2017年03月23日

また眠れない

困ったものだ。
睡眠はしばしば浅いものの、だいぶよくなったと思ったのだが。

チャック・ベリーの曲を録音しようと取り組んてみた。しかしキーが全然違うので、なんか全然違うものになりそうなので止めてしまった。

いずれにせよフラットな8ビートは生まれていたかもしれないけれど、信じられないかもしれないが、本当にそれでヒット曲を作ったのはチャック・ベリーが世界初である。

フラットなリズムは、ブルーグラスとかアパラチアンミュージックとスピードの速いR&Bが結合したもので、ただ8分音符を8つ並べたという音楽が本当になかったのは驚くべきことだ。チャック・ベリーでもシャッフルと8ビートは混在していた「ジョニー・B・グッド」「ロールオーバー・ベートーベン」は8ビートだが、「ロックン・ロール・ミュージック」は、シャッフル、「ベイベリーン」はどちらかというとカントリーに2ビートだと思う。その他いろんなリズムを試していて、50年代のラテン音楽も取り入れてる気配があり、シャッフルをなくすアイディアが出たかもしれない。

合掌!

第二次世界大戦がなければ、ロックはなかった。
途中まで調べたんだけれど、第二次大戦前まではだいたいビッグ・バンド・ジャズ一色なんだよね。ラジオが1930年代に普及だから。
それで日本も娯楽は忌避されたかと思いきや、1930年代になるともう軍歌ばかり。戦前歌謡のCDを母が聞きたがったから買ってきたら、まあハレンチな愛国演歌ばかりだ。
アメリカでも若干に多様な愛国ポップスはあったんだが、それよりビッグ・バンドを維持するようなショートか何とかが出来なくなったのが、戦後ポップスを変えたと信じる理由がある。
まずチャーリー・パーカーらのコンボジャズの誕生である。これはカントリーに影響してバンドスタイルを取らせて、ハンク・ウィリアムズ、病気のため逃れたが、他のバンドメンバーが徴兵されたためソロでデビューして戦後のカントリーの礎を作ったし、ビル・ヘイリーに直接影響を与えている。「テネシー・ワルツ」はカントリーと思われるが、演奏はどちらかというジャズである。そしてアメリカ白人労働者が徴兵されたため、まずメキシコ人労働者が流入した所為もあって、戦後すぐラテン・ブームが起こる。シカゴジャズはすでに成熟していたけれど、まあレースレコード視されていたわけだ。マディー・ウォーターズにスカウトされたチャック・ベリーは、ブルースの歌詞を捨てて、若者の恋とダンスという軽薄きわまりない歌詞で、非常に速い曲を録音したらばかうけだったんだ。これって現代日本のクソポップスそのものだからね。その影響は恐るべし。

そういうわけでノーベル文学賞はチャック・ベリーが受けるべきだったと思うよ。

posted by Kose at 03:39| 日記

2017年03月18日

弦とピック

池袋、人が多い。酔いそうだった。
やはりテレビのような美人ばかりではないんだなと、正直思った。あたりまえだが。
9月にブルーノート行ったとき、青山界隈は美人が多いわけではないんだが、服が明らかに高いんだよね。シックだし。「シック」って死語かな?テレビでは聞かない言葉だ。
原宿に行くにしたがい、美人が多くなる。友人の説では、青山の女性は青山に住んでいるが、原宿の女性は原宿で働いているためにそういう傾向が生まれると言うことだった。なかなか説得力がある。
池袋は、いろいろ栄えているらしいんだけど、青山に住んでいるような人も原宿で働いているような人もいないということだ。

さて弦とピックしか買わなかった。イシバシ楽器とクロサワ楽器ぶらっとしてきた。店頭だと、やはり商売だから、高いものはいいものだ感が半端ではない。10万円払って「安い」という感じである。
品揃えも偏りがあるしね。池袋のクロサワはフジゲンとバッカスがたくさんあり、少し興味をもった。また気分がよくなったら池袋クロサワに行くかもしれない。イケベは遠いため、体力の限界で、行かなかった。イシバシの定番感は半端でなく面白くなかった。次回はイケベにも行ってみたい。

ちなみにかつては、リブロとジュンク堂行ったものだった。リブロは三省堂に変わって、知識人の時代は終わったのだ。

sIMG_1994.JPG
posted by Kose at 15:56| 日記

睡眠悪い

3時起きだった。
なんとか、寝ようとがんばったが諦めた。もう6時だ。

今日は池袋にギター弦6セット買いにいく予定。
春だ。暖かいそうだ。何とか外出拒否症候群を克服しないと。

テレキャスとエレアコのゲージを太くする。テンション低すぎてお話にならない。まあ1弦のチョーキングがたいへんになるがそういうのは別のものでやればいいだけの話である。

何か他の楽器類も買うかもしれない。なにしろ外出するとしたらまれな機会なので。

しかし外出しないで4年くらい経っているから、2時間繁華街うろつくとへとへとになるのが現状である。これはぼくの病気の所為ではなくて、寝たきりの母の介護のため家から離れられなくなったら、習慣というものはおそろしいもので、いつのまにか外出するのにたいへんな決心が必要になっただけの話である。本気で外出したのは、たぶんパット・メセニーのブルーノート・トーキョーが最後なんではないか?9月の話だ。

まあ来週は桜咲き始めるかな?そうしたらより頻繁に外出したいものだ。
posted by Kose at 06:17| 日記

2017年03月17日

ジャンプの公式ロゴは海賊の顔ですが、横にすると何と少女の横顔になるんです


posted by Kose at 07:17| 日記

2017年03月16日

あれ?ノバルティス論文不正事件で無罪(朝日、日経)

朝日新聞熱心に報道していたと思ったんだが、稲田大臣同様ぼくも記憶力が悪いもんで・・・

ノバルティス論文不正事件で無罪判決 東京地裁
朝日新聞 2017年3月16日14時55分
http://www.asahi.com/articles/ASK3J4QRBK3JUTIL013.html?iref=comtop_8_03
 製薬大手ノバルティスの高血圧治療薬「ディオバン」に関する論文不正事件で、薬の効果を示す臨床データを改ざんしたとして薬事法(現・医薬品医療機器法)違反の罪に問われた同社元社員・白橋伸雄被告(66)と法人としての同社に対する判決が16日、東京地裁であった。辻川靖夫裁判長は白橋さんと同社に無罪(求刑・白橋さんは懲役2年6カ月、同社は罰金400万円)を言い渡した。
 白橋さんは、京都府立医大がディオバンの効果を調べる研究で、データの解析などを担当。論文を執筆する医師らに不正に操作した解析結果を提供し、2011年と12年に発表された論文に「ディオバンは狭心症などを防ぐ効果が高い」とする虚偽の内容を掲載させたとして、同法違反(虚偽記述・広告)の罪で起訴されていた。


日経は、詳しく報じている。毎日もほぼ同じ程度。
論文不正は、刑事的不正より、はるかに社会的に意義がないと理解してよろしいか?
あいつとかこいつとか研究不正糾弾至上主義者のひとたちはどう思うんでしょうね?上昌広とか、コメントないの???

ノバルティスと元社員に無罪、臨床データ改ざん 東京地裁
日本経済新聞 2017/3/16 14:49
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H4A_W7A310C1000000/
 スイス製薬大手の日本法人ノバルティスファーマ(東京)の高血圧症治療薬の臨床データを改ざんし、学術論文に投稿させたとして薬事法違反(誇大広告)罪に問われた元社員、白橋伸雄被告(66)と法人としての同社の判決公判が16日、東京地裁であった。辻川靖夫裁判長は「(研究者による)論文への投稿は薬事法が定める誇大な広告には当たらない」として無罪を言い渡した。
 判決理由で辻川裁判長は「症例の水増しなど意図的な改ざんがあった」と判断。同社から研究者側に多額の寄付金が提供されたことや、白橋被告がさまざまな改ざんを重ねて薬の有用性を示す論文発表に大きく関与したことも認めた。
 そのうえで「(被告にとって)論文を作成して学術雑誌に掲載してもらった行為に、医薬品の購入意欲を喚起させる性質があるとは言い難い」とし、薬事法違反罪には当たらないと結論づけた。
 検察側は白橋被告に懲役2年6月、ノバルティスに罰金400万円を求刑していた。
 旧薬事法(現医薬品医療機器法)は薬の効果などについて「虚偽または誇大な記事を広告、記述、流布してはならない」と規定。東京地検特捜部は両罰規定を適用し、法人としてのノバルティスも起訴していた。
 白橋被告は公判で「大学の研究を手伝ったにすぎない」「データの改ざんはしていない」などと無罪を主張した。ノバルティス側も「臨床研究の中心だった医師らが不正を主導し、会社に刑事責任はない」と主張していた。
 白橋被告は、京都府立医大の医師らが実施した高血圧症治療薬「ディオバン」の臨床研究で、薬の効果が実際より高く見えるよう改ざんしたデータを提供し、2011〜12年に学術論文を発表させたとして起訴された。

posted by Kose at 17:36| 日記

2017年03月14日

NHKが無視し続けるBPO、熊本放送に「放送倫理上問題あり」。

ご参考までに。
少数意見がついている点に注意。BPO勧告を伝えたNHKニュースの少数意見に関する部分が真実でないことが確認できた。

放送人権委員会 委員会決定 2016年度 第63号
「事件報道に対する地方公務員からの申立て」
(テレビ熊本)に関する委員会決定
http://www.bpo.gr.jp/?p=9008&meta_key=2016
2017年3月10日 放送局:テレビ熊本(TKU)

見解:放送倫理上問題あり(少数意見付記)
テレビ熊本は2015年11月19日、『みんなのニュース』等で、地方公務員が準強制わいせつ容疑で逮捕されたニュースを放送した。
この放送について申立人は事実と異なる内容で、容疑内容にないことまで容疑を認めているような印象を与え人権侵害を受けたと訴えるとともに、フェイスブックの写真を無断で使用されるなど権利の侵害があったと主張して、委員会に申立て書を提出した。
これに対しテレビ熊本は、「社会的に重大な事案」と位置付けたうえで、「取材を重ね事実のみを報道した」として人権侵害はなかったと反論した。
委員会は2017年3月10日に「委員会決定」を通知・公表し、「見解」として放送倫理上問題ありと判断した。
なお、本決定には結論を異にする3つの少数意見が付記された。

【決定の概要】

本件は、テレビ熊本が、2015年11月19日午後4時50分以降、ニュース番組の中で、地方公務員である申立人が、酒に酔って抗拒不能の状態にあった女性の裸の写真を撮影したという容疑で同日午前に逮捕されたことを報じた4つのニュースと、翌日以降、逮捕後の勤務先の対応や不起訴処分となったことなどを報じたニュースに関する事案である。本決定では、最も詳しく報道された逮捕当日午後6時15分からのニュースを中心に検討した。
申立人は、この放送について、意識がもうろうとしている知人の女性を自宅に連れ込んだとか、同意なく女性の服を脱がせたなど、申立人が認めたこともない容疑まで申立人が事実を認めているなどとして、申立人が悪質な犯行を行ったと印象づける放送を行って申立人の名誉を毀損し、また、申立人の自宅建物の映像をむやみに放送し、フェイスブックに掲載した写真も無断で放送して申立人のプライバシー等も侵害したとして、委員会に申し立てた。
委員会は、申立てを受けて審理し、本件放送には放送倫理上の問題があると判断した。決定の概要は以下のとおりである。
本件放送は、申立人について、(1)わいせつ目的をもって意識がもうろうとしていた女性を同意のないまま自宅に連れ込み、(2)意識を失い横になっていた女性の服を同意なく脱がせ、(3)意識を失い抗拒不能の状態にある女性の裸の写真を撮った、(4)((1)ないし(3)の)事実を認めている。さらに、(5)薬物などによって女性が意識を失った疑いがあり、警察はこの点も申立人を追及する方針である、ということを伝えるものである。テレビ熊本は、本件放送は警察の広報担当の副署長の説明に沿ったものであり、申立人に対する名誉毀損は成立しない、また、地方公務員であった申立人についてフェイスブックの写真や自宅建物を放送することは社会の関心に応えるものであって問題はないと主張する。
放送が示した事実のうち、逮捕の直接の容疑となった(3)の事実以外の(1)、(2)、(4)、(5)について真実であることの証明はできていないが、副署長の説明に基づいてこれらの点を真実と信じて放送したことについて、相当性が認められ、名誉毀損が成立するとはいえない。
しかし、>容疑に対する申立人の認否などに関する副署長の説明は概括的で明確とは言いがたい部分があり、逮捕直後で、関係者への追加取材もできていない段階であったにもかかわらず、本件放送は、警察の明確とは言いがたい説明に依拠して、直接の逮捕容疑となっていない事実についてまで真実であるとの印象を与えるものであった。また、副署長の説明を超えて、単なる一般的可能性にとどまらず、申立人が薬物等を混入させた疑いがあるという印象を与えた。これらの点で、本件放送は申立人の名誉への配慮が十分ではなく、正確性に疑いのある放送を行う結果となったものであることから、放送倫理上問題がある
フェイスブックの写真の使用やボカシの入った自宅建物の放送については、本件放送の公共性・公益性に鑑みて問題はないと考える。
委員会は、テレビ熊本に対し、本決定の趣旨を放送するとともに、再発防止のために人権と放送倫理にいっそう配慮するよう要望する。

全文PDFはこちらpdf

「委員会決定」における判断について
「補足意見」、「意見」、「少数意見」について
2017年3月10日 第63号委員会決定

放送と人権等権利に関する委員会決定 第63号

申立人
熊本市在住 地方公務員
被申立人
株式会社テレビ熊本(TKU)
苦情の対象となった番組
『みんなのニュース』『TKUニュース』
放送日時
2015年11月19日(木)
午後4時50分〜5時00分 『みんなのニュース』
午後5時54分〜6時15分 『みんなのニュース』(全国)
午後6時15分〜6時58分 『みんなのニュース』
午後8時54分〜8時57分 『TKUニュース』
11月20日(金) 午後6時15分〜『みんなのニュース』
11月27日(金)午後6時15分〜『みんなのニュース』
12月 9日(水)午後4時50分〜『みんなのニュース』
12月16日(水)午後6時15分〜『みんなのニュース』
(年末企画「くまもとこの一年」)
【本決定の構成】

I.事案の内容と経緯

1.放送の概要と申立ての経緯
2.論点
II.委員会の判断

第1.はじめに
第2.名誉毀損の主張について
第3.肖像権、プライバシー侵害の有無について
第4.放送倫理上の問題
III.結論

IV.放送概要

V.申立人の主張と被申立人の答弁

VI.申立ての経緯および審理経過

全文PDFはこちらpdf

「補足意見」、「意見」、「少数意見」について
放送人権委員会の「委員会決定」における「補足意見」、「意見」、「少数意見」は、いずれも委員個人の名前で書かれるものであって、委員会としての判断を示すものではない。その違いは下のとおりとなっている。

補足意見:
多数意見と結論が同じで、多数意見の理由付けを補足する観点から書かれたもの
意見 :
多数意見と結論を同じくするものの、理由付けが異なるもの
少数意見:
多数意見とは結論が異なるもの
posted by Kose at 09:49| 日記

2017年03月13日

VSTpluginsによるギターのベース化

ピッチシフターというエフェクターがある。
単に度数を−12落とすだけなので簡単なモノがいい。ハーモナイザーとか訳のわからんのはいらない。
結論
Pitchproof
http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=Pitchproof&id=1853
pitchproof_2.jpg
がよい。

ついでベースアンプ・シミュレーターは定番はこれだというのでまだ他のを試していない。ゲインはノイズの元なのでいらない。
Ignite Amp SHB-1
http://www.vst4free.com/free_vst.php?plugin=SHB-1&id=1132
*これ以外のリンクは、警告が出る。
Ignite_Amps-SHB_2.jpg

ギターはフロントにして、トーンを絞り、ピッキングはできる限りブリッジのあたりで弾く。指でもピックでもいい気がする。音はそれだけではアホみたいなたるんだ音にしかならない。ギターとベースのテンションが違うためだ。まあ他の音と混ざってしまえばそこそこごまかせる。イコライジングでいじれるかもしれない。

アホみたいなベースラインしか打ち込んで来なかったが、これでスライドを多用したフレーズも出来るかもしれない。やらないかもしれない。

さっき思いついた暇つぶしでした。楽器屋のベースコーナーを見ながら思いついた。ベースが軽くてでかくなければ考えるんだが。

ピグノーズのベースとか邪魔にならないのでいいかもしれない。誰かが弾いている動画。やはりものすごくテンションが低い。おもちゃどすな。またの機会に考えるかもしれない。


次のベースアンプシミュレーターを試した。
BOD(ページの2番目)
http://www.theserinaexperiment.net/software.html
BOD.png
*シンプルで一発でギター臭さがなくなる。

Ronald Passion releases Bass Preamp
http://rekkerd.org/ronald-passion-releases-bass-preamp/
ronald_passion_bass_preamp.png
これもかなりいい。

スライドとかハンマリングとか簡単になるよね。打ち込みみたいに、計算しないフレーズも弾けるし。そのうちためそ。実に面白かった。
posted by Kose at 21:36| 日記

2017年03月08日

次はアンプ

アンプはいろいろ売っていてね。
今本命はVOXのVXIIなんだけど、30Wというのが信じられん。USB出力の完全なアンプシミュレーター機能がある。しかし説明によるとパワーアウトのボリュームが別にあるらしいので、小出力で出来るらしい。ここ確認大切。1.2万円と言うから驚きだ。おもちゃとしても試す価値はある。

vox_vxiia.jpg

もうPOD2.0の音は飽きてしまった。歪み系もクリーン系もつまらない。
ソフトウェア・アンプシミュレーターを無料でPODは出しているんだが、新しいPOD Studioというアンプインターフェース・シミュレーターに製品版が同梱されているそうだ。一番お安いのが\9980である。

line6_psgx.jpg

VOXか?POD Studioか?両方かという感じだね。

まあ新しい中華レスポール担いで、春になったら、いろいろアンプを試す旅に出たい。いい加減家に閉じこもっているのは飽きた。





posted by Kose at 21:39| 日記

レスポール到着、嬉しい

美しい!
lsIMG_1988.JPG

虎目もそこそこ
lsIMG_1988-2.JPG

ヘッド Tokai Love Lock model
lsIMG_1990.JPG

ヘッド裏
made in China
lsIMG_1992.JPG

セットネックです。
lsIMG_1993.JPG

重い。YAMAHA SG800よりは軽い。Ibanezよりはずっと重い。
Ibanez比でパワーは少しない。

Direstraitsの「マネーフォーナッシング」のリフをそれぞれトーカイ・レスポール、アイバニーズ・GIO、バッカス・テレキャスでひいいたもの。

トーカイの方がパワーは落ちるが甘い。Ibanezのパワーはすごく荒い(相対的に)。テレキャスはそもそも低音が出ないのでこんな感じ。アンプの設定は同じで、マイクでアンプ出力を録音。



問題は、ハムバッカ―が強すぎると、何にもニュアンスがないかうるさいかということになるが、マーク・ノップラーの「ブラザーズ・イン・アームズ」のピッキングで、強さで、クリーンとハイゲインをコントロールしていると言うことだ。それをまねしたいだけの話。アイバニーズではそういう芸当は不可能ということ。

スケールが短いので、ビブラートこんなにかけやすいのには驚いた。

しばらくお遊びしたい。
posted by Kose at 13:51| 日記

2017年03月07日

何か書くべきかと思うが、

朝よく寝れていないまま、午後役所と医者を歩き回ったらクタクタになった。何も書く気にならん。

ひとついいこと教えてくれよう。

マイナンバーカードのサイズは履歴書サイズではなく0.5cm大きいパスポートサイズだ。で役所の窓口では発行してもらえない。郵送かネットである。写真のサイズを知ったこと以外無駄足だった。

どう考えてもマイナンバーカードが普及するとは思えない。

とにかく疲れた。

追加:
TOKAIのギターの配送は佐川急便だった。よかった。明日か明後日到着するだろう。

posted by Kose at 19:02| 日記