2014年05月02日

OpenMandriva 14.0リリースも多言語化全くダメ

OpenMandriva 14.0のリリースの記事がTwitterであったのでリンクされたサイトから、ISOイメージをダウンロードして、インストールしてみた。
ローカライゼーション形式その他は、PCLiluxOSと全く同じだが、ロケール情報が限定的な英語版しか存在しない。
単に2時間位と(食事を挟む)、1枚のDVDーRを無駄にしただけだった。

OpenMandriva Lx
Last Update: Thursday 1 May 2014 08:35 GMT
DistroWatch.com
http://distrowatch.com/table.php?distribution=openmandriva

ライブ形式でUSBだけからインストールも可能だという点がいいし、全体的なデザインのモダンさはかなり優れているので残念だ。ちょっとおもちゃみたいな感じがあるKDEをかなりアレンジしたデザイン。
日本語化は
PCLinuxOS > Mageia(入力ダメ) > OpenMandriva(英語だけ)
だが洗練度は逆に
OpenMandriva > Mageia > PCLinuxOS

ブートローダーはおそらくどれもGRUB(Legacy)だと思われる。これはそろって何とかしてほしい。
posted by Kose at 20:59| -日本語非対応?ディストロ