2017年03月07日

いつとどくかんしらんがTOKAIレスポール注文した

レスポールは、ほとんどフレットのないヤマハSG800を粗大ゴミに出す決心をしたためだ。ともにチェリーサンバースト。まあ飾りだ。
他のぼろいのも粗大ゴミ出す。
アイバニーズのエレアコも粗大ゴミに出そうと思った。エレアコとしては実用性はないが、音が鳴らないためDAWで音を拾うには(家なので)便利であることがわかった。
tokai_als48csj.jpg
posted by Kose at 09:32| 日記

眠れた

わずかな睡眠薬と安定剤で、なんとか起きずに眠ることが出来た。

本日通院のため恐怖の睡眠薬不足の夜は解消されるだろう。

だがもう少し睡眠薬をどうにか弱く出来そうだという証明にもなった。もう30年近く飲んでるが、改善の余地がみえたのは、辛かったけど希望がみえる。

睡眠薬話で笑えるのは、何回か書いたが、女の子をホテルに連れ込んだはいいが、睡眠薬を携帯していたわけではないため、女の子がすやすや寝ているそばでまんじりともできなかった話がある。雪で自宅に帰れず、なんとか友人の家にたどり着いて寝かしてもらったけれど、やっぱり一睡も出来なかったというのもある。

いったい人はどうやって普通に眠っているんだろうか?

*****

なんだか今度はレスポールモデルが欲しい病にかかった。
たぶんTOKAIの中華モデルを買う気がする。
*OEMのようだが検品あ現地で、フレット打ちは日本でやっているそうだ。
これは女の子がスイーツを食べたいというのとほとんど同じである。スイーツはおなかの中に消えるが、ギターは邪魔になると言うことだ。そろそろ粗大ゴミに使えないのを出さないと買ってはいけないと思う。

ついでにチューブアンプを買うだろう。単に歪むアンプに飽きた。難しいのは、数ワットでさえ普通の家庭では相当に音が大きいと言うことだ。だいたいチューブアンプは音が大きい。そこでチュール回路を間然しニュウレーションしたというVOXのVXIIと言うのに手を出そうかと思う、安いし、アンプシミュレーターにもなる。

なんか楽しくないことは当面何もやらん。

と眠りなが思ったらしい。

posted by Kose at 05:36| 日記

2017年03月06日

Winston mini \380

安い。1mm、8mm、12mmとかあるらしい。
サイズはちょうどエコーとか若葉と同じくらいだが、フィルターはちゃんとしている。
今まで同じ\380のウェストを吸ってきたが、売っていない場合が多々ある。
俺は外食しないし、酒飲まないの小さな飲み屋にも行かんから、どんどん喫煙禁止して頂戴。
E382A6E382A3E383B3E382B9E38388E383B3E383BBE3839FE3838BEFBC91.jpg

証明写真用に床屋に行った時、タバコが切れて、近くのセブンイレブンで買った。
明日、区役所いっていろいろ手続きする。ああ、めんどくさい。

posted by Kose at 17:08| 日記

睡眠薬が・・・足りなかった

焦った。どうも一日分いつか重複して飲んだらしい。
半分の量で寝ようと試みたものの、3時間で起きてしまった。
そのまま起きていてもよかった。幸い、睡眠中の安定剤というのが残っていて、それをしこたま飲んで何とか眠れた。薄い睡眠だが・・・
今晩も同様の対策で明日の通院までなんとかする。眠れなかったら起きている。
posted by Kose at 07:34| 日記

2017年03月01日

どうやら睡眠が復調したらしいので

昨日と今日は完全熟睡であった。

確定申告とかそろそろやらんといかん。

翻訳とかプログラムでにらめっこしている場合ではない。

posted by Kose at 09:24| 日記

2017年02月27日

Kindle for PC、突然読み上げ

「有志の会」のやりとりを確かめるため久しぶりに『あの日』の「光る精子」の部分を読もうと思い開いた。
そうしたら、いきなり文章を読み上げ始めてびっくりした。

残念なことに山根基世ではなかった。

たぶん単純にWindowsの読み上げ機能を組み込んだだけだろう。精度は悪い。

小保方さん=しょうほほうさん

である。洋書はどう読むのか確認したら、ベタな日本語英語読みであった。

linguistic=リングイスチック

流ちょうな英語よりは聞き取りやすいのでいいのかもしれないが

token=トケン
or=オーアール

と言うレベルである。

実用レベルとは言いがたい。人工知能、えばるなら直ちになんとかして欲しい。アンドロイド版には機能がない。iOSは知らない

2月初め更新されたらしい
Amazon、読み上げ機能に対応した「Kindle for PC」「Kindle for Mac」最新版を公開
日本語の書籍は公式には非対応だが、利用できるものも存在
樽井 秀人2017年2月2日 17:01
窓の杜
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1042242.html
「Kindle for PC」v1.19.2読み上げ機能に対応
 米Amazon.com Inc.は、デスクトップ向け電子書籍ソフト「Kindle for PC」v1.19.2および「Kindle for Mac」v1.19.1を公開した。今回のアップデートでは検索機能とパフォーマンスの改善が図られたほか、対応コンテンツで読み上げ機能が利用できるようになった。
 「Kindle for PC」の場合、[ツール]−[読み上げ機能を開始]メニューから読み上げ機能を利用することが可能。また、[Ctrl]+[T]キーで読み上げ機能のON/OFFを切り替えることもできる。同社のヘルプページによると、日本語の書籍は読み上げ機能に対応していないとのことだが、編集部でWindows 10にて確認したところ、利用できる書籍も存在するようだ。
 「Kindle for PC」はWindows 7/8/8.1/10に対応するフリーソフトで、現在同社のヘルプページから無償でダウンロード可能。「Kindle for Mac」はOS X 10.9.5以降に対応しており、同じく同社のヘルプページからダウンロードできる


YouTubeの字幕機能はいいと思うよ。とても聞き取れないインタビューがわかる。グッジョブだ。全部ついているわけじゃないけど。
posted by Kose at 12:00| 日記

2017年02月18日

買い物 弦と高校数学の本 おまけテレキャスができるまで

sIMG_1987.JPG

テレキャスの弦高を、不用意に弦張りっぱなしで調整していたら、1弦が切れてしまった。ぎゃふん。

弦は3つセットを買ったが、それでも送料が無料にならないので、懸案の「高校数学」の本を注文した。これはAIプログラミングのため。AIプログラミングまでにはまだまだほど遠い。

おまけ

フェンダー社は南カリフォルニアのラジオ音響修理会社で、全然楽器制作の経験がなかった。
最初に作ったのは1943年?のラップ・スチールであった。
185u-366_front.jpg

1944〜48年のモデルが成功する。
747FenderelectricguitarfrontH.jpg

このモデルのピックアップがそのままテレキャスのピックアップのプロトタイプとなる。ピックアップにカバーを付けるというスタイルはたぶんこのスチールギターから継承されたものだろう。
ダウンロード.jfif

1949年、エスクワイアーと言う名で、世界史上初めてソリッドボディーのエレキギターを製作した。
Fender_Esquire_1st_prototype_in_1949_at_Fender_Guitar_Factory_museum.jpg
ヘッドがラップ・スチール時代と同じである。フロントピックアップもない。最初のモデルはパイン(松)だったらしい。
c2fa0bf3d3c9e881a02e69181dfddd9b.jpg
テレキャスのブリッジもこの時点で完成していた。恐るべし!!!
いずれにせよ、なんか良い楽器を作ろうなんて高い志はなかったようにみえる。
この後ブロードキャスターと言う名で現行モデルのテレキャスターをだした。
posted by Kose at 18:20| 日記

2017年02月14日

婦人公論2/28号はコンビニにはなかった

やむをえず、駅前書店で行った。
NスペBPO勧告への言及はない。
ぽんちゃんが桜えびを食べないのを心配する小保方さん。
fujin_scan-002.jpg

fujin_obo_scan-001.jpg

あ、ギターが届いた。
Bacchus BTE-1R ¥12,000!!!
イケベ楽器でアウトレット破壊的価格。クロサワ楽器だと2万円。
工場はフィリピンの専用工場だそうだ。税込み、13,500円である。
品質は申し分ない。ピックアップの出力は弱い(対Ibanez比)。抜けはいいのじゃないか。ちょっとボディが重いかもしれない(Ibanezよりは若干軽い)。
BPO勧告20点なので、これくらいでお茶を濁す。
色は近くで見ると少しメタリックが入っている。1.2万円でも見た目だけでもかなりよい。

sIMG_1977.JPG

sIMG_1983.JPG
posted by Kose at 13:00| 日記

2017年02月12日

テレキャス・モデルを買うぞ

本命はストラト・モデルなんだが、今ひとつ気分が高揚しない。
BPO勧告は60点くらいだが、周囲の反応など総合すると20点くらいの気分だ。

そういうわけで、エントリークラスのテレキャスを買ってお茶をにごす。
昔、モノホンのフェンダー・テレキャスター・スタンダードを買って弾いたことがあったが、これがなんというか、テレキャスの形をした普通のいい加減なソリッドギターとしかいえないひどいものだった。
 *このモデルは、リアピックアップとブリッジを囲む金属版から伝統的な枠がなくなり、ただの金属版になったシリーズ。マイク・スターンあたりがいけないのじゃないだろうか?
sstelefront.jpg
スクワイア―・アフィニティというエントリーモデルはもっとひどいことに、弦を裏から通すのではなくそのブリッジと同じ金属版に通すという荒技で、ストラトと同じタイプのブリッジを使っている。まあオクターブは合わせやすいし、弦も変えやすいから万人向けに改良と言えなくもないが、よくわからないのでこれだけは止めたい。
squire-affinity-telly-top-loader-bridge.jpg

普通はこうだ。金属版の縁は最近はあまり見かけないカバーを嵌めるためのパーツである。
fender-american-vintage52-tele-bridge-640-80.jpg

だからこの縁が必要なのか、合理的に考えると「不要」という結論になるのかしれない。変形モデルではないものも多い。だから?

適当に甲高い音がリアピックアップで鳴るギターなら、後はぼろぼろでも許す。
妙にピックアップを強くしたタイプで個の音が甘くなる傾向があるかもしれないという情報を得た。宅録で3年使えばいいのなら、全然安物結構である。安物の最大の欠陥は、木材やピックアップでなく、他の金属パーツが驚くほど安物だという点である。まあそれは壊れるよな。

ストラトについては、もっと慎重に考えると言う理由でいい加減なテレキャスを買うという免罪符とする。

入手したら、また。

posted by Kose at 09:25| 日記

2017年02月11日

I will sing this victory song(Eagles"Lyin' Eyes" unplged cover)

昨年9月3日に、完全に勝利を確信して作ったもんだが、あの程度のBPO勧告なら、やはり9月に出ていておかしくなかったと思う。

BPOの独立性が疑われる。

posted by Kose at 07:14| 日記