2018年09月11日

フェンダー・ツイン・リバーブII サウンドチェック

1980年代ハイゲインサウンドの席捲する中、スーパーチャンプで成功したポール・リヴェラが設計した一連のIIシリーズのツインリバーブ。といってもツインリバーブとは別物。強い中音が基本で、それにかなり強いトーンコントロールを加えるという感じで、サウンドメイクは多彩だけれど、フェンダーのギターをつないでフェンダーっぽい音が出るというアンプじゃない。録音が難しい。ちょっと今回はハイが強すぎる感じになってしまった。ハイゲインもあんまりうまく出せなかった。
ちなみに、回路はポイント・トゥ・ポイント(ハンドワイアード)で基盤を使っていない。

posted by Kose at 19:14| 日記