2017年04月12日

テレキャス、フロント・ピックアップのノイズ解決

テレキャスターのフロントピックアップはこんな感じ。

tel_Creamery_Repairing_VIntage_Telecaster_Neck_Pickup_06.jpg
Guitar Pickup Repair: Repairing/Rewinding a Vintage Telecaster Neck Pickupより
http://www.creamery-pickups.co.uk/blog/handwound-pickups/guitar-pickup-repair-repairingrewinding-a-vintage-telecaster-neck-pickup/

構造は
1)たぶんプラスチック製の台
2)6本の磁石
3)その回りにコイル線
4)コイル線の両端に端子(+ーあり)
5)台の裏から回したリード線を端子にハンダ
6)ステンレス製カバー(ノイズ対策)

おれのテレキャスの配線はおかしくて、最初、+の端子に無理矢理+リード線をカバーに接触させて、アースをしているつもりになっていた。
おかしいでしょ。

「ステンレスは半田付けが出来ない(ステンレス用の半田もあるが)」

最低でも単に触っていただけとしか言いようがないし、ステンレスカバーが+なら、カバーに触るともっと激しいノイズが出るはずであり、実際そうであった。

さて、半田付けでステンレスカバーをーの端子に半田付けできればいいのだがこれが出来ない。
この対策は、ピックアップメーカー自身がいろいろ勝手にやっている気配がある。

例I なんか導線ではない金属らしきものを(―)端子に特殊な方法でつなぐ。
tel_11_6b.jpg

例II カバーのアース線を出してリード線を3本出す(二つはアース線)
tel_front.jfif

結局、当座の処置として、手持ちの金属線(何か不明)をカバーの差し込み用のツメに絡ませて単に接触させて、さらに(―)端子に強引に接触させるだけ。野蛮だなあとは思ったが、単純に安定してステンレスカバーのアースが取れ、完全にフロントピックアップ由来のノイズはなくなった。なんか突然いいギターになった気がする。

フロントピックアップ・カバー
tel_wd-music-tele-front-pickup-cover-black-p2513-2544_medium.jpg

ネットで調べても、この問題に答えている賢者はおらなかった。
テレキャスターの配線というのは、調べるかぎり、一様というわけではない場合があるらしい。
posted by Kose at 09:56| ギター