2018年09月03日

VOXアンプで5万!

アンプ修理業は快調だ。
1.5万円で仕入れたジャンクVOXの15Wチューブアンプが3.0万円で売れたのに続いて、3万円で仕入れた同じ30Wチューブアンプが5万円で売れた。ともに評価の高い1990年代のKORG資本マーシャル工場製で、1964年モデルに忠実な回路を再生させた機種。つまりビートルズが「ラバーソウル」〜「Sgt.ペッパーズ」かそれ以降のアルバムで使用したアンプと断定していいもので、本当にエピフォン・カジノで演奏すると同じ音がする。というか30を先に買って、本当にカジノでそういう音がするのかどうかを確かめるために、お安くカジノを買ってそれを確認していたところ、15が出品されたので、15と30の両方を入手したのだった。30だけだとカジノを買ったためペイしなかったのだが、15と30ふたつが高額で売れたため、カジノはすでに減価償却された感じだ。
1990年代VOXだけが穴場なんであって、1970〜80年代はごみ。60年代は骨とう品。2000年代以降は品質は何であれ、おもちゃを同時にたくさん作ってしまった中華KORG製にプレミア感はない。
ものすごくラッキーだったと思う。

次は改造ゴールドフォイル・ストラトを2台続けて出す予定。録音がたいへんなんだ。

その他にフェンダーの高級機2台が待っている。結構忙しい。

IMG_0003.JPG
posted by Kose at 15:15| 日記