2017年07月06日

なんでもない日記 ストラトはもう買いません

もう物欲の残りカスもない。クーダーキャスター風改造にとりかかるには、また物欲を取り戻さないといけない。
とりあえず試験的改造は、レジェンドに施そうと思うが、それには物欲が必要だ。

試作計画
プレイテックと一緒購入したストラト・ピックアップカバーは底辺と上部のカバーを切り離して、カバー上部のRの半円部分+αを切る。底辺は、ピックアップのネジでピックガードに止める。カバー上部半円と底辺を接続する方法はちゃんと決まっていないが、そのままだと天板が13mmmしかなく、16〜18mm欲しいので、ナットを底辺に接着して、その差3〜5mmを稼ぎ、かつカバー上部をそのナットにネジで止めるというのはどうだろう。耕作が細かすぎるのでやってみないとわからない。2つの+α部分にスチール板を乗せる。18mm×70mm。1mmを2枚重ねる。素人の耕作では2mmのスチールの小さな工作は困難。Rを切るのは難儀なので、試作は長方形にするつもり。Rのプラスチック部分に、天板のスチールに接するよう弱いフェライトマグネットを両端に乗せる。

完成計画
試作品の底辺(アルミかアクリル)と、上部カバーを東急ハンズかどこかに注文する。そのためにはCADで製図しなくてはいけない。

CADはようやくレイヤーの切り替えという少し高級なところまで来た。レイヤーはイラストレイターないしInkScapeでしょっちゅう使ってきたので困難を感じない。

ギターのボディを叩いて音色のスペクトラムを比較するという阿呆な企画は、わりと面白い。文字で書くと阿呆なボキャ貧を露呈するが、一目瞭然なところがいい。そのパターンが直ちに何を意味するのかよくわからないが、違うことは最低わかる。

その比較は、ふたつのグラフのスクショ画像を異なるレイヤーにインポートして、半透明にして重ねるだけ。AudacityのグラフのY軸が最大値で表示されるため、−30dBと−90dBで合わせるようにしている。
聴覚では−50dB以下はまあ聞こえない振動といってよいと思う。ギターでなんかの作用するかもしれないが。聞こえるのは−50dB以上で、もっとわかりやすくするなら、−50dB以上だけ比較すべきかもしれない。しかしそもそも録音が、ごくごく原始的な手作業なので細かいこと言ってもしょうがないのだ。

だいぶギター小僧のロマン主義的戯言以上の成果は上げつつある。
さっきのサスティーン比較もおもろかった。
ネオジム補強テストをやっていなかったら、スクワイアがフェライト2本、プレイテックが幅広フェライトをつかっているのか直ちにわからなかったであろうし、スマホ磁力センサーで、実際にその効果を数字にすると言うのは、ロマン主義の追随を許さない方法だ。
だが、もちろんコイルも重要で、磁力だけでは決定されないが、アルニコ5だからなんなんだとは言える。
本物のゴールドフォイルは、薄いマグネットに厚くコイルを巻くという現在は、フェンダー、ギブソンでは見られないスタイルだ。よほどミシンのボビンをかってきて、かつ自動ボビン巻きというのがお手頃に売られているため、それでピックアップ作ろうかと思ったくらいだ。いろいろ観察した結果、ポールピースの独立性は疑わしい。実験用鉄粉の観察で示したように、弦が通る辺りのピックアップ上の磁力線は、密度が高く、ポールピースはなんの働きもしていないように見える。もっと離れると違うかもしれないが、弦とポールピースの間5mm位では、磁力線は一体化した場を形成していると思う。
ビル・ローレンス式レール型ピックアップが、チョーキングの連続性に「よい」というのも神話であろう。
その磁場の強力さは、ストラトの3つのピックアップの内、リアとフロントをネオジムで補強するとなぜかセンターの磁力も高くなる効果があり、センターを補強すると、リアとフロントに悪影響を及ぼす点からも言える。
さて、スプロ式ピックアップカバーは、この磁力の場をピックアップ内に閉じ込める働きがあるだろうと言うことだ。さっき言及した鉄粉実験で、単にスチール版だけでも、磁力線はスチール板中央にとどまる。そしてフェライト磁石で磁化すると、鉄粉はほぼ一直線に並ぶ。これにより、弦の振動に作用する磁束の密度は非常に高いものになるはずだろう。

ハムバッカーはノイズ対策なのではなく、磁束をふたつのマグネット間に閉じ込めて、密度を高めているのだ。

なぜハムバッカーは高音が落ち、シングルは落ちないのか今のところ物理的理由はわからない。今度ネットで調べたい。

電磁気学の教科書を本気で読みたい。いきなりフーリエ変換は敷居が高かった。

ま、その前にCADの学習。一日1pでも・・・
posted by Kose at 17:45| 日記

2017年07月05日

サウンドハウス到着、早い!たった27時間

昨日9時過ぎにネット注文したんだが、12:20分に到着してしまった。
商品開ける前にそれに驚き投稿。
soundhouse.JPG

プレイテック開ける前に、ラブロックで、「ジェシカ」のフレーズ部分を録音したい。

posted by Kose at 12:34| 日記

2017年07月04日

カバー付きハムバッカーのネオジム補強

TOKAIレスポールはカバー付きハムバッカーで、一度ネオジム補強を諦めた。

カバーはハンダ付けされていて、たとえ開けても、ネオジム磁石を入れる余計な空間はありそうにない。
確実にマグネットに接している露出部分は、6本のネジ。
ネジのどこにつけるべきかは決定的ではない。
というのも、底では磁力線の方向は水平だから。ネオジム磁石の磁極を平行にする方がいいのか、ポールピースの方向に垂直につけるべきは経験的問題だ。
6mmのネオジム磁石なら、ポールピースのネジの底に密着してとれないので最終的に、両端に各一個つけて十分だと判断した。
12mmのネオジムを底板の水平磁性方向になるようネジに計3つつけるというやり方で非常に効果が出ることは観察したが、これなぜかフロントは上手く行くが、リアはまるで効き目がない。真相は不明。
似たような現象は、ストラトのフロントとセンターで観察した。結局、センターのネオジムを外しても、フロントとリアのネオジムがセンターピックアップの磁力を増強させるという奇妙な現象を観察した。
類似の問題が、磁力が大きいとレスポールのような距離が離れた機種でも起こるのかもしれない。
そこですでに述べたとおり、シングルピックアップのケースと同じく、6mmネオジム磁石を計4つ、フロントとリア各2、ピックアップのネジの両端につけるだけで、ない場合1500Gs程度だったピックアップの表面磁力を2000Gs以上にすることができた。
いずれにしても、難しい。
またTOKAIレスポールはとにかくやっかいだ。

レスポールスタンダード、カバー付きハムバッカーのピックアップの裏側。6本のネジがターゲット。

Covered Hambucker bottom.png
posted by Kose at 16:36| 日記

TOKAI Love Rockレスポール/スクワイア、ボディ・スペクトラム比較

驚きである。TOKAIのボディの特徴は、バッカステレキャスに似ており、しかも低音すらバッカステレキャスより出ない?ピーク系の特徴を持つ。
このギターレスポールなのに鳴らない、大人しいという意見を他でも見た。ピックアップも最低の1500ガウス程度。そして高いボディの共振周波数が狭くピークがあるため、なんと言って良いか、おとなしいハムバッカーテレキャスと、その特性から推測されてしまう。ギブソンとフェンダーの特徴を相殺してしまうギター?

どうも買ってしばらく弾かず、置物になっていた理由がわかったような気がする。
そういうボディ特性として、これはピックアップを変えないとちょっと使えないギターだな。置物としてはたいへんきれいなんだが。



Tokai_LP-squire-body-spectrum.png

ピックアップカバーで完全に覆われるタイプのハムバッカーだが、ネオジム補強が難しい。シングルコイルのように垂直方向につけても、何か打ち消されてしまう感じだった。ボディはならない、ピックアップは弱い、4万円代で単にシャレでは済まないレスポール。
どうやら、底に水平方向にネオジム補強をすると有効なようだが、まだ最大値は引き出せていない。フロントは2000Gs程度出るようになったが、リアが逆に弱くしている感じなっている。ああ。
posted by Kose at 11:45| 日記

2017年07月03日

なんでもない日記:バネは外すべし

レジェンド・ストラトの打音録音は上手く行った。
結局トレモロユニットのバネのサスティーン力はたいへん大きく、外した。サドル部分には木片とスポンジをぎっちり詰め込んだ。
それでも、ある程度高音とサスティーンのある音が得られた。30dB位増幅すると太鼓の音に聞こえる。だいたいまさにあの程度大きさ深さの小太鼓みたいな音だ。
背景のノイズ(テレビ)が大きいのでご紹介できるクオリティではない。背景ノイズをゼロにしないとスペクトラム意味ないなと思う。
テレビと言っても母が遠くでつけている音なんだけれどね。

レジェンドのボディは小太鼓のようになる。

これは正しい比喩である。これでわかりやすい基準がひとつできた。

太鼓との比喩関係である。

ご存じのように、リュートから派生した、ヴィオラ族の傍系であるギター(ポルトガル語ではヴィオラオン)はすべて中空の木製だが、バンジョーはアフリカ起源でたぶんセネガル辺りのひょうたんに皮を張ってネックをと弦をつけた民族楽器まで遡ることが知られている。バンジョーの構造は、太鼓やドラムのヘッドを張るようにチューニングできるようになっている。皮を使う弦楽器では、中国の二胡(これは弓で弾くが)、日本の三味線、その先祖である沖縄の三線があることを日本人は知っている。

日本人がベンチャーズや、ヘビメタの長いソロが大好きなのは、三味線の影響だと思っている。

それはさておき、スチール弦ギターは、バンジョー弦をスパニッシュギターに張ったことから始まった。エレクトリックジャズギターが確立した後、ソリッドロックギターが確立したが、ロックギターの細い弦も最初はバンジョー弦からの借用であった。

だから極端にボディを強調するなら、太鼓に弦を張る楽器系列に回帰して、エレキギターも皮でもプラスチックヘッドでもいいが太鼓にしてチューニングできるようにすればいいという結論が導かれる。

かくして木材問題はなくなるだろう.ハウリングがものすごいことになるかもしれないが。

これだけ強調すれば、ボディは、他の類似の楽器に比べて重要ではないだろうと推測できるのである。なのでエレキギターのボディ材にやたら高価な木材を使用するのは神話にすぎないと断言できるだろう。

のんびりやりたい。いろいろ考えるのが楽しい。
posted by Kose at 10:15| 日記

2017年07月02日

なんでもない日記:ミュートが難しい

理屈から言って、ブリッジ付近のボディの中央部の音が、ギターに反映する音と思えるが、ストラトの場合、バネをミュートしても、あのサドルシステム自体が、ボディ中央では鳴ってしまい波長にかなり影響するみたいだ。

さっきは弦を完全に緩めて、やってみたが、サドルの影響が残ったとしか考えにくい。
Eはやはり弦のミュートが不完全なことによるものだとわかった。

ギターの左中央から上の当たりならサドルの影響はないが、それがギター音に影響する音かは微妙だ。

叩く場所、叩く方向、叩く強さで同じギターのボディでもスペクトラムは変わる。だからどこをどのように叩いた場合かが決まらないと、他のボディとの比較はナンセンスである。やはり、ブリッジ付近の中央部だろうな。

明日は、外さないまでも、サドルを完全にミュートする方策を考えて、あらためてチャレンジする。どうしても規則的な録音方法が見つからないなら、この話はなかったことになるだろう。

さてAndroidのWavePadも買え買えうるさいので、他のWAV形式で録音する単純なアプリに変更した。「PCM録音」とかなんとか。

音は上手くとれる。現代のピエゾならもっと簡単かもしれない。グヤトーンのはぼくが20代の頃のものだからね。でも今もっているフラットマンドリンはそもそもピエゾ搭載のエレマンなんだし。

スマホ用マイクというものがあり、価格的にピエゾと大差ないので買うならこっちかな?ギター録音するのにいちいちPCでDAW立ち上げんの面倒くさい。とりあえず、スマホに録音しちゃうのはすごく楽だと最近たまにやる。4トラックだけのレコーダ―ある。MTRじゃ大げさだ。しかし機能がいいのはWavePadになっちゃうのがAndroidワールド。まあ多重録音しないでもいいのでさっき書いたWAV形式で録音してくれるアプリでもいいんだ。

なんだか自民党のおばちゃんの「ハゲ―」が録音されていてずっと笑っているが、これだけスマホ普及していて、いつでも録音されてておかしくないんだから、どんだけ自民党のIT常識欠落しているか、他のいろんな騒動よりもあきれたよ。あ、東京都議選どうなったんだろう?板橋は無風選挙区だから、なんにも盛り上がってないの。その板橋に防衛大臣のおばちゃんがきてアホなこと言うというのは選挙区事情すらわかってないのじゃないのか?北区では選挙カー見たが、板橋では結局一回も見なかった。

ああ、ライ・クーダーの「ビリー・ザ・キッド」のマンドリンコピーしようかなと密かに思っていることを思い出した。

だんだん方向がずれる可能性があるが、ライ・クーダーなら必ずストラト改造に戻るからね。
posted by Kose at 20:41| 日記

なんでもない日記

昨日か今日ギター注文する計画だったのだが、物欲がどこかに消えてしまった。
まだCADの学習半分程度だが、ようやくつかめて、のってきたから学習が終わったら改造ギター購入することになる気がする。
昨日からボディー音の客観的観察についてしか頭回らない。どんな明確な主観的特徴も述べることができないたぐいの曖昧な音だからだ。
スマホの利用はいい。
だがFFTWaveと音声レコーダーを同時に起動して・・・と考えたが、WavPadのAndroid版があればそれ使えないかと思ったが、少なくともフリー版にはスペクトラム解析機能はないようだ。録音はいろんなアプリあるんでこだわらない。
それより、スマホのマイクは無指向性的な感じだし、いったいどこにあるのかもわからない。
調べたら

下のこの穴だそうだ。
スマホマイクとギターの間に弾力のある薄い素材(ゴム、発泡スチロール版、スポンジなどいろいろ検討の余地あり)で挟んで密着させる。
スマホ自体もゴム版で挟んで、できるだけ他の音を拾わないようにする、などの改善を施そうと思う。

DSCN0406.JPG
*といいつつ中宿商店街のキャンドゥーで見つけたギターたたき用のゴム先付き肩たたきとゴム版2枚をなんとなく買ってきた。肩たたきは、それ自体役に立つしね。

こういうことを考えている法が楽しいため、ギターを買う気にならんのである。何も買う気にならん。
CAD学習に一意専心である。
posted by Kose at 14:41| 日記

2017年07月01日

磁気関係は、もう少しまじめに勉強しないと・・・次はボディ

ネオジム補強の影響力の強さで、エレキギターの中心はピックアップであると言う立場に立ちたくなった。
だが、磁気測定についてはもっと勉強すべきことがあると思われる。前回のテストは、お試しにすぎない。

まあアルニコ崇拝主義の幻想にある程度パンチを食らわすことは、ネオジム補強と磁気測定でできそうな感じになってきたと思う。

ボディの高価な木材については帝国主義時代の臭いがぷんぷんして気分が悪い。

おそらく今後何十年かで、そのような帝国主義的自然の搾取に基づいた木材の使用は不可能になるだろう。

アコギはよい。基本的に木しかないのだし、帝国主義者なのだという自覚を持って高度な演奏をしていただければいい。ヤマハは結構木材の乾燥技術等で、たとえばスマホにおける村田製作所のような位置にいる。他のメーカーはどうも、職人仕事に訴えるメタファーを多用していて、毎年世界で、初めてギターを手にする子供のことはお忘れのようだ。

エレキはである。広島に原爆が落ちて、帝国主義時代が終焉した後に生を受けたものである。
そこにアコギの木材帝国主義のメタファーを持ち込んでいる奴らは、時代錯誤だと思う。
とくにドライブかけて原音まるでわからんギターで、ハカランダですとかああり得ねえだろう。

なるべく再生可能なエコな木材を使用した方がいいギターという基準は、レアアースを使わないフェライトの方がエコでいいギターという基準を立てることは可能である。

戦前の帝国主義的価値観に支配された高級志向か、大衆消費社会とグローバリゼーション時代におけるエコ志向かである。

そういうわけで単板に引けを取らないベニヤを開発する産業というものが将来ある。ヤマハはやっているような気がするんだけれど。「ベニヤ」では売れないというギター会社のアンシャンレジームを打破できないんだろう。

まあベニヤとまでは言わないが、数本のブロックを合わせて、ボディを作ったからと言って、なにか悪いと言うことはないと思われる。

そりゃ出雲大社や諏訪神社の御柱なら話は別だがね。ギター屋の言っていることを聞いていると、まるで自然崇拝のアニミズムの神主かとぼくは思う。

たしかにボディによって音色が決定されるのは確実だ。
だが何で決定されるのかについては話を聞いたことがない。密度、固さ、重さ、固有の繊維質の構造とかまああるだろう。
そして反響の大きさや共振する周波数とかあるだろう。

磁気に次いでいつか取り上げたいのは、反響の大きさや共振周波数である。

今日はあまりに蒸し暑いので、ぼうっとしていた。ギターも弾く気にならないので、ボディに耳をつけてこんこん叩いてみた。まず弦が鳴るので、スポンジテープでミュート。ストラトはトレのモロユニットのバネもミュート、その他それぞれいろいろ鳴るので皆ミュート。

指で叩くのは客観性に欠けるので、何か小さなボールのようなものないかと思ったが家には何もなかった。
ちょうど良かったのが、糊のアラビックヤマトの胴の部分である。
これでギターのボディの上端をたたくと衝突音がなく、ほぼ純粋に木材が鳴るだけの音を聞くことができ、それに違いがあることもわかった。スクワイアの音は本当に高音だけで特殊だが、他はそれほど違うか際だってはいない。

たぶん物置をひっくり返すと、昔マンドリンにつけていた、接着式ピックアップがあると思うので、探しだし、あるいはなければ高いものではないので買って、ボディが鳴る音の大きさと周波数成分を調べる日が来るのではないかと思う。

ボキャブラリーの乏しいギターバカの戯言に根拠があるのかないのかしれると面白いと思う。
posted by Kose at 21:08| 日記

十条お富士さん 2017

昨日からやっていた。今夜でおしまい。毎度だ。
午後に行ったので午後に行ったのでものすごい人出だった。

ofujisan-20170701-DSCN0374.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0377.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0380.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0381.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0387.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0389.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0390.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0392.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0396.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0398.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0403.JPG

ofujisan-20170701-DSCN0404.JPG

posted by Kose at 18:34| 日記

なんでもない日記:Androidアプリに磁気測定アプリ多数ある模様

磁気センサーがそもそも的に搭載されているため、なんだか簡単に測定できるらしい。
磁気測定器もそんなにたかいものではないみたいだ。
NoName_2017-7-1_8-17-3_No-00.png

まあ、スマホで(FreeTel priori3 ¥1.2万、月額1000円)で計れるのだから、コスパかなわんだろ。

マルチセンサーというタイプと磁気測定専用タイプがあるようだ。
まず、磁気測定という行為自体がよくわからないので、もう少しネットでその行為を調べてテストしたい。
マルチセンサーで10以上遙かに超える。日本語のものは少ない(ない?)。
磁気センサーもたくさんあるが、磁気測定は「最大磁気検出器」と「電磁波測定器」(Free)「μテスラガウスメーター」しかみあたらない。
簡易なマルチセンサーの磁気センサーだと10cm以内にマグネットを近づけると振り切れる。
使えるかどうか、いろいろ検討の余地がある。

安ギターのピックアップの磁力が測定できる程度が目安だ。

最大磁界検出器
http://androck.jp/app/tool/measurement/saidaijikaikennshutsuki/

断言しよう。現状ではAndroidがマルチ測定器に最も近いスマホである。『Android Sensor Box』
http://www.tabroid.jp/app/tools/2012/04/imoblife.androidsensorbox.html

など。
磁気測定について

磁気測定が初めてという方へ
http://www.tabroid.jp/app/tools/2012/04/imoblife.androidsensorbox.html

などなど・・・
posted by Kose at 08:33| 日記