2009年12月12日

集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約) 日本語版・英語版

冒注;
「集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約)」は、この日本語版は、「国際条約集」から起こしたもので私訳ではない。そこでは省略されているが、正文は中国語、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語で、日本語訳から解釈することができないため、英文を併記する。
私見だが、文中の「民族的」は"ethnical"で日本語から想像される"national"ではない。「意図を持って」は"with intent"だが「故意に」「わざと」というのが普通の日本語。法律的に言っても「過失で」と対立するというのが平易な解釈じゃなかろうか。

集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約)[抄]

Convention on the prevention and punishment of crime genocide

採択1948年12月9日(国連第3総会)
効力発生 1951年1月12日

締約国は、
The Contracting Parties,

集団殺害は、国際連合の精神と目的に反し、文明世界によって罪悪と認められた国際上の犯罪であるという、国連総会が1946年12月11日付決議96(1)で行った宣言を考慮し、
Having considered the declaration made by the General Assembly of the United Nations in its resolution 96 (I) dated 11 December 1946 that genocide is a crime under international law, contrary to the spirit and aims of the United Nations and condemned by the civilized world,

歴史のあらゆる時期に、集団殺害が人類に対し重大な損失を被らせたことを認め、
Recognizing that at all periods of history genocide has inflicted great losses on humanity, and

人類のこのいまわしい苦悩から解放するためには、国際協力が必要であると確信し、
Being convinced that, in order to liberate mankind from such an odious scourge, international co-operation is required,

ここに、次に規定することに同意する。
Hereby agree as hereinafter provided:

第1条
[国際法上の犯罪]締約国は、集団殺害が平時に行われるか、戦時に行われるかを問わず、国際法上の犯罪であることを確認し、これを防止し処罰することを約束する。
Article I: The Contracting Parties confirm that genocide, whether committed in time of peace or in time of war, is a crime under international law which they undertake to prevent and to punish.

第2条[定義]この条約では、集団殺害とは、国民的、人種的、民族的または宗教的集団を全部または一部破壊する意図を持って行われた次の行為のいずれをも意味する。
Article II: In the present Convention, genocide means any of the following acts committed with intent to destroy, in whole or in part, a national, ethnical, racial or religious group, as such:

a 集団構成員を殺害すること。
(a) Killing members of the group;
b 集団構成員に対して重大な肉体的又は精神的な危害を加えること。
(b) Causing serious bodily or mental harm to members of the group;
c 全部又は一部に身体的壊滅をもたらすために意図された生活条件を集団に対して故意に科すこと。
(c) Deliberately inflicting on the group conditions of life calculated to bring about its physical destruction in whole or in part;
d 集団内における出生を防止する措置を科すこと。
(d) Imposing measures intended to prevent births within the group;
e 集団の児童を他の集団に強制的に移すこと。
(e) Forcibly transferring children of the group to another group.

第3条
[処罰すべき行為]次の行為は処罰する。
Article III: The following acts shall be punishable:
a 集団殺害
(a) Genocide;
b 集団殺害を犯すための共同謀議
(b) Conspiracy to commit genocide;
c 集団殺害を犯すことの直接かつ公然の教唆
(c) Direct and public incitement to commit genocide;
d 集団殺害の未遂
(d) Attempt to commit genocide;
e 集団殺害の共犯
(e) Complicity in genocide.

第4条[犯罪者の身分]集団殺害又は第3条に列挙された他の行為を犯す者は、憲法上の統治者であるか、公務員であるか又は私人であるかを問わず処罰する。
Article IV: Persons committing genocide or any of the other acts enumerated in article III shall be punished, whether they are constitutionally responsible rulers, public officials or private individuals.

第5条
[国内立法]締約国は、各の憲法に従って、このこの条約の規定を実施するために、特に集団殺害又は第3条に列挙された他の行為の犯罪者に対する有効な刑罰を規定するために、必要な立法を行うことを約束する。
Article V: The Contracting Parties undertake to enact, in accordance with their respective Constitutions, the necessary legislation to give effect to the provisions of the present Convention, and, in particular, to provide effective penalties for persons guilty of genocide or any of the other acts enumerated in article III.

第6条[管轄裁判所]集団殺害又は第三条に列挙された他の行為のいずれかについて告発された者は、行為がなされた地域の属する国の権限のある裁判所により、又は国際刑事裁判所の管轄権を受諾する締約国に関しては管轄権を有する国際刑事裁判所により審理される。
Article VI: Persons charged with genocide or any of the other acts enumerated in article III shall be tried by a competent tribunal of the State in the territory of which the act was committed, or by such international penal tribunal as may have jurisdiction with respect to those Contracting Parties which shall have accepted its jurisdiction.

第7条[犯罪人引渡との関係]集団殺害及び第3条に列挙された他の行為は、犯人引渡しにについては政治犯と認めない。
 締約国は、この場合、自国の実施中の法律及び条約に従って、犯罪人引渡を許すことを誓約する。
Article VII: Genocide and the other acts enumerated in article III shall not be considered as political crimes for the purpose of extradition.
The Contracting Parties pledge themselves in such cases to grant extradition in accordance with their laws and treaties in force.

第8条[国連による措置]締約国は、国際連合の権威ある機関が集団殺人又は第3条に列挙された他の行為を防止し又は抑止するため適当と認める国際連合憲章に基づく措置を執るように、これら機関に要求することができる。
Article VIII: Any Contracting Party may call upon the competent organs of the United Nations to take such action under the Charter of the United Nations as they consider appropriate for the prevention and suppression of acts of genocide or any of the other acts enumerated in article III.

第9条[紛争の解決]この条約の解釈、適用又は履行に関する締約国間の紛争は、集団殺害又は第3条に列挙された他の行為のいずれかに対する国の責任に関する者も含め紛争当事国のいずれかの要求により国際司法裁判所に付託する。
Article IX: Disputes between the Contracting Parties relating to the interpretation, application or fulfilment of the present Convention, including those relating to the responsibility of a State for genocide or for any of the other acts enumerated in article III, shall be submitted to the International Court of Justice at the request of any of the parties to the dispute.

第10条[正文](省略)
Article X: The present Convention, of which the Chinese, English, French, Russian and Spanish texts are equally authentic, shall bear the date of 9 December 1948.

第11条[署名、批准、加盟]この条約は、国際連合の加盟国及び総会により署名するよう招請された非加盟国による署名のため1949年12月31日まで開放しておく。
 この条約は、批准しなければならない。批准書は国際連合事務総長に寄託する。
 1951年1月1日の後は、国際連合の加盟国及び前記の招請を受けた加盟国は、この条約に参加することができる。
 加入書は、国際連合事務総長に寄託する。
Article XI: The present Convention shall be open until 31 December 1949 for signature on behalf of any Member of the United Nations and of any nonmember State to which an invitation to sign has been addressed by the General Assembly.
The present Convention shall be ratified, and the instruments of ratification shall be deposited with the Secretary-General of the United Nations.
After 1 January 1950, the present Convention may be acceded to on behalf of any Member of the United Nations and of any non-member State which has received an invitation as aforesaid. Instruments of accession shall be deposited with the Secretary-General of the United Nations.

第12条[適用地域の拡張]締約国は、国際連合事務総長にあてた通告により、いつでも自国が外交関係遂行について責任を有する領域の全部又は一部にこの条約を適用することができる。
Article XII: Any Contracting Party may at any time, by notification addressed to the Secretary-General of the United Nations, extend the application of the present Convention to all or any of the territories for the conduct of whose foreign relations that Contracting Party is responsible.

第13条[効力の発生](省略)
Article XIII: On the day when the first twenty instruments of ratification or accession have been deposited, the Secretary-General shall draw up a proces-verbal and transmit a copy thereof to each Member of the United Nations and to each of the non-member States contemplated in article XI.
instrument of ratification or accession.
Any ratification or accession effected, subsequent to the latter date shall become effective on the ninetieth day following the deposit of the instrument of ratification or accession.

第14条[有効期間、廃棄」この条約は、実施の日から10年間引き続き効力を有する。
 有効期間の満了の少なくとも6箇月前に廃棄しなかった締約国に対しては、この条約は、その後5年間引き続き効力を有する。
 廃棄は、国際連合事務総長あての通告書により行う。
Article XIV: The present Convention shall remain in effect for a period of ten years as from the date of its coming into force.
It shall thereafter remain in force for successive periods of five years for such Contracting Parties as have not denounced it at least six months before the expiration of the current period.
Denunciation shall be effected by a written notification addressed to the Secretary-General of the United Nations.

第15条[失効](省略)
Article XV: If, as a result of denunciations, the number of Parties to the present Convention should become less than sixteen, the Convention shall cease to be in force as from the date on which the last of these denunciations shall become effective.

第16条[改正」(省略)
Article XVI: A request for the revision of the present Convention may be made at any time by any Contracting Party by means of a notification in writing addressed to the Secretary-General.
The General Assembly shall decide upon the steps, if any, to be taken in respect of such request.

第17条[通告](省略)
Article XVII: The Secretary-General of the United Nations shall notify all Members of the United Nations and the non-member States contemplated in article XI of the following:
(a) Signatures, ratifications and accessions received in accordance with article XI;
(b) Notifications received in accordance with article XII;
(c) The date upon which the present Convention comes into force in accordance with article XIII;
(d) Denunciations received in accordance with article XIV;
(e) The abrogation of the Convention in accordance with article XV;
(f) Notifications received in accordance with article XVI.

第18条[原本と認証謄本](省略)
Article XVIII: The original of the present Convention shall be deposited in the archives of the United Nations.
A certified copy of the Convention shall be transmitted to each Member of the United Nations and to each of the non-member States contemplated in article XI.

第19条[登録](省略)
Article XIX: The present Convention shall be registered by the Secretary-General of the United Nations on the date of its coming into force.

解説
「集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約」は世界人権宣言が採択された前日同じ国連総会で採択された者で、「ジェノサイド条約」と略称される。第二次大戦後、連合国が設けた国際軍事裁判所条例が新しい戦争犯罪として類型化した「人道に対する罪」を条約化したもので、ナチス・ドイツが行ったような非人道的行為を防止し処罰することを目的とする。
 また、この条約は、戦時・平時を問わず、集団殺害が国際法上の犯罪であるとし、その行為者個人を、国家元首・公務員又は私人のいかんを問わず処罰するとして、他の戦争犯罪の遂行とは関係なく、独立の国際犯罪の実定法によって確立したことが注目された。
 この国際犯罪になる集団殺害とは、国民的・人種的・民族的または宗教的集団を破壊する意図を持って行われる殺害行為に限らず、精神的危害・出生防止の措置など、第2条に含まれる行為をすべて含み、これらの行為の共同謀議・教唆・未遂・共犯もすべて処罰される(3条)。また、この集団殺害殺害行為に対する裁判管轄権は、行為地の国内裁判所の他に、国際刑事裁判所もその管轄権もその管轄権を受諾する締約国に関した管轄権を有する(6条)。そのため、締約国に処罰のために必要な立法措置の義務を課すとともに、国際刑事裁判所の設立を予定した。そして旧ユーゴ地域の紛争当事者によって「民族浄化」行為を裁く国際刑事裁判所の設立と平行して、国際法上の犯罪を裁く常設国際刑事裁判所の設立を国連総会が決定し、裁判所の管轄権と構成などを定める裁判所規定がローマで開かれた外交会議で採択され、設立に向け大きく前進した。(金東勲)

==============================================================
国際法辞典 「ジェノサイド」から条約説明以外を抜粋
・・・第2次世界大戦の戦前・戦中にかけてナチス・ドイツがユダヤ民族に対して行った大量殺害は、戦後ニュールンベルグ裁判で犯罪とされた。国連は、このような非人道的な行為を2度と繰り返さないとの固い決意から、1946年12月11日第1回国連総会で、ジェノサイドは国連の精神と目的に反し、かつ文明世界により有罪とされた国際法条の犯罪であると宣言した。続いて48年12月9日の第3回国連総会で、集団殺害罪の防止及び処罰に関する条約(ジェノサイド条約、1951.1.12発行)が採択された。
・・・国際刑事裁判所については、国連設立当初から準備が進められ、国際法準備委員会によって起草草案が裁定されたが(1953年)、その総会で棚上げになっている。しかし、多発する民族紛争等での重大な人権侵害や大量殺人など国際犯罪を裁くために常設の国際刑事裁判所を設置する構想が改めて国連で議論され、実現に向けて具体的な作業が始まっている。なお集団殺害罪については、1968年11月26日の第23回国連総会が採択した戦争犯罪及び人道に対する罪に対する事項不適用に関する条約により事項は適用しないことになっている。(斉藤巧高)
==============================================================
posted by Kose at 15:28| ダルフール&スーダン

2009年12月06日

「スーダンの奴隷は語ることができるか」 改訂

「寡婦殉死」物語は、たぶん日本人には、欧米人ほどショックでないと思われる。

そもそも「寡婦」「殉死」などが日本語に存在するからである。
英語の辞書を引くとだとそれぞれ:
widow、Following one's master to the grave
らしい。原文では
殉死は
sacrifice
だとされている。
殉死は、日本では歴史的にあったことであり、NHKのドラマにだって登場する位人気のシーンである。

寡婦殉死、あるいは未亡人の後追い自殺

はないように思われるが、歴史に疎いので知らない。

スピヴァクによる「寡婦殉死」はインド・ヒンズー教起源の法源として書かれた教義によるものではなく、語られた教義の系統にはいるらしい。他に2つあるが二元論でないと困るスピヴァクの場合はその他は機能しない。

夫の火葬で、妻が「自ら」その火に入って死ぬことである

まあ、馬鹿げた慣習である。
相続金目当てに、めとった妻をすぐ殺してしまうというのは、今のインドでも行われているというニュースは聞いたことがある。どんな馬鹿げたことがインドで、あるいはその他どこかで行われていたとしても知らない。単なる話である。

さて、スピヴァクはsacrificeと書きながら、殉死をsuicideだと書き直している。これは日本語訳だとわかりにくい。そして宗教的sucrificeとsuicideの両義性があるのだと主張するのである。これは全くスピルヴァクあるいは当時のイギリス人の勝手な言葉のすり替えで、スピルヴァク自身がこのすり替えに自覚的でない。
sacrifice
なら、キリスト教徒でも了解できるであろうし、イギリス人は体系的にヒンズー教の教義をそのように了解することしかできなかったとしても帝国主義の所為もなんでもない。反対に
suicide
はキリスト教では、インド人や日本人と違い、「罪」なので両者を等価にすることが困難であるに違いない。
しかもスピヴァクは、widowが「自由意志」(free will)で「死ぬ」(die)とsuicideを等価なものとしている。
したがって「語れない」のは「自由意志について」であって、「サバルタン」ではないのである。彼女が、きらびやかな西欧哲学者の名前をひけらかす前に、「人は自由意志で行動する」という西欧人の独特のローカルな考え方の制度から、ほとんどすべての西欧人も含む行動は了解できず、それ故なにも「語れない」ことを理解してから、「知識人はその役割を果たすべきである」と言うべきである。これが西欧の「エクリチュール」に関する実証的結論である。そしてもちろんサルトルに対しレヴィ・ストロースが「野生の思考」の最終章でしたのと同じように、スピヴァクの破産の宣告である。

********************

さて日本には奇妙な死の習慣がある。「心中」「切腹」「姥捨て」「間引き」・・・・・
最初のものを除いて、既になくなっていると思われるが、「心中」はなくならない。
かなり前日本人の「女」が自分の子供を道ずれに、入水自殺を図り、子供だけ死んで、彼女はアメリカの警察に殺人犯として逮捕された。

その「子供は語りうるのか」

さて、サルバタンなど存在しないことが明らかになった。

英語で、別の言語でもいいが、解釈して系統づけようとすると、「寡婦殉死」のように、意味が定まらない事態が生じる。
それは「心中」の場合もそうである。それでしかない。何ら体系的な問題ではない。性別も関係ない。

彼女は、サバルタンという、帝国主義時代における植民地を、現代資本主義における第三世界という構造と等しいものにしたい。フランスとアメリカ人が自由意志(Free will)を特権的に謳歌しながら、他方で第三世界に自由意志による死を(空気によって)強制され女性がいて、彼女と「連帯」することができないが故に、どんな「連帯」もできないと証明される。「表現は代表できない」。

スピヴァクは、植民地と第三世界を何の区別もなく使い分けており、それによって第三世界が、伝統社会として存在するのではなくて、植民地化の刻印を受けたものとして解釈されなければいけないと言う偶発的な問題設定はした。ポストコロニアルである。

しかしすべてのポストコロニアルがサバルタンと等価である可能性はない。

スーダンのポストコロニアルの最大の特徴は、奴隷廃止である。

スーダンの廃止された奴隷たちは語ることができるか?
http://www.splmtoday.com/
posted by Kose at 16:11| ダルフール&スーダン

2009年12月05日

「SPLMのビジョンとプログラム」を翻訳開始

SPLMのサイトがある
http://www.splmtoday.com/

今後、再来年1月、13ヶ月後、南スーダンの独立は、ダルフール地方にとってもダルフール紛争にとっても強い影響を持つだろう。

まあそれは放っておいてもいいのだが、いわゆる"marginalized people"というのは、おそらくSPLM、とくに故ジョン・ガランの発想であるまいかという考えに至った。最近バシルに対立する候補にバシルにクーデターで追われたサデク・マフディが、野党+SPLMの統一候補になりそうだというのを受けてスーダン・トリビューンにこんなオピニオンが載った。
Al Mahdi’s candidacy shocks all the marginalized Sudanese
マフディの擁立、置き去りにされたスーダン人すべてにショック

Sudan Tribune - Friday 4 December 2009 04:09.
http://www.sudantribune.com/spip.php?article33331
By Justin Ambago Ramba

これを本家で訳そうと思ったのだが、めんどくさいわりにおもしろくなさそうで、どうせなら、ジョン・ガランに関する本を買おうと思ったが、この1ヶ月間本を買いすぎのため、それもやめるためにどうしたらいいかと思い、SPLMの綱領を訳せばよいのであると思うに至った。

別に急ぐわけではない。13ヶ月とは言わないが、総選挙の4月までにやればいいことである。やると宣言するとなんだか引っ込みがつかなくなるため、ここで、先にまとまった分量が訳せたら掲載して、後にPDF化して、本家に掲載することにする。レファレンダムの参考になるだけではない。

SPLMのその綱領の日付は1998年3月となっており、ダルフール紛争の本にはどこにも書いてないが、それがハッサン・ツラビの排除1999年やブラックブック発行2000年より先なので、ブラックブックに影響を与えている可能性が非常に高い。CPAについて深く考えるつもりはない。

「権力と富の不均衡」と「置き去りにされた地域」の発想は誰でも知っていることだったかも知れないが、明文化したのはSPLM綱領の方が先である。北スーダンの大卒は、アラビア語も英語もよめるが、SPLMはアラビア語版も作っていたであろう。ジュバ・アラビア語ではなく。

実際、SLAの立ち上げはたぶんエリトリア(土井氏が行った所、今やマメリカにテロ支援国家指定寸前のところでとどまっている)と、SPLMが一番関与していると思われる。チャドが関与するのは紛争勃発後のことであろう。

SLAの反乱声明は、SPLMのほとんど借用である。ブラックブックの関係者がJEMを作ったのは分かっているが、単にハッサン・ツラビのフォロワーとして片づけるのに(全部のダルフール解説にはそう書いているが)困難を感じる。

SLAとは別にアブデル・ワヒド・ヌルがジョン・ガランの思想的弟子であるのはほとんど確実である。

かくして、南北内戦の終結とダルフール紛争の勃発は一つの地殻変動の関数であった可能性が見えるのである。

書き出し:
「スーダンの基本的問題は、歴史的パースペクティブと現代のコンテキストの双方における現実が、1956年の独立以来ハルツームを去来した様々な政府によって遂行されてきた政策と根本的に相反するということである。スーダンを特徴づけるのは、歴史、地理、人びと、文化の豊富な多様性である」

そしてその多様性の差別による分断について:
「スーダンは、多宗教社会であるが、すべてのハルツーム政府が常に一枚岩のイスラム教国を構築しようとしてきた。スーダンはマルチ・エスニックであり50以上の異なる言語を話す500以上のエスニック・グループからなるが、ハルツームを去来したすべての政府は一枚岩的アラブ文化を構築しようとしてきた。宗教的人種的差別と、南部、ヌバ、ベジャ、フール、フンジ、マサリト、ザガワ、ミッセリア、リゼイガトや他の置き去りにされたナショナリティの持ち主は経済社会的不平等、国の発展、富と権力の不公正な分配や、それ故不満と不安定と戦争の中に自らをはっきりと示す」。

これはダルフールの実証主義的・反新植民地主義人類学者からは出ない発想である。1998年には全国一斉蜂起への誘いみたいに聞こえたかも知れない。

長くなるのはごめんなので、この件についてはまた別途。
posted by Kose at 17:21| ダルフール&スーダン

2009年12月04日

ポスト・ブラックブック

ポスコロと一線を画すため何か良いアイディアはないと歩きながら、杖は持っていないが、考えて、「ポスト・ブラックブック」というのはどうだろうかと考えた。

ポスコロではスーダンの現象は何も説明できず、イギリス植民地支配の痕跡への還元しかできないし、あるいは再発見された人類学の対象がイギリス植民地支配の痕跡であることも見逃す、と考えるポジションは「今までない」し、デリダっぽいと感じたからである。

固有名とは仮の印であって、それを本質的なものと見なすというのは暴力であると言うのが、(スピヴァクを通した)デリダの見解である。

これはすべてのスーダンの部族と地域の問題の再考を促す視点を挿入する考え方であろう。

もちろん、国際的分業は、超越論的シニフィアンとしてではなく、全くローカルに分節された問題として、歴史と民族の暴力の記述に挿入されるべきであろう。

「正義」は、非常に大きな問題で、「正義」に関係ないのなら、ダルフール紛争は、単なるアフリカ人の野蛮な戦争でしかない。

「ブラックブック」は地域的「正義」(公正)を問題にしていて、「ジェノサイド」は国際的「正義」(法)を問題にする。

まだスピヴァク読み終わらないが・・・つまらなくなってきたので・・・次は本当にデリダの「法の力」を読むつもりだ。

たぶんグラムシの「権力と知識人」(スピヴァクが脱構築したとされるオリジナル)もその際へ移行して読むだろう。

グラムシはニコス・プーランツァスというギリシアのマルクス主義政治家が「まじめに」取り組み、成果を残したのを解説書(エリック・O・ライト「階級・危機・国家」)で読んだことがあるので、ずぶの素人ではない。
スピヴァクに関する限りグラムシの「南部問題に関する覚え書き」という章だけがオリジナルであるらしい。
「ヘゲモニー」を政治学の主要概念にしたのはグラムシである。世界システムのウォーラスティンは、それを世界経済史上の概念に変えて使っているが、同じではない。
近代的なヘゲモニーは国民国家内の問題で、民主社会で中間的なクラスの厚さが重要かは、ヘゲモニーが経済的に安定するからである。二極化すると、ヘゲモニーは経済的に支配的なクラスに移って、社会は対立的になる。そしてどんなクラスもヘゲモニーを持たないほど経済的に衰弱すると、絶望的なクラスの空想のヘゲモニーを得て、独裁が機能するのであるということは、すでにライトの本で分かっている。後付の解釈というのはあり得るが、なぜ人間が民主主義の枠内でバカになれるのかの説明にはなっている。

と復習をしてみた。

ちなみにフーコーを読んで「権力論」だと言っている奴らは、「ゆとり教育」のなれの果てだと、歩きながらそう思った。
posted by Kose at 14:21| ダルフール&スーダン

2009年11月29日

日本人スーダン人類学者、栗本英世の場合

栗田禎子の「近代スーダンにおける体制変動と民族形成」という本を読めば楽なことはわかっているが、読まない。その本が19950円もするからである。利用できる図書館にはない。
そういう本を読むほど専門的訓練を受けた人なら洋書を読めばいいだけの話である。洋書なら普通3000円位であり、専門書でも7000円が最高である。まれに稀少なモノグラフが20000円位することもあるが。
その本が有効に読まれる可能性は、ゼロに等しい。したがって読まないで差し支えないのである。

だいたいタイトルで買えない。まるでスーダンに「民族」があるみたいではないか。民族というのは、国民国家形成時の権力主導で作られる偽のアイデンティティであるのは、日本現代史やら西洋史とくにナポレオン征服後のドイツに関する教科書程度の知識で歴然である。

「民族」など、カルチャー以上に存在危ない概念であるので、近寄りたくもない。

なぜかスーダン人類学者に栗田英世という人物もいる。
栗田という姓の人は、スーダンが好きなのであろうか。

その栗田英世の短い論文が、「現代アフリカの社会変動:言葉と文化の動態観察」人文書院2002年に収録されている。

「英語、アラビア語、ジュバ・アラビア語:スーダンにおける言語、教育、政治、アイデンティティ」
p74−92.

というものである。図書館で見つかった。
この本は、いくつあるのだかわからないスーダンの言語を詳しく扱うものではない。それらはエスニック言語でひとまとめにされくずかごに捨てられる。
 イギリス植民地政府が、6つの土着言語に統合し、書き言葉に変えることを試みたが失敗したそうだ。
 タイトルに「アイデンティティ」が加えられているが、それは何も分析されていない。言語教育と政治からアイデンティティが形成されるが、言語教育に入っていないが、広く話されているジュバ・アラビア語というピジン語・クレオール語が南スーダンのアイデンティティの一部を構成することに変な期待をして終わる。

これは栗田英世が、南北スーダンの分裂を止揚する隠れた希望をおそらく持っており、そのイデオロギーにより発見され、強調されたものだろうというのは、3分でわかる。

論文がいつかかれたかはわからないが、出版は2002年で、たぶん包括的和平協定(CPA)に向けた交渉にはいった頃であって、栗田英世には、その結末は十分知られていない。

さて、CPAの内容は、統一スーダンを限りなく否定しつつ、ジョン・ガランの「ニュー・スーダン」イデオロギーで、独立のレファレンダムを通じて辛くも統一の可能性の救済を残した微妙なものである。

ジョン・ガランが2005年CPA調印後航空事故で死んでしまったので、「ニュー・スーダン」も死んだ。

南スーダン半自治政府にそれほど強力な指導者は現れなかったのである。

栗田英世の期待を裏切る事態が、既にその時起こっていたのである。
パソコンとインターネットと携帯電話の登場である。

技術的経済的問題で、書き言葉の変換システムの違いが、言語の国境を強化する。
Unicodeに登録されていなければ、その言語の文字は「ない」ことになる。

さらにインターネット世界では「英語」が支配的である。あるいは「アラビア語」でも大丈夫だが、スーダンで二者以外の選択肢は、残念ながらスーダンの置かれた発展状況では「ない」。これを新植民地主義と呼ぶなら呼べばいい。何でもそう呼べるからね。

かくして、そのジュバ・アラビア語は、台湾や韓国の日本植民地時代言語教育を受け、日本語を流ちょうにしゃべる人たちのそれ程度の位置しか持たない。

そして最後に言語が、かならずしもアイデンティティの支配的要因にならないことは文化人類学者として、しっかり分析すべきである。

アラブ人イスラム教徒と非アラブ人イスラム教徒を分けている時点で、エヴァンス・プリチャードと同様、イギリス植民地政策の分類学に支配されている査証である。

ニメイリ政権が倒壊したのは1985年の大干ばつの直接的影響である。

マフディ政権は多党制選挙で選ばれたが、支持基盤が弱く、リビアの傀儡政権であった。

バシル政権は、アラブ・ナショナリズムから、イスラム復古主義へのアラブ世界の大きな変動の副産物であるが、イスラム復古主義のツラビと単なる軍事独裁政治家のバシルの乖離の末、栗本英世の言う非アラブイスラム教徒地方で反政府運動が顕在化するのである。

非アラブは民族性ではなく、地域性であるというのが、反政府勢力の主張である。文化人類学者が、安易な公式分類に頼らず、誰の声を聞いてアイデンティティとかいうものが本当に存在するのかどうか検証しなければいけないのは、これまでの議論の通りである。
posted by Kose at 12:49| ダルフール&スーダン

2009年11月26日

日本語で読める「ダルフールの文化人類学研究」が見つかったんだが

以前エバンス・プリチャードのヌエル族とディンカ族の勘違いに関する論文を含んでいるのを見つけた「エスニシティとは何か」新泉社1996に、なんとダルフールの民族誌を引用した論文が所収されているのを見つけた。
5つの論文の内の最初のもので、エスニシティに関する抽象論だったため、読み飛ばし的がつかなかった。すまん。

その論文は「エスニシティとは何か」の第1章、フレデリック・バルト「エスニック集団の境界:論文集『エスニック集団と境界』のための序文」に登場する。
参照された論文は
Haaland,G.1969. Economic determinants in ethnic process. In F.Barth(ed.) EthinicGroups and Boundaries.
で、民族誌はハーランドのものとされるが、文章の中でバルトとハーランドを区別することは難しい。

要旨は、フール(族)の土地保有制度と南部牛牧畜民バガラ(通常アラブと見なされる)の放牧の共有地という生産手段が、フールとバガラのエスニシティを決定するというものである。
*今後「部族」を示唆する「族」を使わない。

その民族誌的記述は非常に少ないが、フールが自給自足的な貧しい農耕民であり、譲渡できない土地保有権を持つことと、バガラが商品経済から富を得ることができる牛の牧畜を行うことが対比される。その二つの生産様式は私有制ではないと言う点で共通したダルフールの特徴だとされる。

また貧しいフールが、富を求めてバガラになるエスニシティ上のアイデンティティの変化が起こっていたことも、婚姻などでどんなに接近してもしかしバガラとフールの区別は失われないことも、生産様式の違いに還元される。

バガラはダルフール最南部の牛牧畜民の総称で、アラブとされる。少なくとも南リゼイガトとミッセリアという有力部族を含む。南リゼイガトは南スーダンの西バール・エル・ガゼルの境界地帯にまたがって、ミッセリアはその東にあたる南コルドファンの境界にまたがっている。
バガラはチャド湖まで、分布されると言うが、チャドでの名称は不明。

しかし、このフールとバガラは、部族の違いではない点をその論文は曖昧にしている。

その区別は、生産様式によるよりもその土地保有制度を持ったフール・サルタン王国とその南の外部の牧畜民の違いである。エスニシティと言うより、前近代におけるサルタン王国の権力の配置をおおざっぱに言ったものである可能性が高い。前近代では別の国といってもかまわない。
なぜ二つに分かれるかと言えば、サルタンが保護するフールと、サルタンの保護は受けないが、共存するバガラ(自ら戦う力がある)の実体的違いがあったからである。

サルタン王国はアラビア語の文書を残しているので、フールとバガラを未開民族の様に扱えないことが、記されていない。

したがって、その記述が極めておおざっぱに言って、サルタン国消滅後のフール周辺部の事態から全体に抽象したものかも知れない可能性が高い。

もちろんダルフールの中心都市エル・ファシェルは、旧サルタン王国の首都であり、裕福なフールもいたであろう。

またバガラというか南部リゼイガトは、牛牧畜民でありながら定住し、商品作物の栽培を行うなど、農耕牧畜では割り切れないダルフールのあらゆる二元論を悩ませる存在でもある。

実際には、ダルフール中央や西部には、もっと小部族がモザイク状に混在する。土地保有権と部族は一対一ではなく、牧畜と農耕は重心の違いがあるだけである。

北部ダルフールもバガラと同じく、サルタン国の外部であり、主にチャドと国境を大きくまたぐザガワ族とラクダ遊牧民でありダルフールで最も貧しいとされる北リゼイガトがいる。

というわけで、フレデリック・バルトの論文に現れるダルフールは「仮説」であるし、二元論への強引な解釈が繰り返されていると言わざるを得ない。

しかし全くないよりはずっと良いと思うので、おすすめする。

「エスニック」とは何か―エスニシティ基本論文選 (「知」の扉をひらく)

「エスニック」とは何か―エスニシティ基本論文選 (「知」の扉をひらく)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新泉社
  • 発売日: 1996/03
  • メディア: 単行本


posted by Kose at 20:35| ダルフール&スーダン

2009年11月25日

エバンス・プリチャードの戦争の人類学?

さて精神衛生上、これは間違うのを許すと言う条件で書いているので、間違えていたとしても、不愉快に思わないでいただきたい。可能な限り勝手なことを書くのが目的である。

その割には、人の間違いに寛容でない、独善さも承知している。

20年以上の不勉強をカバーするにはそれ位必要である。すまん。

文化人類学は、正確にはぼくも当時読めたであろう、クリフォード・ギアーツの時点で、十分終わっていることが自己認識されていたことがわかった。

ギアーツの「文化の読み方/書き方」で総括されてしまっている。

レヴィ・ストロースとその後の非機能主義人類学をちょろっと呼んで止めてしまったので、気づかなかった。

ギアーツは面白い人でありそうだ。
それは、過去の有力な人類学者の書いたものを読む本で、エヴァンス・プリチャードも含まれていた。

趣旨は、土着民族を風変わりな友人のように描き、描き方が意味とか機能とかでなく、スナップショットのように書く、スタイルを強調するものである。

それは「アコボ川とジラ川沿岸の作戦行動」というエバンス・プリチャードの従軍報告書取り上げる。民族誌ではないので、何も真理を追究していない。それは自分がいかに有能な司令官で、いかに風変わりな土着民の性格を掌握して、エチオピアのイタリア軍の部隊に勝ったかを、まあ自慢した話だ。書物として面白いと言う所が、レヴィ・ストロースの「悲しき熱帯」と対比される。

それはイギリス軍が、南スーダンのこの場合アヌアク族にライフルを渡して作戦を指示し、「民兵」にしたことをはっきり書いてある。

それは奴隷兵のように土着民をしたのではなく、土着民を指揮したと言う点を強調しておく必要がある。まあなんだかアラビアのロレンス気取りである。

その作戦で、夜に敵に迫り、明け方襲撃する作戦を自分が立てたと自慢している。

ちなみにそれはジャンジャウィードの襲撃にそっくりである。

つまり彼が発案したのでなく、どこかからパクった作戦を自分の発案だとしている可能性は高い。それはともかく。

彼は、ヌエル族やディンカ族やその他南スーダンの土着民以外に、「ベドゥイン」に言及する箇所がある。

ここからが、先に問題になった集団のレベルと呼称にエバンス・プリチャードが極めて無頓着だったことがわかる。

ベドウィンとヌエル族やディン族は、並列されている。またベドウィンをアラブ・ノマドと言い換えることもしていない。ベドウィンは固有名だと考えられている。

おそらく北スーダンの都市以外で孤立して生活する集団は、全部ベドゥインと認識された可能性が高い。ベンドウィンは一言「信仰が篤い」でおしまいになる。当然都市にはイスラム聖職者や土着行政官や商人がいたはずでそれをベドウィンとは呼べなかったであろう。

戦争の人類学はと言うと、自慢話にすぎないので比較できないが、単に敵か味方か、イギリスかイタリアかで、敵なら皆殺しでおしまいである(ジェノサイドを意味するような意味はない。単純に拠点攻撃の話である)。その流れの中で、民族誌的記述が「スナップショット」のように巧みに挿入されると言う点がギアーツの議論のポイントである。

その短い文章をギアーツが取り上げたのは、良くも悪くもそれがエバンス・プリチャードの人類学の価値の最大の特徴であり、以降の人類学者の規範、あこがれ、モデルになった「書き方」だと言いたいわけである。

そういうわけで、根本的に孤立した土着民だと分類するのは、人類学者の勝手であり、少なくともスーダンの場合植民地行政府の間接統治と分割統治に沿っただった。

「族」が変化したり、混ざったり、分散してはいけないのが人類学の規範の一部になった。

結局ギアーツがその総括で結論するのは、そのような純粋な「族」がなくなったという同時代的反省である。

「族」をギアーツは「あちら側にいる人」と呼ぶ。

しかし「族」がなかったとは、まだ思わないである。あちらもこちらもないとはおもわないのである。

「族」は中途半端に遠い自己であると最終的に定義して人類学は本当はフィクションだったことを結論とする(ニーチェが「自己とは最も遠い他者である」と言ったため)。

それでは「話にならない」からにすぎない。人類学は「族」の風変わりな自然主義小説を書くことと大差がない。

それは始めから暴走族の自然主義小説を書くのと違いがない(「カルチュラル・スタディーズ」)。小説と同じように良い民族誌は、面白く、レヴィ・ストロースが「悲しき熱帯」後、過剰な普遍性の追求は、ギアーツには面白くないと言う結論らしい。

Q.E.D.

もっと人類学についてちゃんと書かないと専門家っぽく正しくないのはわかっているが、ダルフール紛争を扱う限り、ひつような批判はすませた。「族」は純粋でなく変化するが、書こうとすると「族」と書かざるを得ない暫定的なもので、記述の稠密さや客観性は、正しさの資格に入らない。安っぽく言えばオリジナルは既にコピーだということである。

今後は適当に正しく節度あるものの書き方にそう言う考えを反映させたい。

P.S.
ジェノサイドの人類学解釈の母型みたいなものをルース・ベネディクトが「カニバリズム」について書いているようである。それは結局集団の戦意高揚と統合という機能をもつとされてしまう・・・

ああ、ちなみに大学の社会学のゼミのテキストにレヴィ・ストロース「野生の思考」もあったが、難しくてわからなかったことは白状しておく。今読み返すとそうではない。歳を取ると読めるのかも知れない。知能は確実に衰えているのに。レヴィ・ストロースが難しくてわからないが、人類学を専攻してしまったため、民族誌収集を生業とする人がいるがいることを非難するつもりはない。それは広告代理店のマーケット・リサーチと同レベルの科学的仕事であるからである。
posted by Kose at 17:31| ダルフール&スーダン

2009年11月24日

ジャンジャウィードの生成:「アラブ」と「遊牧民」のコノテーション

たぶん1990年代始めに病気をしたため、ポストモダン・ブーム末より後の立派な本は全然読んでいないので、飛ばしに飛ばしてみた。

無理があるのは、合点承知の助である。

何しろその間、ポストモダンもジェンダーも完全に勢いを失ってくれたのはありがたい話である。なんでこのようにカタカナを増やすと、世界が変わると彼ら彼女らは信じたのかよくわからない。日本語の造語も増やさない方がいいし、アルファベットの頭文字も増やさない方がいいと思うが、インターネットの所為でこればかりは信じがたい勢いで増える傾向にあるのは嘆かわしいことである。

ジェンダーというのが、セックスをずらす限りに置いてしか意味がないのは、大嫌いなマルクス主義フェミニストには理解を超えたことだった。上野千寿子は、今や老人の孤独にしか興味がないらしい。

さて「アラブ」をずらす。

アラブの原意はアラビア語の「遊牧民」である。

こういう循環は、ありふれたことである。○○族とか呼ばれるものの多くが、母語における「人」を指すのと同じである。

歴史はさておいて、ムスリムは、本来半島のアラブ人のものであり、半島のアラブ人は本来遊牧民だったが、アラブ人の支配やムスリムの広がりとアラビア語の普及によって、「遊牧民」という含意も、半島のアラブ人という狭い意味は、多くの場合忘れられるようになった。

アラブ人が征服した図版はペルシャやトルコやイギリスがのちに征服する。

アラブは単に「中東」と同じ意味に変わってしまった。両者を区別して使うことは非常に困難である。

戦後国民国家(民族国家=ネイション・ステイト)の形成の過程で、近代化に必要とされるナショナリズムも作られた。

アラブ・ナショナリズム

である。ナショナリズムと言いながら、これは複数の国で共有される。

アラブ・ナショナリズムはイスラム的でない。それが近代主義の空疎な概念なのは、世界中と共通である。そこでアラブ=イスラムという構図が崩れる。

近代化の失敗で、イスラム復古主義が全盛になるし、今もそうだ。

イスラム原理主義と言うがアラブ原理主義とは言わない。
だがアラブとイスラムが慣用的に動議に扱われる習慣は根強い。

さて、非アラブ・イスラムはたくさんいる。

トルコもイランもそうだし、アジア諸国もそうである。

イスラムというのは、イスラム共同体の平和と平等を実践しつつ、異教徒をその神の支配の中に入れるため戦闘するのがオリジナルな形態である。
定義上、コーランに記されたとおり実践する以外の宗教的本質はないはずであるが、創生期のアラブ人の文化や社会が濃厚に反映している。
そのままでは、その征服の動きと異なる地域や民族の文化や社会と齟齬をきたすため、実質間接統治を認め、イスラム法学者が何がイスラムで何がイスラムでないか、時と場所に応じて判断するというシステムになった。

そしてイスラムが広がる過程で、すぐ登場するのが
「アラブ」
「非アラブ・イスラム」
「異教徒」
「奴隷」
のヒエラルキーである。

ダルフールで不可欠の「非アラブ・イスラム」というカテゴリーは、7世紀既に存在した。

では何でスーダンは「非アラブ・イスラム」ではなく「アラブ」なんだろうか。

これはひとつはイスラムに人種の概念が存在せず、基本的に部族の違いしかないためである。

ひとつはスーダンの近代国家形成がエジプトのアラブ・ナショナリズムの受容とともに行われたためである。それはナイル河というシンボルと関係していると思われる。

かくして、スーダン内に「非アラブ・ムスリム」「異教徒」「奴隷」の3つのカテゴリーが発生する。

作り話でも何でもいいから「アラブ」であることはスーダンでは大変重要になった。なぜなら旧イギリス植民地内に「異教徒」と旧「奴隷」が国民として同居しなければならなくなったからである。

南スーダンとの戦争は、イスラムの成り立ちから言って当然である。預言者の実践を繰り返そうとすれば、「異教徒」かつ旧「奴隷」との戦いは「当然」の実践である。

シャーリアを強制したから戦争になったのは、南スーダンのスタンスである。北スーダンにとって征服は疑問の余地のないイスラムの実践に過ぎないのであった。

スーダンの極端なアナクロニズムは、自らが「非アラブ・ムスリム」であることを否認するため、現実を無視してコーランを反復して実践する圧力が極端に高いためである。

中東のアラブ人は、イスラエルやトルコやイランとの関係で疑問の余地なくアラブ人だと信じうるが、スーダンは事情が違うのである。

さてどんな作り話をしてでもアラブとなるというのは、フール族ケイラ朝サルタンが、フール族とアラブ人の結婚から始まるという神話からもうかがえる。

そして、別の方法でアラブ性が発見される。すなわち

アラブ=遊牧民

という古い意味である。それはリビアのカダフィが擬制として実践しているように、ベドウィン(また同義反復になるが「アラブ遊牧民」)のまねをすることである。

そこから、遊牧民と名乗ることが「アラブ」の証に転ずる。

半島でも遊牧民と定住民は対立するものとして捉える語義としてそれは存在した。しかしその時の「定住民」は「町に住む人」つまり世俗の権力者のことであった。

しかし、人類学者が「遊牧民」と「定住民」の対立をニュートラルなものとする。

これによって「遊牧民」と「農耕民」の対立がシンクロされる。

いつの間にか「遊牧民」と「定住農耕民」が対立するかのような二元論がねつ造される。

そして「遊牧民」はアラブであり、「定住農耕民」は非アラブ・ムスリムだというラベルが貼られる。

「定住民」は本来の意義ならハルツームの権力者のことでもある。

そこでハルツームの権力者をイスラムの実践として戦う考えが生じる余地がある。それがハッサン・ツラビの策略であり、JEMの存在である。

ダルフールで複雑な要因で部族的紛争が多発した時、ダルフールの最大勢力に権力基盤を持たないハルツームは、アラブ遊牧民に権力の基盤を持つことを選んだ。

そして非アラブ・ムスリムにたいしては「異教徒」のラベルが貼れない。

だから黒人と呼び、アフリカ人と呼ぶ。これは南北内戦と、リビア・チャド戦争で、非アラブに既につけられたラベルである。

かくしてたった3つのダルフールの部族が選ばれ(それだけ地域では勢力があった)、その勢力の排除が行われたのであろう。

村の周辺的なグループが同じ圧政に苦しむ町の周辺的グループと連帯せず、ファシズムを支持するという現象を記述したのが、グラムシの南イタリアの農民の分析であった。

ダルフールの遊牧民に何の恨みもないが、ジャンジャウィードとはこのようなかなり退屈な対立図式でねつ造されたものであるのは確かである。遊牧民も含まれたかも知れないが、含まれなかったかも知れない。馬かラクダに乗っていればよいのである。

ジャンジャウィードにアラブ的本質はない。権力の正統性のためアナクロニズムのベドウィンごっこをさせただけの話である。

その観念のお遊びが、ジェノサイドの本質である。それだからこそ余計「むかつく」のである。
posted by Kose at 19:45| ダルフール&スーダン

2009年11月23日

スーダンのエスニシティー:ヌエル族とディンカ族は存在しないと言う研究

 この問題(文化単位の変化)を最も劇的に提起したのは、ヌエルおよびディンカの現実の状態を再評価しようとするサウスオールの試みである(Southall 1976)。彼によれば、エヴァンス=プリチャード(Evans-Prichard 1971:271)はヌエルおよびディンカの部族名を「1世紀にわたって使用されてきた揺るぎない(Southall 1976:463)」ものであるがゆえに選択したとしているが、実際には「ヌエル」とはディンカが彼らを指すのみ用いる言葉であった。ヌエルは自分たちを「ナース」と呼んでいるのが実情である。ディンカ族は自分たちを「ジエン」と呼んでいた。そしてどちらのの集団も名称を持った多数の下位集団から構成されており、それらが言語学的、文化的に同一であるか否かについてはまだ知られていない。「植民地政府が彼らが誰である(ヌエルであるとかディンカであるとか)と彼らに告げるまで(ibid:463)」、エスニック統一からだという意識が、ヌエル全員あるいはディンカ全員にいきわたって存在していたかどうかがわかるほど、私たちはまだ彼らのことを十分には知らないのである。ヌエル(あるいはディンカ)の下位集団に属する人びとは、自分のエスニック単位に含まれる他の下位集団のすべての名称を知らないことがしばしばあり、ヌエル(あるいはディンカ)の単位の中で、自分の下位集団以外の集団に入れば、見知らぬ外来者として扱われることもあるだろう。
 サウスオールは続けてディンカとヌエルがどのようにお互いを区別し、どのように彼ら自身の下位集団を区別するようになったかを問題にする。彼は、他の人びとが一般に認めているエスニックな、あるいは「部族」の実体に主観的なアプローチを試みることによって、その区別が外部から押しつけられたものであると同時に、分化の複雑な過程の結果であるとことを示した。エヴァンス=プリチャードとリーンハルト(Lienhalt)も、南スーダンにおける人びとの集団に対して付与され、受容されてきた植民地的な名称を採用していたために、そうしたことがすべて見逃されてきてしまったのである。
・・・・・
 サウスオールはさらに進めて、エスニック・ラベルの混乱は、社会・分化的差異の進展をたどる一つの鍵となるはずだと示唆している(Southall 1976)。それゆえにこのことは、命名上の申し合わせや一連のコード化の技法で取り扱われるべきでない。むしろエスニシティの概念は、一つの問題がそこにあることを示唆している。そしてその問題の解決こそ、特定の文化の歴史についての、また文化の発展と変化の一般的な展開過程についての理解へ、私たちを導くものなのである。

ロナルド・コーエン「部族からエスニシティへ」(青柳まちこ編監修『「エスニック」とは何か』神泉社、1996、p150-151)。

という一文を発見した。論点は部族名は植民地がつけたもので、集団を正確に境界づけるものでも何でもないということである。

さてそういうわけでダルフールも怪しい可能性が非常に高い。
ダルフールには60〜80の部族があるといわれるが、その部族(Tribe)というのがまず怪しい。それは通常のクラン(clan)の上位概念とされるが、上のように上位カテゴリーと下位カテゴリーのヒエラルヒーが成立しないと断定できる。つまり下位カテゴリー同志が上位カテゴリーを共にしていると見なさなければ、あるは植民地行政官がそう見なさなければ、上位と下位とは並立しうる。

ダルフールの場合サルタン国で、文書化されているから南スーダンより確実だと言っても、たとえば系譜を偽るなんて言うのは、万国共通の現象だから何の当てにもならない。またサルタン国のたとえばハクラとか裁判のような記録に残らないグループがあるのかないのかもわからないが、現に現地では不在のグループがいるかも知れない。

それゆえさらに上位グループのメタ・グループ土着「アラブ」はさらに根拠がない。

なんでリゼイガト族が南と北に別れて生活様式も違いながら「同じ上位グループ」と観念されるのかは「強い証拠」が必要である。

一番ありそうなのは、サルタン国に入れてもらえなかったあるいは入らなかったその他をひとくくりにしたものかも知れない。

反対にフール族が純粋のエスニシティ・グループでないことはわかっている。当初イスラム教に改宗し、サルタンの保護下に入れば、誰でもフール族になったからである。そのためダルフールの40%がフール族であるといわれる。

さてその他エスニック・グループがサルタン国下と植民地下と現代ダルフール紛争下でいかに変化したかは、問題にすらなっていないのが実情である。
posted by Kose at 16:32| ダルフール&スーダン

「アラブ」は、南北スーダン内戦終結後の北部反部族主義のイデオロギーか

「アラブ」はいかようにも伸び縮みする万能の魔法の絨毯である。

Q.E.D.
**************************
基本的にダルフール紛争の本質は以上である。

北部の反体制グループを「その他」化するための中心が「アラブ」である。

ダルフール紛争はアラブとその他の紛争である。
それが戦略である。そして99.999999%のジャーナリズムと学者はそれを静的な対立だと思って、書くためなんだかわからなくなっちゃうのである。

もともと統一スーダンの課題は、民族と部族の破壊的な解体を何とかすることであった。

もっとも、統一を成し遂げる簡単な方法は、もともとイスラムと非イスラムという対立を固定することであった。
シャーリアを南部に強制したかったかどうかは関係がない。
とにかく、イギリス植民地時代と同じ状態を作りたかっただけの話である。
かくして、北部の統一は、反南部という形で永続的に保障された。
だから戦後ずっと内戦を続けたのである。

原因はない。この対立を通じた南北の統一という、まるでヘーゲル弁証法的な魔術が「国民国家スーダン」に必要だったのである。

さて、南北内戦が、おそらく南部での石油開発の利害の方が大きくなってCPAが締結された。

ダルフール紛争が起こったのは、CPAのまさに交渉中のことであった。

南北が分離しつつできれば統一を維持するというのは南北の利害に一致した。

だがもともと北部はイスラム、南部は「何か」で求心力をもった正当な権力を持っているわけではない。

内戦がなくなると今度は、両者の権力の正統性が、思いもよらず、揺らぐ事態に入る。

部族紛争は、南部でも北部でも起こる。しかし南北内戦をやっている限り致命的な問題にはならない。

和平が成立すると、それぞれ国民国家的イデオロギーが必要となった。

南部の作り物「ニュー・スーダン」は民主的で多文化的な耳心地の言い響きを持っているが、足下の部族対立すら解決できない幻想的なものである。

北部は新しくネーミングすることはしなかった。「アラブ」である。
原則的にムスリム=アラブだから北部全体に通用するイデオロギーであるはずであった。

しかし、問題は民族的と言うより地域的分裂である。

そこで地域的分裂を支配するため部族対立をアラブ対その他に還元するのである。

かくしてダルフール紛争はその方程式の格好の例を提供したのである。

世界はすっかりだまされて、アラブと非アラブの対立が実体として存在すると信じたわけだ。

ちゃんちゃん・・・・・
posted by Kose at 15:09| ダルフール&スーダン