2017年09月05日

Echoゴールドフォイル2基ビンテージ/ギター

ヘッドのバッジのロゴが「Echo」なんだが、ネットをいくら調べても、わからない。だがタフ置くに出品された写真で、ピックアップがゴールドフォイルなのは明らかだ。

いろいろ調べ結果、1960年代のアンプメーカーがEchoで、結構売れ、そこにギター部門ができて、後にELKブランドでサーフギターや、フルコピーギターを出し、アンプもELKブランドで出すようになる。このEchoギターはELKブランドでのギター売り出し直前の、アンプメーカーEcho時代に発売されたギターでようである。EchoアンプについてもELKアンプについても情報が多くないので、詳細は不明。しかし1960年代後半ELKアンプがフェンダーアンプの完全な代用品であふれていたのは確かなようだ。ELKはのちにフェンダーからフェンダージャパンのアンプを作るように依頼され、ブランドは消滅する。
3b9061db.jpg

このギターはだから臆面もないテスコギターのぱくりで、しかもデザイン的にはテスコ・ゴールドフォイルギターよりいけている。ピックアップ、ブリッジ・サドル・トレモロ、スイッチ、ノブ、バッジのフォルム全部テスコと同じである。おそらくボディも同じものがあり、異なるのはゴールドの「プラスチック」のピックガードだけだろう。

音なのだが、もっと弾き込んでみないとわからないが、ニュアンスは違う。ネックは太めだが同型のゴールドフォイル・テスコ・ギターよりは細い。
IMG_3548.JPG

IMG_3564.JPG

IMG_3570.JPG

IMG_3571.JPG

IMG_3573.JPG

IMG_3574.JPG

IMG_3575.JPG

posted by Kose at 14:25| ギター