2014年05月08日

Virtual Boxにいろいろいインストールしてみた


Virtual Boxは(既に書いたとおり)、ブートローダーの問題を気にしないでなんでもインストールできるのが最高。

まだ、Virtul Box上のLinux他をテストしたわけではないが、優秀である。
問題があったのはPCBSDで、他はインストールディスク可変で無問題なのに、これだけ14GBないといけないと自己主張した。FreeBSDのインストールは簡単なのだが、終わり方がVirtual Boxだとおかしく、「再起動かライブCDか」の選択で、常識的に「再起動」をえらぶとインストールが再度開始され、しかも失敗に終わる。3度目で気づいた。ライブCDをえらんで、コマンドプロンプトで「poweroff」するのが正しい、Virtual Boxでの終わり方。Parsix LinuxはエラーでVirtual Boxにはインストールできなかった。

以下、午前中にVirtual Boxにインストールしたディストリビューションとスクリーンショット。
 *とりあえず、入れただけで動かしていない。後日の課題とする。

Absolute Linux *ブートローダーがLiloなのでデュアルブートインストールできなかった

Absolute Linux_s.png

FreeBSD
 *そもそもLinuxでないし、たぶんデュアルブートは無理だし、PCBSDインストール学習が目的だし

FreeBSD_s.png

PCーBSD *USBインストールのしかたがわからないからとりあえずVirtual Boxに

PCBSD_s.png

Knoppix *Knoppix自体にスクショソフトが入ってないから

Knoppix_s.png

Tiny Core Linux
 *超軽量Linuxなんだがインストール不能だった。Virtual Boxにはインストールできた
TinyCoreLinux_s.png

TurboLinux *あまり使うことはないだろうということで

TurboLinux_s.png

まだ他にもVirtual Boxの方が扱いやすいものがあるとおもうが、またの機会。
以上で、とりあえず収集したディストリビューションすべてをインストールしたことにする。

次はUbuntu 14.04 LTS日本語リミックスが出るまで、インストール遊びは止める。
posted by Kose at 14:32| 仮想マシーン

2014年04月15日

Oracle VM Virtual BoxをWin7にインストール後、Korora 20 インストール画面スクショに挑戦

まだVirtualBox使ったことないのだが、インストール画面のスクショを取るには、たぶん仮想化ソフト上にインストールするところをWindowsでスクショ撮影しないとできない感じがする。

人によっては、デジカメでインストール画面とっている場合もあるんだが、あまりスマートな感じがしない。

そういう操作はできないかもしれないが、ゆっくりやってみる。と言っても今日は医者なので、午後は潰れてしまうんだが。

昨日はロサンゼルスの兄と奥さん(韓国系)が家に来たんだが、母親の調子悪くて、今朝起きたら何も覚えていないというので、しょうがないからデジカメ画像をセブンイレブンで印画してきて、ダイソーでフォトフレームを買ってきて、さっきテーブルに飾った。母親は3日前くらいが最悪だったが、かなり体力と食欲が戻ってきた気がする。またふたりが離日する前に来るそうなので、せめてそれまでは頑張って生きていてほしいものだ。

奥さんのお父さんは完全に韓国人なのだが、奥さんが子供の頃、韓国では日本の音楽が禁止だったにも関わらず、隠れて「東京セレナーデ」(オリジナルの表記は「東京夜曲」)のレコードをかけまくっていたものだから、未だに歌詞を覚えてた。YouTubeで確認しました。

これ:
東京夜曲 山口淑子


日韓関係のヒトコマでした。

posted by Kose at 12:02| 仮想マシーン

2013年12月01日

WineのランタイムWindowsプログラム実行環境的試用

Wineについてはたくさん記事があるが、なかなか困難が多いので、Windowsソフトのランタイム実行環境として使うという、超シンプルな使用方法に挑んでみた。
Wineは全体としてはWindowsのエミュレーターで、WindowsOSをインストールする必要がないのが他の仮想環境とことなる点だ。しかし、結構重い。大いに利用しているという記事はほとんど見かけなかった。Linuxで、Windowsソフトを使う利点があまりないからでもあると思った。バージョン落ちのInternet Explorerが使えるくらいだが、IE全体のの地位が低下したので、それも大きなポイントでもないなと思った。

実行環境はDebian 7.2 Wheezyだが、Ubuntu 12.04LTSでもほぼ同じだった(全部は検証してはいない)。

Wineのサイト
http://www.winehq.org/

www_winehtp_org.jpg

インストールは、端末のコマンドラインで行う。Snyapticだとどれをインストールすべきか諸説あり、シンプルに行くと決めたので、apt-getのデフォルトだけでインストールする。

$ sudo apt-get install wine

これでインストールされるバージョンはWine 1.4.1.4で、以下のファイルがインストールされる
wine wine.bin libwine-alsa libwine-gl libwine-bin libwine-gecko-1.4 libwine
の他、追加ファイルで
wine-doc ttf-mscorefonts-installer klamar clamar
が加わる。Synapticには少なくとQtデスクトップの他、入出力関係のモジュールが確認できる。
インストールされるフォルダーは /home/ユーザー/.wine である(GUIでは隠しファイルになる)。コマンドなら ls -a でフォルダーを確認できる。

wine5-wine-Prpgram-files.jpg

-------------------------------------------------------------------------
さて参考にしたネット記事には次のものが含まれる
1)最終的に従った記事 *ただしフォントの件は、現在の1.4.1では解消されている
Ubuntu 12.04へWineのインストールと使い方
http://symfoware.blog68.fc2.com/blog-entry-938.html

2) フルインストールの例 *詳しいが、使えるまでに至らない
Linux で Wine のインストールと種々の設定
http://www.kkaneko.com/rinkou/linux/wine.html
PPAファイルの取得について *上の記事で欠落している問題
https://launchpad.net/~ubuntu-wine/+archive/ppa

3) Ubuntuフォーラムの記事(公式だがバージョンが古い)
UbuntuTips/Application/Wine
https://wiki.ubuntulinux.jp/UbuntuTips/Application/Wine

4) なんとなく手がかりになった記事
Ubuntuをちょい古パソコンで使う情報集。普通のwindowsユーザーの方に。
http://www18.atpages.jp/~mansionlaw/index.php?Wine%E3%81%A7Windows%E7%94%A8%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%9D%E3%81%86

Debian WheezyのWineについては公式の短い解説があるだけである
Debian -- wheezy の wine パッケージに関する詳細
http://packages.debian.org/ja/wheezy/wine


------------------------------------------------------------------
最初のインストールだけで、Wineに何も設定はしない。
すぐにその利用を特にスクリーンショット満載で紹介していく。

Windowsフリーソフトのしにせ窓の杜で、よく知られたシンプルなテキストエディターTeraPadをChromiumでDebianにダウンロードインストールする。Windowsの場合と何ら変わらない。

wine1-terapad.jpg

Debianのホームのダウンロード・ディレクトにTeraPadをダウンロード。

wine2-terapad-in-download.jpg

TeraPadインストールTerad109.exeファイルを右クリックし、「Wine Windows Program Loaderで開く」でTerad109.exeを実行する(この時点でWineがWindowsエミュレーターとして使えるようになっているということだ)。

wine3-open-with-Wine-Windows-Program-Loader.jpg

インストールすると、/home/ユーザー/.wineディレクトリにTeraPadがインストールされる。

wine4-home_wine.jpg

Windowsインストーラーに隠しディレクトリを認識させられないので、homeディレクトに、インストールディレクトリを作っておく。なんでもいいが、取り急ぎ wine-Program-files とした。

wine5-wine-Prpgram-files.jpg

TeraPadのインストルフォルダーを指定するウィンドウ
wine6-terapad-install-folder.jpg

「/」を開き、home→ユーザー→wine-Program-filesを選択する。

wine7-open-wine-program-files.jpg

実行すると、TeraPadインストーラーが、見えないがWindowsエミュレーター上で実行される

wine7-terapad-installing.jpg

TeraPadがたしかにDebianのファイルシステム上にインストールしているのがわかる。ユーザー名はモザイクをかけた。

wine8-terapad-install.jpg

インストールが終わるとTeraPad自身がReadmeファイルを表示するが、フォントが不適切なので、すぐ、メニューバーの「表示」>「フォント」で、「IPAゴシック」を選択すれば適切な表示に切り替わる。

wine10-terapad-font.jpg

TeraPadによって表示されたREADMEファイルを表示した、Debianのデスクトップ全体。

wine11-open-terapad.jpg

wine-Program-filesディレクトリ内のTeraPad.exe

wine12-wine-program-files-terapad.jpg

GUIでアイコンを右クリックし、「Wine Windows Program Loaderで開く」を実行

wine13-terapad-load.jpg

TeraPadで、このエントリーの下書きを書いてみた。日本語入力で日本語入力/直接入力の切換に失敗することがある。入力も少し重い感じだ。

最後、デスクトップ全体で見たTeraPadのウィンドウ。

wine14-fin.jpg

フォントの件がわかっていたので、エディターを使ってみた。エンコードがLinuxがUTF-8なのに対し、Windowsは一般にS-JISなので、Linuxデフォルトのエディターでは開けない(文字化けする)。LibreOffice-Writerなど高度なソフトならエンコードを指定して開くことができる。
なお、TeraPadの場合保存はできたが、保存したファイルを再度開くことができなかったなど、実用性は試してみたいとわからない。

さてその他シンプルなソフトなら使えるものがあるかもしれない。またバージョンは古いほうがいいかもしれない。ネットをいろいろ見ていたらWindowsのゲームをやりたいから使う人が多い感じがした。

TeraPadに書いた文
 *** WineによるWindowsソフトの起動 ***

Wineは、Windowsエミュレーターだが、完成度が高くなく、
全面的に取り組むのは見合わせた。
今回はWineのWindowsソフトの単体でのランタイム実行環境として
使用する例の紹介である。

このWindowsソフトのエディターTeraPad自体、Debianデスクトップ上で
動いている。若干もたつくが・・・

実行ファイルは
/home/ユーザー/.wine/

に基本的にインストールされる。
Ubuntu12.04では /home/user/wine/のようだ。

GUIでは、右クリックー Wine WindowsProgram Loaderで起動する
コマンドラインでは/usr/bin/wineにシンボリックリンクがあるため、
wine-Program-filesに移動して
$ wine ./TeraPad.exe
で起動する。TeraPad.exeへの適切なパスならそれでもいい。

Linuxにも優れたエディターがあるのでそれを使えばいいが、TeraPadは
シンプルでフォントを確認できるために、例として使わせていただいた。

posted by Kose at 18:40| 仮想マシーン

2013年11月30日

とりあえずバーチャルマシンソフトをインストール成功

DebianとUbuntuとWindows7に
1)VirtualBox
2)VMware Player 5.0.1(6.0.1もダウンロードできるが、それはまだ試用版である)
3)VMware Converter 5.5(正式にはVMware vCenter Converter Standalone)
の3つをインストールすることができた。

---------------------------------------------------------------
まずLinux版から

エラーが出たのは、Debianにおける2)VMware Playerで、起動に失敗する。後述する。
詳細は省くが、VirtualBoxは、そもそもDebian、Ubuntuのインストール・リストに入っているので、簡単。VMwareの2つは
vmware > 製品のダウンロードの一覧に掲載されている。
VMware vCenter Converter Stadndaloneはアカウントを作り、アカウントをアクティベーションしないとダウンロードできないようだ。

ともに tar.gz のパッケージなので、書庫マネージャーかtarコマンドで解凍すると「VMware****.bundle」という実行形式のファイルができる。そして端末で sudo bashで実行する。フルパスでも、ファイルのあるディレクトリでも関係ない。インストーラーが立ち上がり、ボタンを押しておしまいである。

楽だなと思ったら、Ubuntuでは問題なかったが、Debianで2)WMware Playerが起動するがすぐダウンしてしまう症状が出た。

ネットで調べたら次に解決策が掲載されていた。
64bitのDebianでVMWare Playerの起動にlibprotobufのエラーで失敗する
http://www.xmisao.com/2013/02/17/vmplayer-error.html

根本的な解決ではないし、解決の意味をわからないがコマンドプロンプトだと
$ LANG=C /usr/bin/vmplayer
とすると、ちゃんと起動した。これではメニューから起動できないので、シェルスクリプトである /usr/bin/vmplayerを編集する。
$ sudo vi /usr/bin/vmplayer
と。
VMware Player5.0.1の場合、107行目、要するにスクリプトのほとんど最後あたり、
exec "$libdir"/bin/"vmplayer" "$0"
がコマンドプロンプトの $ /usr/lib/vmware/bin/vmplayerのフルパス実行コマンドにあたる。
なので、この行の前に
export LANG=C
という行を追加する。これが、「$LANG=C vmplayer」と同じことになる。
viを書き込み終了して、メニューからVMware Playerを実行すると、エラーなくちゃんと起動する。

Linux版に関して、VirtualBoxは日本語化されているが、VMwareは英語版である。その日本語化についてはまた後で調べたい。

---------------------------------------------------------------
Windows7版について
Windows版も同様にダウンロードした。インストーラー付きなので普通のソフトのインストールと同じで難しい点はない。すべて日本語化されている。ただし、Converter Standaloneはクライアント、サーバー版をインストール中に選択し、さらにリモート操作をインストールしないようにしないといけないようだ。

---------------------------------------------------------------
Windowsで、Linuxを仮想環境でインストールするのは完全フリーだが、LinuxでWindowsを動かすのには、正規版を購入するか、DSP版(自作PC用に部品と一緒に販売されている)を購入するかである。後者ならかなり安い。ちなみにWindowsXPの正規版はプレミア価格になっているようだ。DSP版は普通の価格で入手できるらしい。

それ以上はまだ具体的に何をするかは考えていない。いろいろできるということだ。確かAndroidOSもフリーで入手できるらしいのでそういう使い方もあり???
posted by Kose at 18:36| 仮想マシーン

2013年06月27日

Ubuntuにtelnetサーバーをインストールして、CentOSからtelnet(逆も)接続成功

まず、CentOSにtelnetクライアントがインストールされていなかったので
$ sudo yum install telnet
楽勝!そしてUbuntuを久しぶりに立ち上げて、システムのネットワークでIPアドレスを確認
[user1@localhost ~]$ telnet 192.168.0.*
Trying 192.168.0.*...
telnet: connect to address 192.168.0.*: Connection refused

 注;別にLAN内なのでIPアドレスがわかってもいいけれど思わせぶりに最後の1桁は*にしておく。
Ubuntuにtelnetサーバーをインストールした記憶がないので当たり前か?
そこでUbuntuのソフトウェアセンターでtenetクライアントとtelnetサーバーをインストール。それ以上何の設定もしない
[user1@localhost ~]$ telnet 192.168.0.*
Trying 192.168.0.*...
Connected to 192.168.0.*.
Escape character is '^]'.
Ubuntu 12.04.2 LTS
ubuntu-PC login: user1
Password:
Welcome to Ubuntu 12.04.2 LTS (GNU/Linux 3.2.0-44-generic-pae i686)

* Documentation: https://help.ubuntu.com/

System information as of Thu Jun 27 10:46:18 JST 2013

System load: 0.31 Processes: 182
Usage of /: 82.3% of 22.07GB Users logged in: 1
Memory usage: 36% IP address for eth0: 192.168.0.*
Swap usage: 24%

=> There are 2 zombie processes.

Graph this data and manage this system at https://landscape.canonical.com/


The programs included with the Ubuntu system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Ubuntu comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent permitted by
applicable law.

user1@ubuntu-PC:~$

そんでホームディレクトリだから、ミュージックディレクトリの音楽ファイルのところに移動して
$ mplayer "Lazy Dayz.ogg"
としたら、なんと、Ubuntuの方で音楽が再生されました。

注:
「基礎からのLinux」には一切書いておらず、「Linuxシステム管理」に書いてあったことはLinuxのデスクトップ使用以外は、telnetあるいはインターネットならsshでテキストベースで漆黒の端末で操作するのが基本だという事だ。後者の本を読むまでどうもおかしいと思っていた。したがって、お宅で、本格的なLinux入門をするときは、x-systemを含まないCUIだけのインストールを選択したほうが、実際のLinuxの管理等には近いということだ。そうでないとブレードサーバーの意味がわからんだろう。したがって「基礎からのLinux」の全内容は逆でUbuntuから(Windowsからもクライアント・ソフトとがあればできるはず)、CentOSに接続して実行するのが正しいやり方である。「基礎からのLinux」はtelnetの設定については管理者に聞いてくださいと書いているが、Linuxの管理者として振る舞うのが目標じゃなかったのか?

そういうわけで、CentOSにtelnetのクライアントとサーバーをインストールして、Ubuntuからアクセスしてみる。「ソフトウェアの追加と削除」に頼る。telnetサーバーの名前がわからんから。telnetd???
さて、CentOSの方はサーバーは、インストールしただけでは起動できない設定になっているので、次の通り設定ファイルを変更。
# cd /etc/xinetd.d
# vi telnet
disable=yes
という設定を
disable=no
変更
デーモンを再起動
# /etc/rc.d/init.d/xinetd restart


かくして、UbuntuからもCentOSにtelnet接続が可能となった。同様に音楽ファイルを鳴らす。
user1@ubuntu-PC:~$ telnet 192.168.0.*
Trying 192.168.0.*...
Connected to 192.168.0.*.
Escape character is '^]'.
CentOS release 6.4 (Final)
Kernel 2.6.32-358.11.1.el6.i686 on an i686
login: user1
Password:
[user1@localhost ~]$ cd "音楽/"John Forgerty"/"Wrote A Song For Everyone"
[user1localhost Wrote A Song For Everyone]$ mplayer "01 - Fortunate Son.ogg"
MPlayer SVN-r31628-4.4.6 (C) 2000-2010 MPlayer Team

Playing 01 - Fortunate Son.ogg.
libavformat file format detected.
[lavf] stream 0: audio (vorbis), -aid 0, Fortunate Son
==========================================================================
Opening audio decoder: [ffmpeg] FFmpeg/libavcodec audio decoders
AUDIO: 44100 Hz, 2 ch, s16le, 160.0 kbit/11.34% (ratio: 20000->176400)
Selected audio codec: [ffvorbis] afm: ffmpeg (FFmpeg Vorbis)
==========================================================================
XOpenDisplay() failed
AO: [pulse] 44100Hz 2ch s16le (2 bytes per sample)
Video: no video

A: 22.7 (22.7) of 210.6 (03:30.5) 0.2%

とUbuntuのエクストラパッケージにffmpegがあり、mplayerがffmpegをデコーダーとして呼び出しているのがわかる。

午後はインターネット上のセキュリテを施したsshとインストールに取り組み「基礎からのLinux」とさよならする。
posted by Kose at 12:01| 仮想マシーン