2017年06月30日

なんでもない日記:文鎮としてのフェライト磁石

文具の大きめのクリップを文鎮代わりに使っていたことがある。
パソコン依存症になって、文鎮がぜひ必要だと思ったことはなかった。今CAD本を開いておく必要があって、ふと思いついた。

大量のとりあえず使い道の定かでない直径20mm、600Gsのフェライト磁石がある。そこで数個ずつで、何ページかを挟む。

非常に安定した、邪魔にならない、本に跡をつけることがない、便利な文鎮となった。
文鎮は重力を、クリップは金属の弾性力を利用するが、この文鎮は磁力を使う。そこそこ合理的だと思う。

ピックアップ話よりも簡単で実用的だ。なんでなかったんだろうか?
posted by Kose at 18:02| 日記

なんでもない日記:庭の垣根に蛇の死骸があった

今日はゴミの収集がない。明日燃えるゴミに出します。
久しぶり(数十年ぶり)、ここらで蛇見た。

ようやく腰痛による早朝覚醒がなくなってきた。
腰もほぐれて、ぎっくり系痛みが、筋肉痛系痛みに変わってきた。

そういうわけで座ってなにがしかできるようになったため、ようやくCADの学習、昨日から捗るようになった。
ゴールドフォイルの記事の翻訳もしたしね。

自分のギターにネオジム磁石貼るシリーズはまるでバカみたいだった。ああ、恥ずかしい。

サール先生の翻訳もその内再開できるだろう。
ギターシリーズは、物理学的存在論と、主観的認識論のサール先生のテーゼが念頭にあったと言ったらいいすぎか。またその内、ギター音色と志向性についてかけたら書きたいものだ。

Legendが最近新しいテレキャスター・モデルを、ストラトにつづいてリリースしたみたいだ。
少なくともバッカス・テレキャスを買おうとしていたとき、Legendテレキャスは廃版になっていた。売られていたら、Legendテレキャスを買っていたかもしれない。

アマゾン価格で¥14500位で、バッカス堂のバッカステレキャスと完全にかぶっている。
バッカスも、Legendもホワイトがないというのが謎である。難しいブロンドはともかくホワイトは、ストラトでも使っているのだからあって不思議はないんだが。

LTE-Z Legend


バッカスの供給が安定しないので、このLegendを、ストラト改造後のテレキャス改造(エスクワイアー化その他)の素材に使うかもしれない。Legendはピックアップが強ければ悪くないことは、ストラトで実験した。いくらでもネオジム磁石は調達できる。

明日7月1日、プレイテック・ストラトを注文する。おそらく翌日配達される。
同時に、アマゾン経由でYibuyのゴールドフォイルモドキ―、ストラトシングルタイプと、P90タイプを注文する。一週間以上かかる。
ピックアップカバー流用のストリングスルーピックアップのためのスチール=フェライトマグネットカバーのため、国産のストラト用ピックアップカバーも買う。
大事なのはこれくらいだ。

プレイテク・テレキャスはサイズが合わないため、改造に難点があるらしい。だが、どうもYibuyのパーツだとプレテクに合うという情報がある。これをプレテクストラトで試す。もし上手く行けばプレテク・テレキャスを改造の素材とする可能性も出てくる。

7月は、マグネットから離れて、ギター改造中心になるんじゃないだろうか。

多少マニアックさの度合いは低くなるだろうねえ。

とりあえず、CADを週末までがんばる。
工業高校生になったつもり勉強する。
posted by Kose at 14:44| 日記

反省:カナル型イヤホンにコイルはない

アホな思いつきを反省しました。

イヤホンの解体図が多数ネットにアップされているのがわかった。
ネオジム磁石は確かに広く使われているが、コイルではないようだ。この件はなかったことにしよう。
非常に小さな部品が多数あり、銅線がどのようにコイルに相当する部品につながっているかもわからない。
解体しても目が悪いからさっぱりわからないだろう。やれやれ。

例;
人気のカナル型イヤフォンがリニューアル カナルの枠を越える低音。ソニー「MDR-EX500SL」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20080926/np044.htm
より
np44_19.jpg

忘れてください。
posted by Kose at 05:57| 日記

2017年06月29日

なんでもない日記:ダイソーはパラダイス

とりあえず、多少でも高いイヤホンを解体するのは躊躇するので、ダイソーのイヤホンを買ってきた。まあ散歩がてらだ。キャンドゥーのイヤホンが全く実用価値がなかった(音域が狭くて昔の電話状態、かつステレオの分離ができない)経験があるので、解体の練習用という位置づけである。ダイソーもステレオの分離がいいとは言いがたいけれど、まあぼくのような耳のあまり良くない人間には慣れれば使えるレベルだ。ハイレゾ無意味人間。ぼくは壊すのやなんだよな。リサイクルショップ行って、片耳の聞こえないステレオヘッドホンとかあるといいんだけれど。

ピックアップのフェライトが100円相当だとわかってしまったので、ダイソーの100円のイヤホンも十分高いと思うぼくがいる。

さて、とりあえず材料を見本として買ってきましたという時点にとどめたい。

ネオジム磁石やフェライト磁石と近づけてみたが、吸着力(反発力)は極めて弱い。もっとすごく高いイヤホンじゃないといけないのかもしれない。これでこのダイソーイヤホンの役割は終了だ。イヤホンを部屋で行方不明になるということが、たまにあるのでそのための臨時用に保管することにしようと思う。

ところで、ダイソーで108円の会計をしているとき、キャッシャー脇になんと「あの」缶入りサクマ式ドロップが置いてあるじゃないですか。

なんちってスプロの材料で最初に思いついたのがこれだったんだが、もう売っていないのかと思ってあえて探さなかった。売っていた。現役だ。

高さが30mmあるので、このままでは大きすぎる。16〜18mmになるようもう少し缶を縦横斜めいろいろ眺めてみたい。

実は、適当な流用材料となる缶がある。それはフリスクのこれ。

フリスク・ネオ

「味わい長持ちタブレット」ということで買ってから中を全部食べるのにかなりの時間が経って、もう空き缶流用は止めるときめてから空になった。これはなんと高さ18mm、横85mm、縦43mとまるでストラトピックアップに使ってくれと言わんばかりのちょうど言い大きさである。

ピックカバーの流用実験を7月中にするが、その後また考える。

本当にダイソーは夢想家のパラダイスだな。

strat-sakuma-frisk-earphone.png
posted by Kose at 17:26| 日記

2017年06月25日

買い物が多いし、中華輸入パーツは遅いし、今後はゆっくりやる。

1)カバー試作
・これは2個のピックアップカバーを上手く切って、一個になるようにはめ直す方法を試す。
 失敗を考慮するとできるだけ安いので練習したいから中華パーツで。Yibui3個185円。
・実際に使わないピックアップでの実験。
 中華ピックアップでもいいけど、鳴らないジャンクストラトが入手できるとその方がいいから、7月になったら成増HO見てきたい。1500〜。
 単品シングルピックアップで安いものは案外少ない。
・スチール素材加工、上下カバーの固定など未定、試作に合わせて考える。

3)チャイナ・キャスター
・白のプレイテクストラトを入手 ¥6000
・中華白のゴールドフォイルもどきシングルサイズ3個セット ¥3600
・これらを組み立ててまだお目にかかったことのないモデルを地上にもたらしたい。

3)偽クーダーキャスター計画
・ソニックブルーのストラト 14000〜70000
・中華ゴールドフォイルP90?サイズ ¥1500
・試作品を基本に製図を作成し、東急ハンズに発注
―・シングルコイルが扱いやすい
―・ダックバッカーは、磁気位相が未知数だが原理的にスプロと同じで魅力的
―・レール式のシングルサイズハムバッカーの評判がいいらしいが、未検証なのでテストしたい。
・以上からクリーン度とパワーで最善のものを選べば、スプロの要件をかなり満たす。長い話だし、無駄金かかる。8月以降の話だ。

1〜2は中華パーツがかなり占めるので、購入は同時期にやるつもり。プレイテクのホワイトストラトは実は特にこだわりはない。ホワイトで上手く行ったら、3とは別にゴールドフォイルもどきギターを他にもちたい。それこそフォトジェニでもセルダーでもよろしい。3のためのピックアップ改造の試験台にも鳴るだろう。8月の話

これでぼくの立つ休みの日程はほぼ決まった。

東急ハンズに発注するためにぜひCADを習得しなければいけないのだ。タイプリミットは7月末日。CADを習得できたと思ったら二次元CAD二級の技能試験を受けたい。東急ハンズのためだけでは情熱がわかない。

バッカステレキャス改造の計画もあったが、ネオジムでフロントピックアップが良くなったため止めた。
ただ、リアをバイパスするスイッチ付きポッドについては密かに野望を抱いている。
いろいろ試したが、ロビー・ロバートソンは若干トーンを落としていたと思う(つまりバイパスはしていない)。まあテレキャスの音色のコピーは難しい。

また話がそれるかもしれないが一応メモ書きしておいて、それ具合を反省したい。

posted by Kose at 22:20| 日記

「を」は他動詞か?

中学生でも知っているのは
look
である。
look at
「を見る」で自動詞である。

紛らわしいのは
begin
他動詞だと
begin A with B
自動詞だと
begin with A
である。A「をする」点をもって自動詞/他動詞の区別はない。

believeも同じだ
他動詞だと
I believ you.
の場合もあれば(主に人を信じる)
自動詞
I believe in St. Clause
のような場合もあるが、「を信じる」という意味では自動詞の方が多いだろう。
他動詞で多いのは
I believe that the God maybe does not believe in St. Clause.
のようにthinkの代わりに使う場合だ。「と思う」である。
こういう用法は意味というより英語の修辞法の問題だと思う。

東進ハイスクールの恥ずかしいCMのページ
http://www.toshin.com/sp/web_class/detail.php?id=64

さて東進ハイスクールは、SVO説明するためにあのCMを流しているが、SVOのような構造が、表層の形式に出るというのは学校英語間違いであって、今主流のパターン学習の成果をみれば、そのような文法構造というものはなく(ラテン語を規範としてイデアルに存在すると非常に長く信じられてきた)、そういうパターンが多い(家族的類似)と考え直すべきだろう。この点について、ノーム・チョムスキーが生成文法からほとんど撤退したというサールの証言を参照できる。

東進のCMについては、以前も間違いを指摘した。
「アイ・ハフ・タ・ゴー」は本当か?
こんな間違いをでかい声で日本中に宣伝して恥ずかしくないのか?これくらいの間違いは中学英語をまじめにやった人はみんな気づくだろうに。

問題は「自動詞か他動詞かというのは言語でなんの役割も果たさない」と言うことである。
これは「推論が論理でなんの役割も果たさない」というルイス・キャロルの論理批判とたぶんおなじことだと思う。
素朴実在論者として、事実があれば、言語や論理が正しかろうが間違っていようが事実自体になんの影響もないと言うことであり、言語や論理は、心(脳)と表象(主に言語)と歴史(集団・社会)の派生物でしかないと言うことだ。

posted by Kose at 17:01| 日記

2017年06月24日

なんでもない日記:1時から眠れね

調子は悪くない。腰痛でクセになってしまったらしい。一生懸命バンテリン塗って、治療している。昼はバカな工作しかしないし。

さて、しょうがないので六角形ベースの図面をさっき完成させた。よくない。

完全にまた考えを変えた。
既製のピックアップカバーを流用する。まあ3つで800円くらいだろうから、ゼロベースでかかる費用より遙かに安いし、Rについて何にも苦労することがなくなる。

少なくとも2つ使い、ひとつは台座、ひとつはカバー。
台座は上のカバー部を切って、ピックガードに留める役割。
カバーは、弦が通る部分をくりぬいて、台座に既製のビスで留める。
なんの機能もない構造はこれだけ。
おそらくこの構造で15mmの高さになるのではないか。
必要なのはあと2〜3mmのスチール+マグネット部分である。
スチール板は効果のため、コの字型で、天板と側板でピックカバーを四角く覆うようにするだろう。もっと洗練された方が望ましいが。
スチール板とピックカバーの天板を適当な場所でネジ留めし、できれば高さを調整できるようにする。
マグネットは、スチール板の端に穴を開けてくっつける。この場合、0.8mmの薄いスチールを厚いスチールに貼り合わせておくと、マグネットが外れる障害をとりのぞくことができるのではないか。
構造の強度の問題からピックカバーは穴なしがいいだろう。

以上から、もはや精密にな作図の必要はなくなった。

余裕ができたら理想的に一体化したものを構想するかもしれないが、腰痛がひどいので、現状ではこれでテスト器完成を急ぎたい。スチール板構造に6角形を流用するかもしれない。これは、手のひらに入り、非係を感じない人間工学的な問題の解決の派生的問題である。

昨日のネオジオ・パワーアップ効果の発見とその簡便さに、拍子抜けして、カバー式への情熱がなくなったのも大きい。
カバー式は、出力は大きいが、最大限クリーンな最適条件を目指す別の目的を持っている。実際、ネオジオ・パワーアップに、カバーを加えた方がサスティーンがさらによいことはわかっている。

ああ、腰痛が治ってゆっくり眠れる日が来てほしいものだ。

posted by Kose at 03:56| 日記

2017年06月23日

バッカス・テレキャスもネオジオ補強でパワーアップ:実証データは出さないけど

レジェンド・ストラト復活したので、いまいちパワー不足で出番の少なかったバッカス・テレキャスのリア・フロント両方に、ネオジオ補強をした。とくにパワーのなかったフロントがアンプを歪められるほどになった気がする。

本来なら、録音して、周波数解析とかすべきかもしれないが、誰でも
1)ダイソーに行って、ネオジオ磁石を買う
2)弦を緩めて、ギターピックガード等を開け、単に買ってきた磁石をフェライトバーの端に貼る(方向は磁力が強力なため自動的決まる)
3)ピックガードを締めて、弦を張ってアンプにつないで弾く
ことは簡単にできる。
なので誰でもできることを実証するには及ばない。

まだへたれギター・ベースたくさんあるんで、ダイソーに行ってネオジオ買ってくるぜ。


posted by Kose at 12:57| 日記

2017年06月22日

なんでもない日記:また眠れない

クセになってしまったようだ。腰も痛いし、頭が冴える。

しょうがないでの、ストラトキャスターの配線図を様式化して、一般的なパーツの価格を書いて計算した。
3180円くらいである。ポット(可変抵抗器)が高い。
これにピックガード1500〜2000円を加えるとプレイテックの最安ギターが平気で買える。
工作を考えると、プレイテクかレジェンド買った方が遙かに楽だ。
好みで言えばバッカスの最安モデル少し高いが、ソニックブルーがあるので、どうせ買うならそれがいい。ヘッドだけスプレーラッカーで塗ってマッチヘッドにするのも楽しい。
もう少し考えよう。

cirquit.pngbucchus-strat-sob.jpg
posted by Kose at 05:04| 日記

2017年06月21日

Windows 10 Creators Update 先日自動的にされたみたいだ

何が良くなったかわからないが、DAWソフト用のASIO4ALLが使えなくなったような。
確認してませんが。
ASIO4ALLにすると鳴らない。
SONNAR環境設定.png

何かいいこと(悪いこと)があるのかはまだわからない。確かUbuntuのBASHが使えるとか使えないとか?Bash on Ubuntu on Windowsの、Creators Updateでの強化点&新機能
http://www.buildinsider.net/enterprise/bashonwindows/creatorsupdate

Bash on Ubuntu on Windowsをインストールしてみよう!
http://qiita.com/Aruneko/items/c79810b0b015bebf30bb
窓の杜のレビューでもみて勉強したい。
posted by Kose at 06:25| 日記