2017年03月01日

どうやら睡眠が復調したらしいので

昨日と今日は完全熟睡であった。

確定申告とかそろそろやらんといかん。

翻訳とかプログラムでにらめっこしている場合ではない。

posted by Kose at 09:24| 日記

2017年02月27日

Kindle for PC、突然読み上げ

「有志の会」のやりとりを確かめるため久しぶりに『あの日』の「光る精子」の部分を読もうと思い開いた。
そうしたら、いきなり文章を読み上げ始めてびっくりした。

残念なことに山根基世ではなかった。

たぶん単純にWindowsの読み上げ機能を組み込んだだけだろう。精度は悪い。

小保方さん=しょうほほうさん

である。洋書はどう読むのか確認したら、ベタな日本語英語読みであった。

linguistic=リングイスチック

流ちょうな英語よりは聞き取りやすいのでいいのかもしれないが

token=トケン
or=オーアール

と言うレベルである。

実用レベルとは言いがたい。人工知能、えばるなら直ちになんとかして欲しい。アンドロイド版には機能がない。iOSは知らない

2月初め更新されたらしい
Amazon、読み上げ機能に対応した「Kindle for PC」「Kindle for Mac」最新版を公開
日本語の書籍は公式には非対応だが、利用できるものも存在
樽井 秀人2017年2月2日 17:01
窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1042242.html
「Kindle for PC」v1.19.2読み上げ機能に対応
 米Amazon.com Inc.は、デスクトップ向け電子書籍ソフト「Kindle for PC」v1.19.2および「Kindle for Mac」v1.19.1を公開した。今回のアップデートでは検索機能とパフォーマンスの改善が図られたほか、対応コンテンツで読み上げ機能が利用できるようになった。
 「Kindle for PC」の場合、[ツール]−[読み上げ機能を開始]メニューから読み上げ機能を利用することが可能。また、[Ctrl]+[T]キーで読み上げ機能のON/OFFを切り替えることもできる。同社のヘルプページによると、日本語の書籍は読み上げ機能に対応していないとのことだが、編集部でWindows 10にて確認したところ、利用できる書籍も存在するようだ。
 「Kindle for PC」はWindows 7/8/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在同社のヘルプページから無償でダウンロード可能。「Kindle for Mac」はOS X 10.9.5以降に対応しており、同じく同社のヘルプページからダウンロードできる


YouTubeの字幕機能はいいと思うよ。とても聞き取れないインタビューがわかる。グッジョブだ。全部ついているわけじゃないけど。
posted by Kose at 12:00| 日記

2017年02月18日

買い物 弦と高校数学の本 おまけテレキャスができるまで

sIMG_1987.JPG

テレキャスの弦高を、不用意に弦張りっぱなしで調整していたら、1弦が切れてしまった。ぎゃふん。

弦は3つセットを買ったが、それでも送料が無料にならないので、懸案の「高校数学」の本を注文した。これはAIプログラミングのため。AIプログラミングまでにはまだまだほど遠い。

おまけ

フェンダー社は南カリフォルニアのラジオ音響修理会社で、全然楽器制作の経験がなかった。
最初に作ったのは1943年?のラップ・スチールであった。
185u-366_front.jpg

1944〜48年のモデルが成功する。
747FenderelectricguitarfrontH.jpg

このモデルのピックアップがそのままテレキャスのピックアップのプロトタイプとなる。ピックアップにカバーを付けるというスタイルはたぶんこのスチールギターから継承されたものだろう。
ダウンロード.jfif

1949年、エスクワイアーと言う名で、世界史上初めてソリッドボディーのエレキギターを製作した。
Fender_Esquire_1st_prototype_in_1949_at_Fender_Guitar_Factory_museum.jpg
ヘッドがラップ・スチール時代と同じである。フロントピックアップもない。最初のモデルはパイン(松)だったらしい。
c2fa0bf3d3c9e881a02e69181dfddd9b.jpg
テレキャスのブリッジもこの時点で完成していた。恐るべし!!!
いずれにせよ、なんか良い楽器を作ろうなんて高い志はなかったようにみえる。
この後ブロードキャスターと言う名で現行モデルのテレキャスターをだした。
posted by Kose at 18:20| 日記

2017年02月14日

婦人公論2/28号はコンビニにはなかった

やむをえず、駅前書店で行った。
NスペBPO勧告への言及はない。
ぽんちゃんが桜えびを食べないのを心配する小保方さん。
fujin_scan-002.jpg

fujin_obo_scan-001.jpg

あ、ギターが届いた。
Bacchus BTE-1R ¥12,000!!!
イケベ楽器でアウトレット破壊的価格。クロサワ楽器だと2万円。
工場はフィリピンの専用工場だそうだ。税込み、13,500円である。
品質は申し分ない。ピックアップの出力は弱い(対Ibanez比)。抜けはいいのじゃないか。ちょっとボディが重いかもしれない(Ibanezよりは若干軽い)。
BPO勧告20点なので、これくらいでお茶を濁す。
色は近くで見ると少しメタリックが入っている。1.2万円でも見た目だけでもかなりよい。

sIMG_1977.JPG

sIMG_1983.JPG
posted by Kose at 13:00| 日記

2017年02月12日

テレキャス・モデルを買うぞ

本命はストラト・モデルなんだが、今ひとつ気分が高揚しない。
BPO勧告は60点くらいだが、周囲の反応など総合すると20点くらいの気分だ。

そういうわけで、エントリークラスのテレキャスを買ってお茶をにごす。
昔、モノホンのフェンダー・テレキャスター・スタンダードを買って弾いたことがあったが、これがなんというか、テレキャスの形をした普通のいい加減なソリッドギターとしかいえないひどいものだった。
 *このモデルは、リアピックアップとブリッジを囲む金属版から伝統的な枠がなくなり、ただの金属版になったシリーズ。マイク・スターンあたりがいけないのじゃないだろうか?
sstelefront.jpg
スクワイア―・アフィニティというエントリーモデルはもっとひどいことに、弦を裏から通すのではなくそのブリッジと同じ金属版に通すという荒技で、ストラトと同じタイプのブリッジを使っている。まあオクターブは合わせやすいし、弦も変えやすいから万人向けに改良と言えなくもないが、よくわからないのでこれだけは止めたい。
squire-affinity-telly-top-loader-bridge.jpg

普通はこうだ。金属版の縁は最近はあまり見かけないカバーを嵌めるためのパーツである。
fender-american-vintage52-tele-bridge-640-80.jpg

だからこの縁が必要なのか、合理的に考えると「不要」という結論になるのかしれない。変形モデルではないものも多い。だから?

適当に甲高い音がリアピックアップで鳴るギターなら、後はぼろぼろでも許す。
妙にピックアップを強くしたタイプで個の音が甘くなる傾向があるかもしれないという情報を得た。宅録で3年使えばいいのなら、全然安物結構である。安物の最大の欠陥は、木材やピックアップでなく、他の金属パーツが驚くほど安物だという点である。まあそれは壊れるよな。

ストラトについては、もっと慎重に考えると言う理由でいい加減なテレキャスを買うという免罪符とする。

入手したら、また。

posted by Kose at 09:25| 日記

2017年02月11日

I will sing this victory song(Eagles"Lyin' Eyes" unplged cover)

昨年9月3日に、完全に勝利を確信して作ったもんだが、あの程度のBPO勧告なら、やはり9月に出ていておかしくなかったと思う。

BPOの独立性が疑われる。

posted by Kose at 07:14| 日記

2017年02月08日

がんばれ読売(ぼくはアンチジャイアンツなんだけどね)

事実より意見を優先しがちな昨今の新聞界だが、なんで保守本流の読売が地味に核心を突く記事書くのお?

高いといわれる再生医療、いくらかかる?
読売新聞 2017年02月08日 18時06分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170208-OYT1T50096.html?from=ytop_main7
 iPS細胞(人工多能性幹細胞)などを用いる再生医療の治療コストについて、京都大iPS細胞研究所を中心としたチームが初の実態調査を始めた。
 治療に取り組む大学や企業の約10グループに聞き取り、3年かけて報告書をまとめる。再生医療は実用化が進む一方、治療に多額の費用がかかる点が懸念されており、実態を明らかにし、今後の研究開発に役立てる。
 再生医療は2000年代に入り、導入が本格化している。ただ、細胞の培養や加工などで従来の治療法より費用や手間がかかり、理化学研究所などが14年に行ったiPS細胞による目の難病治療では、患者1人に約1億円かかった。
 全体のコストの詳細なデータはなく、将来、国の保険財政を圧迫しかねないとの指摘もあり、実態把握を求める声が高まっていた。
 調査は今年1月に開始。チームのメンバーが、対象となる大学や企業の担当者らに、治療に使う細胞の培養費や品質検査費、移植手術費など、どんな治療にどれだけの費用がかかっているのか項目ごとに細かく聞き取る。
 対象には、脊髄損傷の治療準備を進めている慶応大、食道や歯周の再生を手がける東京女子医科大、がんなどの免疫細胞による治療に取り組む京都大などが含まれている。
 調査ではまた、日本再生医療学会の会員計約5600人へのアンケートも行う。どんな治療にいくらかかっているのか明らかにする。実態を把握した上で、既存の治療法とコストを比較。今後、どの病気に再生医療の研究開発予算を配分することが適切なのか、検討材料を示す。
 再生医療に使われている製品では、現在4種類が保険適用の対象となっている。ただ、シート状の細胞を心臓に貼って治す「ハートシート」は1476万円、骨髄移植の副作用の治療に培養した幹細胞を使う「テムセル」は1390万円などいずれも高額だ。
 チームの八代嘉美・iPS細胞研究所特定准教授(幹細胞学)は「コストを明確にすることによって、再生医療が社会に受け入れられるよう調査を進めたい」と話している。
 ◆再生医療=事故や病気で失われた臓器や器官を修復し、機能を再生させる医療。修復には、iPS細胞などから様々な組織や細胞を人工的に作って移植するなど、多くの方法がある。日本の経済成長戦略の柱としても期待されており、国内の市場規模は2030年、1兆円が見込まれている。


文科省天下り、早大再就職を元次官が「了承」
読売新聞 2017年02月08日 19時23分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170208-OYT1T50074.html?from=ytop_top
 文部科学省の再就職あっせん問題で、2013年7月〜15年8月に文科次官を務めた山中伸一・ブルガリア大使(62)が、吉田大輔・元高等教育局長(61)の早稲田大への再就職に関与していたことがわかった。
 山中氏が8日、読売新聞の取材に事実関係を認め、「反省すべきところは反省したい」と述べた。
 山中氏は帰国中で、この日は外務省で開かれた会議に出席後、取材に答えた。
 山中氏の説明や政府の再就職等監視委員会の調査によると、山中氏は15年7月、次官室で人事課から吉田氏が早大に再就職することへの意見を聞かれ、了承した。吉田氏は翌8月に退職し、2か月後、早大に再就職。山中氏は「現役職員が退職者の再就職に関わらないのは基本。人事課があっせんしていたとは思っていなかった」と話した。
posted by Kose at 20:13| 日記

北園の女子高生、私服派が制服派を上回る?

西村博之の母校北園高校は、ぼくの医者の通り道にあるので、今時の高校生がどんな風か見ることができる。二週間に一度定点観測である。
北園高校は制服がないが、少なくとも一昨年までは、なんちゃって制服が100%であった。
ところが、昨年「ださい私服」派が5〜10%出現していた。
夏になんちゃって制服のスカートにださいポロシャツとかが定番であった。
夏に制服でブラウスではなく、ポロシャツも認める学校は増えていると思う。
そしてである。
昨日見たら、おそらく制服派が少数派に転落しているのではないかと思われた。それほどじろじろ観察しているとヘンなので、だいたいの感じだが。ジーンズやワイドパンツもいたし、普通のファッションである。

この女子高生制服問題は、「若いのは女子高生まで」という20年前のアホな価値観の社会学的な支配の従属変数で、、その価値観は就職氷河期の従属変数であるという仮説を立てていた。新卒採用は数年間改善を続け、全体の賃金も今年上昇に転じた。

女子高生というのは広告業界の(性的)アイコンに使用されてきたが、それは時代遅れと見られるであろうと予言しておく。UQモバイルとかださい。


posted by Kose at 08:55| 日記

2017年02月03日

少なくとも今日までではなかったヒント

いやいや、皆様待ちくたびれてますか?
ぼくはギターを買いたいので、早くして欲しいのですが、それは自己都合と言うことで。
今日は「堅い」のではないかという雰囲気があったのですが、それをきちんと否定するニュースがありました。

NHK予算案、すんなり了承 籾井氏時代とは大違い
朝日新聞 2017年2月3日19時11分
http://www.asahi.com/articles/ASK234WBNK23UCVL00K.html?iref=comtop_8_07
 自民党は3日の総務会で、NHKの2017年度予算案を全会一致で了承した。籾井勝人氏が会長だった昨年は、職員不祥事への対応や報道内容に批判や意見が噴出。2度にわたって了承が見送られたが、先月会長に就いた上田良一氏が出席した今回は、約15分間の説明ですんなりと了承を取り付けた。
 細田博之総務会長は会見で「この2、3年は国会で様々な問題、指摘があって大変だった。万全の説明ができるよう対応してほしい」と要望したと説明。出席議員からは「新体制は信頼回復のために努力すべきだ」などの意見が出たという。上田氏は「コンプライアンスを充実させたい。放送と通信との融合の運用についても努力したい」と述べたという。上田氏は朝日新聞の取材に「とりあえず了承されホッとした。今後も一つ一つ確実に成し遂げていきたい」と話した。
 NHK予算をめぐっては、籾井氏の言動が原因で国会でも与野党がたびたび追及。国会承認は14年度予算から3年続けて全会一致の承認を得られなかった。

ふ〜ん。
posted by Kose at 20:33| 日記

ははは94になった

はっぴーばーすでい。

うむ、がんばっているな、母も家族も。

昨年は入院することはなかったが、体力がなくなって座っていられなくなったため、介護用ベッドを6月頃入れた。それでもはや母が車いすですら外のに出ることはなくなった。

母は内臓には病気がほとんどないため、容態が急に悪くなるということもない。一昨年の軽い脳梗塞は夏で代謝が悪くなったからだろう。そのため、気温や水分摂取にかなりきをつけないといけない。外出できない理由のひとつだ。なんとかギターを見に行きたいんだけれど。



posted by Kose at 19:02| 日記