2017年05月19日

事務用マグネットアダプター3号機明治ブルガリアヨーグルト号によるストラト・リア・ピック音質改善の実証

なかなか台のいい素材はない。今朝明治ブルガリアヨーグルトを食べたから、それを使った。割とコンパクトでいい。もっといいものはあると思うけれど。

さて「ローカル・ヒーロー」の出だしのメロディを連続的に弾き、録音して、音量のグラフとその一部の周波数解析を行った。
まず録音動画 *音色の違いわかりますか?高音に違いがあるので年寄りにはわからないかもしれない。


それをわかりやすく画像で示したのが次。明白。
Magnet-cover-compare.png

音量の違いもかなりある。それより安ストラトの高音の減衰が完全に改善されているのが歴然。
まじめに格好いいものを作りたいが、素材が加工しにくくて。
1)安いストラト・ピックガードを買う
 日本製 62年式11穴 ストラトキャスター用ピックガード ホワイト1P ミリ規格 ST62-W1P
 GP Factory ¥ 1,480

2)リアの周囲をかっこよく切る
3)残りの余白から同じ形を切り出す。
4)ボルト(20mmくらい)X4とナットx8を入手
5)2はもとのピックアップにはめ、ピックの穴を通して圧着し、台とする。4角にナットを接着
6)3の4角に5に対応する位置に穴。ボルトを通し、裏からナットで留める
7)3の裏に事務用マグネット、あるいはもう少しましなものを貼る
8)2と3をネジでとめ、マグネットと弦の間を調整・テストできるようにする。

これは最低限の格好良さは保証されるだろう。

1480円+ボルトナット代がかかるが、まあミットもいいものはこれくらいしょうがないだろう。
工作のスキルがあれば、ゼロベースで安く作れるんだろうけれど。

マグネットの強さを調整する手段がわからない。まあ大きい事務用マグネットは、ダイソーでも強かったから、それで調整できるかもしれない。

当面、3号機明治ブルガリアヨーグルト号で満足したい。これを1人で発見したのはたいへん嬉しい。

本格的な工作は、よほど機嫌がよくなったら挑戦したい。

posted by Kose at 14:09| My Music