2017年05月16日

なんでもない日記:「ああやんなっちゃった」メロはなんとかなりそう

原曲は、「Hawaian War Chant/Ta-Hu-Wa-Hu-Wai」

スチールギターの参考になる例


1936年頃の古い録音

この録音の頃、リッケンバッカーがスチールギターでならしており、40年代に入って、レオ・フェンダーがスチール・ギターを作るほど影響力のあった演奏なんだろう。

ピグノーズの弦を巻くペグのつまみが1個壊れて、結局20年くらい前に、買って使わなかったペグが一式あったので、全部取り替えた。やれやれ。

台は、ボディをビニール被服針金でベニヤに縛り付けるのが非常に単純で有効だった。人に見せられたものではないが。

そのうちやはり工作しようと思う。結局その針金で縛る方式を改善する方法をなんとか考える。ゴムバンドかな?いっそのこと単にベルト(ズボンの)でいい気がする。

さて医者の帰り、大工道具を売っている店があったので覗いたら、お手頃なスクリュートライバーがあったので、8mmの刃と一緒に買った。全部で4000円くらいだった。一緒にノミを買おうかなと思って尋ねたら、1本4千円以上のを薦められた。今日は買えないと帰ってきた。そんなに高いのか?

アマゾンで見たら、¥1500.程度ではないか。ああ、びっくりした。スクリュードライバーはあらかじめ見ていたから買ったけど。

アマゾンのいいところはこうゆうした調べに使えるところだな。ホームセンターで安く売っているだろう。だって大して使わないんだから。スクリュードライバーは、ギターのピックガード開けるたびに使うけどさ。

少しずつ、本格的な改造に進みつつある。
posted by Kose at 18:26| 日記