2017年03月14日

小保方さんは当面療養優先と

なんかOoboe氏とパートナー氏の、石川智久事案について、何か口を挟みたい連中が発言しているが、Ooboe氏のパートナー氏は、「行動する」としているのだから、それをもっと重大に受け止めるべきである。
あいつとかこいつとか、口ばかりで、まるでバカみたいである。

今回の偽計業務妨害告発案件は、全体のコンテキストから、少なくともネイチャー論文掲載前から妨害を試みるグループの一連の策動を俎上に載せることを目的としているのは明らかで、その中で司法の場に載せられる見込みがあるというのが、偽計業務妨害部分だと言うことである。

しかもOoboe氏は、私的解析を公的機関の解析であるかのように偽った点を強調しているが、J.ワトソン氏との対話で、『あの日』の「確信犯」の部分にも立ち入ろうとしているとみられる。まだ全体が明らかになっていないのに、否定的なこと書きまくるあいつとかこいつとか、まあどんな世界にでもいるファンクラブの古参の新人いじめにしかみえない。

やだやだ。何が「小保方さんのため」だ。そういう人間性がアンチ小保方と一部の小保方ファンクラブの両方が共有している陰湿な部分なのである。

偽計業務妨害案件以外に、Ooboe氏は石川智久告発が「当然」三木弁護士によってなされるべきものだと誤認しているのかもしれない。Ooboe氏がどんな情報をもっているのかわからないのである。なので様子見にしていたら、あいつとかこいつとかファンクラブ根性で、仲間割れを始める。

おれは仲間じゃないからな。

その二つの告訴案件ではなくて、早稲田学位訴訟(あるいは他大学への提出)案件の方が小保方氏にはもっと重大であることを忘れている。

もし小保方氏が必要十分な気力を出せるに至ったなら、まず学位の問題に取り組むだろう。
ぼくの感触では、今現在小保方氏が是が非でも研究職に復帰したいと意欲する段階までにも至っていないと思う。このまま料理研究家になっちゃうかもしれない。

これまでの様子だと、学位はなくても研究職への誘いはそれなりにあるようである。だから本当に、PTSDの障害が取れないため、将来のことを積極的には考えないようにしているのだと思う。今日の日記の記事で

2月5日(日) 治療を通じて知り合った10代の女の子が「ときめきノート」を見せてくれた。雑誌から切り取った写真やカラフルなノート。この女優さんみたいに綺麗になりたい。英語がペラペラになりたい。素敵な彼氏が欲しい、等。彼女の明るい未来がたくさん詰まっていた。私からは遠いところにともるまぶしい光を見たような感覚。遠くてもその光が存在していたことが嬉しくて、この子に私の分までいいことが一杯ありますように、と願った。


と絶望の狭間で、自分の希望を少女の夢に投影してしか語れない気持ちを表している。

そういうわけで、小保方氏には不意に襲うPTSDがあるため、何ヶ月何年というスケールで行動する、あるいは行動する決意をすることは難しい状態だと言うことを三木弁護士は十分理解しているだろう。

Ooboe氏とパートナー氏が、何か三木弁護士と連絡していないのであれば、そのことについてブログの掲示板に書くのは不用意である。

三木弁護にはFBのアカウントで連絡が取れるので、まさか取っていないとは思えないが、取ってないかもしれない。ぼくですら、荒し行為について、三木弁護士に相談したくらいである。

三木弁護士の発言は、立場上直ちに公的発言になるため、もし連絡を取っているのであっても、公表について了解が必要だと思う。

小保方氏自身は積極的に将来について「判断」できる精神状態ではないと思われるので、客観的に小保方氏の負担にならず、確実に利益になると判断するなら、Ooboe氏とパートナー氏の「行動」は、ガン無視の体制に入った世間で外出もままならない小保方氏の環境を改善するように働くだろうと思う。上手くやらないといけないのだが。世の中、腐った人間は一杯おり、小保方擁護派にも少なからずいる。もう「決意表明」は「行動」の一部になっているため、注意深くやってほしいものだ。

posted by Kose at 18:51| STAP