2017年07月24日

Yibuyピックアップのセンターとリア、抵抗値とポールピース間サイズが逆。抵抗値が正しい。

リアとセンターの音があまりに同じなのでおかしいから、ポールピース間サイズでの配列を抵抗値での配列に変更した。そうしたら、センターとリアの音色がそれらしくなったので、抵抗値での配列が正しい。
中華パーツだからまあ驚かない。

さて、次はソープバータイプのなんちゃってゴールドフォイル。

500kΩのポットを買おうかと思ったが、サドルを入れ替えたGodinのポットを一時的に拝借することにした。Godinはハムバッカーだから500kΩだと思う。

レジェンドは真ん中リアからフロントまで長方形にザグリが入っているので、どこに置くか任意にできる。
おそらくザグリの幅は広げないといけないが。

通常、24フレット(3/4=ブリッジから1/4)下にフロントは置く。センターは(7/8=ブリッジから1/8)、リアは(15/16=ブリッジから1/16)ということになるだろう。
まあ3/4と15/16におくのが常識だろう。

クーダーキャスター1


リアとセンターの中間なんである。

これだと、もっと正確にわかる
クーダーキャスター2


クーダーキャスター2をスクリーン物差しで大まかに測って計算すると、
2.7cm:12.7cm
=0.12125・・・
他方
1/8=0.125
なので
クーダーキャスターのゴールドフォイルはセンターの位置に装着されているといっていいということだ。
まあリアに付けるのは常識的として、センターにつけるかフロントに付けるかで何が違うかをテストすべきだということになる。

当初セレクターはつけないつもりだったが、セレクターは5wayはつないでおき、とりあえず、ソープバーふたつの組み合わせふたつを試せばいいということになる。

まあとりあえずピックガード無しで、両面テープで1個装着し、ボリューム・ポットだけ通して、ジャックにつないで、音を出してみるという簡単なテストから始める。物欲がないため、理屈はわかるが取りかかる気になるかよくわからない。

ちなみに、なんちゃってゴールドフォイル・ストラトの写真はPCの壁紙にした。

SnapCrab_NoName_2017-7-24_15-54-57_No-00.png

posted by Kose at 16:00| ギター