2018年05月19日

ヤフオクで950円でフェライト安物P−90買ってつけてみた

ヤフオクのポイントを使う機会がないので何となく買ってみた。
最悪、アルミ板で自作した底板を流用できると考えて。

磁力はともにMAX3000ガウスで特に違いがない。
ちなみに磁力線の範囲をこの際確かめておこうと思い計ってみた。特にそれも違いはないが、広いコイルの端でも1000ガウス以上あることがわかった。

そんでアルニコの奴と付け替えてみたら、高音が出ない。こもる。アンプ側でミドルをカットするとちゃんと高音も拾っていることを確認。

そういうわけで、P−90にトーンコントロールは不可欠だなと思う。
現在中国にアルニコのクロームケースソープバーと、フェライトのハムサイズのP−90を注文しているけれど最終的に何を使うかはこれで未定となった。

今回の2個950円は、底板の流用にのみ使うことにしたい。

IMG_0001_7.JPG
posted by Kose at 17:52| ギター