2018年09月22日

ポッティングやめた

ポッティングのブログ記事を見るとほぼ全部ギブソンタイプのクローズド・ハンバッカ―だけである。
それと共通するのは、スタジオで大音量を出すとハウリングするからということだ。
真相を言えば、でかくてゆがんだ音をアンプの近くで大音量で出してもハウリングしない状態以外は、ポティングしなくてよい、(あるいはしない方がよいかもしれない)というのが結論だ。そういうバカなギターの弾き方をする人だけがポッティングが必要なんである。普通の人はいらないのである。ちゃんとしたPAのある環境ならいらない可能性もあるんである。

そこでフェンダーの100Wのアンプのクリーントーンでボリューム最大でギターをつないだところ(近所迷惑なので音は出さない)、ジャパンビンテージピックアップギターでも弾いてみたら、2m離れればハウリングが起こらないことを確認した。

しかし15Wのちゃちいアンプをフルゲインにすると確実にハウリングするのだ。問題は音量ではなくハイゲインの何かなのだ。

なので、あえてビンテージピックアップをつかうなら、ハイゲインでは動作を保証しないと考えるべきだと結論した。

そこで食材真空保存容器とてんぷら温度計とパラフィンが使われずに残った。

まあ、いくらでも手に入るピックアップだったらポッティングするテストをしてもいいんだけどね。
posted by Kose at 19:28| 日記