2013年12月26日

TigerVNC テスト 前編 Ubuntuインストールと基本的実行

TigerVNC packages *UKのサイト
http://vnc.devloop.org.uk/
の記述によるUbuntu12.04(precise)へのTigerVNCのインストール

$ sudo
では失敗したので
$ su -
でrootになって操作するよう一部修正した。

***********
Ubuntu / Debian
TigerVNCだけをインストールするには、次のコマンドをルートで実行してください:
[TigerVNC公式サイト]
http://sourceforge.net/apps/mediawiki/tigervnc/index.php?title=Main_Page

Ubuntu12.04LST preciseの場合
$ su -
パスワード ******
$ wget -O - http://winswitch.org/gpg.asc | apt-key add -
$ echo "deb http://winswitch.org/ [VIRSION] main" > /etc/apt/sources.list.d/winswitch.list
$ apt-get update
$ apt-get install tigervnc-server tigervnc-viewer

これはパッケージの公開鍵をインストールし、あなたのリストにリポジトリを追加し、パッケージリストをアップデートし、その後vncをダウンロードしてインストールします。
注:ディストリビューション・コードネームでバージョンを変更する必要があります。次がそれを確認するサイトです。
http://www.tech-recipes.com/rx/2768/ubuntu_what_version_am_i_running/
われわれはUbuntu(Lucid、Karmic、Jaunty、Intrepid、Hardy)とDebian(Lenny、Squeeze、Sid)のパッケージを持っています。

***********

今回のテストの記録

0)他のVNCの削除
*コマンドラインで vncserver vncviewer で呼び出されるソフインストールする

既定の場合は vnc4server。
ぼくの場合はRealVNCを先日インストールしたため RealVNCのアンインストールが必要であった。

未確認だが /usr/bin/vncserver /usr/bin/vnclient

でバッテイングするのだと思う。要調査。

1)端末を開く

2)記載に従いwget、listへの追加、listのアップデート、apt-getによるサーバー/クライアントのインストール

3)su -でrootになり、本文で[VERSION]の部分をpreciseに変更し、インストール成功。
rootu@buntu $ echo "deb http://winswitch.org/ precise main" > /etc/apt/sources.list.d/winswitch.list
次のサイトを参考にした。
http://enokis.dip.jp/2013/10/19/ubuntu-12-04%E3%81%A7tigervnc%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B/

4)実行
(1)ルートとなる
$ su - [username]

(2)vncpasswdの設定
$ vncpasswd
sSetting Password VNC parameter in /home/[username]/.vnc/config.d/vncserver-x11
password:
veryfy:
successfully set Password VNC parameter in /home/[username]/.vnc/config.d/vncserver-x11

(3)設定ファイルのため起動と停止
$ vncserver :1
$ vncserver -kill :1

(4)メニューの登録(メニューへの登録ではない)
$ vi .vnc/xstartup

末尾に
exec gnome-session &

を挿入。
-------------------------------------------------
#!/bin/sh

vncconfig -iconic &
unset SESSION_MANAGER
unset DBUS_SESSION_BUS_ADDRESS
OS=`uname -s`
if [ $OS = 'Linux' ]; then
case "$WINDOWMANAGER" in
*gnome*)
if [ -e /etc/SuSE-release ]; then
PATH=$PATH:/opt/gnome/bin
export PATH
fi
 ;;
 esac
fi
if [ -x /etc/X11/xinit/xinitrc ]; then
exec /etc/X11/xinit/xinitrc
fi
if [ -f /etc/X11/xinit/xinitrc ]; then
exec sh /etc/X11/xinit/xinitrc
fi
[ -r $HOME/.Xresources ] && xrdb $HOME/.Xresources
xsetroot -solid grey
xterm -geometry 80x24+10+10 -ls -title "$VNCDESKTOP Desktop" &
twm &
# added
exec gnome-session &

-------------------------------------------------
(5)起動
ヘルプを表示してみる
$ vncserver -h

usage:
vncserver[:] [-name ] [-depth ]
[-geometry x] [-pxelformat rgbNNN|brgNNN]
[-fp >] [-fg] [-autokill]
...
vncserver -kill
vncserver -list

とりあえず、オプションなしで、ナンバーだけ指定して、起動してみることにした。
$ vncserver :3

New 'Ubuntu:3(user)'desktop is Ubuntu:3
starting applications specified in /home/user/.vnc/xstartup
Log files is /home/user/.vnc/Ubuntu:3.log


なぜかというとファイアーウォールとならんで接続失敗の理由のひとつであるポートを確認するためである。
起動ログを見る。
$ cat .vnc/Ubuntu:3.log

Xvnc TigerVNC 1.1.0 - built Jun 4 2012 08:00:45
Copyright (C) 1999-2011 TigerVNC Team and many others (see README.txt)
See http://www.tigervnc.org for information on TigerVNC.
Underlying X server release 10605000,

Thu Dec 26 11:14:54 2013
vncext: VNC extension running!
vncext: Listening for VNC connections on all interface(s), port 5903
vncext: created VNC server for screen 0
(EE) AIGLX error: dlopen of /usr/src/tigervnc-1.1.0/xorg.build/lib/dri/swrast_dri.so failed (/usr/src/tigervnc-1.1.0/xorg.build/lib/dri/swrast_dri.so: cannot open shared object file: No such file or directory)
(EE) GLX: could not load software renderer

ポートが5903らしいことが確認された。

(朝食なので休憩)

 *****

(試行錯誤する間に歯医者の時間になってしまった)

 *****

さて、とりあえずディスプレイの設定なしにTigerVNCサーバーを立ち上げ、Windows 7 TigerVNCビューアーから、接続を試みる。サーバーはすでに試行錯誤中に起動済みであった。

Windowsログイン画面 [ホストPCのIP]:[TigerVNCサーバーのポート]を設定

TigerVNC Viewer Connection_host_port.jpg

接続成功なら、パスワードを入力

TigerVNCauthentication.jpg

接続成功!

TigerVNC_Windows-Client_Ubuntu-Server_no-option.jpg

非フル・スクリーンモードである。ファンクションキーF8をクリックしてフルスクリーンに変更してみる。

TigerVNC_Windows-Client_Ubuntu-Server_no-option_full.jpg

F8のメニューにあるオプションでリサイズが可能なように見えるが、なんら変化がない。後で検証する。F8メニューにEXITがあり、それで切断(サーバーを停止しても切断される)。

TigerVNCViewerConnectionOptions_resize_defaltt.jpg

ちなみに以上の操作の間、Ubuntuのデスクトップはログアウトせず、操作可能だった。
マルチセッションだということだが、ソフトウェアはマルチセッションではなかった(FireFoxの場合)。VNCなのでサウンドはリモートのみ(Ubuntuサーバーのみ)。
動画は動画プレーヤーは全画面でもスムースに描画されパーフェクトだ。しかしVLCプレーヤーはなんか相性悪いみたいで8bitマイコンゲームみたいな画像になってしまった。要調査。

(昼食のため休憩)

さて、今度は逆にUbuntuのTigerVNCビューアーから、Windows7のTigerVNCサーバーに接続
$ vncviewer
(メインメニューにも登録してみた)

TigerVNC-Ubuntu-Viewer-menu.jpg

ログイン画面 ホストIPとポートを設定

TigerVNC-Ubuntu-vncviwer-IPandPot.jpg

認証画面 パスワードを入力

TigerVNC_Ubuntu-Viewer-password.jpg

フルスクリーンでないと、なぜかスクロールができないため、Windowsの下部のバーが表示できない。

TigerVNC_Ubuntu-server_Windows-client_no-option.jpg

F8で表示されるメニュー。オプションの変更や切断が可能。

TigerVNC-Ubuntu-Viewer_Windows_server_F8menu.jpg

RemminaでWindows7のTigerVNCサーバーに接続してみる。

TigerVNC_Ubuntu_remmina_Windows7.jpg

色深度が256色でないと正常に表示されない。要調査。TigerVNCクライアントの場合も256色なのだろうか?

後編はディスプレイの適切な表示をさせるため、VNCサーバーのオプションを検証する。

(午後いっぱいかかりすべて検証し、夕食後なんとかスクリーンショットを整理して前半だけアップできた)
posted by Mondayota at 20:35| リモートデスクトップ