2018年09月24日

セミ・クーダーキャスター作成に入る

次のはまだセミ・クーダーキャスターの段階ではありません。ゴールドフォイルがZEN-ON Audition搭載のミツヤ製ゴールドフォイル使用のため。しかし、黄べっ甲ピックガードはライ・クーダーのクーダーキャスターとそっくり。セミセミ・クーダーキャスターくらいまで来ている。セミ・クーダーキャスター制作のためのノウハウはかなり蓄積された。ここまでクーダーキャスターに似せたギターは多分まだ世に出ていないと思う。来週あたり放出の予定。

IMG_0001_1.JPGIMG_0002_1.JPG

このギターはレジェンドの比較的きれいなストラトを使用。
しかしセミ・クーダーキャスターと名乗らせるコンポーネントには1個1万円以上するテスコ製のゴールドフォイルをマウントするため、少なくともボディも同程度以上のものにしないとなんか変。レジェンドやセルダーは本体が美品中古で5000円も出せば入手可能だ。

参考 ライ・クーダーの本物のクーダーキャスター


上のセミセミ・クーダーキャスターの動画撮影が終了したので、次に取り掛かります。最近入手したのが、スクワイアのバレット・ストラト。中古美品で1万円程度。新品で2万円。
ザグリは、HSHタイプだった。
フロントとセンターの中間にテスコのゴールドフォイルをマウントするのだが、単に本体に載せただけだと、ピックアップ高が高い。これまでテストしてきた、本体の加工か、シムの使用かまだ決まらない。おそらく本体加工だと思う。この改造で使う1ハムのピックガードは下の写真の通り、入手済み。リアのハムバッカーサーズのP-90も入手済み。あとはギターワークスあたりに、ピックガード加工をオーダーするだけ。それが今後のピックガード加工オーダーのプロトタイプになるので、重要な一歩だ。ゴールドフォイルは6個持っていて、だんだんクオリティを上げ、最後の2個はスプロをつかったリアル・クーダーキャスターにする。1本は自分のため、1個は放出用だ。基本的にサンバーストのお手頃で美品のストラトが入手出来たらその都度制作する予定。そういう出品が少ないので、3カ月に一つ程度じゃないだろうか?ゴールドフォイルも毎週出品があって強引に集めようと思えば集められるけど、マウントする本体の方が集まらないので、数カ月に一度くらい入手して、今の6個の消費を補充する予定。かくして、延々とセミ・クーダーキャスターを作ることが可能になる予定。
IMG_0003_1.JPG
posted by Kose at 17:49| 日記