2019年07月29日

セミ・クーダーキャスター、製作開始から半年かけて完成!オークションへ出品予定

2月に主な組み立ては終わっていたのですが、2〜5月のひどい抑圧的な職場に就労したため、体力も気力もなくなり完成を断念していたものを、職場を変えて応援してくださる方もおり気力が戻り、半年かけてやっと完成の日の目を見ることができたセミ・クーダーキャスターです。
出来は非常に良い仕上がりで、満足して世に送り出すことができます。
フロントがZEN-ON Auditionのゴールドフォイル、リアが中国製アルニコ5のハムサイズP-90.
本体はスクワイア・バレット・ストラト、特注の白のピックガードのピックアップホールを慎重に加工し、さらに中国製の黄べっ甲のアコギ用ピックガードを全面に貼りました。ヘッドにも同じ黄べっ甲を張ってあります。
テスコじゃないし、スプロも使ってないし、クーダーキャスターとは言えず、セミクーダーキャスターのエコノミー・モデルとしか言いようがありませんが、なにしろ同じもの、あるいは同じようなものは世の中に二つとないので(僕が作ったもの以外)、まったくゴールドフォイルの音色を知らない人には大変価値があるものだと思っています。
これをオクに出したら、次はフェンダー・ジャパンのストラトにテスコのゴールドふぉーいるをマウントするハイエンド・モデルの政策に取り掛かります。
ここまで復活できてうれしいです。
posted by Mondayota at 14:38| ギター