2014年04月27日

K/X/L/ubuntuの再現テスト &Bodhi Linux途中

Ubuntu 14.04 LTSファミリー編

Lubuntu 14.04 LTSのリポジトリには、DropBoxがあり、Lubuntuソフトウェアからインストールすると、メニュー(インターネット)にDropBoxインストーラーが登録される。それを実行すると、一般的なDropBoxのサインイン、ログイン画面がポップアップする。
Xubuntu、Kubuntuも「***ソフトウェア」でインストール可能である。当たり前か。
ホーム・ディレクトリとバー右にリンクが貼られる。

DropBoxサイトのコマンドラインによるインストール方法と基本的に同じことである。

Kubuntu 14.04 LTSは書いたかもしれないが、インストーラーの最初の画面中央上の言語欄で日本語を指定すると、すらすらインストールが終わってしまう。IBus−Anthyがデフォルトでインストールされる見事さだが、IBus-MozcはSynapticパッケージマネージャーでインストールしても反映されない。この点については他のブログも同じだった。

昨日書いたが逆にXubuntu 14.04 LTSは、IBusそれ自体がデフォルトでインストールされないので、Synapticパッケージマネージャーで「ibus」と検索し、IBus、IBus-Anthy、IBus-Mozcをチャックして、同時にインストールすれば、日本語入力可能になる。

いろいろごきげんがあるものだ。Ubuntu 14.04 LTSとLubuntu 14.04 LTSはデフォルトで問題なく日本語入力でき、Mozcの設定も可能である。なお今のAnthyは、それほどMozcに引けを取るわけではなく、Ubuntuデフォルトのインプットメソドなので、無理してMozcはいれないでも抵抗は感じない。
--------------------------------------------------------------------
おまけ、再現テスト・シリーズ

 低評価に終わったディストリビューション(絶望的なのは除く)を追試する。Ubuntu派生版の一部の評価を変えたからである。ディストリビューション・インストールのコツが高まったのが理由である。

Bodhi Linux編

Bodhi Linux 2.4がライブCDの部屋で公開されている。オリジナル版は、インストーラー2バイト文字が、全部文字化けする。Bodhiは菩提のことであるから、漢字が表示できない菩提Linuxというのほどナンセンスなことはない。しかしそれを差し置いて、愛好家は少なからずいるみたいで、ライブCDの部屋バージョンで普通に使っているようだ。Ubuntuの派生版だが、デザインの大人っぽさと軽量化にこだわっているらしい。ライブCDの部屋のサーバーが遅いのでダウンロードに2時間位かかる。

その間オリジナルバージョンを文字化け状態でインストールしてみることがきる。Ubuntuのインストーラーと同じ画面だから文字化けしていてもなんとかなる。しかしインストール後まだ英語バージョンで、言語設定で日本語(ja UTF-8)にすると「文字化けする」。やれやれ・・・

そこでブログで触れられることが多い「ライブCDの部屋」版日本語化Bodhi Linuxを一応試してみることにした。

CDに焼いてインストールしてみた。まずインストーラーは日本語化されている。しかし、なぜかインストーラーが途中で停止してしまう。

この代わりにUSBに焼いてインストールした。結果的に日本語化されたBodhi Linuxのインストールに成功したかに見えた。

しかし!日本語入力ができない。IBusとIBus-Mozcも入っているが、「入力窓がありません」というメッセージが出る。またブートーローダーがうまく働いているのかが確認できなかった。

ここまで昨夜。

今朝から再インストールを条件を変えてやっているが、初回のインストール成功以上の結果が出ていない。午前中に改善が見られなかったから、撤回する。

そういう結果を受けて、基本的に「ライブCDの部屋」なら日本語化できるというのは、基本的には「使えない」という結論に至った。

さてBodhi Linuxの次は以下のディストリビューションの再現テストを行うつもり。日本語とドロップボックスとブートローダーが評価の中心である。

PCLinuxOS 日本語が限定的の評価
Mageia 4 日本語不可の評価
Momonga 使えるが開発が停滞しているのと、意図がよくわからないという評価
TurboLinux リポジトリが拡張性がないという評価
ArchBang 日本語不可の評価だった

あと、やはり開発が停滞中だが2000年代では国産ディストリビューションとして高い評価を得たVINE LinuxもopenSUSEとともにWindows 7 外付けHDDで、今後テストしたい。

posted by Kose at 10:40| -Ubuntu