2017年10月25日

TEISCO EP-8(旧タイプ) ホロウギター・ハーモニータイプPU 完成

たいへん時間がかかりました。
10月8日落札。完成10月25日。17日かかりました。一番は中華パーツの取り寄せだったんだけど、それ以外も問題山積で気力が出なかった。

まず出音がなかったので、ホロウボディの中から配線を全部出して、チェック。なかなかどこが悪いのかわからなかった。結果的に、「プラグを入れた場合」ジャックがショート。このため、配線に関してはジャックを新品に交換しただけで、出音確認。若干ポットの端子にぐらつきが見られたが、様子を見ることにして中に戻しました。
IMG_4243.JPG

次いで、パーツ交換。
ペグが、6連のを無理やり3連に変えて回転方向がヘンテコ。このため台湾製のキクタニの少しレトロなタイプのペグに交換(その後自分も反対に取りつけて付け直すことになるんだが)。しかしヘッド裏何度かペグが交換されていた様子で、穴だらけ。のちにボディの傷を治すときに外して、タイトボンドとニスでふさぎました。
IMG_4339.JPG

ついで交換したのは、ボリュームとトーンのノブ。オリジナルは
IMG_4345.JPG

類似のもがなく、ルーカス・ミュージックという日本のパーツメーカーの1800円のレトロな、そしてゴールドを使ったこんなノブに交換。
IMG_4346.JPG
かっこいい。

中国からナットとブリッジを取り寄せている間に、後に落札したLakeホロウギターとDECCA/NORMAゴールドフォイルギターのレストアを完了。EP−8以降だいぶテスコ・ゴールドフォイル路線の周辺ばかりになってきて焦り始めたのは正直本当。だが、ゴールドフォイルの誕生と消滅を押さえないと、コレクターのノスタルジーと同じなので、ここが重要。結果的に後で書きますが、EP−8のレストアで、なぜゴールドフォイルができたのかはほぼすいてできたと思うことになります。

中国からナット、ブリッジ到着。ブリッジが非常に高く、2日くらいかけて半分以上削ってやっとチューニング可能な弦高に。ナットも丁寧に削って、弦を張りました。しかしブリッジの支柱が6mm以上出っ張っていて、怪我しそうな感じなので、日本製パーツのブリッジをサウンドハウスに至急注文。中国製の方が、固くてブリッジが斜めに直線のためよかったのだが、やむを得ずジャズギター用の3弦ワウンドタイプのブリッジ。チューンOマチックにしてもよかったが、ノブ同様レトロ感を優先しての結果。

この間、水性ニスで、ネックやボディの結構目立つ傷を塗り少なくとも一目ではわからない程度に。

2日後丸一日かけて、今度はノミを使って大胆にブリッジを削り、ライトゲージ(.010)でチューニングが合い、弦高が必要最低限低くなるように削り、昨日全体が完成しました。

テスコ・ハーモニー・ピックアップは、十分ゴールドフォイルのタイプと言えるトーンをもっています。しかしホロウボディのため低音は大きいけれど、高音は弱く、ソリッドのゴールドフォイルと直接は比較できません。
さて、このEP−8は、1962年のカタログや『日本のヴィンテージ・ギター』に掲載されているものとは違い、プラスチックのコントロールパネルがなく、ポットは直付け、セレクターは金属板につけられており、ネットの情報を総合すると50年代末のものだと推定されます。
EP−8の形ですが、シングルカッタウェイといえばそれまでですが、通常のホロウボディのギターに比べるとボディが小ぶりで、むしろレスポールシェイプのバランスと言っていいと思います。
レスポールは1957年にハムバッカーを搭載し(それ以前はP−90)、そのシェイプがEP−8に取り入れられたとするのに時系列では無理がない。ましてハムバッカーはできたばかりで、日本では入手不能だっただろう。そこでハーモニーPUが採用されたと考えることができます。
そして、さらにハーモニーPUにそれ自体機能を持つかどうか定かでないビスの列を加えたものがゴールドフォイルとなっただろうという設計者の意図を推定することができます。時系列出も無理はないのですが、レスポールシェイプのソリッドボディ・ゴールドフォイルギターというものをテスコがなぜ作らなかったのかは、サーフミュージック特需で、フェンダー/ギブソンそっちのけで大量生産モデルをテスコ・グヤトーンが乱発したという大きな流れの中に消えてしまったと思います。
このEP−8のハーモニーPUと、テスコ・ラップスチールの一部に採用された、ホコリ除けのフォイル(ゴールドやシルバーだった)、そして表面的なギブソン・ハムバッカーの模倣から、フェライト磁石をだいたいに使って薄く平板なマグネットとコイルをもつ特殊な構造のピックアップが結果的にできたというのがゴールドフォイル誕生のいきさつだと思います。

IMG_4329.JPG

IMG_4330.JPG

IMG_4332.JPG

IMG_4333.JPG

IMG_4334.JPG

セレクター
IMG_4335.JPG

IMG_4337.JPG

ラベル
IMG_4338.JPG

IMG_4340.JPG

IMG_4341.JPG

IMG_4342.JPG

木製でバインディングされたいかにも古さを語るピックガード
IMG_4343.JPG

posted by Kose at 14:26| 日記

2017年10月09日

そういうわけでギター収集は終わり、CAD学習再開

最終目標は、ストラトキャスター・リア・ピックアップ・エンパワー・ピックアップカバーの生産だからね。
8月でそれに取りかかるつもりが、ゴールドフォイル・ギター収集にそれてしまった。
ゴールドフォイルは、まず安いテレキャスのフロントに搭載して、効果を実証したいが、ギターが減らない限り、テレキャスを買う気はない。
なので、ゴールドフォイル系ギターの記録サイト構築が先の課題だ。
一番面倒なのは、設計図と回路図の作成だ。写真で十分じゃないかというが、ネットの写真に真実はない。
写真と設計図の一対があって、真なのだ(真理の対応説)。
そのため明日から、ギターのことは忘れて、一気にCADの残りの学習をやる。
ちょっと腰痛と胃痛で、頑張れるかわかんないけど。
調査は、1本づつやると最初思ったが、同じ種類の調査を全部にやる。最後に演奏を録画して、放出である。
古いゴールドフォイルギターは、たいへん弾きにくい。
テレキャス用のゴールドフォイルはeBayで調達済みなので、収集したギターからピックアップだけ外すことはしないつもりだ。
そうやってヤフオクに出しても、大した金額では売れない。なぜならゴールドフォイルギターがどんな音がするか誰もほとんど知らないからだ。それに高い金を払う人口は極めて少ない。もともとのシンプルな構造から言って、1万円でも高いと思う。新品8000円でいいような種類のピックアップだ、本来は。そしてローラー社がライ・クーダー使用モデルのレプリカを効果で発売したため余計話はおかしくなった。収集したゴールドフォイルで、ライのタイプが一番いいというわけではない。バカじゃないのかと思う。
いくつもタイプがあることは前回の写真で明らかにした。ZENONのものが最も高出力で、使いやすいのだ。全音のは2マグネット1コイルタイプで、広い面積の弦の振動を同時に拾うということを明らかに意図して設計されたものだと思う。1マグネット1コイルだと意図がわからないのだ。たまたまそんな音が出ましたというだけの話になる。コレクターはバカだから、何にも知らねえんだ。だから設計図が必要なんだ。

posted by Kose at 21:10| 日記

2017年09月06日

UBUNTU再開

ギターの類いをヤフオクで売りまくったついでに、Linux用の安PCをヤフオクで買った。
やっとPhython〜AIの環境ができる予定だ。

ギターは概ね、そろったがもう少しパーツを仕入れる必要がある。
結局SUPROピックアップは、イケベの渋谷店か秋葉原店でオーダーすればいいことがわかった。4万円である。
すでにストラト、ゴールドフォイルがそろっているので、あとは4万円SUPROを買えば、クーダーキャスター制作が可能な状況まで来た。
カリフォルニアに親戚がいるので、北米価格で買って送ってもらうこともできるのだが、あまり大きな違いは出ないと思う。
今日はジャンク・ゴールドフォイル・テスコを落札しようと思っていたが、さっきいきなり2万円超えになり、オークション終盤に耐えられないとおもうので降りた。テスコのギター自体は必要ないのだ。また適当なときにeBayで買う。

さて、バカみたいなギターオヤジはやめて、少し知的生活に戻ろうとおもう。

Windows10マシーンが
PC-Windows10.JPG

Ubuntu16.04LTSマシーンに
PC-UBUNTU.JPG

ただしWifiがうまく動かないのでLANケーブル使用である。

手順だが、以前一番簡単だと思った方法を踏襲した。
1)PuppyLinuxをダウンロードしてそのISOイメージをCD-Rに焼く。
PuppyLinux
http://openlab.jp/puppylinux/

2)そのCD-Rを入れて再起動すると、今度のパソコンは起動順位がHDDよりDVDドライブだったため、そのままPuppyLinuxが起動

3)PuppyLinuxの初期設定をして、「Gparted」で、パーテーションを変更して50GBほど、Ubuntu用に確保。

4)Ubuntu日本語リミックスをダウンロードしてDVD-Rに焼く
https://www.ubuntulinux.jp/

5)UbuntuのDVD-Rをドライブに入れて再起動。

6)Ubuntuが起動。インストールを選択。パーテーションの変更のメニューが出てきたのは初めての体験。そのまま50GBにUbuntuをインストール。

7)再起動すると、UbuntuかWindows10かいずれか起動するかのメニューが出る。これでいずれも使用できる環境となった。

今まで使ってきたPCはDVDドライブとUSBの接触が悪くて、その内使えなくなるかもしれない感じ。だが、面倒くさいDAW環境がこちらに入っているため、当面DAW用に使用する。そろそろDAWソフトのバージョンも古くなってきたので、その内また検討したい。ゴールドフォイルの音の違いを録音する課題がこれから待っているし。

ちなみに新たに買ったVOXのアンプは、USB出力があるらしい。ケーブルがないので試してないが、いい音で録音できればいいと思う。LINE6 POD2.0はクリーントーンが全然ダメで、ダイレクトに入れたり、プリアンプ/コンプレッサーをかましたり、苦労してきたのだ。歪んでる分にはよかったんだけれどね。そうPOD2.0もアンプと交代にいまヤフオクにかけているところだ。部屋からものが減ってたいへんよいシステムだ,ヤフオクは。
posted by Kose at 19:38| 日記

eBayで買ったゴールドフォイル到着

8月25日落札で、ペイパルで支払って、9月5日今日到着した。
本体は8,730円位、送料が1,400円くらいで、11,000円かかったが、日本ではLoller社正規ゴールドフォイル・レプリカが28,000円。ヤフオクでも2万円で取引されているので、破格に安い。だいたい1万円前後でかなり多く取引がある。

今日のはおそらく、ライ・クーダーと同じものだと思う。5.7kΩ、中央ビス列、中央の1コイルを上下に2マグネットで挟む形式で、これは通販用Visionの黒フォイルと同じ形式だ。
TEISCO WG-2Lより、Echoのゴールドフォイルに形態は似ている。
その内、もう少しゴールドフォイルPUが入手できたら、比較解体ショーを行いたい。
今回のは安いストラトに、ハーフサイズ黒フォイルPUをリアにしてフロントというかセンターに置く暫定的な改造をしたいと思っている。
いずれ、クーダーキャスターの改造を行いたいが,その予行演習でもある。
IMG_3742.JPG

正面
IMG_3745.JPG

裏 コイルとマグネットがわかる
IMG_3743.JPG

TEISCO WG-2Lゴールドフォイル
IMG_3542.JPG

Echoゴールドフォイル
IMG_3747.JPG

VISION VEG21 黒フォイル裏、今回のゴールドフォイルと同じ
IMG_3140.JPG
posted by Kose at 13:56| 日記

2017年09月05日

板橋区稲荷台のお祭り 2017年9月2日〜3日

ちょっと足をケガしていて、外に出て歩き回るの難しかったので、なるべく歩かないで済ませた。

9月2日土曜日
子ども神輿
IMG_3643.JPG

IMG_3644.JPG

IMG_3645.JPG

IMG_3647.JPG

IMG_3648.JPG

IMG_3649.JPG

IMG_3653.JPG

IMG_3656.JPG

IMG_3658.JPG

9月3日日曜日
大人神輿
IMG_3670.JPG

IMG_3671.JPG

IMG_3672.JPG

IMG_3673.JPG

IMG_3674.JPG

IMG_3675.JPG

IMG_3678.JPG

IMG_3679.JPG

IMG_3681.JPG

IMG_3684.JPG

日暮里山公園へ

IMG_3685.JPG

IMG_3686.JPG

IMG_3688.JPG

IMG_3690.JPG

IMG_3692.JPG

IMG_3694.JPG

日暮里山公園
IMG_3695.JPG

IMG_3696.JPG

IMG_3703.JPG

IMG_3705.JPG

IMG_3706.JPG

盆踊り
IMG_3714.JPG

IMG_3715.JPG

IMG_3716.JPG

IMG_3717.JPG

IMG_3718.JPG

IMG_3720.JPG

ジェンカ
posted by Kose at 17:09| 日記

気候が不順で、眠れないので更新できない他

先週、ヤフオクで購入したテスコのギターを置き場所確保のため、可能な限り使用しない音楽機材をヤフオクに出品し、日曜すべて終わった。まるで配送業をやっているみたいだった。そして部屋をすっかり一新した。だがまだ完了はしていないんだけれど。
ギターポリッシュ2缶とギターのビス一つが行方不明である。もっと整理して何とか探し出したい。

さてすでに掲載したギターのほかに
1)「ECHO」ゴールドフォイルギター のちのフェンダージャパンアンプOEMメーカーとなる会社の初期制作ギター(ギターブランドとしてはこの直後ELK名義でサーフギターやコピーモデルを出す)
2)テスコ1950年代ラップスチールギター これは安かったが、ブリッジとなるスチール棒が欠品。今は大体同じサイズの釘を加工して引けるようにしてあるが、東急ハンズで特注する予定。
3)テスコSM-2Lの完全ジャンクからパーツ取り 少なくともハーフサイズ・ブラックフォイルを安く入手できた。その他、これまで入下ギターの欠品パーツをこれからいくつも入手できた。

まだヤフオクの収支はプラスなのでいくらか、テスコ製品を乳数できればいいと思う。

その他、予備の中古PC、最安キャノンプリンター、VOX VXIIギターアンプを購入した。VOXアンプはほぼギターシミュレーターとして機能し、しかもクリーントーンのバリエーションが多いので、テスコ・ゴールドフォイル・ギターのテスト用に買った。フェンダー・ジャパンの安アンプだと皆同じに聞こえる。

さて、テスコギター、ゴールドフォイルピックアップ、ゴールドフォイル改造ギター、スプロ風ピックアップカバーについてのワードプレスのサイトを製作途中だ。

一番難しいのはギターの写真撮影である。これはさらに部屋の配置をきれいに決めないといけない。手間がかかるのでサイトの公開はかなり先だ。

とにかく昼と言わず夜といわず、天候不順で疲れるし、眠れないので、ブログにしかるべき記事を掲載する気力がわかない。

週末は町内のお祭りだったのでそれも掲載したいのだが。盆踊りのビデオ一本だけ。



体調回復したら、更新したい。

posted by Kose at 09:57| 日記

2017年08月30日

AMAZON.CO.JPからYibuyが消える→アリエクスプレスが日本語化で利用可能

アリエクスプレスは例のアマゾンと対抗するECサイト企業アリババの国際向けサイトだ。

昨日からアマゾンで、Yibuyの取り扱いが消えた。

アマゾンで買った中華PUで作ったのが次のギターだ。
DSCN0464.JPG

たいへんユニークなピックアップを多く出していて、面白いYibuy。まあ中華パーツだから結果的良くても悪くてもまだ受け入れざるを得ない段階だが、その内もっと品質管理はよくなるだろう。

そういうわけで、今度からは直接アリエクスプレスから取り寄せることにした。試しに同じピックアップを注文してみた。ドル建てだが1000円安い。送料は無料で、取り寄せは6〜14日くらいだと思う。これまで取り寄せたものはすべて6日目に到着した。
日本製のパーツ企業というのはGOTOHしかなく、USAパーツに比べれば安いが十分高い。Guitar Worksという店は結構安めに供給しているが、独自サイトでの販売が中心だ。サウンドハウスには出ているかもしれない。
まああまりに職人気質の日本人の悪さが、たかがパーツの異常な高さを生んでいる。
多くの安いギターはおそらく中国製の大量生産のパーツを適当に組み合わせて作っていると思う。
だから中華ギター(5万円以下のほとんどのギター)に、GOTOHのパーツを載せるのはたわけているから、Yibuyで買えばいいのだ。外れても何個でも買えるほど桁違いに安いのだ。

AliExpressのYibuyのPUのページ
Alibaba  Yibuyピックアップ.png>


posted by Kose at 11:51| 日記

2017年08月29日

久しぶりにプリンタ購入

ヤフオクの取引の控えにプリンタがあった方が安全だなと思い、買った。
それだけなら、買わなかった。
一応ヤフオク、ゴールドフォイル購入作戦が一段落したので、ピックアップカバーの件に入りたい。
そのためCADにせよInkScapeにせよ設計物を視覚化して、三次元で「可能」かどうか確かめる作業を今後繰り返す予定があるとわかっているため、ヤフーショッピングで買った。アマゾンではない。在庫管理のできていない店もあるが、キャノンのプリンタは非常に速く届いた。
スキャナはついてない小さいものだ。
posted by Kose at 12:38| 日記

2017年08月24日

姥ヶ橋延命地蔵尊縁日(毎年8月25日)

恒例です。母の長寿を願ってきました。

昼、昨日ヤフオクでゲットしたテスコ・ゴールドフォイル・ギター(改めて投稿します)と準備中の出店。
IMG_3396.JPG

夜のお地蔵さん
IMG_20170824_202409.jpg

IMG_20170824_202435.jpg

IMG_20170824_202448.jpg

IMG_20170824_202506.jpg

IMG_3416.JPG

IMG_3417.JPG

IMG_3423.JPG

posted by Kose at 21:53| 日記

2017年08月18日

手をケガして5針縫い7千円、ヤフオクでアウトレット1万で買ったギター7千円で売ってチャラ

ずっとギター工作していたら、2週間前カッターで手のひらを深く切って、病院に直行し、5針縫って7千円取られた。
やっと今日抜糸されたのでご報告。

ヤフオクの出品をぼちぼち続けている。もう部屋の整理という感じ。売れそうなものは1000円でも出してみる。
今まで、新品3万円のが1.8万、中古2.7万のが2.3万と高額落札でウハウハである。
そもそもあまり普通のギターを買わないというのが功を奏している。
今日のはアウトレット1万で買ったのが7.7千円だ。これも生産終了品だからわずか2割引で売れてしまった。
その金で、ましなプラシッドブルーのストラトを8千円、テスコ SM-2を8.8千円、ノーブランド(テスコOEM)を4.5千円で買えた。
ブラシッドブルーのストラトは、無名だが状態がよい(ピックアップ、コンター)ため、改造に使ってもいいし、そのまま弾いてもいいと思って、若干脱線気味に買ってしまった。

今は改造の台となるギターは買わないことにした。まずピックアップ研究が先決である。

今日電動研磨機(3千円)が届いた。これで金属磨き剤WETOLの来たら、ジャンクのふたつのテスコの金属部分を徹底的に磨く。

まだヤフオクに出す予定のギターが3本あるんだが、ギターポリッシュが切れたのと、梱包材がないの、用意ができたら出す。

レア感、ビンテージ感のないものは、値がつきにくい。高級でもなんだろうと。基本的に安く買いたいか、ここで買わないと他で買えないのでなければ売れないと考えるべきだね。

今まではシーツにギターを置いてサンプル写真を撮っていたが、今日リサイクルショップで500円でまともなギタースタンド買ってきた。これでカーテン背景で光の反射あまり気にせずとれるようになるだろう。

ずいぶん賢くなったような気がする。
posted by Kose at 22:30| 日記