2017年06月14日

テレキャスのブリッジ・カバーがスチールカバー効果があるのはたぶん確かだ

これ

$_58.JPG

こんな風につける。

cv8.jpg

ぼくが高校生の時買ったフェルナンデスのテレキャスにはついていた。1990年代にバンド活動再開して、テレキャスをいくつか入手したが、どれもついてなかったため、カバーをひとつ買ったくらいだ。

今日何気に、テレキャスに単におおざっぱにステンレス板を乗せて弾いてみたら、効果があった。明らかにある。次いでマグネットも効果があった。

だからテレキャスのブリッジカバーが磁性があるなら、スプロやホースシューと同系列の考え方なのだ。たんなる伝統的盲腸ではないのだ。アンプやエフェクターの発達でクリーントーンの価値が顧みられなくなったため、忘れられたと言うべきだろう。

ただサドル・プレートも磁性のあるステンレスであるため、磁力線がどうなるのか想像ができない。半分ピックアップのコイルが出ているセッティングの仕方もその点に関係があるのかもしれない。全部出ていればスプロやホースシューと同じことになる原理だ。

そのカバーだけ買って確かめて、マグネットつけるという考え方もあるかもしれない。しかしあれは仰々しいので、もっと簡便なアタッチメントを作ることはできるだろう。

別にビデオは付さない。

posted by Kose at 18:47| ギター