2017年02月09日

「ザ・ウェイト」カバーとグランマ・モーゼズの絵の動画

Go down Miss Moses. There's nothing you can say!!!



う〜ん、ボーカルは困難を極めた。輪唱のバランスが、高音が出ないので、たいへんだった。最終的に比較的上手く行ったトラックをコピペした。まあこれ以上情熱がない。
日本人はほとんど知らないであろう、グランマ・モーゼズの絵画を紹介する動画にもした。グランマ・モーゼズはニューヨーク州で生まれ、バーモント州で絵を描き始めた。いずれもアメリカ北東部の農村だろう。ちょうどビッグ・ピンクがそういうもののひとつだったのかなと推測する。これらの絵を見る前と後では「ザ・ウェイト」の解釈がかなり変わってしまうと思う。

ぼくのひどいボーカルについてはこれ以上何も言うことができない。
posted by Mondayota at 19:39| My Music