2014年01月26日

VideoLANドキュメント私訳 第九回(最終回) XSPF(プレイリスト)

VideoLANドキュメント ストリーミング関連抜粋私訳
https://wiki.videolan.org/Main_Page/

VLC Media Playerを持ちでないかたは(オープンソース・フリー、各種OS版あり)
VLC Media Player ダウンロード・ページ

VideoLanのwikiドキュメントの内、ストリーミングに関連するドキュメントを翻訳試みました。
数回に分けて掲載します。全部を一度に見る場合は、次のPDFファイルをご覧ください。
VideoLAN-Document-Streaming-How-To-etc.pdf
##########################################
第九回 XSPF

訳注:プレイリストファイルの問題
オーディオファイルを連続再生するためにはプレイリストを作成する必要があります。
ローカルでは単に複数のファイルを開く(メディア)、ディレクトリを開く(メディア)で自動的にプレイリストが作成されます。
開いたあとプレイリストファイルを保存する(メディア)とプレイリストファイルが拡張子.xspfのXMLファイルとして保存されます(テキストファイルです)。
プレイリストファイルはエディターで開くことができます。またエディターでプレイリストを作成編集ができます。
これを訳出するのは、連続ストリームをすると曲の頭で変換が行われるため、頭が切れる場合が生じる不具合に対応するためです。ここまで訳出してきて「変換しない」ようコマンドラインを編集したらいいのじゃないかと思ってますが、ついでなので訳出します。う〜ん?

XSPF
https://wiki.videolan.org/XSPF/

VLCプレイリスト

スピフと発音するXSPFはXML形式のプレイリストです。これはXiphによってサポートされます。これはフリーでオープンのフォーマットなので簡単に、自由にプレイリストを共有するのに使うことができます。

目次
1.サンプル
2.互換性
3.VLC拡張
3.1.vlc:node
3.2.vlc:item
3.3.vlc:id
3.4.vlc:option
3.5.VLC拡張をともなうXSPFのサンプル
4.参照
5.安全でない操作

1.サンプル

非常に単純な例は次のようなものです:
*訳注:インデントができず、見難くてすいません。オリジナルページをご覧ください。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<playlist version="1" xmlns="http://xspf.org/ns/0/">
<trackList>
<track><location>file:///mp3s/song_1.mp3</location></track>
<track><location>file:///mp3s/song_2.mp3</location></track>
<track><location>file:///mp3s/song_3.mp3</location></track>
</trackList>
</playlist>

2.互換性

XSPFの互換性について知りたい場合は、次に追加してください
https://wiki.videolan.org/index.php?title=XSPF&action=edit

3.VLC拡張

XSPFは特別なデータをアプリケーションに追加できる拡張をサポートしています。この拡張は次の項目にあります:

・playlist
・track

拡張フォーマットはネームスペース xmlns:vlc="http://www.videolan.org/vlc/playlist/ns0/"で規定されています:

<playlist version="1" xmlns="http://xspf.org/ns/0/" xmlns:vlc="http://www.videolan.org/vlc/playlist/ns/0/">
...
<extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
...
</extension>
</playlist>

現在、拡張は次の要素をサポートします:

・vlc:node
・vlc:item
・vlc:id
・vlc:option

拡張vlx:nodeとvlc:itemはプレイリストのツリーを表示する方法を設定するのに用いられます。それは標準XSPFではサポートされていません。

3.1.vlc:node

この要素はプレイリストのノードとして表示されます。それはプレイリスト・ブロック(playlist/extentionの下)に見ることができます。その名前だけが設定できます:

<vlc:node title="Node title">
[list of vlc:item or vlc:node]
</vlc:node>

3.2.vlc:item

この要素はプレイリストの項目(ノードではなく)を表現します。それはプレイリスト・ブロック(playlist/extentionの下)に見ることができます。それはトラックIDだけを格納します(下記参照、vlc:id):

<vlc:item tid="42" />

3.3.vlc:id

この要素はトラックIDを設定します。トラック・ブロックの拡張(playlist/trackList/track/extensionの下)に見ることができます。

<vlc:id>42</vlc:id>

idの値はvlc:itemの属性tidの値に一致します。それぞれのvlc:idはエントリーごとに異ならなければならないことに注意。そうでないとすべて表示されません。

3.4.vlc:option

この要素で入力項目にオプションを加えることができます。それはトラック・ブロックの拡張(playlist/trackList/track/extensionの下)に見ることができます。

<vlc:option>option-name</vlc:option>

あるいはオプションがひとつの値を持つ場合は:

<vlc:option>option-name=option-value</vlc:option>

3.5.VLC拡張をともなうXSPFのサンプル

サンプルとしてこれらを要約してみます。これはプレイリストの個々のエントリーごとにVLCオプションを付与することを示しています。
*訳注:インデントができず、見難くてすみません。オリジナルのページをご覧ください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<playlist version="1" xmlns="http://xspf.org/ns/0/" xmlns:vlc="http://www.videolan.org/vlc/playlist/ns/0/">
 <title>Playlist</title>
 <location>D:/media/example.xspf</location>
 <trackList>
 <track>
 <title>DVD seconds 42 to 45 muted</title>
 <location>dvd://d:\@1</location>
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>3</vlc:id>
 <vlc:option>start-time=42</vlc:option>
 <vlc:option>stop-time=45</vlc:option>
 <vlc:option>no-audio</vlc:option>
 <vlc:option>some-option=100</vlc:option>
 </extension>
 </track>
 <track>
 <title>DVD seconds 49-55 unmuted (normal)</title>
 <location>dvd://d:\@1</location>
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>4</vlc:id>
 <vlc:option>start-time=49</vlc:option>
 <vlc:option>stop-time=55</vlc:option>
 </extension>
 </track>
 </trackList>
</playlist>

次はプレイリスト内のネストされたエントリーを表示する方法を示すサンプルです:
*訳注:インデントができず、見難くてすみません。オリジナルのページをご覧ください。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<playlist version="1" xmlns="http://xspf.org/ns/0/" xmlns:vlc="http://www.videolan.org/vlc/playlist/ns/0/">
 <title>Playlist</title>
 <location>D:/media/example.xspf</location>
 <trackList>
 <track>
 <title>Track 1</title>
...
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>0</vlc:id>
 </extension>

 </track>
 <track>
 <title>Track 2</title>
...
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>1</vlc:id>
 </extension>
 </track>
 <track>
 <title>Track 3</title>
...
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>2</vlc:id>
 </extension>
 </track>
 <track>
 <title>Track 4</title>
 <location>dvd://e:\@1</location>
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:id>3</vlc:id>
 <vlc:option>my-option=100</vlc:option>
 <vlc:option>start-time=42</vlc:option>
 <vlc:option>stop-time=45</vlc:option>
 <vlc:option>no-audio</vlc:option>
 </extension>
 </track>
 </trackList>
 <extension application="http://www.videolan.org/vlc/playlist/0">
 <vlc:node title="Node 1">
 <vlc:item tid="0" />
 <vlc:item tid="1" />
 <vlc:node title="Node 2">
 <vlc:item tid="2" />
 <vlc:item tid="3" />
 </vlc:node>
 </vlc:node>
 </extension>
</playlist>

このプレイリスト・サンプルは次のように示すことができます:

Playlist
|- Node 1
|---- Track 1
|---- Track 2
------> | Node 2
--------|-- Track 3
--------|-- Track 4

4.参照

Media Library : VLC Media Playerに組み込まれた機能
https://wiki.videolan.org/Media_Library/

フォーマットとしてXMLを使用するのには多くの長所があります。詳細は次で見ることができます

・Xiph.org
http://www.xiph.org/
・XSPF project website.
http://www.xspf.org/quickstart/

5.安全でない操作

ボリュームの設定、sout出力先の設定などの操作はプレイリストでは「危険」と考えられます。そのためその設定はコマンドラインで追加すべきです。エラーメッセージ「unsafe option"sout-audio" has been ignored foor security reasons、のようなエラーメッセージが出るでしょう。

http://forum.videolan.org/viewtopic.php?f=14&t=78945
##########################################

VideoLANドキュメント私訳 (完)
posted by Kose at 20:21| VLC Media Player