2017年04月23日

デジカメ、新調す

桜のシーズンに、デジカメをパーカーのポケットに入れてチャリを飛ばしていたら、ポケットから落ちて、アスファルトの道路に思い切り叩きつけられた。一見無事だったのだが、なんとバッテリが壊れた。

しかし、すでにレンズに傷がついていて、望遠にするとそれが影になって出るため、なんだかスマホのアホなカメラと同じ程度になっていたので、いずれ買い直さなければならなかったのだ。

さて、ギターを全部修理作業中で、ぼろいフレットを全部磨き直し、ブリッジも調整して、ほぼ完全にビビりがなくなった。しばらく新しいギターを買う必要はなくなった。しかしこのメンテナンスは、新しく買ったバッカスのテレキャスの調整がきっかけだったから、まるで間抜けな買い物ではなかったのだ。トーカイのレスポールは少し間抜けだったかもしれないが、置物だからいいのだ。

最後に残ったのが、内蔵スピーカーから音が出なくなってホコリをかぶっていたピグノーズのギター
pignose_DSCN0001[1].JPG

これは新しいデジカメ、Nikon COOLPIX A10(あえてバッテリーではなく電池式で選んだ)、¥9400で撮影した。
digicame_IMG_20170423_162105.jpg
*これはスマホで撮った。

結局、回路が一カ所断線していただけ。完全に復活した。
弦はショートスケールかと思ったら、ギブソン的ミディアムスケールと同じであった。しかしテンション低い。ピックアップは、ブリッジそばにあり、シングルコイルサイズのハンバッカ―であった。本体で出す音はどうしようもないが、アンプに通すと少しフェンダーっぽい。これはこれで面白い。

かくしてエレキブームは、なんか終わった感じがする。
*もちろんNHKが土下座したら、ストラト買うけど。
posted by Kose at 17:09| 日記

2017年04月16日

夏か?池袋に外出

ikebukuro_IMG_20170416_150244.jpg

池袋の何を撮影すると池袋っぽいかわからないので、池袋東口を撮った。

イシバシ楽器で、弦スリンキー0.09〜0.46の3セット・パックと、1弦だけ0.09と0.10を買った。しょっちゅうギターの手入れをしているため、毎週のように切れる。ついでに小物、ギター・メンテナンス用スプレー(指板用、ボディ用、接点用3個入り)というのを買った(クロスも別に)。

指板用スプレーは恐るべき効果がある。絶対に1.5倍急にギターが上手くなる。この歳になるまでそういうものがあるというのを知らなかった。下のスライド・ムーブというのがそれ。

CUSTOMTRY CC3P 【メンテナンス3点セット】(クロサワ楽器)

posted by Kose at 22:05| 日記

2017年04月09日

話題がない:ジャガーの話でも

新しいギター2本の弦が切れた。外出の目的としてはちょうどいいといいたいが、何せ天気が悪い。
いろいろセッティグをいじっているから、なんども弦を緩めたり張ったり繰り返すうちに、切れる。

ピックアップとブリッジの高さをできるだけ近く、かつ低く設定しようと調整していたら、切れた。
買いに池袋に行こうとも思った。しかし寒い雨だ。何にも楽しい気分ではない。

そういうことで、クロネコヤマトには悪いけれど、アマゾンで買おうかな?いや、アマゾンは頭がおかしくて、この前、弦と本をセットで注文したら、岐阜県多治見市の倉庫から、深夜、東名高速を走らせ、朝に下板橋の配送所に送り、そこから家に届いたのは14時だった。下板橋なら、チャリで10分で行ける。どうやって非効率なことを考えるとそういうシステムが出来るのか理解不能である。まさか人工知能が構築したんじゃないだろうな?

やっぱりもうアマゾンは、Kindle本だけにしておく。来週まで別のギターを弾いていることにする。

いろいろ調べるのにはアマゾンは便利だとしかし思った。

ぼくが最初に弾いたエレキギターは、岩国基地でベンチャーズのコピーバンドをやっていた兄(結構年の差がある)が、家に持って帰って置きっ放しにしていた、ジャガーのコピーモデルだったことを、何気にアマゾンを見ていて、ジャガーだがジャズマスターだかが偶然目に入って思い出した。どっちだったか最初よく思い出せなかったが、確実にジャガーのコピーモデルであった。あの変なスイッチの意味が全然わからないまま、自分のギター(フェルナンデスの白のストラト・モデル)を買った。格好良くなかったからである。
フェンダー・ジャガー(本物) ピックアップが細いのがジャガーの特徴(ハムバッカー並みに太いのがジャズマスター)
05-3169966091s.jpg
ジャガーのコピーモデルをスクワイアとかバッカスとかが出していて笑った。いわゆるグランジロックとか貧乏ロックバンドが、フェンダーが生産中止した黄昏のそのモデルを使うようになって、現代ではむしろ「格好いい」らしいのである。

ジャガーの偽物にスクワイアーがジャグマスターと称する(フェルナンデスも出している)、なんちゃってフェンダーギターを出しているのも見つけた。ジャグマスターというのは、格好はジャズマスターで(まあジャガーでもたぶんだいたい同じだと思う。両者の大きな違いはピックアップなので)、それにストラトのブリッジをつけたもので、奇妙なスイッチの類いはなく、超無愛想な機械部品みたいなトグルスイッチだったりする。そしてピックアップは、完全にハムバッカーである。
スクワイア・ジャグマスター
Squier.jpg
フェルナンデス・ジャガー
img58307471.jpg
形はそうかもしれないが、機能的にはボルトオンネックのSG(エピフォンが廉価版で出している)と同じじゃないんだろうか?
オリジナルのジャガーは低音が出ないで、サーフミュージック(テケテケテケ)に重宝されたのに、ハンバッカー付けたら別物でしょう。
しかし、お手頃なものがあったら、本物でも偽物でもいいけど、思い出のために手に入れたいものだと今日思った
参考
ジャズマスター
fen_014-1210-757naa_2.jpg

追加
バッカスのブリッジ・テールピースがギブソン・タイプのジャガー
img1_404777.jpg

posted by Kose at 20:45| 日記

2017年04月08日

加賀石神井川 2017/04/08 

土曜の午後で満開なのに、曇天で少し肌寒く、ほとんど人出がない。

sakura_IMG_2029.JPG

sakura_IMG_2033.JPG

sakura_IMG_2034.JPG

sakura_IMG_2035.JPG

sakura_IMG_2036.JPG

sakura_IMG_2039.JPG

posted by Kose at 14:25| 日記

「アイ・ハフ・タ・ゴー」は本当か?

実例
Weblio辞書
http://ejje.weblio.jp/sentence/content/have+to+go
Google翻訳
https://translate.google.co.jp/?hl=ja#en/ja/I%20have%20to%20go.
で発音が確かめられるが、「アイ・ハフ・トゥ・ゴー」以外の何ものでもない。

I want to go.
の口語体が
I wanna go.
だとか

I got to go
も口語で
I gotta go

なのは洋楽を聴いている人は知っているだろう。

おそらく東進ハイスクールの講師は、意味の上で「I gotta go」=「I have to go」であることから完全に勘違いしているのではないか。
臆面もない間違いだろう。
ニュージーランドではそう発音するのかもしれないが。英会話学校にニュージーランド人講師がいて、何も聞き取れなかったことについてその学校に文句を言ったことがある。

だいたい、アクセントの「ない」音節の母音が何であるかは、大して重要ではない。「to」の母音が何かは全然重要ではないし、それが聞き取りに重大な影響はないだろうね。詐欺師が。

それを言うなら、「イーグルズ」、「ヤンキーズ」、「ブルーズ」問題を受験英語はなんとかして欲しい。

posted by Kose at 13:42| 日記

2017年04月04日

加賀石神井川の桜 2017/04/04

今日は通院だった。チャリで急いで通りながら、桜を撮った。まだ蕾が開きかかっているのがあるから9分咲きか?

sakura_IMG_2019.JPG

sakura_IMG_2021.JPG

sakura_IMG_2023.JPG

sakura_IMG_2025.JPG

これは板橋という名の橋の桜。逆光を避けたらたまたまこんな構図になってしまった。
sakura_IMG_2027.JPG

posted by Kose at 17:36| 日記

2017年04月03日

加賀石神井川の桜 2017/04/03

まだ満開という感じではない。明日、明後日かな?

sakura_IMG_2011.JPG

sakura_IMG_2012.JPG

sakura_IMG_2013.JPG

sakura_IMG_2014.JPG
posted by Kose at 13:42| 日記

2017年04月02日

飛鳥山へ行く

上野はさすがにひどい混雑だろうと思い、バスで王子の飛鳥山公園に行った。

都電荒川線
oji_IMG_2002.JPG

テレビでは上野は7分咲きと言っているが、飛鳥山公園は、3分咲き程度だと思う。しかし人出は満開であった。気温は、そこそこ暖かかった。写真は撮らないが、何にも桜咲いてないところで、顔を真っ赤にした若い女性がもののあわれであった。
oji_IMG_2004.JPG

ショーもやっていた。枯れ木も山の賑わいである。
oji_IMG_2007.JPG

帰りは、徒歩だった。石神井川の滝野川、加賀の桜は7分咲き以上であったものの、デジカメの電池切れで撮影できなかった。明日以降、チャリで撮影しに行きたい。

なんとか週末外出の目標は達成した。

FBに「― 安い!ギター愛好会」というのがあって、参加している。これが面白いし、勉強になる。このグループにおける「安い」というのは3000円くらいまで。ヤフオクやハードオフで探すらしい。ハードオフは、近所だと下赤塚〜成増の中間あたりの辺鄙なところにあるハードオフ板橋赤塚店だけである。いつか探検しに行きたい。

安いLegendのプレベなんだが、一所懸命練習していたら、フレットの端の処理が甘い(安いアジア製ではありがち)ため、指の腹から血が出るまでになってしまった。紙やすりでなんとかなめらかに削って、現状問題はなくなった。

バッカスといい、Legendといい、図工の時間みたいである。


posted by Kose at 18:23| 日記

2017年03月25日

2週連続で池袋へ行った

池袋のイケベ楽器で弦を買った。
テレキャス用のアーニーボール(010〜046)×2(調整ばかりしているので、よく切れる)、モーリスアコギ用のマーチン(012〜054ブロンズ80/20、買ったときから張り替えていないし、Ibanezにこの弦を張ったらたいへん明るい温色になったため)、ベース弦(メーカー品は3000円なのでイケベオリジナル645円というのを買った。ベース弦はアマゾンが安い)。
中古ベースのトーンのポット(ボリューム・パーツ)にガリがあるため、イケベであるか探したらあった。たぶん600円。アマゾンで買うと送料がついてしまうため、何かのついででないと1000円になってしまう。アマゾンで弦と一緒に買おうかと思ったが、土曜日を外出の日と習慣づけることを優先して、また別の機会にすることにした。ポットを変えるとき弦を交換するつもり。
ikebe_201703.jpg

ここのイケベ楽器には薄いエレアコがいろいろあって面白かった。

クロサワも行ったがいずれも「フェンダーUSA」が安い。ジャパンと変わらない値段で売られている場合がある。どこかでギブソンのSGが安すぎるがどうなんだという話を読んだことがあるが、何か業界に変動があるのかもしれない。トランプ効果かな?アメ車は絶対に売れないと思うが、ギブソン、フェンダーならいくらでも売れると思うけれどね。
posted by Kose at 15:42| 日記

2017年03月23日

フルニトラムゼパム飲んでいる

12月から今の医者が減薬に積極的で、睡眠導入剤2種類、気分安定剤1種類を完全に止めた。
今は睡眠導入剤2種類、気分安定剤2種類である。
次の朝日の記事が気になって、現在残っている睡眠導入剤調べた。
1.フルニトラムゼパム
2.プルチゾラム
各2錠。
1のフルニトラムゼパムが、下記の「ベンゾジアゼピン(BZ)系」である。
Wikipedia
フルニトラゼパム(英: flunitrazepam)とは、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤である。商品名ロヒプノール、サイレースで販売される。
一般的に、睡眠薬としてのフルニトラゼパムの処方は、特に入院患者など、他の催眠薬に反応しない慢性または重度の不眠症の短期間の治療を目的としている。フルニトラゼパムは、投与量ベースで最も強力なベンゾジアゼピン睡眠薬の一つとされている。他の催眠薬と同様、フルニトラゼパムは、慢性の不眠症患者に対して短期的・頓服的に限って使用すべきである。
日本のベンゾジアゼピン系の乱用症例において最も乱用されている。日本の麻薬及び向精神薬取締法の第2種向精神薬である。向精神薬に関する条約のスケジュールIIIに指定され、これは1994年に他のベンゾジアゼピン系よりも強い乱用の傾向から1段階昇格した。アメリカでは医薬品として承認されたことはない。日本の精神科治療薬のうち過剰摂取時に致死性の高い薬の3位である。

あのお、おそらくこの睡眠導入剤10年は飲んでいるんだけど・・・よく死ななかったなという気分である。
2はおそらく普通の睡眠導入剤である。
2で眠って、1で睡眠を継続していると思われるが、1がもはや効いていないから季節的に起きちゃうことが多いのじゃなかろうか?飲まないでもいいじゃないか?もう以前のように、鬱状態はないので、別に起きてしまっても、「明けない夜はない」とか言い聞かせつつまんじりともしないということはないだろうと思う。
医者が、これからも薬を減らすと言っているので、おそらくフルニトラムゼパムの変更になるんじゃないだろうか?

睡眠薬依存 注意の改訂指示 厚労省
黒田壮吉
朝日新聞 2017年3月22日07時44分
http://digital.asahi.com/articles/ASK3Q2H4RK3QUBQU001.html?rm=384
 睡眠薬や抗不安薬、抗てんかん薬として処方される「ベンゾジアゼピン(BZ)系」という薬などについて、規定量でも薬物依存に陥る恐れがあるので長期使用を避けることなどを明記するよう、厚生労働省は21日、日本製薬団体連合会などに対し、使用上の注意の改訂を指示し、医療関係者らに注意を呼びかけた。
 対象はエチゾラムやアルプラゾラムなど44種類の薬。BZ系薬は短期の使用では高い効果を得られるが、薬をやめられない依存性や、やめたときに不安、不眠などの離脱症状が生じることがあるとされる。日本では広く使われているが、欧米では処方が控えられ、長期的な使用も制限されている。
 厚労省は、「承認用量の範囲内でも、薬物依存が生じる。漫然とした継続投与による長期使用を避けること」「投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと」などと使用上の注意に明記することを求めている。
posted by Kose at 09:59| 日記