2017年03月28日

【有志の会】パートナー氏による若山氏告発、時効内での捜査困難のため受理に至らず。再挑戦へ。追加・修正

日常語として「受理ではない」という意味で「不受理」とタイトルに使ったが、それでも「非受理」だな。法的な意味で「不受理」ではない。
Ooboe氏が投稿しているので、ご覧いただきたい。「県警預かり」だそうだ。そのため、再挑戦が出来る次第だ。刑事さんが、これじゃ裏取りすること多すぎて、時効までに間に合わないから、もうちょっと整理してくれれば、本気でやるにやぶさかではない、という感じか?なんか、刑事さんが親切だったのはわかったよね。

861. Ooboe 2017年03月28日 13:02
大切な、ことを
正確にお伝え出来てませんでした。

今は、告発書状は、県警預かり状態です
正式に、不受理が決定されれば、
通知されることになります。

閲覧者さん

時効まで間に合わないほどの、大量の
資料の裏を取るのは、大変という意味です。

ひかり通院さん

ご指摘、とても納得です。パートナーは、
不受理通知が届かぬまえに、
ご指摘の整理をして再検討し再チャレンジ
するでしょう。ありがとうございます。


小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会
STAP細胞事件についての議論

http://blog.livedoor.jp/obokata_file-stap/archives/1064582234.html#comments
821. Ooboe 2017年03月27日 22:08
パートナーのご報告は手書きです。
かなり長い報告に、なりますので、
「NO 」その1、告発提出報告というように
順次お伝えいたします。

822. Ooboe 2017年03月27日 22:19
パートナー
告発提出報告、その「No 1」

彼の文は、中間が分かりにくいので、私が
少し脚色します。

結論
時効までに警察として、裏を取る作業が
ほぼ間に合わない。

823. Ooboe 2017年03月27日 22:32
パートナー
告発提出報告、その「2」

BPO の結論のタイミングを見計らって
告発する予定だった、8月か9月と読んでいたが今年2月にずれ込んだ、
時効を考えれば、昨年のそのころにすべき
だったが、それをすると、
Bpo の規定、係争中の事案は、扱えないに
引っかかって、しまうので、
待機せざるを得なかった。

824. Ooboe 2017年03月27日 22:58
パートナー
告発提出報告、その「3」

兵庫県警本部、第一課、ベテラン刑事さんと
若手刑事さん、

ベテラン刑事さんさすがプロフェッショナル
私の説明、の核心部分をすぐさま、把握
次ぎ次ぎ、チェック質問、頭の回転が
速い凄い、私、この刑事さん気に入った
職人の私、こんな職人タイプ刑事には、敬意を抱いてしまいました。

この告発に関わる全体像を理解された上で
なにが、余分な細かな項目であるかを判断しそこにこだわらず排除して
核心部分のハードルはなにかを的確に指摘しきて整合性がある。うなりましたね。

・・・・・

830. Ooboe 2017年03月28日 00:48
パートナー
告発提出報告、その「4」

今回の、告発は、
2014年3月10日
若山先生は、知人の個人の解析依頼を
公的第三者機関に解析依頼したとNHK や、
山梨大学ホムページで偽称して発表した。

6月16日、偽称したまま、記者会見で
知人個人の解析結果を第三者機関解析として
大々的に報道させました。

これは、公的第三者機関解析という権威の
威力を利用した。偽計であった。
また、大メディアの、巨大発進力の威力を
利用した。偽計でもあった。

この記者会見の前、6月3日には、
強力に論文撤回を反対していた。
バカンティ先生や、小保方さを、笹井先生、
丹羽先生など、全員
公的第三者機関の、放医研という、機関解析
という、権威の解析であったから、
論文撤回理由書にサインしたのだ

世界的研究者であった、笹井先生や、
丹羽先生が、若山知人の個人解析であると、
分かっていたなら当然サインは、有り得なかったのだ、若山先生が騙した行為である

この
公的第三者機関と、された
国立放射線医学研究所は、私の開示請求に
総務省審査会に説明書を提出した。

そこに、
放医研に在籍している研究者が若山教授の
依頼で、個人として解析した。
放医研は、機関として解析いていない。

と、審査会諮問書に明記されている
公的証拠文書を刑事さんに提出しました。

これは、確かな根拠文書ではあるが、
我等が、放医研に、裏どり確認を取って
はじめて、証拠文書として扱えるとのこと

同じく、あなたの、大変な努力による
収集資料の中にある事実も、全部、
我々は、裏を取る作業をします。

バカンティ先生、丹羽先生、小保方氏
若山先生、それぞれ任意で権威ある
放医研が解析したから論文撤回理由書に
サインしたのか、または、他に理由があったのか、被害者という認識、意識があるのか、
被害者という、意識があったとしたら、
なぜ、告訴しないのか、などなど

・・・・・

832. Ooboe 2017年03月28日 01:05
パートナー
告発提出報告、その「5」

更に、6月25日
遠藤氏が「第三者機関」解析のミスを
発見し、若山氏、理研CDB 解析担当松崎研に
その日のうちに、連絡したが、

この事実を、若山氏も、松崎研も、
共著者に、秘密にすることを申し合わせていた事実、松崎研は、竹市所長に直に報告すべきなのに、報告せず
竹市氏に報告するということは、共著者に
知られてしまう、ことになるからです。
これらの事実裏取り、も大変な作業らしい。

833. Ooboe 2017年03月28日 01:15
今日は、ここまでにします。
まだまだ、続きがあります。

834. Ooboe 2017年03月28日 01:38
それから、
パートナーは、
へこたらない人
人生70年、自業自得らしいけど
何度も、絶体絶命の修羅場を乗り越えた方
諦めないです。
なにしろ自分のことは、ダメな人ですが
窮地に、落いっても、持ちこたえてきた方
妙案があるそうですよ、

・・・・・

839. ooboe 2017年03月28日 08:45
皆様
励ましていただき、ありがとうございます。

ひかり通院さん

兵庫県警の場合は、
威力偽計業務妨害、案件は
一課で
窃盗案件は3課なんです。
論点整理にパートナーは、妙案があるそうです。もう一度時効まで間に合えるかもと
チャレンジするとのことです。
アドバイスありがとうございます。
posted by Kose at 08:58| STAP