2014年05月12日

Ubuntu 14.04 LTS日本語リミックス・インストール(付スクリーンショット)

Ubuntu 14.04 LTS日本語リミックス・インストール(付スクリーンショット)
Ubuntu 14.04 LTS(4月17日リリース)を日本語環境に最適化したバージョン。
日本語はもちろん動作も安定しているようだ。日本語入力にはオリジナル版のIBusでなくFcitxが使用されている。

Ubuntu 14.04 LTS日本語リミックスISOイメージを次からダウンロードする
 *64bit(4/28リリース)がメインで、32bit(5/7リリース)は、リストの下部にある

Ubuntu Japan Team Ubuntu 14.04 LTS 日本語 Remix リリース
http://www.ubuntulinux.jp/News/ubuntu1404-ja-remix

ダウンロードしたISOイメージをDVDまたはUSBメモリーへ焼く方法については別を参照されたい
*UNetbootinが対応していないかもしれない情報あり。その場合にはCDサイズのオリジナル版やLubuntuをインストールした後、「ブータブルUSBの作成」ソフトで(Ubuntu日本語リミックスは上書きすればいいだけの話)

A) インストール

DVDまたはUSBを挿入し、再起動または起動直後F12を押して、DVDまたはUSBからブートする
*BIOSの設定がまだでF12が有効となっていない場合がある。

Ubuntu-1404-LTS-32-001.png

「日本語」と「Ubuntuをインストール」を選択
Ubuntu-1404-LTS-32-003.png

インストール中のアップデートとサードパーティライセンスにチェック

Ubuntu-1404-LTS-32-004.png


パーテーション パーテーションの事前の設定により異なる ここでは全体を使う
Ubuntu-1404-LTS-32-005.png


インストール開始(バックグラウンドで)

タイムゾーン *デフォルトでTokyoになっているはず
Ubuntu-1404-LTS-32-006.png


キーボードの選択 デフォルトで可
Ubuntu-1404-LTS-32-007.png

ユーザーの設定 ユーザー名=本名 ホスト名は自動のものでなくわかりやすいものに変更
Ubuntu-1404-LTS-32-008.png

Ubuntu-1404-LTS-32-009.png

インストール 20分位? 案内が表示される
Ubuntu-1404-LTS-32-010.png

Ubuntu-1404-LTS-32-011.png

Ubuntu-1404-LTS-32-012.png

Ubuntu-1404-LTS-32-013.png

Ubuntu-1404-LTS-32-014.png

Ubuntu-1404-LTS-32-015.png

Ubuntu-1404-LTS-32-016.png

Ubuntu-1404-LTS-32-017.png

インストール完了 & 再起動
Ubuntu-1404-LTS-32-018.png

B)初期設定

ログイン
Ubuntu-1404-LTS-32-101.png

パスワード入力
Ubuntu-1404-LTS-32-102.png

ログイン成功 *Virtual Boxなので縦横サイズが変なのは勘弁して
Ubuntu-1404-LTS-32-103.png

日本語入力のチェック Fcitx+Mozcであることがわかる

Ubuntu-1404-LTS-32-105.png

Ubuntu-1404-LTS-32-106.png

アップデートのアイコンが出るのですぐアップデート 結構かかる

Ubuntu-1404-LTS-32-107.png

Ubuntu-1404-LTS-32-108.png

Ubuntu-1404-LTS-32-109.png

アップデート完了 & 再起動
Ubuntu-1404-LTS-32-111.png


C) いくつかの初期設定の例

再ログイン
Ubuntu-1404-LTS-32-201.png

1.Fcitx-Ibusの日本語入力の様子

Ubuntu-1404-LTS-32-202.png

以下はVirtual Boxでなく、ハードディスクにインストール済みのUbuntu 14.04 LTS 日本語リミックス
*Virtual Boxでソフトウエアの追加に不具合が出たので

2.Unityデスクトップ全体 *だいぶすでにカスタマイズしているが
ubuntu1404b-001.png

3.UnityのDashメニュー、頭の悪い人工知能的
ubuntu1404b-002.png

4.Gimpでスクリーンショットを編集
ubuntu1404b-003.png

5.ソフトウェアで未インストールの優秀カスタマイズソフトをインストール
ubuntu1404b-004.png

DropBox
 *インストール後、Dashバーのアイコンをクリックすると設定画面がポップアップ。DropBoxが初めて起動。登録・サインイン必要

ubuntu1404b-005.png

Classic Menu Indicator
 *UnityにGNOMEクラシックのメニューを加える。やはりDashバーのアイコンをクリックしてはじめて起動

ubuntu1404b-006.png

GNOME flashback
 *GNOMEクラシック・デスクトップを選択可能にするパッケージ
 *もうひとつのGNOME化ソフトだと更にめんどくさいGNOME3になってしまう
ubuntu1404b-007.png

ubuntu1404b-008.png

6.Windowsファイル共有(Samba)
 *方法はWindowsの操作に似せてある

ubuntu1404b-009.png

「ファイル共有」ディレクトリを共有します 右クリック
ubuntu1404b-010.png

共有ポップアップ LAN内なので全部チェック
ubuntu1404b-011.png

共有確認 初回はSambaをインストールするか尋ねられるのでインストールする
ubuntu1404b-012.png

左の「ネットワークを表示」をクリック>Windowsネットワーク>WORKGROUPが表示されたところ
*LAN接続設定状況によって、このあとここ止まります
ubuntu1404b-015.png

例: Windows公開ディレクトに収集したディストリビューションISOイメージたち

ubuntu1404b-017b.png

6,GNOME flashbackでログイン(GNOMElashbackなどがインストールされるとミニアイコンが出てデスクトップが選択可能になる)
GNOME(lashback)デスクトップ *Unityがない。またGNOME3でないのでActivityもない
 *懐かしのプルダウンメニュー

ubuntu1404b-018.png

Classic Menu Indicatorもおなじことさ

ubuntu1404b-019.png

場所を開く

ubuntu1404b-020.png

Lubuntuなどのようにシステムメニューが独立していない。なので最終的にLXDEのほうがいいかも説になってしまう。
とくに重く感じられる場合

お疲れ様でした。
posted by Kose at 05:10| -Ubuntu