2018年05月18日

共立電子で販売しているギタープリアンプを導入予定

まだパーツがそろっていないので、あれだが、やはりリアP−90にはプリアンプとトーンコントロールをつけたい。
SUPROのピックアップはストラトシングルでもP−90であってもエレキギターのシングルコイルと比べると実は高音を拾わない。ゴールドフォイルとだいたい同じ程度にフラットなトーンの特性しかない。

ゴールドフォイルはさらに高音を拾わないので、ゴールドフォイルをリアにつけるのはまったく意味がないのだが、ライ・クーダーの場合は、ほぼ同じトーンの特性をそれぞれフロントとリアで発揮するピックアップをつけているとしか結論できない。どちらでもほぼ同じような音が出るのだ。

だからフロントとリアの一般的な考え方とは相いれない。ゴールドフォイル1個か、SUPRO1個で十分なんである。

だがゴールドフォイルやSUPROのように癖がないフラットなトーンの特性を持つピックアップが他にないのも不思議な話だ。それはあるピックアップの位置で明確な音がでることがバンドでは重要だからであろう。
さらにひずませると単純なトーンでないとわけのわからない音になりやすい。

P−90は、ひずませない限りにおいて一番明確で単純で太くサスティーンのある音を出すタイプのピックアップだと評価できる。

ギターバカで誤解をしている連中(誤解の巣窟)では、ピックアップぺーカーですら、P−90のふるまいを間違って修飾している。

つまり中音が豊かなのがP−90だという主張である。そういうことはなく、フロントにつければ恐ろしく低い音が出るし、リアにつけると軟弱なエレキギターの弦でも鋭いハワイアンスチールギターのサスティーンの長い高音を出すことができるのである。

ライ・クーダーはゴールドフォイルの低音について高い評価を与えているが、実際にテストするとP−90の方が低音がものすごく出る。フロントである限り、そんなに癖は感じない。このためゴールドフォイル不要論に傾いてしまった。あれに2万円出す奴は頭がおかしい。

さて、P−90だけのならいいのだが、クーダーキャスターのSUPROの代わりにP−90を乗せるとはっきり言ってうるさいくらいに高音が出る。本当にハワイアンが弾けるそういう音色である。

このためトーン回路をつけたいのだが実験でロスが大きすぎることは判明していた。
ずっといろいろ探していたのだが共立電子のギタープリアンプ・キットに、前にテストしたトーン回路をつけて最終的に、あたかもSUPROであるかのような音を出させるようにすることにした。

本当にSUPROは特別な音がするわけではなく、フラットな癖のない音しか出ないんである。その癖のなさを3トーン+プリアンプで実現するテストをしたい。

実用的に言っても、リアのP−90はクリーントーンでは、トーンを絞らないとうるさくてしょうがなく、実際絞ると若干SUPROに近づくことは確かめている。

デジットオリジナル ギタープリアンプキット GETPRE-1
web販売価格 : ¥669

posted by Kose at 18:31| ギター