2017年05月18日

SUPRO ピックアップの磁気カバーは有効か

ライ・クーダー御用達のSUPROラップスチールギターのピックアップの構造は、ピックアップの時期と同じ磁力線の方向(くっつく方向)で磁性を帯びた板をかぶせるというものだ。
SUPROだけでなくその形式のピックアップはかなり多かったらしい。現在購入可能なものはSUPRO(4万円超)の他もうひとつしかなかった。

Lollar pickups
http://www.lollarguitars.com/lollar-steel-guitar-pickups

265ドルらしい。

そこでやってみた。
まず壊れたストラトのピックアップがあったので、これを同方向にかぶせてみた。こんな感じ・・・
Mag-DSCN0057.JPG

アホですな。半分くらい出力が弱くなった。これが、磁力の強さのもんだか検証すべき課題になってしまった。
そこでダイソーに行って、1)マジックボード用の事務用のマグネット、2)マグネットシート、の二つを買ってきた。
1)なら、なにがしか効果がある。
2)ではなんの影響もない。
かくして磁力によって、効果に違いがあることは確かめられた。
ではいい影響はあるのか?
1)をピックアップの幅に並べて弦に触れないよう台を作った。
Mag-DSCN0062.JPG

2)装着してみた
Mag-DSCN0063.JPG

3)テープを剥がせばこんな感じ
Mag-DSCN0066.JPG

アンプで大きめの音で聞くと明らかに違う。
磁気カバーをつけた方が、高音がすっきり出る。だが中音が落ちて出力が落ちているのかもしれない。

さてその後
4)高さを変えると異なるか検証。画像はないが。
 ピックアップから1cm〜1.5cmあたりで音質が大きく変わるポイントがある

5)結論
 磁力は事務用のマグネット程度の普通のもので効果はあるし、強すぎると出力が落ちる。
 非常によい場合に、高音を聞きやすくする効果が出るが、非常に微妙。録音で違いを記録するのは難しい。

救いは、事務用マグネットでよいので、ピックアップとの力を微妙に調整する台をつくれば、いい感じになるかもしれない。ぼくはやらない。
posted by Kose at 17:50| My Music