2014年04月22日

Xubuntu14.04LTSアップグレード版のMozc設定

デフォルトのIBus-Anthyで全然問題ないです。部分的な慣れに違いわありますが。

Mozcも使えます。

おそらくUbuntuファミリー
Ubuntu 14.04LTS、Kubuntu 14.04LTS、Xubuntu 14.04LTS、Lubuntu 14.04LTSなど共通だと思いますが、一番に日本語入力に問題があったXubuntu 14.04LTSの設定を例に紹介します。

まずUbuntuソフトウェアセンター(それに準ずるもの)でMozcのインストールが部分的にできます。実はClientがインストールされないバグがあるため、ソフトウェアセンターで、詳細なインストールができる「Synapticパッケージマネージャー」をインストールします。いずれも検索したほうが速いです。

Synapticパッケージマネージャーのインストール
Mozc0.png

すでにMozcをソフトウェアセンターインストールしていてもしてなくても構いません。
Synapticパッケージマネージャーで「Mozc」と検索します。下の4つをチェックして適用し、インストールします。
Mozc1.png

Anthyのアイコンを右クリック>設定を選び、Mozcを登録します。
Mozc2.png

右クリック>再起動 のあと、左クリック>Mozcアイコンを選択すれば、Mozcが使用可能になります。

MozcはGoogle日本語入力と同じものです(通信機能がないだけ)。

さて、Ubuntuで常用していた大きめのソフトをXubuntu 14.04LTSに入れた結果右端の大きなパーテーション17GB程度のうち11GBを使ってしまいました。LibreOffice、Gimp、Eclipseなど入れるとこんなかんじです。参考にしてください。
partation-xibuntu.png

KubuntuとLubuntuもこのドライブに入っているので(全部GRUBメニューでUbuntuになるのでわかりにくいんだが)、全部ソフトのインストールとMozc導入をこれからの作業にします。

あ、午前6時だ(3時からやってやっと終わりました)。
posted by Mondayota at 06:00| Linux