2013年07月12日

SkyDrive削除

一部Live.jpでメールを送っていた人がいたので残していたのだが、一応携帯でメールが通ったので、もうMSのサービスは不要である。

なんでもMSはNSAの「合法的な」スパイ活動に最大限の便宜を図ったそうだが、スカイドライブへのアクセスに便宜をはかるという具体的な内容が昨今明らかになった。他のサービスは使っていないので、これを削除した。

プライマリーメールをMS以外にして、MSのメアドを削除。
その上でアカウントを削除すると一切SkyDrive都の関係は断つことができる。

グーグル・グループもそうだが、バカが蟻地獄に吸い込まれているのを目の当たりにしているようだ。

マイクロソフトの製品なんか二度と買うか、ドアホ。不便でもLinuxでやりぬくつもりだ。

posted by Kose at 18:43| パソコン&ネット(雑)

2013年06月19日

Windowsでネットワークスキャナーというシステムがあるらしい

次はマイクロソフトの記事である。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows7/install-a-scanner
スキャナーをインストールする

このバージョンの Windows にスキャナーを接続するには、2 つの方法があります。どちらの方法を選択するかは、スキャナーを直接コンピューターに接続するのか (ローカル スキャナーと呼ぶ)、ネットワーク上の共有スキャナーを使用するのかによって異なります。
・・・・・・・・・・・・・・・
ネットワーク スキャナーをインストールする

一般的に、ネットワーク スキャナーは職場で使用されます。作業を開始する前に、スキャナーの型番と製造元の名前を調べておくと後で役に立ちます。

[ネットワーク] を開くには、[スタート] ボタン [スタート] ボタンの画像、[コントロール パネル] の順にクリックします。検索ボックスに「ネットワーク」と入力し、[ネットワークと共有センター] の [ネットワークのコンピューターとデバイスの表示] をクリックします。
スキャナーを見つけて右クリックし、[インストール] をクリックします。*編注1
指示に従って、スキャナーの追加を完了します。


この手順を行うことができるのは、Microsoft Scan Service (WS-Scan) プロトコルをサポートするネットワーク スキャナーに対してのみです。詳細については、デバイスに付属の説明書を参照するか、システム管理者に問い合わせてください。
編注1
 スキャナーはインストールされているが、何も表示されておらず、プリンターすら表示されておらなかった。なので注の「Microsoft Scan Service (WS-Scan) プロトコルをサポートするネットワーク スキャナー」と「CANON」についてググる。

CANONのネットワークスキャナーは次の二製品だけである:
ScanFront 220P、ScanFront 300P
後者はちなみに定価248,000円(税別)というふざけたシロモノである。他のメーカーでも類似の状況である。

よくよく考えれば、スキャンをするときにはスキャナーの場所に行かなくてはいけないので、ネットワークスキャナーというのは、逆に、ネットワークPCの「スキャンする」のクリックを、リモートマウスかなにかでクリックするとかしないと、スキャンができないではないか。まあ今のスキャナーにはSDカードさせたりするので、それに保存してもいいのだが、それなら直接接続されているPCに保存して、ファイル共有でコピーしても大差がないか面倒ではないだろう。

「ネットワークスキャナーの意味がわからない」

あるいは、おっさんがお姉ちゃんに、スキャナーに資料を置かせ、「ちゃんとおいた?」とか大声で叫ぶとか、携帯で指示するとかして、おねえちゃんが「はい置きました」というと、クリックして、「おい、資料が斜めじゃないか。アホか、おまえ使えないやつだな」とかどなったら、パワハラで告発され、地方に飛ばされるというような使い方をするのだろうか?

要するにスキャナーがネットワークにつながっているだけではなく、大声で怒鳴る他、リモコンが必要なのだ。そういうわけでウィンドウズのネットワークスキャナーに対応する機種というのはほとんど「あるわけがない」と結論できる。

このためスキャナーをネットワークで使うのは馬鹿げた考えだとわかったのでもうチャレンジはやめる。
posted by Kose at 11:10| パソコン&ネット(雑)

2013年06月15日

グーグル、ユーザー向けに姿勢だけは示す。ツイッターとフェイスブックでエジプト同様、米政府を転覆できるんじゃないのか???

法律っぽい用語はうまく訳せないで、すまん。

Google Calls U.S. Data Request Disclosures a Step Backward for Users
グーグル米政府データ請求開示はユーザーへの裏切りと呼ぶ

June 15, 2013, 1:54 am Comment
By CLAIRE CAIN MILLER
Bits - Blog on New York Times
http://bits.blogs.nytimes.com/2013/06/15/google-calls-u-s-data-request-disclosures-a-step-backward-for-users/?smid=tw-nytimesbits&seid=auto

たとえ政府がユーザーデータに対する国家安全保障の請求に関する一部のデータを公開することをIT企業に許可しても、十分には程遠いとグーグルは言った。

フェイスブックとマイクロソフトは金曜、初めて外国諜報活動偵察法が認めた国家安全保障請求を含めたデータを公開した。外国諜報活動偵察法はその存在を認めることをその非請求者に禁ずる広範な捜査命令である。グーグルが率いる企業は政府の機密インターネット捜査プログラムが暴露されたあと、消費者の懸念を沈静化する試みとして、火曜以降そのデータを公開させるべく政府に公式に圧力をかけてきた。

しかし政府は国家及び地方政府からのもの、および刑事事件に関するものを含め、他のすべての政府の請求と一緒にのみその数を公開することを企業に許可したが、それでは国家安全保障請求を特定することを困難にするだけだった。

グーグルはすでに捜査令状、召喚状、国家安全保証令状を含め、国や種類別に請求を分けた透明性報告書を公刊している。その報告書はFISA請求を含まない。

金曜グーグルは、刑事事件と国家安全保証請求を一緒にしたデータを公開することは現在公刊しているデータよりはるかに透明性を欠いているという声明を出し、政府にグーグルが求められたFISA請求の数や範囲を公開する許可を求め続けると言った。

「2つのカテゴリーをごちゃまぜにすることはユーザーへの背信である」と声明は言った。「我々の政府に対する要求は明快である:FISAの開示を含め国家安全保証請求の総計を別に公開することができるようにすること、これだ」。

グーグルと他のIT企業は、政府の諜報活動への関与に関する誤った印象を正すため情報の開示を求めていると言った。一部は請求を拒否したが、法的命令を遵守するよう強いられ、それについて公言することがでない。

透明性の報告書をやはり公刊したものの暗黙の命令のため国家安全保証の請求をふくめなかったツイッターは、グーグルを支持する声明を出した。

「われわれは@Googleに同意する:FISA開示を別々にして、国家安全保障請求の数を公開できるようにすることは重要だ」とツイッターの法律責任者ベンジャミン・リーはツイッターに書いた。

フェイスブックは国家安全保証請求を含まないのならデータは意味がないと言って、金曜までユーザー・データに関する政府の請求に関するデータを公表していない。金曜、フェイスブックの総合顧問テッド・ウリョットは、フェイスブックはより詳しい情報を公開できるよう政府が許可を出すよう試み続けていると声明で言った。

マイクロソフトの総合顧問補佐ジョン・フランクはブログで、「我々は我々が公表するのを許可されているものが、コミュニティの理解を助け、これら問題を議論するのに必要とするものには足りないと考え続けている」と書いた。
posted by Kose at 18:08| パソコン&ネット(雑)

2013年06月02日

全オプトアウトに親切な楽天オプトアウト・ページ


楽天のオプトアウトをしていなかったのに気づいたのは、ロイターのトップページに楽天の大きな広告があり、そこに中古パソコンの広告が表示されたからである。もちろん、楽天に出店しているショップから東芝の中古PCを買ったためである。現在は、オプトアウトしたため、ポロシャツの広告しか出ない。

ところで楽天のオプトアウトのページは大変親切で他の行動ターゲット広告会社のオプトアウトページへの網羅的リンクがある。

なのでぜひ次のページを訪問して楽天をオプトアウトした上で、他の広告会社(非常に多い)のオプトアウトもしてしまおう。

http://grp12.ias.rakuten.co.jp/optout/

なおぼくの場合FireFoxにGhosteryアドオンをインストールし、全ての第三者サイトへの送信を止めているため、ほとんどオプトアウト・ボタン自体が表示されなかった(楽天とGoogleは表示された)。

余計なお世話でした。
posted by Kose at 17:40| パソコン&ネット(雑)

2013年05月25日

PukiWiki制作日記 その1

すでに一度PukiWikiのインストールを試み一応動いたのだが(たいしたことはない)、どうしてもパスワードの暗号化に失敗するため、中止していた。
Ubuntu環境にいるため、md5等暗号化が、容易のなので、再度チャレンジしてみようと思う。
パスワードの暗号化に成功化したら、URLも公開したい。あくまでも素人の無責任な範囲だが、ブログ記事でも人気のあるものが出ているので、それらを修正してコンテンツをちょっとずつ作れればいいと思う。

まず北区立図書館で「PukiWiki入門」という本(2006年刊)を借りてきた。たまたまあった。北区立図書館恐るべし。

サクラのレンタルサーバーのブログ用のサーバーを借りているのだが、PHPはインストールされているが、MySQLがないため、他のほとんどのCMSが使えないから、PukiWikiが自ずと選択肢しとなった。以前はXOOPSとか背伸びして大変な目にあったことがある。例のCSSがわからないのでみすぼらしかったし、コンテンツもなかったのでつまらないものになってしまった。

しかし人はああいうものを作るだけで信じるものである。身だしなみは大事である。
今はワードプレスが人気のようだが・・・

先ほど、LinuxのFTPソフト、FileZillaをインストールし、設定をして、サーバーに接続した。
サブディレクトリにインストールしてみて、うまくいったら、wwwディレクトリにインストールし直すつもりだ。

しかし今日は午後すぐ青山というか、表参道駅に向かうので、あまり進展はないと思う。

追加
以前は自由に使えたSand Boxが嵐のため凍結されている(このためパスワードの暗号化が最初の難関になってしまう。暗号化しないでもパスワードは設定できるがネットそれほど甘くないだろう)。
ページ下部のアイコンのうちの「複製」でSand Boxの複製を作ることができる。これで、Wiki文法の練習がいくらでもはじめからデキることがわかった。
参考:
サイトの構築方法について>ページ複製
http://www.const-pukiwiki.net/pukiwiki/0004.html
posted by Kose at 10:47| パソコン&ネット(雑)

2013年05月21日

EASEUS Partition Master Home Edition、結構強力なWindows版パーテーションソフト・フリー


Windows上から利用できるフリーのパーティション操作ソフト「EASEUS Partition Master Home Edition」
2010年11月18日 09時00分44秒
http://gigazine.net/news/20101118_Easeus_Partition_Manager/

ダウンロードサイト
http://www.partition-tool.com/personal.htm

Ubuntuで探したので、実際にはダウンロードしていません。見たところGpartedクラスのかそれ以上の性能あるみたいですね。

じゃあ、Vine Linuxインストール前にパーテーション変更したとすると、Vine LinuxのDisk Druidがどう認識するかよく考えないといけないですね

EXT2をプライマリーでしかるべく作れば、それを選択できるんでしょうか。解説を見る限りできそうです。

窓の杜のページにもあるので多少いかがわしくないようだ

EaseUS Partition Master Free v9.2.2(13/04/12)
 GUIでパーティションを編集できるフリーソフト
 フリーソフト (家庭内利用のみ)
 対応OS :Windows 2000/XP/Vista/7/8
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/easeuspart/

XPでも使えることが確認された。いい感じだ。

VECTOR で紹介されているのは
Partition Wizard Home Edition
64bit環境や2TB以上のサイズにも対応した高機能パーティション管理ソフト
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/110921/n1109211.html
窓の杜にも紹介あり
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20100512_366325.html

問題はフォーマット形式でEXT形式を扱えるかだが、よくわからない。

両方共、ちょっと東芝J70にインストールして動かしてみるべきだな。

posted by Kose at 16:02| パソコン&ネット(雑)

2013年05月07日

ExpressからThunderbirdに引っ越し

Linuxのメールクライアントが皆Thundeerbird by Mozillaで、現行のThunderbirdは主要なメールサーバー自動的に設定してくれるので(以前はExpressはできたがThunderbirdはできない時期があった)、ウィンドウズの方もThunderbirdに乗り換えた。もともとブラウザはFireFoxである。FireFoxOSのスマホが出たら使うかもしれない。バックエンドの通信がないためバッテリの消耗が少ないそうである。au扱いなのが若干気分悪いが。

なんとsakura.ne.jpですら自動設定できた。できなかったのはzoho.comだけだった。
POP接続で
POP3 pop.zoho.com 995 SSL
SMTP smtp.zoho.com 25 SSL
である。
マイナーアカウントでは、aol.jp gmx.com も使用しており、反対にプライバシーを侵害するGmailとYahooは単にサービスを受けるためアカウントを持っている以上でも以下でもない。
モバイルの人は、aolとgmxを検討してみるといいかもしれない。ただしgmxは英語である。
ウェブメールも英語のyahoo.comを使っている。

何がビッグデータだよ。天気予報も当たらないのに、過去の経験の蓄積による仮説形成のプロセスなしには、どんなデータも無意味だよ。バカども。

さてDVDドライブとUSBメモリを注文した。どうもUSB起動は、ライブ起動とは違うらしい。これも図書館で借りた本で分かった。ウェブの記事は分かっているはずだという思い込みで書いてあって、素人は理解しかねる。

ウェブでSambaの記事を探したが、ことごとく細部が違う。そしてどれを試しても成功しなかった(20個くらい)。やむを得ないのでやはり本で確かめる。

1)Ubuntuのバージョン
2)Sambaのバージョン
3)CUIかGUIか
4)CONFファイルの設定の意味の欠落
5)IPアドレスやサーバー名の解説の欠落
5)Windouws側のバージョンとネットワークの情報の欠落

一般にWindowsのシステム画面
スタート(Win8のバカヤロウのことは知らん)>コントロールパネル>システム>システム(3段目)>コンピューター名、ドメイン名およびワークグループの設定

ここにSamba.confに記載する「WORKGROUP」というワークグループ名がデフォルトで設定されているのだが、この基本情報に触れている記事は「皆無」だった。実際上の画面でコンピュータ名とワークグループ名と変更ができるのである。

本を検索したが図書館ではSambaの本は非常に少ない。まあサーバー関連の本の一部にあるのだろう。根性で調べたい。

ところでこのGWは、母親の呆けの状態が最悪で、ほとんどそばを離れることができなかった。家族は呆けて気分を害した母親と喧嘩を始めるし。一つにはGW以前に投薬していた抗うつ剤を、医者が軽率に旧にやめてしまったのが原因として考えられる。

なにがGWだよ。あまりにみじめでテレビも見れなかった。

長島死ねよ。
posted by Kose at 14:51| パソコン&ネット(雑)

2013年03月29日

しつこい検索エンジン乗っ取り型ボット対策:fanmood、babylon、webserach、blekkoなど

いわゆる、セキュリティーソフトでは、これらをアドウェアやマウウェアに認定していない場合があるので(ツールバーの一種と解釈している)、お金払っているのに駆除できないケースが多い。
いちいち各セキュリティソフトが、どう分類しているのか調べるだけでも大変な作業になる。

IPアドレスによる誤認逮捕事件であわてて、窓の杜でLavasoftのセキュリティソフトをインストールしたら、なんとLavasoftという会社自体が乗っ取り型ソフトblekkoの会社に乗っ取られていて、blekkoに感染するというばかげた事態に巻き込まれた。

その後完全に処置したと思ったのだが、Google Chromeを再インストールしたら、デフォルト画面が、Websearchになるという現象に遭遇した。これはホームページの設定を直すだけで症状は治るのだが、まだどこかに潜伏しているわけである。

また不用意にフリーのセキュリティソフトをインストールして感染する可能性もあるので、次の点に気をつけて対策をとった。
1)レジストリの書き換えに警告のでるもの
2)2個以上類似のソフトがインストールできこと
3)ベクターや窓の杜などで人気の高いものであること
 *とくにベクターはランキングの上下が激しいので問題があれば消えるはずである
Ad-Awareが大変有名だが、それがLavasoftで、Lavasoftはもっと有名なAvastの類似名称である。Avastが大丈夫なのかまだ検証していない。Lavasoft≠Avastである。


その結果
A)Spybot Search & Destroy
これは、すべての対策をやった最終兵器。動作が軽いため、フルスキャンが早い。とくにレジスター関係の感染に強い。
日本語バージョン1.5か1.6。英語最新バージョンは7。配布サイトが汚染されている場合がある。
ここは大丈夫
http://enchanting.cside.com/security/spybot1.html
つぎはだめ
http://www.gigafree.net/security/spybot.html
Spybotについての注意は次で。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413609964


B)IObit Advanced SystemCare 付属 Malware Fighter
http://jp.iobit.com/
これはベクターで大変人気のあるシステムチューナップソフト。たまに「買え」という画面が立ち上がるが無視すればフリーで使い続けられる。
これも1)と同種の機能を持っていて、レジスターの監視ととともに高速スキャンもさらに速いが漏れる。Advanced SystemCareのシステムチューナップでもクッキーのプライバシーや簡単なマルウェアのチェックはできる。

AとBを相互に少なくとも2回づつやれば、相当しつこいものも削除できるし、互いに牽制するのでLavasofのような詐欺が起こっていないことも確認できる。

他の有料の包括的なセキュリティソフトで常時セキュリティ対策していてなおかつである。包括的なセキュリティソフトのフルスキャンが遅く、しかも確実性がよく分からないのも問題だ。

他の無料セキュリティソフトが安全かどうかはLavasoft Anti-Aware同様よく分からない氏、調べる気もない。
ベクターや窓の杜やその他セキュリティソフト会社がこういうセキュリティソフトが安全でないことに責任を持っていないのが問題である。

Aだと、ログオン状態でスキャンして削除できなかったものがあった場合、そのままSpybotを終了させずに、再起動すると、再起動後ログオン以前に再度スキャンが行われ、削除が完了する。1時間くらいかかる。

Bじゃなくてもいいとおもうが、かならずレジストリーを監視するタイプで、Aと併用するのがポイントである。

とはいえ、まだ安心はしていない。

たとえば「websearch」をネット検索してもBing以外では、それが直ちにウィルスであることが分からないようになっている。
Bing
http://www.bing.com/search?q=websearch&form=OSDSRC
Yahoo
http://search.yahoo.co.jp/search?p=websearch&ei=UTF-8&fr=mozff
Google
https://www.google.co.jp/search?q=websearch&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

他の乗っ取り型ウィルスもBingで検索してみてほしい。
まだ当面格闘は続くよ。

スマホは、アップルに限る問うことだ。それは、iPhoneはバックグランドのソフトの起動をほとんど許していないためらしい。アンドロイドは、それ自体ウィルみたいなOSである(電源切っても情報を流し続ける、ただしアップルにもその疑いがあるみたいだが、バッテリーがなくなるほど頻繁ではないらしい)。バカじゃないのか、そんなOS使って。
posted by Kose at 09:16| パソコン&ネット(雑)

2013年02月25日

マイクロソフトのフリーのホームページ作成ソフト

どういう経緯でたどり着いたのか分からないのだが、メールフォームのジャンプ画面を作るため現状のホームページソフトを探索したら、マイクロソフトのフリーのホームページ作成ソフトがあることがわかった。フロントページという以前のソフトが昨年フリー化したもので「マイクロソフト・エクスプレッション(デザイン)WEV4」という名である。マイクロソフトをのサイトを検索すると英語版のページか、日本版の試用版のページしか行けない。

英語版のページの下部にJapaneseというバージョンがあるので本体はそれである。日本語ページのは以前の試用版のページのままらしい。ExpressionとDesignという二つがフリーであることが分かる。Encoderというのもフリーらしい。しかし僕はどれが何のためのソフトか分かってないのでやたらダウンロードして混乱しないため、まだWEB4しかインストールイズ手ないし、使ってもいない段階だ。WEV4でCSS、XML、PHPなどモア使える高度なソフトだと言うことは分かる。ホームページビルダーー使うとフニャチンになっちまうよな。

英語ページ 
http://www.microsoft.com/expression/
さまざまなソフトが掲載されている
Expression Blend *プログラミング用か?
Expression Web これを今回ダウンロードした Web_trial_jp.exeでなければなららない。
Expression Encoder *プログラミング用か?
Expression Design これも使えるかもしれない

安全なのは第三者の次の解説のページ(日本語)
Expression WEBを使ってみよう
http://www.wanichan.com/web/expression/web4/

当然ながらマニュアルがないのでこのサイトが大変便利だ。

Expression WEB 4のスクリーン・ショット
SnapCrab_NoName_2013-2-24_20-33-46_No-00.png

なんとか、さくらのWEBサーバーのページを改善するのに利用したいものだ。
posted by Kose at 09:23| パソコン&ネット(雑)

2013年02月10日

楽天=Websearchのアクセス解析画像

所詮無名の貧乏人なので、単に嘘こいているとか、誹謗中傷していると思ってくれてもいっこうにかまわないのだが、一応証拠を提示する。アクセス解析のリンクソースの部分である。
Blekkoに関する記事(たいしたことは書いていない)についての記事がこのところ増えているので、気になったため前回の記事を書いた。
次が、楽天が検索エンジン乗っ取りソフトWebsearchを、自分のURLで使用していることがわかる画面の画像である。
Rakuten.jpg

これを解釈すると、GoogleやYahooのような、広告のための情報収集モデルを楽天がWebsaerchと契約するか、買収するかして、マーケティングに使用していると考えるのが妥当だろう。

一個人がわざわざ楽天のサイト行って、Websearchに感染する危険は犯したくない。今後一切楽天のサイトにはアクセスしない。GoogleをYouTube以外使わない以上に楽天は使わない。

この広告収益モデルは本当に迷惑千万である。どれもこれもGoogleがFacebookの脅威に対抗するため打ち出したプライバシーポリシーに問題があるのであって、やはり北朝鮮のマップを作ったからと行って、Googleが自由社会の敵であるのは変わりない。バカ企業がマネをするだけである。

僕の場合、一時VSTプラグインをやたら探した時期があって、結構BabylonとかFanmoodsに不注意で感染しっぱなしだったが、Websearchの感染源は一切分かっていなかった。楽天が初めてである。う〜ん、GmailやめるときInfoseekに登録したとき感染したんだろうか?Blekkoは何度も書いているようにImpressが配布しているセキュリティソフトが初めてだった。

Infoseekのメーラーに関する記事は削除した。

あんたら、女の子がレイプされた気分がわずかだが理解できるよ。Googleとか、Impressとか、楽天のやり口見ていると。阿呆のMacAfeeは同意があったから、レイプじゃないと判定しているんだからな。
posted by Kose at 16:31| パソコン&ネット(雑)