2017年07月05日

PlayTech Strat Sonic Blueは100点満点

欠陥がない。楽器としてたぶん使える。
ありがちなペグ、ナット、フレット、塗装になんの問題もなかった。フレット処理のきれいさは、いくつかの安ギ(〜3万)より良かった。ネックに反りや、フレットのビビりはなかった。塗装はカバーも開けてみたが、完全になされていた。ピックアップは強力である。3つとも中央で3500Gsを超えた。もちろんフェライトだけれど。フェライトでも単純にアルニコ超の磁力は出せることがこの製品でわかった。
色はソニックブルーなのかサーフグリーンなのか、照明により変わる微妙な感じ。ボディは軽い。トレモロユニットのミュートして打音テストはしていないが、かなり高い音で響くような気がする。
短所はロゴがPLAYTECHであること位だ。
ギターブランド知らない人ならPLAYTECHはとてもいいブランドだと信じさせることができると思う。

自然光では、水色に見える
DSCN0410b.JPG

暗い場合はこんな感じに見える
DSCN0410.JPG

ヘッドは、今コピーモデルでは排除されつつあるフェンダースタイル
DSCN0411.JPG

フレット端の処理は万全
DSCN0412.JPG

ネック接続部分もパーフェクト
DSCN0413.JPG

強いて言えば、ブリッジ・サドルが安っぽい感じがする
DSCN0414.JPG

安定のペグ
DSCN0415.JPG

鏡のようなネックマウントプレート
DSCN0416.JPG

安ギでは定番の薄いネックの塗装。こっちの方が我が家では定番。木目は一応縦方向。最近ネットではネックが虎目とか受けているが、それ良くないでしょう。
DSCN0417.JPG

横から見てもよくできている。

裏側のサドル・トレモロユニット・バネ部分。完全に途方されている。
DSCN0419.JPG

表側ピックアップ&コントロール部。こちらも完全に塗装されている。ピックアップがフェライトであるのがわかる。おそらくレジェンドのものより幅が広い。パーツの接続はきれいだ。
DSCN0420.JPG

たいへんきれいなギターだ。
ピックアップ交換するのもったいないな。6000円だと言うことを忘れそうである。
posted by Kose at 16:09| ギター