2016年12月29日

相澤検証実験予備実験の開示とティーブレーク氏の論理小児病

理研相澤検証実験の前半、小保方氏の予備実験のデータ、画像とPCRデターが最近開示請求で公開されたニュースが知られるようになった。現状では、公開方法が検討されているようである。STAP HOPE PAGEのデータはそのごく一部で、春以来ネットで争われてきた存在である。

正確ではないが、STAP批判者が、三木弁護士に説明を求めたところ、理研は公的に文書となった部分しか公開できないという回答をしたと思われる。ここでHPのデータの真正性がさらに問題となった。

ティーブレーク氏は法人文書だから「すべて」が開示される「べきだ」と主張した。ティーブレーク氏の「べき」症候群については、東大不正事件の折非難した。

たとえ話をする。東京都の文書請求をする。小政党の請求ではほとんど黒塗りである。だが知事が交代しその命令で公開させると、理由としては私企業の了解が求められないからと言うとってつけた理由であったが、了解が取られたとして喘鳴開始される結果となったと思う。

だから情報公開の既定があっても「誰が」請求するかで、結果は異なる。それはまさに利害と力関係、もっと言えば政治力が、なにが存在するかを決定するのである。空疎な法的理念が決めるのではない。

予備実験の存在は7〜8月まで、公式データ以外公開しない(確認できないとかいろいろ理由がついたが、それは私企業の了解が得られないとか言う恣意的理由と同じである)。

だが最近の請求でほぼ全部の公開に理研は応じた。東京都の場合と比較すれば、9月から12月の間に政治力が働いて、すでに公開すると変更されたものをネット民がたまたま請求して事後的に予備実験でのデータが開示されることになったという中間項を想定するのが大人の議論である。

それは何か。8月の時点でF1000Researchサイトで、予備実験のデータの存在が公的に明らかになった。
だから、海外の研究者が日本のエージェントを通じて公開を請求した可能性が想定できるのである。
オースティン・スミス氏かもしれないし、よりOCT4マーカーのさらなる研究に突っ込んだイレ―ヌ嬢かもしれない。おそらくスミス教授であろう。スミス教授は、現在の全世界の幹細胞学の主たる権威である。

誰とも知らない市井の市民の公開請求と現在の全世界の幹細胞学の権威の請求では、東京における小政党と小池知事の指示と同じくらい違う。

まず理研予備実験のデータはだからオースティン・スミス博士とは限らないが、海外の学者の手中にすでにあると仮定すべきだ。これは小保方氏の学者生命に大きな影響を与えるだろう。

他方、ネットでのデータ公開は、批判者も多いので、可能な限り学術データの価値を毀損しない方法でない限り安易に公開すべきではないいえるかもしれない。炎上のネタになるだけかもしれないからである。

しかしそれはまあネット世論での小保方氏の名誉回復の一部にしか資さないかもしれない。理研の検証実験のあり方との整合性のある説明が必要であり、それには相澤論文への言及が必要であろう。

だが、ぼくは海外科学者が優秀な代理人を使って開示させたと想定するので、あまり国内のどうこうはどうであってもよいと思う。

ティーブレーク氏は、東京都のミニ政党みたいなロジックである。情報公開法で法人文書は全て公開されるべきだから理研は不正だというのは、たとえば地方議会の政務調査費は全て公開されるべきだということ(国家意義委でも同じだが、抜け道はたくさんある)から、議員は金について聖人君子であるべきだと主張しているようなものである。まああまり頭のよくないTBSがニュースで使うロジックと同じである。

大人の事情は、地道な調査で、なぜどのようにあるべき通りにならないのかを調べるのがジャーナリズムというものだ。
結果だけ見て不正というのはSTAP細胞事件の飛躍とあまり差がない。

ティーブレーク氏は本当に大人の法律というものをぜひ学んでほしい。いちいちヒステリックでたまらん。

再度主張するけれど、予備事件の非公開が公開に変わったのはおそらく海外の権威ある研究者が巧妙に請求したからだとぼくは推定する。だから小保方氏の海外の評価はその分すでに高まっているだろうと言うだけで、市井の市民は喜ぶべきだとぼくは想像するのである。

----------------------------------------------------
最近読書量が半端なく増えて、こんな時間にふと投稿するが、これは睡眠が乱調のためではない。BPO勧告までに生物学の本はできるだけ読みたいと思うのだが、面白くもなんともない。あとはせいぜいエピジェネミクスの分厚い本を読む程度だろう。ぼくは生物学になんの関心もない。人間が生物であることについては大いに関心があるんだが、明らかに詰めが弱すぎて、ほとんど得るものがない。このことについては心の哲学や社会の哲学についてそのうちチャレンジを再開できるときが来ると思うからけちょんけちょんに書きたいと思う。
posted by Kose at 22:38| STAP