2017年01月16日

Ubuntu用VMwareのメモリを1.5GBに変更、Windows10ならパワーシェルが便利(訂正cmdも同じ)

WMware Playerはデフォルトの設定で、メモリが1GBだ。
しかしUbuntu-Unityではデスクトップだけであっぷあっぷだ。GNOME化できないので、メモリ変えられないか確かめた。
インストールしたゲストOSの名前を右クリック>設定
最初がメモリ画面である。推奨値が1GBになっている。手入力で(1024/2)*3=1536MBに変更する。
搭載メモリなどによりもっと値を大きくできるかもしれないが、512GB増で、最低限実用的なスピードにはなる。
試してみて頂戴。
タイトルを右クリック
SnapCrab_VMware Workstation 12 Player (非営利目的の使用のみ)_2017-1-16_12-13-0_No-00.png
設定画面
SnapCrab_VMware Workstation 12 Player (非営利目的の使用のみ)_2017-1-16_12-13-22_No-00.png

君らみたいに若くないため、コマンドシェル(cmd)の文字の小ささは、実用性を欠いている。
SnapCrab_CWINDOWSsystem32cmdexe_2017-1-16_12-33-21_No-00.png

追加:
以下はコマンドシェルでもできることがわかった。CMD、すまん(m_m)
SnapCrab_CWINDOWSsystem32cmdexe_2017-1-16_12-47-59_No-00.png
パワーシャルを使ってみた(メニュー>Windows PawerShell)

PowerShellの上部バーを右クリック>プロパティをクリック
SnapCrab_Windows PowerShell_2017-1-16_12-23-37_No-00.png

カーソルの大きさを「大」にする(デフォルトは「小」)
SnapCrab_Windows PowerShell_2017-1-16_12-23-59_No-00.png

フォントを「16」にする(デフォルトは12)
SnapCrab_Windows PowerShell_2017-1-16_12-24-18_No-00.png

変更後
SnapCrab_Windows PowerShell_2017-1-16_12-24-41_No-00.png

もっと大きくできるが・・・
もっと年取ったら大きくできるな。
posted by Kose at 12:35| Python&AI