2018年06月28日

初めてのアンプのサランネット張替え

結構ぼろかったフェンダー・リバーブIIのサランネットを張り替えてピカピカにしました。
チューブ、リバーブ、スイッチを新品に変えたため、外装もきれいにしないと売れないため、フェンダーの代用品を取り寄せて、全部張り替えました。トーレックスはきれいなので、大変状態がよくなりました。ノブ1個が欠けがあるため、それも変えたいと思います。
リバーブIIは名設計者ポール・リベラの手による、ハンドワイヤー時代のハイゲイン対応のツイン・リバーブ後継機です。
ツイン・リバーブは、ゲインがないので、1980〜90年代フェンダーがハイゲインに対応するチューブアンプというのが、種類が多くおもろいとうちのエンジニアが言ってます。
サランネットは、どうせだから150X120cm購入したので、今後もネットが破れたフェンダーはどしどし手を出したいと思います。
今日の張替えで、代替スキルは身につきました。12mm幅のタッカー(打ち出しカッター)を使用しましたが、リバーブII1台で、針200本使い切ってしまいました。昨日予想してアマゾンに注文してあるんですがまだ来ません。
IMG_0001_16.JPG
posted by Kose at 12:18| ギター