2014年01月23日

なんでリモートデスクトップ始めたのか思い出しました

やりはじめるときりがない人なので、いったいなんのためにあまりメジャーとは言えないリモードデスクトップを網羅的にやりだしたのか、完全に忘れていましたが、午前中思い出しました。

Linux上でマイクロソフト・オフィスをつかい、LibreOfficeへの移植法を習得する

でした。まったくVLC Media Player関係ないみたいね。

これに関連して面白いニュースが
1.TeamViewerと並んで有名らしかったリモードデスクトップソフトLogMeInについて
LogMeIn無料版が突如終了、有料契約しないと接続不能に、考える時間は7日間
(2014/1/22 14:35)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140122_631836.html
2.Google Chromeのリモートデスクトップに関連するかもしれないけれど
Google Chromeにパソコンを盗聴器に変える脆弱性、---米メディアが報道
2014/01/23
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140123/531742/

個人ユーザーが、安直にインターネットでリモートデスクトップ関連は使わないほうがいいかもしれない事例?

ぼくはGoogle ChromeリモートデスクトップがLinuxにサーバーで対応していたら使っていたかもしれないが、実はまったく使っていない。
TeamViewerも勝手にvncserverを上書きすることがわかったので、使っていない(そもそも有料版へのお誘いでしかないし)。

かくして、そのうちOpenVNPかSoftEtherで、VPNを扱えるようになったら、GoogleもTeamViewerも不必要になることがわかっている。LAN内ではそれも不要だし。

Googleリモートデスクトップ使っていたら、全部NSAにだだ漏れも覚悟しておかないとダメだからね。Googleリモードデスクトップを使った中央省庁の特定秘密を取り扱う人=懲役10年。

それで、風邪でまた外出不足になったから美術館でも行こうかと思ったものの、モネ展しかいいのはない。

やむをえず無目的に池袋行って、ブルーバックスのExcelの本がポイント小さすぎて読めないから、安めのを買ってきました。とりあえず関数編。¥1380。

これで本来の、Linuxでマイクロソフト・オフィスを使うという目的に復帰します宣言!!!

池袋で選挙演説でもやっているかと思ったら、静寂が支配していた。

VCLの翻訳は意地で続けます宣言!




posted by Mondayota at 14:44| リモートデスクトップ