2018年01月16日

ゴールドフォイル調査終了、機材大放出中

電磁気データは報告した。その後スペクトラム解析を重ねたが、有意なデータを取ることができなかった。それでかなりがっくり。楽器の音というのは、非常に複雑で倍音成分比だけからは何もわからないと痛感。よほど大領のデータを取って、何か違いを生むかについての全然別の研究が必要だ。それは理論的にシンセサイザーで倍音を複合することはできるだろうけれど、実際にはできないため、サンプリングにシフトした事情が裏付けになるだろう。

もう部屋が機材でいっぱいになったので、数日前から一斉に放出作業に取り掛かり、ギター7本、アンプ1台を放出準備作業を終えた。

結果ギターはストラト4台、テレキャス1台、アイバニーズ1台、ビンテージ1台だけになった。

ストラト4台のうち2台はピックアップをゴールドフォイルとP-90に交換するので、ストラトは2台になるが、うち1台はスライド専用にした(オープンG)。なんとちょっと高めのストラトを別途入手予定で、それが来たら、残った1台のストラトもゴールドフォイルに交換するつもり。ゴールドフォイル1台は自分用で、もう1台は放出用。結果、マシなストラト1台、安物ゴールドフォイル1台、オープンGギター1台、P−90ギター1台になる予定。アイバニーズはよくはないが、ハムバッカーギターとしてサンプル。テレキャスは中華アルニコVピックアップに交換するかもしれない。交換作業は2月いっぱいを予定。

来週からゴールドフォイルホームページを制作するつもりだが、あまりやる気が出ない。

とにかくその前に部屋を片付けたい。

この間ギターやアンプ以外に、コンプレッサー、オーバードライブ、簡易アンプシミュレーター、簡易マルチエフェクターを買った。さらに9000円で調整済み学校用アコーディオンも買った。クラシックマンドリン改造もあるしね。マイナー楽器は老後の楽しみようだ。もうこれ以上買わないけれど。エレキギターノリノリでじゃんじゃん引いているのはイメージとして情けないと感じるのでね。

ビンテージ収集で残ったのは、ハーモニーピックアップのテスコEP−9、名機らしいテスコ・ラップスチールモデルL、SUPROラップスチールだけである。ゴールドフォイル関連ギターは一切残らない。

ゴールドフォイルギターは60年代前半で、レギュラーゲージ仕様でネックが太く、いろいろ理解しがたいところがあり、実用性がないのだ。それに対してEP−9やラップスチールは完成度が高くて実用的なのだ。

改造用に桜楽器のSELDERというブランドのストラトを1000円で買ったが、これが音がいい。フェンダー・スクワイア―には及ばないが、残りの安ストラトが情けなくなるほど音がいい。なんでも楽天で一番売れているエントリーギターという話だが。制作年代によって下請けが変わるため一概には言えないが、悪くはない冗談である。
posted by Mondayota at 11:26| ギター