2017年05月16日

ピグノーズ−スチール完成

1)まずギター弦を外す
2)ブリッジの後ろのネジを回して、横にそろえる
3)ブリッジを高くし、高さを適当にそろえておく。約1cm程度。あとで調整。
4)C6スチールギター弦を張る。まだは完全に張らない
5)エクステンションナットを挟む(0フレットをの弦高を高くするもの。弦高7mmだった)。
 弦を通す溝が刻まれているのでそこに弦を通す。
 *ピグノーズはネックが細くてエクステンションナットがネックからはみ出したが、支障はなかった
6)C6スチール弦を張る。
 6弦がCだが音程はギター5弦の3フレットのCと同じ
 以下弦の間の音程の関係は次の通り
 6−C1
 5−E1 6弦に対し、長三度(4フレット)
 4−G1 5弦に対し、短三度(3フレット)
 3−A1 4弦に対し、長二度(2フレット)
 2−C2 3弦に対し、短三度(3フレット)
 1−E2 2弦に対し、長三度(4フレット)
 だいたい目安でチューニングできる。まあ、チューナー使った方が最初は混乱しないと思う。
7)弦高を調整する
 12フレットも0フレットと同じになるように、ブリッジを調整する。最終的に、(六連だが)ブリッジの高さは9mmだった。これはネックとブリッジによって異なるだろう。

以上で完了

写真集 順不同です。
1 ブリッジ側
Pig-steel-DSCN0044.png

2 ブリッジ弦高
Pig-steel-DSCN0049.png

3 エクステンションナット
Pig-steel-DSCN0055.png

4 エクステンションナット、上から。はみ出している
Pig-steel-DSCN0054.png

5 エクステンションナット 弦高
Pig-steel-DSCN0048.png

6 完成
Pig-steel-DSCN0041.png

7 弦高全体
Pig-steel-DSCN0047.png

8 スチールバーとネック幅を比較
Pig-steel-DSCN0056.png

今日は通院のため、作業はここまで。血液検査があるため昼食抜きだし・・・

posted by Kose at 12:22| My Music