2017年03月20日

【有志の会】ワトソンの閲覧者氏への反論の結論

Ooboe氏との討議とは関係がない。ntES細胞説(まあ全部クローンさ説)を掲げる閲覧者氏がなぜか、ワトソン氏のジャームとライントランスミッション実験以外でも、桂調査報告など引用してアクロシンGFPマウスが使われていたことを論証しようとしている様な議論であった。最低限閲覧者氏は小保方氏の証言を根拠とはしない議論を組み立てようとしただけかと思う。

以下は、それに対するワトソン氏の回答。まあ場外乱闘に近い。

561. J・ワトソン 2017年03月20日 13:11
これ以上議論しても、同じことの繰り返しであまり意味があるようには思えませんので、まとめてみたいと思います。

1)論文におけるSTAP細胞、STAP幹細胞、キメラマウスが、Acr/CAG-GFP入りであるという明確な証拠は論文のどこを探しても存在しない。ただし、仮に論文の実験をAcr/CAG-GFPマウスでやったとしても同じデータは得られるので、実験結果のみからはAcr/CAG-GFPマウスの実験であることを否定も肯定もできない。

2)論文のキメラマウスがGFPホモかヘテロかについては、桂調査委における若山氏の発言および「あの日」における小保方氏の発言が一致していることから、ヘテロであった可能性が高い。しかし、これについても、Acr/CAG-GFPマウスが使われていたから、あるいは、CAG-GFPマウスのコロニーがおかしかったから、この両方の可能性がありうる。

したがって、現時点において、論文の実験がCAG-GFPマウスで行われていたのかAcr/CAG-GFPマウスで行われていたのかを確定させることはできない。

しかし、キメラマウスの実験は、通常CAG-GFPマウスを使って行われるものである。STAP細胞からキメラマウスができるかどうかすら全く分からない段階で、若山氏がいきなりAcr/CAG-GFPマウスで実験を行い、そのことを隠してSTAP論文を書いた理由は何か?閲覧者さんの説明からは、さっぱりわからないのである。

562. J・ワトソン 2017年03月20日 13:34
558. 閲覧者さん

どうしてわからないのでしょうか?論文に載っているデータからはホモかヘテロかわからない。しかし、若山氏も小保方氏も論文に載っていないデータとして、キメラの子供の半数がGFP陰性だったことを観察している。とすれば実際はヘテロだった。実験計画通りならば、マウスの記載はCAG-GFPホモになるはずだったが、キメラの子供のデータを見てヘテロとした、ということでは?

何もおかしな点はないでしょう?一体何にこだわっていらっしゃるのか、さっぱりわかりません。

563. J・ワトソン 2017年03月20日 14:22
テラトーマについては、以前に書いたことですが、非常に重要ですので、もう一度説明し致します。

556. 閲覧者さん
>桂報告は正常の膵と小腸組織にはGFPが無いと結論しているんです。Oct4-GFPもAcr-GAG-GFPも無い。まず両方のGFPをPCRで調べて、OCT4-GFPがないと確認された。次にGFPの免疫抗体染色でGFPのある部分と無い部分が染め分けられたんです。

これ違うんですよ。桂調査委のテラトーマ解析の部分をよく読んでください。

>Oct4-GFP と Acr-GFP の区別を行うために、Oct4-GFP と Acr-GFP のそれぞれ の接続部分にプライマーを設定し、上記と同様に定量 PCR での定量を行った。

これが、DNAにOct4-GFP挿入なのかAcr-GFP挿入なのかを調べる実験です。

>その結果、Acr-GFP を検出するプライマーでは、実験群の「CD45 カルス-テラトーマ」 と陽性対照群 STAP 幹細胞 FLS4 から、それぞれ約 30 コピー、20 コピーのコピー数で検 出された。

結果はこれだけです。Oct4-GFPについての結果が記載されておりません。ですから、Oct4-GFPの入った組織はあったのかなかったのかわかりません。

564. J・ワトソン 2017年03月20日 14:23
つぎに免疫染色の結果です。

>4)テラトーマとマウス組織の区別
>「CD45 カルス-テラトーマ」の試料が GFP を恒常的に発現する Acr-GFP/CAG-GFP 細胞を含むことから、移植細胞に由来する組織とホストマウス由来の組織を GFP の抗体染色 で区別することを試みた。その結果、テラトーマ組織内に多くの GFP 陽性の細胞が確認 できた。他方、移植細胞に由来すると報告された小腸上皮(Article Fig.2e 右)と膵臓 (Article Extended Data Fig.4c)様の組織は GFP 陰性であり、テラトーマに由来する ものではなくホストマウスの組織であることが判明した。

もしこの小腸と膵臓の組織がOct4-GFP入りのテラトーマだったとしても、この免疫染色では陽性になりません。なぜなら、テラトーマの組織は分化した細胞からできておりますので、Oct4の発現は認められないからです。したがって、GFPタンパク質の発現も認められないのです。ですから、こんな方法で「ホストマウスの組織であることが判明」するはずがないです。

おわかりいただけますか?

565. J・ワトソン 2017年03月20日 14:37
ですから、私はこの「小腸と膵臓」は、小保方氏が作製した本物の0ct4-GFPマウス由来のテラトーマ組織であった可能性が相当高いと見ているのです。つまり桂調査委は、「本物」も、単に隠したのではなく、解析している可能性があるのです。
posted by Kose at 14:54| STAP