2014年05月06日

成功しないSabayon Linux 14のインストール

Sbayon Linuxのインストールは困難につき断念

1.リリース版は2013年12月版で最初のインストールは成功するが、アップデートを行わなければならず、そうするとブートに失敗する致命的エラーが生じる
 *いわゆるローリング・アップデートで、ほとんど全面的なアップグレードと同じほど行われるためだと思われる
2.マンスリー(2014年4月)、デイリー版(2014年5月)は、そもそもインストーラーが正常に機能しない。

2日に渡って1にと2それぞれ3回やったが、とくに1のアップデートが2時間以上かかるためこれ以上無理。
可能性としては、GNOME版をやっているのだが、KDE版、Xfce版があるため、そちらだと回避できる可能性はなきにしもあらず。

以上大失敗のご報告でした。

以下は、アップデート前までの成功の記録です。ご参考までに・・・

----------------------------------------------------------------------------
Sabayon Linuxはイタリア人が主導しているGentooo Linuxのデスクトップ版ディストリビューション。

Gentoo Linuxは、Slackware、ArchLinux、FreeBSDなどとならぶテキストベースのLinuxである。FreeBSDの派生版PCBSDも挑戦したが、それはFreeBSDが少しも分かっていない状態ではインストールもできないことが分かったのでパスした。

ArchLinuxの有力な派生版デスクトップとして前回Manjaroを紹介した。
Slackware派生版にはopenSUSEがある(使ったことないけれど)。
FedoraのKororaもこのUbuntuデスクトップ対抗デスクトップ・デストリビューションの位置づけとなる。

Sabayonは、ManjaroやMandriva系(PCLinuxOS、Mageia、openMandriva)のデスクトップより完成度が高く、いくつかの点で野心的でもある。とりあえずいろいろテストするだけでもかなり時間がかかるので、それは回を改めたい。

名前から分かるがDebianがなんぼのものじゃ、という姿勢。デスクトップはかなりの種類がある。

以上、御託でした
-------------------------------------------------------------------------

注意しなくてはならないのは、release版(現状2013年1月版)でインストールすると、ローリングアップデートスタイルなため、膨大なソフトがアップデート開始され、2時間かかるという点。

このためMonthly(現状14年4月)やDaily(現状14年5月版)も配布されているが残念ながらインストーラーがうまく起動しない。

2時間以上時間がかかることを余裕を見てインストール。

日本のミラーには、今が話題の理研の他、KDDI、筑波があるが、さすが理研が速い。
Sabayonサイトは当然ながらイタリア。
理研のISOミラー
ftp://ftp.riken.jp/Linux/sabayon/iso/

ファイル名はGNOME版で
Sabayon_Linux_14.01_x86_GNOME.iso 1730560KB 2013年12月18日
*Xfce、KDEなどもある。インストール後デスクトップを切り替えることができる(LXDEもある)がIBusが起動しない場合が多い

FireFox以外でダウンロードした場合は.md5ファイルを名前をつけて同じフォルダーに保存し
$ md5sum -c Sabayon_Linux_14.01_x86_GNOME.iso.md5
Sabayon_Linux_14.01_x86_GNOME.iso OK
と表示されればOK

UNetbootinでUSBメモリーに焼くだけで、他にDVDを焼く必要はない。
USBメモリーをさして電源をON、F12でUSBブート。Installationを選択

■インストール■

1.インストール言語の選択
Japanese(日本語)

□ Full language support (Download extra language packs)
□ Asian fonts support(IME download extra fonts)

にもチェック
→ Next

2.キーボードの選択 *ここから日本語表示
日本語

→ 次

3.インストールのデバイスタイプ
よくわからないので
「基本ストレージデバイス」のまま
→ 次

4.インストールデバイスの選択
 USBがささっているのでそれも表示されるが、HDD(ATA 製品名)にチェックして選択
→ 次

5.ホスト名
 LAN内のホスト名なので適当に識別できれば何でも可
sabayon14
 とか・・・
→ 次

6.ルートパスワード
su のパスワード。適当に・・・
→ 次

7.ユーザー名とユーザーパスワード
 ユーザー名とフルネームは同じでよい。適当に・・・
→ 次

8.パーテーション 次の中から適当なものを選択
◯全ての領域を使用する *パーテーションを使わない場合、初心者向け
◯既存のLinuxシステムを入れ替える *上書き
◯現在のシステムを縮小する *それでできた空き領域にインストール
◯空き領域を使用する *あらかじめパーテーションソフトGpartedなどで空き領域を作った場合
◯カスタムレイアウトを作成する *上級 保証しかねる
→ 次

8.パーテーションの選択
 ケースにより異なるが、空き領域あるいは上書きならば最大領域を選択
→ 次

9.恫喝には負けず、フォーマット
「選択したディスク分割オプションを書き込みます削除及び際フォーマットするパーテーションにあるデータはすべて失われます」

 「変更をディスクに書き込む」を選択&Enter
 フォーマットの実行

10.ブートローダーを/dev/sdaにインストールする
*/dev/sda はHDDのこと
*パスワードなど使わないのが普通
→ 次

11.インストール開始
 約600程度がインストールされる(事後処理も含む)。15分程度かかる。散歩、お茶などどうぞ
 *メッセージはここではすべて英語

12.再起動

13.ブートローダー画面 GRUB2である。

14.GNOMEログイン画面

15.デスクトップの選択
 サインイン左の歯車アイコンをクリックすると
 XBMC
 XSession
 GNOME
 Fluxbox
・GNOME
 GNOMEクラシック
 カスタム
 Sabayon Media Center
 StreamBox
と言うリストが表示される。多くはマルチメディア用。初期設定はメニューがわかりやすい「GNOMEクラシック」でやる。StreamBoxは他のデスクトップに影響が出るので選択肢ないほうが賢明。
 パスワード入力→Enter

16.ホームフォルダー名の日本語化
 *Welcome画面が出るがめんどうなのでクローズする
 一応最近のデフォルトの日本語名に変更する(英語名のほうが端末では簡単であるが)
名前を変更する→クリック

17.Rigo Application Browserを開く?
 リポジトリの更新 YES あっという間

18.メニュー>Sabayo>Download Location
Riken(理研)が選択されているか確認

19.アップグレード
 自動的に「Upgrade Now」の通知がポップアップするので、クリック
 Rigoがアップグレードプロセスを表示する
 ライセンスを受け入れるか → Accept forever → アップグレード即開始

 660件のアップグレード、900以上のファイルのインストールが行われる

 Rigoの右下のボタンが表示されない不具合があるので、Rigo自体を左上端にドラグすると最大画面表示となる。

 右下の「Show me」をクリックすると進捗バーが表示される。

 進捗バーの下の「Show Application Management Progress」行頭の三角アイコンをクリックして▼にするとコマンドラインのプロセスを見ることができる。

 長い多い・・・仕事している感はわかる。

 約2時間かかるので、他の用事をする
 *14.1から14.5になる大幅な変更が加わるためである。マンスリーが使えないのが痛い!
 *この間に、Windows 7のVirtual BoxにFreeBSD10.0をインストールしてみた。
 *ついで、PCBSDも

19.再起動

必ずブートエラー!!!

-----------------------------------------------------------------------------
ローリング・アップデートの短所がもろでた感じだ。
次の公式リリースの時まで待つべきである。いつ?6月か、12月だと思うが、調査不十分ですいません。ディストリビューションとしては、Mageiaと同じ程度に期待ができるだけにもったいない。

posted by Kose at 21:43| -日本語非対応?ディストロ

2014年05月03日

Manjaro(ArchLinux派生版)、インストールと日本語化ほぼ完全成功

この記事は、ManjaroのFireFoxでMozcを使用して書いたものである。

Manjaro
http://manjaro.org/

テキストベースのArch Linuxのデスクトップ版として、ArchBangの日本語化をVirtualBoxでやろうと思っていたが、疲労のためのびのびになってしまった(Linuxインストール性疲労を解消するため秋葉原散歩に行ったが)。

ふとArchBang日本語化のブログを見ていたらふと、Arch LinuxのフォークでManjaroの方がデスクトップとして完成度が高いという情報を見たため上のサイトから

manjaro-xfce-0.8.9-i686.iso 1.1GB

をダウンロードして、午前中インストールした
*UNetbootinでUSBメモリに、またDVD-RにISOイメージをそれぞれ焼いてインストールした。

さて一回失敗して、Manjaroユーザー画面が出てしまったが、2度めはライブ画面が出た。
ライブ画面からインストール。日本語がインストーラーで選択できる(インストーラーがベータ版だとのことわりがあったが支障はなかった)。

一発目で、完全に表示は日本語化されていた。更新のあと、アプリの日本語化を追加(FireFoxなど)。もう一度インストールしなおさなければならない事態に陥って、ふとインストーラーメニューを見たら、「start」の他に「nonfree」があった。つまりライセンがあるソフトをインストールする場合は後者でインストールしなければならないという意味である。

日本語表示がアンチエイリアスがかからないという問題があって、若干美的に問題がある。True Type Fontがあるのかないのか、今後の検討課題である。

Xfceだが、バーは下なのでCinnamon的である。

とりあえず言語アイコンがない。ソフトウェアの追加と削除で調べる。
ibusもscimもあるがどちらも有効にならない。
有効になったインプットプラットホームは
Fcitx
であった。
これにはAnthyもMozcもある。ただしこのプラットホームの場合、両方入れちゃうと全角半角で、切り替えになるので、とりあえずAnthyは削除した(インプットメソドの切り替えキーの指定を変えればいいだけだが)

ブートローダーはGRUB2である。

大方のソフトは入っている。デザインはクールとは言いがたい。フォント問題もあるし。ふぉんとにもう!

DropBoxはサイトのコマンドラインでのインストール方法で、バーとホームディレクトリに登録されたので、申し分ない。

Arch Linux系で初めて実用化できたので嬉しい。

Manjaro Linuxは、バージョンを見ればわかるとおり、0.8.9とまだベータ版である。だが日本語フォント問題以外大きな問題は感じられない。テキストベースのLinuxがおそらくUbuntuに刺激されてだと思うが、どんどんデスクトップとしての完成度を上げているようだ。

Manjaro Linuxスクリーンショット。Mozcのアイコンが見える。
Manjaro01.png

----------------------------------------------------------------------
追加:

日本語フォントのアンチエイリアスの問題だが、ソフトウェアの追加と削除で「ttf」で検索。そのうち「droid」フォントパッケージをインストール。

「設定マネジャー」>「外観」>「フォント」>「デフォルトフォント」>droid sans fallback | regular | 10pt

でデスクトップやソフトのフォントはアンチエイリアスのゴシックとなって大変きれいになる。しかしエディターや一部の表示はそのままとなる。

検討したい。

-----------------------------------------------------------------------
Arch Linux入門にもならないほどビジュアル化してあるので、そういう意味ではまだArchBangのPC98時代的作法のほうがいいのかもしれないが、とりあえず急ぐので、ArchBangは中断する。


あとは、FreeBSD系、Slackware系、Gentoo Linux系を征服するのが、次の目的になるだろう。
もっともSlackwareのフォークにはopenSUSEとPuppy Linuxがあるので、前者をインストールしてみれば済む。
PCBSDというのがどんなのだったか何ら記憶がないので調査する。
Genntoo系はSabiyonが有力みたいだが、これも記憶がない。

今日は、Manjaro Linuxをひと通り使ってみることにする。
FreeBSD系には、PCBSDというのがあったはずだ。

日本人がヨーロッパ系のディストリビューションの動向にたいへん関心の薄いことがわかった。そりゃ英語どころかフランス語やらドイツ語やら北欧語やらとなったら、IT野郎は頭パンクでスキンヘッドだろうからな。ところが日本語のほうが特殊だとIT野郎は全然気づかないわけだ。ヨーロッパから見れば、日本語など2バイト文字圏の一つでしかない。つまりハングルと中国語の位置づけと何ら変わりがないということだ。最近つくづく思い知らされる。たぶん、いろいろなインストーラーを見ていると、同じ多言語化パッケージを、ディストリビューションの垣根を超えて使っていると思われる。

日本語化日本語化と叫び続けているのがアホらしく思う。まあこれを読む人は日本語ネイティブの人だからしょうがないんだけれどさ。
posted by Kose at 18:08| -日本語非対応?ディストロ

2014年05月02日

OpenMandriva 14.0リリースも多言語化全くダメ

OpenMandriva 14.0のリリースの記事がTwitterであったのでリンクされたサイトから、ISOイメージをダウンロードして、インストールしてみた。
ローカライゼーション形式その他は、PCLiluxOSと全く同じだが、ロケール情報が限定的な英語版しか存在しない。
単に2時間位と(食事を挟む)、1枚のDVDーRを無駄にしただけだった。

OpenMandriva Lx
Last Update: Thursday 1 May 2014 08:35 GMT
DistroWatch.com
http://distrowatch.com/table.php?distribution=openmandriva

ライブ形式でUSBだけからインストールも可能だという点がいいし、全体的なデザインのモダンさはかなり優れているので残念だ。ちょっとおもちゃみたいな感じがあるKDEをかなりアレンジしたデザイン。
日本語化は
PCLinuxOS > Mageia(入力ダメ) > OpenMandriva(英語だけ)
だが洗練度は逆に
OpenMandriva > Mageia > PCLinuxOS

ブートローダーはおそらくどれもGRUB(Legacy)だと思われる。これはそろって何とかしてほしい。
posted by Kose at 20:59| -日本語非対応?ディストロ

マイナーLinuxテストはVirtualBoxで

ブートローダーの問題があるので、いちいちパーテーションを削除してインストールするのにつかれた。

そこでOracle VM VirtualBoxでやってみることにした。

Oracle VM VirtualBox
http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/virtualbox/downloads/index.html?ssSourceSiteId=otnjp

*Ubuntuにはソフトウェアに登録されている。Win、Mac版あり

先ほどArchBangのVirtualBoxへのインストールに成功した。
ArchBang日本語化の詳細サイトもあるので

Archbang 2012.12 をインストール、日本語化
http://tkyon.blogspot.jp/2012/12/archbang-201212.html

希望がもてる。非常にコンパクトなディストリビューションなので、USBメモリーにインストールできるとものすごくいいと思うのでそれも検討する。

あと残っているのは
Momonga HDDインストール大丈夫だと思う。
TurboLinux HDDインストール大丈夫だと思う。

その他 評価不定
PC-BSD
http://www.pcbsd.org/en/download.html
WindOS
http://www44.atwiki.jp/windos/
VectorLinux
http://vectorlinux.com/
Sabayon
http://www.sabayon.org/
Slax Linux
http://www.slax.org/
Tiny Core Linux 日本語化プロジェクト
http://sourceforge.jp/projects/tinycore-jp/
KNOPPIX 6.7.1
http://www.rcis.aist.go.jp/project/knoppix/knoppix671.html

などVirtualBox上ならテストする気力が残っている。成功した場合はHDDにインストールしてみるかもしれない。

昨日はMageia 4を断念したので、同じくMandriva派生版のPCLinuxOSを夜中眠れなかったので、インストールしなおした。PCLinuxOSはほとんど全般を使用していないので、その点をテストしたい。

-----------------------------------------------------------------------
今日、母は入浴のためデイサービスに出るので、ぜひ秋葉原散策に行きたい。VirtualBox利用で問題の大半は解決しそうなので、単に外出するだけのことなのだが…
posted by Kose at 08:25| -日本語非対応?ディストロ

2014年04月25日

Absolute Parsix マイナーLinuxまとめ

Absolute LinuxはSlackwareにX-Windowsを搭載したデスクトップ・ディストロ。
1)CDサイズである 734Mに対し733Mというギリギリ
2)初期は英語だが日本語は国と言語で設定可能だが、すぐには反映しない
3)ブートローダーがLILOなので、GRUB2と共存できない
4)なんと初期rootしかログインできないので、ユーザーを作る必要がある。
5)ロケールを日本にしてもメニューはほとんど英語表記のままだ。

ブログをいろいろ探したが、それらブログはロケールのないVector Linuxから拝借するとし、そのVector LinuxはライブCDの部屋にあるというのだが、現在は削除されている。したがって、ハイこれまでよ、ということだ。

次のParsix LinuxはライブCDの部屋に日本語版があるが
ニュース 2013.12.30
Parsix 5.0r1 日本語版

Parsixはイラン製のディストリビューション.
Debianをベースとしています.
このディストロは昔からGNOMEデスクトップを採用していますが、5.0はGNOME3の標準的なデスクトップとなっています.
従来からGNOMEのわりに動作が軽快でアプリも豊富という特徴がありましたが、現在はそれほどではありません.
イラン製のDebianのGNOMEをあえて試す意味が見いだせないのでやめた。

以上で、目についたマイナー・ディストリビューションは全部試してみた。
日本語化で、ライブCDの部屋に頼らない、デフォルトで行えるのは、わずかだった。
ブートローダーがGRUB(Legacy)やLiloだと、Grub2を使用する現代的なディストリビューションとは共存できない(と思う)。順番が異なればいいのかもしれないが。Lubuntuを再インストールして認識させようとしても検出されなかった。ブート問題はクリアできる可能性もある。

超ボロいPCをいけにえにして、試す価値はあるかもしれない。総じてSlackware、Arch Linux
、FreeBSD系のデスクトップ版は、openSUSE(Slaware系)をのぞいてうんともすんとも言わない難関ばかりだ。

Berry Linuxは日本人が開発なのだそうなので、ブート問題がなければ使える。

結局問題なく、Ubuntuと遜色なく使えたのは本当にKorora Projectだけであった。
オタク向けのLinux時代は、Ubuntuの普及で終わってしまい、非フリーソフトをサポートした、派生版が多く世に出ているが、日本語化が追い付いていない。英語でいいじゃないかと思うかもしれないが、少なくとも日本語変換ができないと、他の日本人には迷惑な話となる。

Wikipediaの記載すら古い。KororaもMageia(日本語化ができていないが優秀)すら言及がない。この程度だ、Wikipediaは。

Ubuntu 14.04LTSリリースを挟んで急いでやってきたので、テストや調査が不十分かもしれないので、追試をしてみる。Xubuntu 14.04LTSだって失敗したままなのである。テストを再現してみる。

やはり定評のある、Fedora、CentOS、openSUSE、Debian、Ubuntu(ファミリー)、Linux Mintが安全である。
Korora以外で使用できるのは、Puppy Linux(オタク系、軽量ライブCD専用としてはKnoppixより使いやすい)、Turbo Linux(本来は商用、リポジトリが限定されている)、Momonga(オタク系、更新が停滞している)、VINE Linux(更新が停滞している)、Knoppix(ブートローダーが古い、本格版ライブCD/DVDなら可)、Berry Linux(ブートローダーが古い)、Zorin OS 8(Lubuntuとの違いがわからない)というところだ。
Wikipediaは使えるか使えないか書いてないので使えない記事だなと思うよ。

GNOME3とUbuntuのUnityは、企画だおれだと思う。Windows 8クラスの企画だおれ。

GNOMEクラシックを使いたいのであればFedoraが使いやすい(Kororaも)。
他は結局似たりよったりのデスクトップなので、特にどれがいいとは思えないが、Xubuntuがバグっている以上、Lubuntuにたくさんソフトを積むのが楽な感じがする。

以上中間報告でした。最終報告はありません。



posted by Kose at 17:12| -日本語非対応?ディストロ

2014年04月16日

Momonga Linuxはかわいく個性的だが、未完成

Momonga Linuxをネットインストールしてみた。デフォルトでは日本語化されていないのでびっくり・・・

language packを調べたらKDEのものならあったので、デフォルトのGNOMEからKDEに変更すれば何とかなると考えKDEに変更して成功した。

どう変更したかというと、ログイン画面(これもMomongaスタイルは未完成)に、Session、Language、Action、Themeのメニューがあり、Languageで日本語を(設定してもまた元に戻るが)、Sessionでデスクトップを指定できる。ここでKDE、日本語にしてログインし、設定の国と言語を日本にするとたぶんほぼ日本語化される。

なんと時刻と日付を自動設定にすると、ずれる。このため手動で設定する。

またデフォルトで、デスクトップの背景がないのでこれを適当なものを選ぶ。

なんとか、これで正常な状態になる。

KDEデスクトップは大変楽しいが、飲み込むまで、GNOME3と同じ程度面食らう。

コーデックやプロプリエタリ・ソフトはかなり揃っていると思われる。

メジャーなブラウザとかメーラーが入っていないので、それも問題だな。その他のソフトは未確認である。

インストール後これだけ四苦八苦したディストリビューションは初めてだ。日本製だと思っていたが、基本的に英語である。開発が遅れていることも確認したが、次に期待したいというところだ。もし孤島でこれしか使えないというなら、使えるディストリビューションだと言っておく。

そういうわけで、またの機会にゆっくりとインストールのプロセスや設定について楽しみながら再インストールしてみたい。

そういうわけで、テスト用のマシーンは、明日、Ubuntu、Xubuntu、Lubuntuのテスト用に全面的に使用する。

その後、Korora Projectをメインに入れるマシーンにしようと思う。

明日は、メインのUbuntuマシーンのアップグレードとテストマシーンでのクリーンインストールの両方をやってみる。

以降、Windows 7マシーンのVirtual Boxで、それぞれインストール過程のスクショを取ってブログにあげられれば嬉しい。
posted by Kose at 21:26| -日本語非対応?ディストロ

Momonga Linuxはネットインストールで、その他

まだMomonga Linuxをまだインストール中。
DVDでインストールしようと思ったら、インストーラーが英語だけ(USBメモリーにUnetBootinでISOイメージを焼いた場合)、どうも別にDVD-Rを焼かなくてはいけないようなため、総合的にめんどくさいので、小さなネットインストールCDでインストールするよう方針変更。なんとこちらはインストーラーが日本語だった。変な話だ。検証するつもりはない。

そもそもDVDで3.7GBだと、時間がかかるという点でネットインストールと大きな違いはないから、単純にネットインストールを始めた。

Gpertedの特性として、sdaの番号が小さいものはより大きいものがあると削除できない。ということで、3つのパーテーションを作っておいて、そのうちひとつを空き領域にして、インストールすると再びフォーマットしてより大きい番号のsdaを作ってしまうので、この方法はダメだ。

すでにKororaは再インストールも成功しているので、一度削除してHDD全部を空き領域にした上で、Momongaをインストールしてみることにした。上の通り、DVDインストーラーがおかしいので、ネットインストールをしている。1801個のファイルをインストールするが、これはUbuntuやFedoraと同程度である。

なんか今日は天気がいいので出かけようとも思ったが、午前中にMomongaが終わらず、3時から笹井教授の会見をみていて、終わってしまった。

NHKと朝日新聞のヒステリックな質問がお笑いだったな。はじめてこの件で本当に科学的質問を何人か聞いた。全然理解出来なかったけど。

有力な反証仮説がないので、STAP細胞は、依然有力な仮説であるということで、科学ではこれは「存在する」ことを前提にしているという意味で、単なる仮説という意味ではない。その点で素粒子物理学ですら単なる仮説で本を書いて食っている科学者は多い。

笹井氏が、小保方氏に別に研究をすることがあってもいいと示唆したのも、紳士だな。

朝日新聞とNHK、もう真実を報道するなんて立場やめちまえよ。何が真実の基準になるかわかってないんだからよ。
posted by Kose at 18:58| -日本語非対応?ディストロ

openMandrivaは日本語完全不可&Xubuntu 14.04LSTルックス記事(英語)紹介

openMandrivaは日本語不可&Xubuntuルックス記事翻訳

openMandrivaは、全く日本語のロケールが存在しない。リポジトリにもない。Magaie 4のほうが入力はできないが日本語対応は優れているのは明らか。デスクトップはGNOMEをアレンジしたもので、GNOMEより改良されているが、日本語全くダメということで暇つぶしにもならなかった。

一応コメントする。USBメモリーにISO(1.6GB)をUnetbootinで焼いて挿入したUSBメモリーからブートすると、メニューの中段に「Install」項目が出るので、それから直接インストールできる。他にISOイメージを用意する必要はない。4GBメモリーのUSBメモリー一個で簡単にインストールできる。インストーラーはMageiaと同じもので、エキスパートモードで、パーテーションを明けたり作ったりできる。他の手順はシンプルである。

Mageiaとともに今後の展開を見守りたい。ちょくちょくMagaiaサイトを見てみる。openMandriaはパスする。MangeiaはドライブのないいわゆるネットPC向けにできるだけWindowsに近いように作られたものと見た。デフォルトで大きなFedoraより一般ユーザー向けだが、遜色はない。サーバー公開したり、開発するのでない限り。

TurboLinuxを削除して、80GBのHDDを三等分し、最初のパーテーションにすぐKorora 20 GNOMEを再インストール。次のパーテーションに、Momongaを今日中にインストール。明日Xubuntu、Lubuntuをテストするために最後のパーテーションを残しておく。このため次の記事は、Momonga Linuxインストール記事になる予定。

さて訂正です。UTC0時は、日本の午前9時であった。
なのでUbuntuファミリーのアップグレードは、明日9時以降Ubuntuになります。
とりあえず使用感と出来ればスクショ。
インストール方法は遊んでみてからとなります。Virtual Box成功させていてよかったと思う。俺もまだ若いな。

次は、待望の?14.04のXubuntuの外観を紹介した記事である。明日9時まで待てない人は見てみてください。
Xubuntu 14.04の14の特徴(英語)
14 Features of Xubuntu 14.04
by Sean ・ April 15, 2014
http://smdavis.us/2014/04/15/14-features-of-xubuntu-14-04/
LightDM GTK+ Greeterのログイン・ロック画面に新しいテーマが導入された


LightDM GTK+ Greeter with the latest Greybird theme.

メタリックな感覚も加わって、かなり洗練されているように見える。どうなんでしょう。今Ubuntu12.04が最悪に重いので、心は明日へ・・・

posted by Kose at 14:03| -日本語非対応?ディストロ

2014年04月13日

Puppyでパーテーションを作り、TurboLinux再インストール

PuppyLinuxは、基本的にUbuntuをアレンジしたものだと思われる。Ubuntuのリポジトリが使えるので、ハードディスクにインストールして超軽く、メモリもディスクも消費しないが最軽量ディストリビューションとして使うことができる。その気になれば、LibreOfficeその他重量級アプリケーションも使うことができる。リポジトリが非常に制限されているTurboLinuxよりいいかもしれない。

USBメモリーをHDDとしてそれにインストールすることができるが、数回何か保存すると、ブートできなくなってしまう症状がでたためおすすめできない。HDDにインストールしても数GBあればとりあえず動くのじゃないかな?

CDでも、新規ファイルは、HDDの任意のパーテーションにファイルとして保存ができる(CDには当然保存できない)。

さて、TurboLinux用のパーテーション作成だが、仮に半分パーテーションに分割するとすると、一つは未使用、もうひとつは適当な形式でフォーマットする。マイナーLinux、BSDだとフォーマットが色々違うので仮にである(Linuxならext4が普通)。TuboLinuxを未使用のパーテーションにインストール後、再びPuppyLinuxを再起動し、仮のフォーマットをしたパーテションを削除すれば、他のディストリビューションをインストールするのに使用することができる。

Gpartedは強力で、パーテーションができるだけでなく、ブートを書き込んだUSBメモリーも初期化できる(ブートが書き込まれると通常のメモリとして開くことができなくなるからUSBの節約になる)。FAT16、FAT32、ext*(Linux形式)でもなんでもフォーマットできる。ということで一家に一台PuppyLinux CD-Rディクスが、マイナーディストリビューション家必須であろうという教訓を得た。

PuppyLinuxが120MB程度なのに対し、KnopixはCD版で600MB超である。しかしPuppyLinuxがUSBブートシステムとして脆弱なので、Knopixを試す価値はある。まあ暇な時(基本暇なのだが)試してみる。

TurboLinuxはインストールしたが、面倒くさいことはやらないで、このまま他のディストリビューションのお試しに移りたい。

PC-BSDは、一応FreeBSDの知識を仕入れないと問題があるので、先にKoaraかMomongaに挑戦したい。

Ubuntu14.04リリースまで、あと4日。

posted by Kose at 18:58| -日本語非対応?ディストロ

PuppyLinux起動成功&Windows XPマシーンの超簡単に再利用

日本語化バッチリです。SCIM-Anthyで入力できます。入力仕様はMS-IMEとほぼ同じな感じ。変換候補表示が少なく、アプリケーションの左上に出るのが異なる。
ブラウザは、Operaが用意されてました。

スクリーンショットをとりました。

puppylinux-desktop.png

確かにGparted使えます。下のはUbuntuとFedoraのHDDのパーテーション。

puppylinux-gparted.png

PuppyLinuxをHDDやUSBメモリーにインストールする機能もあり、パッケージを追加することもできそうですが、それはまたの機会にします。これで、TurboLinuxの入ったHDDにパーテーションを作れるんじゃないかと。その時、HDDやUSBへのインストールも試してみます。

Windows XPマシーンを一番簡単にLinuxマシーンとして利用する方法は、PuppyLinuxだということが分かりました。
posted by Kose at 12:48| -日本語非対応?ディストロ