2017年05月19日

ストラト・リア、マグネット・カバーは、事務用だと強すぎるかも 追加

ダイソーにあった、大中小のうち、小を4つ並べてテストをしているが
1)ピックアップとの距離が1cmを切ると、アタックが強くなりすぎ、サスティーンもなくなる感じがする。
2)2cmでも効果がある。
3)弦がピックアップとマグネットのどの辺りがいいかはまだ不明
4)本物マグネットカバーピックアップは、見かけ上、1cm程度じゃないかと思う。2cmは離れすぎで邪魔である。
5)よって、事務用小型マグネット4つは磁力が強すぎる可能性がある
6)いろいろな商品をアマゾンで見たが、スチール板に薄いマグネットをつけただけでマグネット板の役割を果たすようである。
7)磁力はもっと弱くするテストが必要である。
8)スチール板(ダイソーに缶のようなものがあるのを見かけた)とマグネットの仕掛けをテストすべきだ。
9)そのうえで磁力+距離の適正な組み合わせを見いだすテストをすべきだ。
10)以上から、適正な条件をある程度見いだしてから、お金を投じる。

ああ、素人は困るが、100円の事務用マグネットがそんなに強力な影響をギターのピックアップに及ぼすとは普通考えないでしょう?

ストラトの音は、ミッドレンジが少し弱く、くせのある音が出るのだが(形容詞で言えば「乾いた」)、マグネット・カバーをかけるとこのくせがなくなり、強い音(形容詞で言えば「芯のある」)に変わると表現しておく。

確かに、ライ・クーダーのスライドにはそういう乾いた系の音は聞かれない。

工作なんだが、ストラトの安いピックガード流用はやめ。
1)ハムバッカー用のエスカッション(枠)を二段にして使う
2)下はネジ留めすると同時にハムバッカー用のネジを逆さにして4本固定する。バネも通す。必要ならもっと短いものにする。
3)上にナットを別に用意して、ネジを留める。
4)任意のスチール板を上のエスカッションに留める。
5)スチール板にマグネットを貼る。

ネジの向きについては、真剣に悩んでいる。ボディにネジ用のに充分深い穴を掘るなら、上から差し、下の絵スカッションにナットを固定してそれに留める。こっちの方が普通のギター的だし、逆さの場合ネジ先が邪魔になる可能性を排除できる。

いや何万円もするレアなピックアップを大人買いして、「ライ・クーダーと同じ」と自慢しているバカ殿様がいるのを見つけたので、是非とも貧乏人の根性で、このピックアップ制作は「いつか」成功させたいものである。

エスカッション


ネジとバネ


小型マグネット



追加
このマグネット式は、ネックでもセンターでも効果があることを確認。
ドライブをかけると、当然出力が大きいので違う音になる。
なんかものすごくコンパクトにするよう工夫して、ピックアップ全部これに変えれば、この世にない、しかも迫力のある音のするオンリーワンのギターすることも可能かもしれない。
エスカッション方式は邪魔くさいので、単純にフェンダーシングルコイルのネジの長いものを探して、ストラト用ピックアップカバーを二階建て。ピックアップカバーの真ん中を弦が通るようにカット。カバーの表か裏側にスチール板を接着し、ごく小さなマグネットをさらに接着。というくらいコンパクトにすれば実用的かもしれない。もとのピックアップカバーを外して、2階に流用する方が、工作が簡単のような気もする。まあ格好いいかどうかの問題も大きいけれど。

この方が改造費安い。ピックアップカバー外すならなおさらだ。適当なネジとナットが見つからないとダメだ。少し規格を調べた。インチサイズ(アメリカ)とセンチサイズ(日本)が混じっているらしい。これだけは秋葉原行って、ピックアップに合うかどうか実物を探し出す他ないな。

中華製ストラトピックアップカバー ¥ 424
posted by Kose at 21:22| My Music