2013年12月15日

xrdp(X-Window RDP)リモートデスクトップの設置と実行(Ubuntu 12.04LST)

xrdpは、Windowsのリモートデスクトップ接続のソフトのLinuxエミュレーターである。
標準ではインストールされておらず、単体では不十分である。

参考サイト
Ubuntu日本語フォーラム Lubuntu 12.04でxrdpが接続できない
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=13406

xrdp RDPサーバー
vnc4server VNC仮想サーバー
xvfb 仮想フレームバッファー"フェイク"X-server

の3つが最低必要である。
$ sudo apt-get install xrdp vnc4server xvfb
Unityデスクトップは利用できない。標準ではGNOMEデスクトップを使用する。LDXE(Lubuntu)デスクトップも利用できる。LXDEを使う場合は
$ sudo apt-get install lxde-common
今回はGNOMEを利用する。ネットの情報が多いからである。

XRDPでは日本語のキーマップがデフォルトで対応していないため、日本語キーマップを追加する。次のサイトが解説とダウンロードを提供している。
xrdp 0.5.0 の日本語キーマップ
http://www.eonet.ne.jp/~smallbear/X/xrdp-jpkeymap.html
オリジナルの英語サイトは
[Xrdp-devel] Keyboard issue and Japanese Keyboard Layout
http://www.mail-archive.com/xrdp-devel@lists.sourceforge.net/msg00263.html

サーバーマシーン、この場合はUbuntu12.04LTSの
/etc/xrdp
ディレクトリに解凍して得られた次のファイルをすべてコピーする。
km-0411.ini
km-e0010411.ini
km-e0200411.ini
km-e0210411.ini
解凍フォルダーは「xrdp-v0.6.1」。そこに移動して
$ sudo cp * /etc/xrdp
GNOMEセッションの設定
/etc/xrdp/startwm.sh にGNOMEセッションの記述を挿入。
$ sudo vi /etc/xrdp/startwm.sh

startwm.shのデフォルトの内容
#!/bin/sh
if [ -r /etc/default/locale ]; then
. /etc/default/locale
export LANG LANGUAGE
fi
. /etc/X11/Xsession

これに太字部分を挿入
#!/bin/sh
if [ -r /etc/default/locale ]; then
. /etc/default/locale
export LANG LANGUAGE
fi
echo "gnome-session --session=gnome" > ~/.xsession;
. /etc/X11/Xsession
以上の設定が住んだら「再起動」して、設定を反映させる。

これで、Ubuntu側の設定は終わり。Windows 7からの接続のためUbuntuマシーンのLan内のIPアドレスを
$ sudo ifconfig
で調べておく。
通常家庭LANは「192.168.0.*」なので末尾を記憶するだけ。
---------------------------------------------------------------------
Windows 7からUbuntu XRDPに接続

ここからWindows 7マシーンに向かい、UbuntuのXRDPサーバーに接続するため、Windowsリモートデスクトップ接続を起動する。

Windows 7 リモート接続のアイコン

XRDP-Remote-Desktop-Conect.jpg

Windows 7 リモート接続初期画面

XRDP-Setting1.jpg

詳細設定

XRDP-Settin2.jpg

画像の詳細 初期設定 HiColor 最大画面

XRDP-Setting34.jpg

画面詳細 True Color 最適画面に変更

XRDP-Setting4.jpg

接続開始

XRDP-Conect0.jpg

接続途中

XRDP-Conecting.jpg

接続確立

XRDP-Conected.jpg

フル画面

XRDP-full.jpg

Ubuntuソフトウェアセンターを起動 管理権限がないのでいじらない

XRDP-Ubuntu-Software-Center.jpg

LibreOfficeを起動して、レポート。日本語入力起動は、ctrl+spaceで、「半角全角」キーが働かない。それはキーボーのアルファベット、数字、カンマ、ピリオド以外のキーマップが異なるためだと思われる。この問題は要調査。

XRDP-LibreOffice-Wrighter.jpg

サウンドはリモート(Ubuntu XRDPサーバー)側でしか鳴らない。動画は小画面ならスムースだが全画面はカクカク。

XRDP-Movie.jpg

Windowsのフレームの×でウィンドウを閉じれば、切断。

以上、UbuntuへのXRDPインストールと、Windows リモートデスクトップ接続(クライアント)からUbuntuのXRDPサーバーへの接続のテストでした。

なおXRDPサーバーはマルチセッションで、Ubuntu側のデスクトップはログアウトにならず、全く独立して操作できる。
posted by Mondayota at 17:28| リモートデスクトップ