2018年05月20日

プリアンプとりあえずやめた

ほぼ誰もSUPROピックアップの音は聞いたことがないし、P−90の適当なものは、リアピックアップとして高音も出るし、サスティーンも長いし、中低音もSUPROに劣らず出るので、あえてSUPRO化する必要はないと判断した。
やっぱり電池を入れる改造が、めんどくさい。回路だけならこっそり忍ばせることはできるんだけれど。電池は交換できないといけないからねえ。スピるんぐがあるバックパネルに隠せるかと思ったが、厳しい。
一番合理的なのは、出力ジャックにプラグをはめる形で電池ケースをつけることだ。電池ケースに回路への電池と出力のためのリード線と出力プラグだけつける。これは一考の価値はあるが、また実験用ギターで長時間かけて考える程度の代物である。
だが当面実験以外はやらない。その理由は誰もSUPROの音を聞いたことがないからだ。
前にも書いたけれど、ライ・クーダーはSUPROをつけて80年代演奏した後、80年代末か90年代にゴールドフォイルをつけたと思われる。だからゴールドフォイルに合うPUを探すことはできないのである。SUPROに合うPUがゴールドフォイルであったということである。
なのでゴールドフォイルギターはゴールドフォイルを弾けばいいのであって、リアはよければなんでもよろしいのである。
posted by Kose at 12:46| ギター