2014年04月13日

PuppyLinux起動成功&Windows XPマシーンの超簡単に再利用

日本語化バッチリです。SCIM-Anthyで入力できます。入力仕様はMS-IMEとほぼ同じな感じ。変換候補表示が少なく、アプリケーションの左上に出るのが異なる。
ブラウザは、Operaが用意されてました。

スクリーンショットをとりました。

puppylinux-desktop.png

確かにGparted使えます。下のはUbuntuとFedoraのHDDのパーテーション。

puppylinux-gparted.png

PuppyLinuxをHDDやUSBメモリーにインストールする機能もあり、パッケージを追加することもできそうですが、それはまたの機会にします。これで、TurboLinuxの入ったHDDにパーテーションを作れるんじゃないかと。その時、HDDやUSBへのインストールも試してみます。

Windows XPマシーンを一番簡単にLinuxマシーンとして利用する方法は、PuppyLinuxだということが分かりました。
posted by Kose at 12:48| -日本語非対応?ディストロ