2016年06月19日

今日は池袋行く気満々だったが

マンドリンのことばかりやって、興に乗って結局時間が過ぎて行かなかった。

しばらくマンドリンだけで相当時間がつぶれるからいいのだ。

ライ・クーダーは全部聴いたが、散漫になってしまった。

チキンスキンミュージックあたりで、レゲエの影響が出て、スライド・サイドではいかにも80年代のダンスビートやシンセやスラップベースのような影響が見られ、結局それがライ・クーダーのソロキャリアの限界になったみたいに感じた。ゲット・リズムは、すでに過去のものになったソロ・キャリアの総集編のように聴こえる。

アメリカ白人が、ブルースを含む、エスニックな音楽にアプローチする際の特権意識やエキゾチシズムにかなり敏感になったということだ。

2000年代に2作ソロアルバムを出しているみたいだが、どうなんだろう?音楽的発展はあるんだろうか?ネットで見る限り、音楽自体よりもストーリーの方が重視されているみたいだ。

70年代のライ・クーダーを聴くというのは、70年代に1920年代の音楽を聴くのと同じ間隔だ。1920年代に、たとえばロバート・ジョンスンらが貴重な録音を残している。おそらく1920年代というのは金ぴか時代として知られているが、まだラジオ局が設立されるかされないかのころで、20年代の音源はニューヨークのビジネスマンが南部テネシーとかに録音旅行にきてレコードを作ったものが主に残っているんじゃないかと思う。30年代になると大型ラジオ局、とくにナッシュビルのラジオが大きな影響力をもつようになって、カントリーブルースとカントリミュージックとジャズを商業的にジャンル化する最初の歴史が始まったと思う。
40年代は第二次大戦のため音楽的に不作であるが、ビッグ・バンドが衰退して、コンボ・ジャズに一気に流れが変わったのは大戦のためである。バップジャズの誕生と大戦は奇妙な関係がある。またカントリーを洗練してロックンロールの先鞭をつけたハンク・ウィリアムズは病気のせいで従軍できなかった。バンドの他のメンバーが軍隊に行ったためハンク・ウィリアムズはほぼ独力で、ウェスタンスイングとカントリー音楽をまぜヒットを出した。ハンクのある曲が、ロック・アラウンド・ザ・クロックにほぼパクられ、ロックン・ロールの中でも最も人気の一部になった。
これは、ロック・ジャズ的、あるいは坂本龍一白人至上主義から見た言い方なんだが、戦後直後は、まずキューバ=メキシコのポピュラー化したラテン・ポップスの方が大きなブームであった。その拠点はメキシコだった。ボサノヴァも含めてアメリカ白人の勝手なエキゾチシズムで相当いい加減なものが出回ったみたいだけどね。
おさらいとして、フェンダー・プレシジョン・ベースが出るまで(1960年ころ)、基本的にベースはダブベースである。当時のラテン音楽やロックンロールやシカゴブルースのオリジナルにエレキベースが入っているのは「おかしい」。後からダビングしたか、再録音したかである。
また基本的に大衆はラジオで聞くか、ジュークボックスで聞くかで低音がどうなっているかについて「何の関心もなかった」。実際CD化されてもよく聞こえない。
フェンダープレシジョンベースの登場で、1960年代初頭にポップスのサウンドが一変した。それがサーフィンミュージックであり、ビートルズなんである。1960年代はフォークブームでエレキ嫌いという白人エリート層の反発もあったが、結局エレクトリックサウンドのあらゆる実験が行われ、まったくつまらないものになった。そこでライ・クーダーが1970年前後一気に脚光を浴びるのである。もちろんストーンズにも影響を与えた。ほぼ最初からある程度スタイルを確立していたし、残りの17年のソロキャリアでとんでもない飛躍をするということはなかった。だから1970年代のライは1920年代のロバート・ジョンスンと同じく輝かしい。

ギターは某楽器店が若干安いので通販で買うかもしれない。国内有名ブランドの最新モデルなのでひどい目には合わないと思うから。いつか分からない。マンドリンが済んでからじゃないだろうか?


posted by Kose at 22:20| Music Story

2016年06月18日

マリンバの最初は「JAZZ」?

" The Pearls / Tia Juana "  Ry Cooder from JAzz 1978


たぶん西洋マリンバかビブラフォン。この後の1980年のアルバムから脇役で使われるようになる。

"The Dreem"(YouTubeなし)、"In A Mist"、"Davenport Blues"、"Shine"(下)の方が大きくフィーチャーされている。







"We Shall Be Happy"のイントロはたぶんチターとマリンバ?

posted by Kose at 21:43| Music Story

2016年06月17日

「アクロス・ザ・ボーダーライン」の歴史

Across the Borderline アクロス・ザ・ボーダーライン : Ry Cooder ライ・クーダー
一緒に歌える 洋楽ブログ (FC2)
http://onemusic1.blog133.fc2.com/blog-entry-181.html
より

ジャック・ニコルソン主演の映画「ザ・ボーダー」のサウンドトラック


びっくり、マリンバ+アコーディオンが主体の伴奏じゃないの!

ちゃんと調べていればよかった。
映画「ザ・ボーダー」はここをクリック

パイオニア、ロンサム「カー」ボーイのための別バージョン(1981)


Get Rythmeバージョン パリス・テキサス主演のハリー・ディーン・スタントンがスペイン語部分のボーカル


激レア、画像悪い。
ライ・クーダー本人の「アクロス・ザ・ボーダーライン」のライブ演奏 Ry Cooder Auckland Nov 16 2009
posted by Kose at 11:35| Music Story

2016年06月11日

エリック・クラプトンの健康

ERIC CLAPTON’S HEALTH
Discover Music
http://www.udiscovermusic.com/eric-claptons-health
Eric-clapton.jpg
イギリスの新聞の報道は、エリック・クラプトンが神経の不治の病を患っていると言う。そのため彼はギターを演奏することが困難となっている。エリックによれば「私は昨年からものすごい痛みを感じてきた。それは腰の痛みから始まり、末梢神経相がと呼ぶものに変わった。それは足まで電気ショックをくわえられたみたいに感じる。
Reports in a British newspaper say that Eric Clapton has incurable damage to his nervous system which has made it difficult to play the guitar. According to Eric, “I’ve had quite a lot of pain over the last year. It started with lower back pain, and turned into what they call peripheral neuropathy - which is where you feel like you have electric shocks going down your leg.

71歳のエリックは言う。「ギターを弾くのは困難だし、それが良くならないだろうという事実と折り合いをつけなければならなかった。私はアルコール中毒と薬物依存からは回復しているので、それをまったく生きることは偉大なことだと考えている。ちゃんと遥か昔にバケツをけ飛ばすべきだった。いくつかの理由で私は地獄のあごから救われもう一度チャンスを得たんだ」。
Eric who is 71 added, “[It’s] hard work to play the guitar and I’ve had to come to terms with the fact that it will not improve. Because I’m in recovery from alcoholism and addiction to substances, I consider it a great thing to be alive at all. By rights I should have kicked the bucket a long time ago. For some reason I was plucked from the jaws of hell and given another chance.”

彼はクラシック・ロック・マガジンに語った。「私はまだプレイはできる。つまり時々難しいんだ。身体的側面が、まあ単に老人だということだが、それが厳しい。私がどれくらい生きれるかわからない。70歳だからね。私をセント・ポール(ミネソタ)の病院に飛行機で運んだことがあった。明らかに私は死にかけていた。私は三つ潰瘍がありそのひとつが出血していた。ブランデーを三本のみ、手にいっぱいの鎮痛剤を飲んでいた。そして私はチェックアウト寸前だった。私がまだここに本当にいるっていうのは驚くべきことだ」。
He told Classic Rock Magazine, “I can still play. I mean, it’s hard work sometimes, the physical side of it - just getting old, man, is hard. I don’t know how I survived - the Seventies especially. There was one point there where they were flying me to hospital in St Paul [Minnesota] and I was dying, apparently - I had three ulcers and one of them was bleeding. I was drinking three bottles of brandy and taking handfuls of codeine, and I was close to checking out. It’s amazing that I’m still here, really.”

「けれど、私はまだプレイしたい。ギターをもって居間の隅に座って、朝プレイし、午後は休む・・・人生は最高だ」。エリックは23枚目のアルバム「スティル・アイ・ドゥー」をリリースしたが、そのよいニュースうぃファンはお別れと考えてはならない。われわれはみなエリックが健康かつ幸福でであり続けることを願い、彼の音楽に感謝する。
“But I love to play, still. I sit in the corner of our front room with a guitar, and I play in the morning and I rest in the afternoon... Life is good.’ Eric released his 23rd album, I Still Do, but the good news is fans should not consider it a farewell. We all wish Eric continued health and happiness and thank him for his music.

すこしヤードバーズとともに始まった彼のキャリアに目を通そう。その後彼はジョン・メイオールのブルース・ブレーカーズ、クリーム、ブラインドフェイスに移り、デレク・アンド・ドミノスにつながった、ジョージ・ハリスンとともにデラニー&ボニーと活動し、その後多くの脚光を浴び、多くの偉大な楽曲を生んだソロ・キャリアの活動をした。
Meanwhile we can look back on a career that started with The Yardbirds before Eric moved onto John Mayall’s Bluesbreakers, then Cream, Blind Faith, before working with Delaney and Bonnie with George Harrison, which lead to Derek and The Dominos, and then a solo career that has produced so many career highlights…and so much great music.

ヤードバーズ


ブルースブレーカーズ


クリーム


ブラインドフェイス


デラニー&ボニー エリック・クラプトン、デイブ・メイスン、ボビー・ウィトロック


デレク&ドミノス


And .....










ERIC CLAPTON Live at Budokan, Tokyo, 2001 (Full Concert)


Bye Bye EC!
posted by Kose at 20:47| Music Story

2016年06月04日

Joe Walsh Forum Live Eagles Take It To The Limit/In The City/Life In The Fast Lane

泣けちゃうな・・・「テイク・イット・トゥー・ザ・リミット」はすばらしい。この5〜7月のジョー・ウォルシュのツアーのようだ。いくつかこのツアーの動画が上がっているみたい。



In a tribute to his late great band mate Glenn Frey, Joe Walsh performs the Eagles' Take It To The Limit. The Eagles included Joe Walsh's composition In The City in their 1979 studio album The Long Run. Co-written by Joe Walsh, Glenn Frey and Don Henley, Life In The Fast Lane was a Billboard Hot 100 hit single for the Eagles from their 1976 Hotel California album. The three Eagles songs were live in concert on Joe Walsh/Bad Company "One Hell Of A Night" Tour at The Forum, Inglewood, CA on May 20, 2016.

Performing with Joe Walsh includes Joe Vitale, his Barnstorm bandmate on drums; Gannin Arnold on guitar and Larry Young on bass. Leslie Fuller, Connie Jackson, Windy Wagner and Rickey Washington are the background singers and Clayton Janes on samples.
posted by Kose at 11:57| Music Story

2016年05月26日

パット・メセニー@新宿文化センター5/25

う〜む、副都心線東新宿駅が最寄り駅ということで、降りたら、なんか大規模商業施設の地下を長々歩いて、新宿文化センター方面というサインを信じて、歩き出した。地下から地上に出るとまったく方向感覚がなくなる。途中でコンビニで道を聞いて「左をまっすぐ行くと突き当ったら、左に折れて交番の裏」と言われた。途中で新宿文化センターのサインは見つけたものの、全然「突き当らない」。半信半疑で突き当たるまで歩いたら、伊勢丹イーストの配車口までついてしまった。明治通りと靖国通りの交差点目前であることが分かったところで、やっと方向感覚が戻って、すぐに逆戻り。そしてさっきのサインのところを左折。かなりくたびれながら、なんだか何かあるのかないのかわからない道をとぼとぼ歩くとやっと新宿文化センターに到着。

5〜6曲終わっていたらしい。入ったら曲間は、移動禁止。立ちっぱなしで聞いていたが、なんとパット・メセニー(Gui)とアントニオ・サンチェンス(Dr)だけ曲。二人とも音数多いから楽曲として成立しているじゃないですか。

今回はあまりコンセプトはなく、アコースティック感、音色、枯れた感じが伝わる演奏だった。たぶんフルアコの音色従来とは少し変えて、高音が出るようにしていたと思う。少し生ギター感のニュアンスが出る音色だった。サービス曲はともかく、メインは「音」。バンドはGui. Dr. Bass. Piano.のカルテット編成。ベースは女性。

しかし、ぼくは歩き回って、疲れ果てて汗をかいていて、そこにエアコンの風が当たったものだから、ものすごく静かな演奏の最中に、咳やくしゃみが出そうになって、それを我慢するのでしんどかった。

いかに58年怠けて生きていたかを思い知らされる、完璧なライブ演奏でした。

これは数年前の錦糸町のホールでライブをしたグループの演奏
posted by Kose at 07:43| Music Story

2016年05月16日

グレッグ・オールマン名誉博士号授与さる

Mercer, President Jimmy Carter award Gregg Allman with honorary degree
May 15, 2016
Gregg Allman received an honorary doctorate of humanities during Mercer's Spring 2016 commencement ceremony.
グレッグ・オールマン(オールマン・ブラザーズ・バンド、Vo. Key.)はマーサー大学の2016年春の学位授与式で人文学の名誉博士号を受けた。


グレッグ・オールマン ソロ(2015秋?)
posted by Kose at 13:17| Music Story

2016年04月03日

超カッコいい’70年代ロック再現:Tedeschi Trucks Band and Friends: Mad Dogs & Englishmen 9-11-2015 VA

テデスキ・トラックス・バンド+レオン・ラッセルによる故ジョー・コッカーのマッドドッグス&イングリッシュメンのツアーを再現!!!



September 16, 2015 - Tedeschi Trucks Band paid tribute to the late Joe Cocker by re-creating the legendary 1970 Mad Dogs & Englishmen tour with Leon Russell at this past weekend’s Lockn’ Festival in Arrington, Virginia. Welcoming original Mad Dogs & Englishmen members as well as special friends, Tedeschi Trucks Band, led by guitarist Derek Trucks and singer/guitarist Susan Tedeschi, headlined a Friday evening set dedicated to the influential rock and soul collective that featured a historic gathering of guests Chris Robinson, Dave Mason, John Bell, Warren Haynes and Anders Osborne alongside renowned percussionist Chuck Blackwell, keyboardist Chris Stainton and Leon Russell himself.

Tracklist:
01 Introduction Music
02 The Letter
03 Darling Be Home Soon
04 Cry Me A River
05 Girl From The North Country
06 Dixie Lullabye
07 *Bird On A Wire
08 The Weight
09 *Superstar
10 #Delta Lady
11 @Let's Go Get Stoned
12 Band Introductions
13 +She Came In Through The Bathroom Window
14 %Feelin' Alright
$Sticks And Stones
$Space Captain
Encore:
Ballad Of Mad Dogs And Englishmen (Leon Russell Solo)
With A Little Help From My Friends
Susan Thanks/Outro

* With Rita Coolidge On Vocals
# With John Bell On Vocals
@ With Alicia Shakour On Vocals
^ With Doyle Bramhall On Vocals
+ With Warren Haynes On Guitar And Vocals
% With Dave Mason On Vocals
$ With Chris Robinson On Vocals
posted by Kose at 12:32| Music Story

2016年03月27日

Los Rolling Stones en Habana



どうも南米ツアー中だったみたいね。3月10日にコロンビアでライブをやっていることが別の動画でわかる。
posted by Kose at 09:14| Music Story

2016年03月15日

ランディー・マイズナーの妻、銃で事故死のもよう

ランディ・マイズナーの妻、ラナ・レイ・マイズナーが3月6日にカリフォルニア州スタジオシティの自宅で銃の暴発により死亡したことが明らかになっている。
RO69 2016.03.08
http://ro69.jp/news/detail/140081

同日午後17時30分頃、自宅に酔っ払いの男性がいるとラナから通報があり、警察はDVの通報として受け付け自宅を訪れたが、事件性はないと判断し、そのまま立ち去ったという。しかし、その1時間半後に今度はランディが警察に通報を入れ、妻が銃撃死していると訴えたという。
デイリー・ニュース紙によると、戸棚の中にいたラナはライフルが暴発したことで顔面もしくは頭部に銃撃を受けて絶命したと警察関係者が語ったという。ラナは戸棚の中でライフルをケースから持ち上げようとしていたというが、別なものがライフルに当たって引き金を引いてしまったと警察では説明している。
「現場の証拠を検分した結果では完全に事故のように思われます。事件性を窺わせるものはなにもありません。他殺と思わせる手がかりなどはまったくありませんでした」と警察では発表している。
その後、7日になってランディは病院に収容されたと伝えられているが、ランディの親族に近い関係者は「家族の人たちはみんな心配していますね。どこにいるのかよくわからないそうです。ランディはなにもかもすべてラナに頼っていましたから。現時点ではこの先なにがどうなるのかはまったくわからない状態です」と語っている。
ランディはドン・ヘンリーと1月に他界したグレン・フライと並ぶイーグルスのオリジナル・メンバーだったが、『ホテル・カリフォルニア』を最後に1977年に脱退。その後、94年にイーグルスが再結成した際には声がかからなかったと語っていて、せめて1999年の大晦日のミレニアム・ライヴに参加させてもらえないかとお願いした際にもすげなく断られたとその後明らかにしている。

注;
ヒストリー・オブ・イーグルス・ツアーの頃には健康がかなり悪化していて、バニー・レドンのようにカムバックできなかったみたいだ。

Wikipediaより抜粋
イーグルスには1976年の『ホテル・カリフォルニア』の制作までオリジナル・メンバーとして参加。しかし、1977年9月にイーグルスを脱退する。後任には、ポコでもマイズナーの後任を務めたティモシー・B・シュミットが加入。私生活でもドラッグ癖など自堕落なライフスタイルが仇となって結婚生活は破たんする。
1998年にはイーグルスがロックの殿堂入りした際に授賞セレモニーに登場。イーグルスのメンバーとともに「テイク・イット・イージー」「ホテル・カリフォルニア」を演奏した。
2004年頃から心臓疾患を患い、現在はあまり人前で演奏する機会は多くないが、ロサンゼルスのスタジオ・シティにおいて、1996年に結婚した2人目の妻と暮らしている。

posted by Kose at 04:03| Music Story