバムの配信ができる。ただし変換が入ると頭出しが上手く行かない可能性があります。

vlc-2-media-stream-file-open.png

 ファイルが追加されたら、ストリーム・ボタンをクリックします

vlc-3-media-stream-file-added.png

4.ソースの確認〜ここからストリーム専用のダイアログになります

vlc-4-stream-input.png

5.ストリーム出力の設定画面です


vlc-5-stream-dst.png

6.出力方法


HTTPがよくわからないので、wikiで確認されている「RTP/MPEG Transport Stream」を選択
*プロトコルはUDPで、エレメンツ(動画、音声、字幕)を分けた上でカプセル化してストリームする。LAN内なら設定が簡単。

vlc-6-stream-dst-rtp.png

 クライアント側だけで再生するので「ローカルで再生する」にチェックしません。
 
「追加」をクリック

7.出力先の設定

ユニキャストをするため、クライアント・マシーンのIPアドレスを入力します:192.168.0.3
ポートは初期設定のまま:5004
ストリーム名はクライアントに表示されるストリーム名です(わかれば任意):mymusicとか...

vlc-7-stream-dst-rtp-adress-port-name.png

 「NEXT」をクリックすると最後のオプション画面が開きます。

8.トランスコーディングオプション

vlc-12-stream-transcoding-option-noncheck.png

 「トランスコーディングを有効にする」にチェックはずします。MP3でストリーム可能なので。

9.追加のオプションと生成されたコード

vlc-13-stream-additional-option.png

 オプションの下で、「すべての基本ストリームをストリームする」は選択しません。MP3のオーディオストリームだけなので。動画の場合は原則選択しますが、GUIでは他の選択肢がないので意味があるのかどうか不明です。

 古いバージョンではSAPとグループ名の項目があったらしいですが、バージョン2.1.2にはありません。SAPはサポートされています(生成されたコードに記載されています)。

 「生成されたコード」が、コマンドラインで実行する場合のコマンドになります。

:sout=#rtp{dst=192.168.0.3,port=5004,mux=ts,sap,name=mymusic} :sout-keep

「ストリーム出力=#RTPで{出力先=192.168.0.3、ポート=5004、SAP、名前=mymusic}:ストリープを続ける」というふうに読むことができます。トランスコードなどを設定すると更に複雑になります。

10.クライアントの準備
準備ができたら、クライアントでネットワークストリーム(SAP)受信の用意をします。

ウィンドウズのVLC Media Player2.1.2の初期画面(基本的にLinuxと全く同じでした)。

vlc-client-04-windows-default.png

10.1.メニュー:表示→プレイリストをクリック

vlc-client-05-menu-playlist.png

10.2.プレイリスト画面
 画面がすっかり変わります

vlc-client-06-playlist-menu.png

10.3.左のサイドバーの「ローカルネットワーク→ネットワークストリーム(SAP)をクリックすると、ストリームの検索が始まります

vlc-client-07-playlist-networkstreaming-searching.png

11.サーバー(Linux)側でストリームの開始

サーバー側の「ストリーム」ボタンをクリックすると、ストリームが始まります

vlc-10-streaming-now.png

12.クライアントにストリーム名がすぐ表示されるのでクリックして再生します。

vlc-client-08-playlist-networkstream.png

vlc-client-09-select-stream.png

vlc-client-windows-play.png

以上が最新バージョンでの最も単純なGUIでのストリーミングのテストの結果でした。
もっと高度なストリーミングについては、動画にしたり、配信方法やコーデックなどの設定を変更して、遊んでから、コマンドラインでのストリーミング法を読むとわかりやすいと思います。
posted by Kose at 15:53| VLC Media Player

2014年01月22日

VLCストリームをFedoraで開けない件解決

やはりファイアーウォールのポートだった。
Fedoraの諸ツールのファイアーウォールの「ポート」に「udp」でサーバーが指定した僕の場合「5004」を開放したら、ストリームを開くことができた。
ネットワークストリームを開くのアドレスは「udp://192.168.0.x」(FedoraマシーンのIPアドレス)であった。

パソコン用に処理した動画(上野動物園でとったもの)もやってみたら、接続の初期に若干コマ落ちしたが、数秒でスムースに再生された。

それだけ。

気を取り直してやってみた。

歯医者今日は1万円超であった。

またAndroidタブレットが遠のいた。別にいいんだけれど。

VLCのコマンドラインのwikiは完璧な暗号だよ。動画のコーディングについてちゃんと知識がないとなんにもわからんが、わかったようなふりをして訳す。一応全部英語で読んだが、最終的にはどうせわからんだろうから、サンプル見て頂戴みたいなことが書いてあった。

金がないのでただひたすら訳す。なんかの折に誰かの役に立つはずだ。

芦田茉奈いじめているよりはな。
posted by Kose at 13:51| VLC Media Player